記事作成・掲載のご依頼はこちら

30代未経験者の私がWEBライターを副業として稼いだコツや必要なスキル教えます

30代未経験者の私がWEBライターを副業として稼いだコツや必要なスキル教えます

30歳になると、家庭を持ったりしてお金がかかることが増えてきますよね。

また、まだ結婚はしてないけど、将来を見据えて副業を始めようと思う30代の方も少なくないでしょう。

副業の中でも人気の高いWEBライターですが、始めようと思っても30代で未経験者の自分でも本当に稼げるのかと不安に思ったりしますよね。

そこで、今回は実際に30代から副業でWEBライターを始めた私が、30代の未経験者でもWEBライターで稼ぐコツや必要なスキルなどについて紹介していきます。

この記事を最後まで読むことでWEBライターになりたい30代の方が気になる以下の3つについて理解することができます。

  • 未経験者でもWEBライターになれる??
  • 未経験者に必要なスキルって??
  • 未経験者でも稼げるコツって??

未経験の30代でもWEBライターになれるの??

未経験の30代でもWEBライターになれるの??

結論としては、未経験でもWEBライターになり稼ぐことは可能です。

それが20代でも30代でも年齢によって条件は変わらず、やる気次第でWebライターになれます。

実際に私も30代になってから副業としてWEBライターを始めました。

ただ、未経験で明日からWEBライターとしての案件を受注できるかといえば、ほぼ不可能と言えるでしょう。

なぜならクライアントワークである以上、一定以上の品質の記事を執筆できなければ報酬の支払いに値しないからです。

なので、未経験の30代が稼げるようになるまでのコツや必要なスキルなどを次章の方でお伝え致します。

年齢関係なく、誰でも始めやすい副業やから30代の方の副業に最適やで!!

副業おじさん

未経験の30代がWEBライターになるために必要なスキル

ここから、未経験の30代がWEBライターになるために、持っておくべきスキルは以下の3つになります。

  • 社会人の基礎スキル
  • 読者ファーストの思考力
  • 正確な情報を見つけるリサーチ力

社会人の基礎スキル

1つ目に重要になってくるのは、社会人としての基礎スキルです。

Webライターの多くが、クラウドソーシングサービス内で案件の受発注を完結しているのが現状です。

社会人としてメールのやりとりを普段から経験している方であれば何も心配することはないでしょう。

もし、日常の業務でそういった経験が無い方は、ネット上に案件応募の際の提案文や、メッセージのやりとりの例文などが紹介されているので、少しでも勉強しておくことをおすすめします。

無事に案件を受注できたとしても、案件には納期が存在しているので、そちらの意識も重要になってきます。

基本的には、どの案件であっても受注の際に納期が定められています。

本来であれば納期の日までに記事を納品できていれば問題ないのですが、可能な限り早めに納品することを心がけましょう。

クライアント側の立場になって考えてみるとわかりやすいのですが、同じ品質の記事であったとしても早く仕上げてきてくれたほうが印象が良くなります。

未経験のWEBライターであるなら、他者との差別化を身近なところから身に付けていきましょう。

注意
少しでも納期に遅れてしまうと、サイト内の評価が下がり、二度と仕事がもらえないと思いましょう。

読者ファーストの思考力

2つ目に重要になってくるのは、読者ファーストの思考力です。

こちらは、記事を読んだ際の読者側の気持ちを想像するスキルです。

案件自体は発注者から受注するものですが、記事を読み行動を起こすのは、その先の読者ですので気持ちに刺さらなければ意味がありません。

大前提として発注者の要望をクリアすることが大事ですが、そこにプラスして読者がどのような気持ちで記事を読んでくれるのかというところまで想像することができれば品質の良い記事を提供できるようになります。

難しいことのように思いますが、30代であれば学生時代に好きな子に対して喜ぶことをしてあげようと考える事や、社会に出て上司に気に入られるような行動を考えるのと同じ事です。

読んだ相手がプラスになるような記事を書くことを意識すれば、自然と身に付いていきます。

読者目線で書けるライターはクライアントから重宝されがちやで!!

副業おじさん

正確な情報を見つけるリサーチ力

せっかくの受注できた案件も、リサーチ不足で正確な情報を伝えることができなければ意味がありません。

そこで、WEBライターの必須スキルとなるのが、正確な情報を集めるリサーチ力です。

ありがたいことなのですがネット上に大量の情報が溢れかえっています。

その膨大な情報量の中には正確な情報と、曖昧な情報とが混在している事も少なくありません。

WEBライターの役割としては記事を通じて、読んでくれる読者へ必要な情報を正確に提供する事でもあります。

しっかりとリサーチして、集めた情報を精査してから記事に書き上げていく癖をつけるように心がけましょう。

WEBライター未経験の30代でも買い物で悩んでいて、ネット上で商品情報をリサーチした経験があると思います。

同じような情報を照らし合わせて精査して購入に至るといった実体験があればリサーチ力を身につけるのは時間の問題なので難しく考える必要もないでしょう。

未経験の30代がWEBライターで稼ぐコツ

ここまでは必要なスキルを3つ紹介してきました。

続いて、未経験の30代がWEBライターで稼ぐコツを3つ紹介していきます。

タイピング速度を向上させる

未経験の30代がWEBライターで稼ぐコツの1つ目であり、大きく活躍してくれるのがタイピング速度の向上です。

こちらの能力に関しては、最初のうちに身に付けておく事でベテランになっても稼ぐ金額に直結してきます。

未経験という実績の無い状況で、高い文字単価の案件を獲得するのはハードルが高いですが、タイピング速度を向上させておく事で、高時給にする事も難しくありません。

1日10,000字入力した場合、1時間で2,000文字を入力できるか、1,000文字以下の入力しかできないかでは稼げる報酬も倍以上変化してきます。

このようにタイピング速度だけでも報酬に大きく影響するので、普段からタイピング練習を怠らないようにしましょう。

おすすめの練習方法は、寿司打というブラウザ版のタイピングゲームがあるのでゲーム感覚で練習が可能です。

文字単価にこだわる

未経験の30代がWEBライターで稼ぐコツの2つ目は、文字単価にこだわる事です。

クラウドソーシングサービス上には、多くのライター案件が募集されています。

未経験でよくある事なのですが、どれくらいの文字単価が適正な価格なのか分からないまま案件を獲得してしまって、気がついた時には時給300円くらいだったなんて事が起こるので文字単価には注意しましょう。

おすすめなのは、構成作成済みのライティング案件で文字単価0.5〜0.8円程度の案件を数件経験してから、実績を積み上げて文字単価1円以上の案件に応募する事で受注しやすくなります。

WEBライターで稼ぎたいのであれば、最低限文字単価1円以上の案件を狙うように心がけましょう。

執筆する環境を整える

未経験の30代がWEBライターで稼ぐコツの3つ目は、稼げるように環境を整える事です。

どんなに稼ぐ気持ちが強くても執筆する環境がついてこない限り稼げるようにはなりません。

WEBライターを目指すのに最低限必要なのはPCですね。

当たり前の事にはなりますが、スマホで執筆するのとPCで執筆するのとでは大きく差が開きます。

それだけではなく、WEBライターとして記事を執筆する場合に使用するソフトの基礎知識も必要になってきます。

OfficeソフトのWord、Googleドキュメントはもちろんのことですが、稼ぎたいのであればWordPressの基本操作を覚えておくようにしましょう。

ちなみにWordPressの操作方法を知っているだけで文字単価で0.5円程度の差が発生するので、覚えておいて損はありません。

WordPress自体は無料で利用できるので、練習しておくと良いですね。

未経験の30代がWEBライターになるまでの手順

それでは、実際に未経験の30代がWEBライターになるまでの手順を紹介していきます。

1.まずは自分でブログを書く

未経験の30代がWEBライターになる手順として、まず自分でブログを書いてみることを推奨しています。

理由としては、ブログを通じて文章力や記事の構成の勉強ができて、実績としての提示が可能であるからです。

利用するブログは有料無料どちらでも問題ありません。

長い目で見て高収入に繋がる可能性があるのは有料ブログです。

中でもWordPressがおすすめでレンタルサーバー代やドメイン代で年間1万円程度で運用することが可能ですので、WEBライターとして活動を続けていくのであれば必要経費として飲み込むようにしましょう。


2.クラウドソーシングサービスに登録

自分のブログを立ち上げた後はWEBライター案件を獲得するために、クラウドソーシングサービスへ登録していきましょう。

可能な限り多くのクラウドソーシングサービスへ登録する事を推奨します。

中でも以下のクラウドソーシングサービスがオススメです。

ネット上には、多くのクラウドソーシングサービスが展開されていて、案件を発注しているクライアントも様々な場所でWEBライターを募集しているので、多くのクライアントに見つけてもらえるようにしておきましょう。

母数が多いほど案件を獲得できる可能性が高まる事は明らかで、案件受注数は増やしやすくなります。

理由はそれだけではなく、1つのクラウドソーシングでしか発注していないクライアントに出会える可能性も高くなり、そこだけの好条件案件を見つけられる事もあるのでアンテナは常に張っておくようにしましょう。

未経験のWEBライターの状況を早く卒業できるように、日々タスク管理を徹底して案件応募を頑張ることで、あっという間に実績を積み上げることができます。

3.プロフィールを充実させる

クラウドソーシングサービスに登録が済んだ後は、プロフィールを充実させていきましょう。

案件獲得の際に、応募するにしてもスカウトを受けるにしても、あなたのスペックを知ることができなければ適性を読み取ることができず、クライアント側は案件を発注する事が困難となってしまいます。

案件獲得が円滑に進むように、得意なジャンルや利用経験のあるソフト、実績の提示と今までの職歴を記載しておくと良いでしょう。

WEBライターの場合は、週何時間を執筆に費やす事ができるのかを確認される事があるので、事前に記載しておくとクライアント側の選考で質疑応答の手間を省くことができます。

このようにプロフィールの充実度で案件を獲得できる可能性を左右される事があるので、WEBライターの業務に関係しそうな内容がある場合には忘れずにしっかりと記載しておきましょう。

プロフィールに記載すべき内容

  • 年齢や学歴などの基本情報
  • ライター歴
  • 得意ジャンル
  • 今まで作成した記事の実績

4.仕事を受注する

クラウドソーシングサービスへ登録が完了し、プロフィールを充実させたら案件を受注していきましょう。

案件は募集ページから自分のできそうな案件を選択して、提案文を送ることで応募できます。

応募の際の提案文は、ネット上でもたくさんの雛形が出回っているので、自分に合った形式を真似してみると良いでしょう。

応募とは逆でスカウト案件が流れてくる事もあります。

スカウト案件の場合であっても絶対に好条件というわけではないので、業務内容をしっかりと質問するなどして確認してから落ち着いて受注するようにしてください。

いざ案件を受注することができれば、業務内容をしっかりと理解して記事執筆を進めていきます。

ほとんどのクライアントはマニュアルを用意している事があるので、マニュアルの指示内容は絶対に守るようにしましょう。

5.実績を積み上げていく

無事に受注する事ができれば、あとは繰り返し案件を納品していき実績を積み上げていきましょう。

クラウドソーシングサービス内での評価が貯まっていくことで、良い仕事をしてくれるWEBライターという認識を持ってもらう事ができます。

ネットショッピングと同様、クライアントも評価の良いところに案件を発注したいので、評価の良いWEBライターほど案件を受注しやすくなり高単価の案件にも繋がります。

また同じクライアントからの案件を続けて受注できていると、信頼が貯まっていき単価アップの交渉や、専属ライターの交渉ができる事があるので1つ1つの案件を丁寧に納品していきましょう。

WEBライターの実績としては、誤字脱字が少なく、納期より早く記事を納品する事で良い印象を持ってもらえる事が多いです。

逆に、コピペ疑いは一度でも信頼を台無しにしてしまうので、納品前にしっかりとチェックしてから納品するようにしてください。

ライティングスキルを早く身につけたいなら講座を受けるのもアリ

ここまで未経験の30代がWEBライターになるための方法や稼ぐためのコツなどを紹介してきました。

YouTubeなどの動画媒体でも解説している動画が多数存在していますが、全ての方法は自分自身で理解して行動しなければなりません。

このような自主学習が苦手な方は、「あなたのライターキャリア講座」を受講すると良いでしょう。

プロの講師によるキャリアプランニングや、あなたのブログを添削してくれてフォローバックを受ける事ができます。

現在の自分に何が不足しているのかをしっかりと説明してくれるので、未経験の30代がWEBライターで稼ぐための近道となります。

一番人気のスタンダードコースが、99,800円(税込)で受講できるので、手元の資金に余裕のある方はスタートダッシュを切ると良いでしょう。

WEBライターとして稼げるようになれば、すぐに取り戻せるので安心してください。

今なら無料相談可能!!

WEBライターの副業をして月3万円稼いだので必要なスキルやコツを教えます!!WEBライターの副業をして月5万円稼いだので必要なスキルやコツを教えます!!WEBライターの平均年収って??年収上げるコツや求められる人材についてWEBライターの平均年収って??年収上げるコツや求められる人材についてWEBライター歴1年の私がスマホでライティングをやってみたらデメリットが多かったWEBライター歴1年の私がスマホでライティングをやってみたらデメリットが多かった

コメントを残す