【お仕事の依頼はこちら】

大学生が副業でバイトするならWEBライターをしろ!始め方や収入について

プー太郎

大学生が副業としてライティングするってどうですか??
ライティングすることでライティングスキルが身につくだけじゃなくて、隙間時間に気軽に収入を得れるから大学生にはオススメやな!!

副業おじさん

大学生の中には、バイトだけの収入だけじゃ物足りず、副業を考えている方多いのではないでしょうか。

そんな方にオススメなのが、WEBライターです。

今回は、このWEBライターがなぜ大学生にオススメなのかやWEBライターの収入、WEBライターの始め方について紹介していきたいと思います。

  • WEBライターって何??
  • WEBライターってどれくらい稼げるの??
  • 時間と場所に縛られない副業を探してる

大学生におすすめの副業『WEBライター』って?

WEB関連の仕事はすごく人気で、その中でもライターは簡単に取り組める副業として特に人気があります。

WEBライターとは、WEBサイトに文章を書き収入を得る人のことです。

主に、企業のWEBサイトに掲載されている文章や、広告収入を得るために作られているブログ用記事を作成します。

WEBライターには、2種類あります。

  1. 専属ライター
  2. フリーライター

専属ライターは、企業と雇用契約を結びその企業の商品などについてライティングをします。

給料は雇用されているため、あらかじめ決められた固定給をもらいます。

フリーライターは会社に勤めず自分で仕事を取ってきてライティングを行います。

基本的には業務委託を受けることとなり、1つの企業に特化しません。

今回ご紹介するのは、WEBライターの中でも大学生が副業としてできるフリーライターとなります。

大学生以外にも、会社勤めをしている人や主婦など幅広い方層がフリーのライターとして仕事を行っています。

大学生が副業でWEBライターをするメリット

大学生が副業としてWEBライターを行うメリットを5つご紹介します。

隙間時間を有効活用できる

フリーのWEBライターは、いつ作業に取り掛かっても自由で、納品日までに作業を終了させれば問題はありません。

大学生なら、講義の空きコマを有効活用できず寝たり、ゲームをして過ごしている人もいるのではないでしょうか。

そのような暇な時間があるのであれば、少しでもお金を稼ごうとしてみるのが賢い時間の使い方でしょう。

また、ライターはバイトのように労働時間に対して賃金が発生するわけではありません。

少ない時間で作業を終わらせて納品すれば、効率良く収入を得ることができます。

パソコンの操作に慣れる

WEBライターはパソコンを使う仕事です。

使うのは、WordWordPressといったツールですが使いこなせば、パソコンのスキルが一つ上がります。

どの方法でライティングをするにしても多くの文章を書かなければいけません。

慣れればタイピングのスピードも確実に上がりますし作業を繰り返せばブラインドタッチもできるようになります。

また、パソコンのショートカットキーを有効的に使えばもっと作業効率も上がます。

大学生は、レポートや卒論など文章をパソコンで書くことが多いです。

ライターの仕事で、パソコンのスキルが上がれば大学の課題を仕上げるスピードも上がり一石二鳥です。

ライティング力や知識が増える

WEB上に記事を書くと言っても構成を考えるスキルや、依頼者の意図をくみ取るスキルも必要となります。

そのうえ、考えや商品の情報をわかりやすくまとめて書く必要があるため、トータルしたライティング力が身につきます。

また、記事を書く際にその商品や内容について1度頭に入れてから自分の言葉で書く必要があるため、多様な知識を勉強することができます。

実際に私は大学生の頃、就活サイトについて記事を書いたことがあります。

その当時は就職活動前だったため、個人でも調べようと思っていたことを記事にしました。

自分で就職活動のために調べるはずだった知識を文章にしてお金を稼ぐことができたため、効率良く両方を進めることができました。

場所を問わない

ライティングの仕事は、場所を問いません。

パソコンとインターネット環境さえあればどこでもできます。

自宅はもちろん大学の図書室や近くのカフェなどでも仕事を行えます。

私は1か所に留まって仕事をすることがあまり好きではないため、気分転換にカフェでおいしいドリンクを飲みながら記事を書いています。

趣味のカフェ巡りもかねて楽しみながらライターの仕事を続けています。

普通のアルバイトであれば勤務地に向かうまでの移動時間に給料は発生しないため、いつも時間がもったいないと思っていました。

ライターの仕事であればわざわざ行かなければならない仕事場はなく、移動時間の削減ができます。

慣れれば多くの収入が得られる

ライターの仕事に慣れれば、実績を元に報酬単価を上げることができます。

ただ、報酬額に限っては自分自身の頑張りを依頼者に認めてもらうかなので、継続することで必ず報酬が上がるわけではありません。

手を抜かず毎度きっちりと仕事を行うことが報酬UPの近道です。

大学生が副業でWebライターをするデメリット

大学生が副業でWEBライターをすることで生じるデメリットをご紹介します。

初めのうちは収入が低い

慣れれば収入は高くなると紹介しましたが、逆に初めのうちは多くの額を稼げません。

ライターは1文字○○円△△△△文字書いて欲しいという方法で依頼されることが多いです。

この収入を左右する文字単価が初めのうちは1文字1円未満になります。

初心者ライターだとどの募集でもこのような相場でしょう。

ただし、慣れてくれば1文字1円以上の案件もできるようになってくるため、めげずに頑張ってください。

どの仕事でも初めの1,2か月くらいは新人として研修期間があると思います。

ライターも初めは研修期間と思うと気持ちも楽です。

仕事を見つけるまでに稼働がかかる

ライターはどれだけスキルがあっても、依頼してもらう仕事がなければ稼ぐことができません。

何のコネや依頼をしてもらう知り合いがいないとライターができませんが、そんな人のために依頼したい人と、仕事を受けたい人をマッチングさせるクラウドソーシングサイトがいくつかあります。

私もそこで仕事を探し、文字単価1円未満の仕事から始めました。

今では長期的に契約をしてくれる1文字1円以上の依頼者もいるためライターとして安定して収入を得られています。

クラウドソーシングサイトについては、後程説明します。

ある程度パソコンを使えないと難しい

ある程度パソコンのスキルがないと、作業をするのに時間が掛かりすぎてしまいます。

ただし、ある程度のスキルと言うのは文字を両手で打てたり、Wordの使い方やインターネットでの検索方法などがわかる程度の知識です。

大学生ならば、これくらいの知識はもともとある人は多いですしレポートでもしていると思うのであまり心配はいりません。

集中力が必要

ライターの仕事は、何時間もパソコンの前で文章を書き続ける仕事です。

外に出て仕事をしたり接客の仕事の方が好きな人は向いていません。

私も集中力が高い方ではありませんが、カフェで仕事をして気分転換をしたり、きっちりスケジュールを決めて仕事をすれば、集中力を保つことができます。

集中力の持続については、私もライターの仕事を始める際1番不安でしたが作業に取り掛かると意外と楽しく、時間があっという間に過ぎていきました。

気分転換の仕方を知っている人や、文字を書くのが少しでも楽しいと感じる人は心配いりません。

大学生のWEBライターは副業でどれくらい稼げるの?

大学生は講義やゼミ、部活、サークルで毎日忙しいと思いますがWEBライターは書く時間を多く取れば取るほど稼ぐことができます。

後程紹介する、ライターと依頼者をマッチングするクラウドソーシングサイトは、案件にこだわりがなければ仕事は沢山あります。

例えば私の場合、このような収入の変動がありました。

WEBライターの収入(例)
WEBライター歴文字単価月稼働時間月収(円)
~2か月 0.5円~0.9円約50時間15,000~20,000
 2か月~6か月  0.7円~1.5円 30,000~35,000
 7か月~1年 1.0円~2.0円 40,000~50,000
 1年~ 1.0円~2.5円 50,000~80,000

WEBライターを始めたばかりの頃は、文字単価の高い案件に応募をしても受からず、初心者歓迎の安い単価のものしか受けられませんでした。

実質初心者歓迎の案件は0.5円のものが多く、受けたものほとんどが1文字0.5円です。

たまに短期で募集がかけられている、初心者でもOKな案件で0.5円以上のものありました。

ライターの仕事に慣れてきた頃には、1文字1円案件で経験者として応募できました。

それでも、マニュアルが細かく決めてあり自由にライティングできないものが多かったので、稼働時間が多くかかってしまいました。

ところが、ライターを始めて1年以上経った頃には実績も多く積みあがっていたため単価が高い案件に受かるようになりました。

また、もともと長期的に行っていた案件でライティング力が認められ報酬UP対象となり、1文字1円以上でできる仕事となりました。

大学生がWebライターを始めるためにすることは?

WEBライターを始めるために最低限しておくべきことをご紹介します。

クラウドソーシングサイトに登録する

まずは、受ける仕事を探すためクラウドソーシングサイトに登録します。

クラウドソーシングは、ライティングの仕事を依頼したい依頼者と、ライティングの仕事を受けたいライターがマッチングするためのサイトです。

おすすめのクラウドソーシングは以下の通りです。

オススメのクラウドソーシングサイト

どれも登録は無料です。

これらは、ライター専用のクラウドソーシングはなく、アンケートやWEBデザイン、プログラミングなど幅広いジャンルで仕事が募集されています。

会員登録をしたらライターの仕事を見てみましょう。

この中でもクラウドワークスは1番案件数が多いためおすすめです。

私もほとんどクラウドワークスから仕事を取っています。

上記で紹介している3つのサービス以外にも興味がある方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

副業として学生でもできちゃうクラウドソーシングオススメサイト8選!!

パソコンを用意する

ライターをするためにパソコンは必須です。

ノートパソコン、デスクトップどちらでも構いませんが大学の講義の間など隙間時間を有効的に使ってほしいので、ノートパソコンをおすすめします。

募集されている案件は、たまにスマホでもOKなものがありますが、基本的にパソコンでライティングすることを前提に依頼されます。

SEOやWordpressのスキルをつけると収入UP!

絶対にではありませんが、スキルアップをして収入も増やすためにSEOの知識やWordpressの使い方を勉強することをおすすめします。

しかし、始めたばかりの頃はまだそこまで勉強しなくてもいいので、依頼をたくさんこなし多くの文字を書くことに慣れていきましょう。

大学生の副業は隙間時間を有効活用できるライターがおすすめ!

大学生は、本当に時間がなく、サークル、遊び、勉強と忙しくてバイトの時間が取れないこともあります。

でもキャンパスライフを楽しむにはお金は必要ですので、隙間時間に副業することができるライターの仕事は本当におすすめです。

ライターは稼ぐだけではなく、自分のスキルアップにもなり様々な点でメリットがあります。

始めは稼ぎにくくて挫折しそうになるかもしれませんが、報酬が上がったときや文章をほめてもらった時にすごくやりがいを感じます。

ライターの仕事はパソコンとインターネット環境さえあれば始められます。

初期費用も掛からないため、まずはクラウドソーシングサイトに登録し簡単そうと思うような案件を1件受けてみてください。

どんな案件があるのか様子を見たいと言う人も、会員登録したら必ず仕事をしないといけない訳ではないので大丈夫です。

ライターの楽しさを知って大学生の間もどんどんお金を稼ぎましょう!

ライティング以外の副業にも興味がある方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

【2021年版】大学生がバイト以外で稼げるオススメの副業6選!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です