記事作成・掲載のご依頼はこちら

WEBライターのバイトは未経験でもできる??時給や始め方について

WEBライターのバイトは未経験でもできる??時給や始め方について

WEBライターの仕事は、文字単価での仕事が多いです。

しかし、中には、アルバイトで時給で給料をもらえるところもあります。

WEBライターとして安定した収入を得たいという方は、アルバイトに興味を持っている方も少なくないでしょう。

しかし、未経験者でもアルバイトとして始めることができるのか気になりますよね。

そこで、今回は、実際に副業でWEBライターとして働いている私が、未経験者でもWEBライターのバイトを始めれる方法や必要なスキルについて紹介していきます。

この記事を最後まで読むことでWEBライターのバイトを始めようと思っている方が気になる以下の3つについて理解することができます。

  • 未経験でもWEBライターのバイトはできるの??
  • WEBライターのバイトをする上で必要なスキルは??
  • WEBライターのバイトはどこでできるの??

未経験でもWEBライターのバイトはできるのか??

未経験でもWEBライターのバイトはできるのか??

結論から言うと、未経験でもWEBライターのバイトはできます。

WEBライターの仕事は、WEB上で公開する文章を書くことです。

文章を書く仕事というと、特別な資格や経験がなければできないのではないかと思うかもしれません。

しかし、WEBライターになるために必須とされている資格や経験は特になく、やる気と行動力さえあれば誰でも簡単に始めることができます。

慣れるまでは文章を書くスピードも遅く低時給になりやすいですが、これからご紹介するスキルを身に着けることで少しずつ稼げるようになっていきます。

また、WEBライターには在宅勤務可能な求人も多いため、静かな環境で仕事に集中したい人にもおすすめのバイトと言えるでしょう。

未経験がWEBライターのバイトをするのに必要なスキル

WEBライターは特別な資格や経験がなくても誰でも始められる仕事ですが、必要とされるスキルや能力はあります。

未経験がWEBライターのバイトを始めるために必要なスキルは以下の5つになります。

  • 文章力・構成力
  • リサーチ能力
  • SEOの知識
  • タイピングスキル
  • 営業力・交渉力

文章力・構成力

WEBライターに欠かせない能力の一つが文章力です。

ここで言う文章力とは、読者に伝えたい情報をわかりやすく書く能力のことです。

勘違いされやすいのですが、WEBライターには相手を感動させるような文章力はほとんど求められません。

読者は感動ではなく情報を求めて記事を読みに来るため、正しい日本語でわかりやすく書いてあり、すらすら読めることが大切だからです。

また、WEBライターとしてスキルアップするためには構成力を上げることも大事です。

構成力とは、記事のタイトルや見出しなどの骨組みを作る能力のことです。

構成の出来が記事の完成度を大きく左右するため、構成が得意なWEBライターはクライアントから重宝され、文字単価(1文字当たりの単価)が上がりやすくなります。

したがって、情報をわかりやすく正確に伝えられる文章力と、しっかりと記事の骨組みが作れる構成力はWEBライターにとって欠かせない能力であると言えるでしょう。

リサーチ能力

ここで言うリサーチ能力とは、正しい情報をできるだけ早くリサーチする能力のことです。

WEBライターが記事を書くためには、まず正確な情報を集める必要があります。

そして、WEBライターには納期が定められている場合が多いので、正確な情報をすばやく集めることでリサーチ時間が短縮でき、記事の執筆時間を多くとることができます。

執筆時間が増えると、文章を見直して修正する推敲の時間も十分に取れるため、記事のクオリティが高くなります。

記事のクオリティが高くなるとクライアントの満足度が上がり、それに伴って文字単価が上がったり高単価の案件を受注できるようになるでしょう。

また、文章力も向上し執筆にもそれほど多くの時間を要さなくなれば、完成までの時間を大幅に短縮することができます。

スケジュールにも余裕ができ、新規の仕事も取りやすくなるので収入アップも見込めるでしょう。

SEOの知識

SEOの知識があるかないかで、WEBライターとしての価値と収入は大きく変わります。

多くのクライアントは検索画面で上位表示されることを狙った記事作成を行っているからです。

したがって、SEOの知識を身に着け、クライアントにアピールすることができれば仕事が獲得しやすくなります。

また、その知識を使って書いた記事が上位表示されれば、クライアントに感謝されたりとやりがいにもつながるでしょう。

SEOに関する勉強はむずかしいと感じる人も多く、たまに起こる大幅なアップデートによって必要な知識が変わったりと大変なこともあります。

日々勉強し続ける向上心と臨機応変に対応できる柔軟性も求められるため、誰でも簡単に身に着けられるものではないでしょう。

しかし、誰にでも身に着けられるものではないからこそ、SEOの知識があるWEBライターは重宝されやすく、収入も上がっていく傾向にあるのです。

SEOの知識があるだけで、文字単価0.5~1円上げることができるで!!

副業おじさん

SEOとは??
書いた記事がGoogleなどの検索画面で上位表示されるために必要な知識のことを指します。

タイピングスキル

WEBライターはパソコンを使って仕事をするため、タイピングスキルが求められます。

プロ並みの早さである必要はありませんが、ブラインドタッチはできた方がいいでしょう。

ブラインドタッチとは、手元ではなく画面を見ながら文字を入力することです。

キーボードの配置や指の置き方はタイピングの本や無料タイピングサイトを活用して覚えるといいでしょう。

無料タイピングサイトは、ゲーム感覚で楽しく練習できる「寿司打」と「タイピンガーZ」がおすすめです。

タイピングスキルを磨くことで記事の執筆時間が短縮できるだけでなく、入力ミスが減り記事のクオリティも上がるのでクライアントからの信頼も厚くなります。

ぜひWEBライターの基本となるタイピングスキルも身に着けていきましょう。

営業力・交渉力

WEBライターには営業力も必要です。

与えられた仕事をこなして固定給をもらう他のバイトと違い、WEBライターは自ら仕事を取りお金を稼ぐ必要があるからです。

クラウドソーシングサイトに登録して応募する、求人サイトの求人に応募する、友人や知人から仕事を紹介してもらうなど様々な営業方法がありますが、未経験のうちはとにかく片っ端から試してみましょう。

実績がないと応募しても不採用になる場合が多いですが、落ち込まずに行動し続けることで少しずつ仕事をもらえるようになります。

また、営業力と同じくらい大切なのが交渉力です。

例えば、自分自身がスキルアップし文字単価を上げてほしいと思ったときにクライアントを不快にさせない交渉をする必要があるからです。

もし下手な交渉をしてしまった場合、契約を切られてしまう可能性もあるでしょう。

WEBライターは他のバイトに比べて人と接する機会は少ないかもしれませんが、クライアントワークである以上、営業力と交渉力を身に着ける必要があるのです。

WEBライターのバイトの時給は??

通常、WEBライターの時給は執筆時間と文字単価で変動することが多いです。

未経験からWEBライターになると、始めのうちはどうしても執筆に時間がかかりますし、文字単価も低くなりがちです。

そのため時給300円以下という場合もあるでしょう。

しかし、WEBライターに必要なスキルや能力を身に着けたり、実績を積み上げていくことで時給を上げることができます。

実際に時給3000円以上稼いでいるWEBライターも少なくありません。

アルバイトの場合は、時給が決まっているため、自分で仕事を直接受けることはできないため、時給3000円以上を目指すのは厳しいです。

アルバイトの場合のWEBライターの時給の相場は1100円~1300円前後と、他のバイトと比べても比較的高時給と言えます。

WEBライターのバイトはどこでできるの??

WEBライターのバイトは求人サイトを使って見つけることができます。

ここではWebライターの求人が掲載されている求人サイトを3つ紹介します。

アルバイトEX

アルバイトEXは日本最大級の求人サイトで、WEBライターの求人も掲載されています。

未経験でも応募可能な求人や在宅勤務可能な求人もあるので、あなたの希望に合ったバイトを見つけることができるでしょう。

今なら対象者全員に現金5万円をプレゼントする「お祝い金キャンペーン」もやっています。

お祝い金キャンペーン

  • アルバイトEXの会員登録をしていること
  • 対象の求人に応募後4日以内に申請を行うこと
  • 勤務開始後、雇用契約書と給与明細の2つの書類を準備すること
  • 応募完了の6ヶ月後にアルバイトEXのマイページから申請すること(申請期間は2週間以内)
  • 振込先口座は楽天銀行のみ

上記のように様々な手順や制約はありますが、現金がもらえるのは嬉しいですよね。

対象のWEBライター求人もあるので、ぜひ探して応募してみてはいかがでしょうか?

今なら5万円もらえる!!

バイトル

バイトルは、その名の通りバイトに特化した求人サイトで採用実績も豊富です。

求人掲載件数も200万件を超えており、WEBライター関連の仕事も多数掲載されています。

時給や条件もきちんと明記されているので、安心して仕事を選ぶことができるのもポイントが高いですよね。

WEBライターと一言で言っても、その仕事内容は様々です。

会社のホームページに掲載する文章を書く「WEBライター」、求人情報の原稿を作成する「求人広告ライター」、商品が売れるような広告の文章を作成する「コピーライター」などです。

バイトルには、WEBライターだけでなく、これらの求人も豊富に掲載されているので自分に合ったWEBライティングの仕事を見つけることができるでしょう。

仕事探し アルバイト選びはバイトル

仕事探し アルバイト選びはバイトル

ディップ株式会社無料posted withアプリーチ

ママワークス

ママワークス主婦のための求人サイトでWEBライターの求人も多数掲載されています。

未経験でWebライターを始める場合、文字単価は1円未満であることが多いですが、ママワークスに掲載されている求人はほとんどが文字単価1円からとなっています。

また、在宅勤務で働く時間や曜日を自分で決められたり、子どもが風邪をひいた場合に休みの調整をしてくれたりと手厚いサポート体制の求人もあるのが嬉しいポイントです。

家事や子育てをしながらWEBライターとしての経験も積みたい!」という人にはとてもおすすめの求人サイトと言えるでしょう。

ちなみにママワークスという名前ではありますが、未婚の人や男性も登録できるので気になる人はぜひ利用してみてくださいね。

主婦向けの求人サイト

未経験がWEBライターをバイト以外で始める方法

ここまで読んで「WEBライターをバイトで始めるのはハードルが高い」と感じた人もいるかもしれません。

しかし、未経験でWEBライターを始める方法はバイト以外にもあります。

バイト以外でWEBライターになるための簡単な流れとしては以下になります。

  1. ブログを始めて記事を作る
  2. クラウドソーシングに登録
  3. 仕事を受注していく

1.ブログを始めて記事を作る

未経験がWEBライターをバイト以外で始めるためには、まずブログを始めて記事を作る必要があります。

なぜなら、自分のブログを持ち、実際に記事を書いてみることでWEBライターの基礎となる文章力やリサーチ能力が養うことができるからです。

また、ブログで様々なジャンルの記事を書いてみることで自分の得意分野を発見することもできるでしょう。

得意分野を知っておくことは、あとで仕事を受注する際に役立ちますし、ブログを収益化させる近道にもなります。

ちなみにブログの収益化も狙う場合はWordPressで作ることをおすすめします。

無料ブログは広告やアフィリエイトを貼り付けることができず、収益化ができないからです。

WordPressはレンタルサーバー代などの費用はかかりますが、ブログが急に削除される危険性もなく安心して利用できますよ。

2.クラウドソーシングに登録

ブログを始めて記事を作ったら、次はクラウドソーシングに登録しましょう。

クラウドソーシングとは仕事を依頼したい人と受注したい人をつなげるサービスのことです。

ビズシーククラウドワークスは無料で登録できますし、メールアドレスや名前などを入力するだけで簡単に手続きできるのでおすすめです。

そして、登録が終わったら次にプロフィールを作成しましょう。

作ったブログをポートフォリオにしてプロフィールを作成することで、基礎的な文章力やリサーチ能力があることをクライアントにアピールできます。

また、ポートフォリオを見たクライアントから直接スカウトが来る場合もあるので載せて損はありません。

ブログを始めて記事を作り、クラウドソーシングの登録とプロフィール設定が終わったらWEBライターのスタート地点に立ったも同然です。

クラウドソーシングサービスとは??
簡単に言うと、ネット上で仕事を受けたい人と依頼したい人を繋げるマッチングサービスとなります。

3.仕事を受注していく

クラウドソーシングに登録したら、ブログをポートフォリオにして仕事を受注していきましょう。

仕事を受注するためにはクラウドソーシング内で仕事を探して応募する必要があります。

未経験でWEBライターとしての実績がないうちは記事作成の仕事に採用されにくいので、始めのうちはタスク案件に応募してみるといいでしょう。

タスク案件は低単価ですが、仕事内容が簡単で受かりやすいため実績を作ることができます。

タスク案件での実績作りとWEBライターの案件応募を同時進行で進めていきましょう。

また、WEBライターの仕事を探す際には文字単価にも気をつける必要があります。

クラウドソーシング内には悪質なクライアントもいるからです。

いくら仕事がほしくても文字単価が0.5円以下のものやテストライティングの単価が低すぎるものはやめましょう。

労力と金額が見合っていないと感じるとWEBライターの仕事自体が嫌になってしまう可能性が高いからです。

しかし、クラウドソーシング自体は賢く使えればとても有益なサイトです。

登録も無料でできる場合が多いので、未経験でWEBライターの仕事を始めたい人にはおすすめですよ。

WEBライターの副業をして月5万円稼いだので必要なスキルやコツを教えます!!WEBライターはやめとけ!?向いてない人の特徴ややめたくなった瞬間3選!!WEBライターの平均年収って??年収上げるコツや求められる人材についてWEBライターの平均年収って??年収上げるコツや求められる人材についてWEBライターを副業として始める際に会社にバレない方法教えます!!

コメントを残す