【広告掲載のご相談はこちらまで】

V-NETで治験をして年間20万円以上稼げた!?安全性や評判について

プー太郎

治験バイトを始めようと思っているのですが、治験サイトのV-NETってどうですか??
V-NETは、臨床試験受託事業協会に加盟しているため、治験の安全性が確保されているから安全性の高い治験サイトなんやで!!

副業おじさん

今回は、実際にこのV-NETを利用したことがある私が、V-NETに掲載されている案件や利用してみた感想などをどこよりも詳しく紹介していきたいと思います。

この記事を最後まで読むことで以下の3つについて理解することができます。

  • V-NETを利用するメリット
  • V-NETの始め方
  • V-NETを利用して稼げる収入

V-NETとは??


V-NETとは、無料で登録できる治験バイトの募集サイトです。

治験」とは開発段階の薬を、国(厚生労働省)から正式に認めてもらうために行う試験のことをいいます。

V-NETでは全国各地の求人が多数掲載。

さまざまな案件のなかから、ご自身の住んでいる地域の近くで探すことができます。

募集条件や日程なども詳しく記載されているので、これから治験バイトを始めようとしている初心者の方にもおすすめです。

また、健康成人だけでなく疾患持ちの方向けの募集もあります。

現在の自身の身体の状態に合った治験を見つけられるのも嬉しいポイントですね。

治験バイトに興味のある方は、簡単に無料で利用できるのでV-NETに登録してみてはいかがでしょうか。

10日で12万円稼げる

V-NETを利用するメリット

事前の説明がしっかりしてるので安心して受けられる

治験は、まだ国から承認されていない薬を投与されるので、少なからずリスクが付いてきます。

参加するのであれば安心して安全に行いたいものです。

ただ、身の周りに治験を受けたという方は多くはいないと思うので、詳しい話を聞く機会は少ないかと思います。

誰に聞けばいいかもわからないので、安全面や日程、報酬の支払いなどわからないことがたくさん出てきますよね。

そういった疑問にも、V-NETから治験に参加する病院は、丁寧に説明してくれるので安心です。

疑問や不安を解消して参加することができます。

また、事前の健康診断のときに治験内容の詳細が説明されます。

このときに治験に不安が残る方は辞退しても構いません。

事前に健康診断を受けたからといって強制的に参加させられることはないので、安心して応募してください。

疾患持ちの方向けの案件がある

V-NETには疾患持ちの方向けの案件が多数あります。

疾患持ちの方向けの治験は、薬が疾患に対して効果はあるのか、副作用は起こらないのかといったことを確認するために行われます。

この治験を受けることで、普段治療のために安くないお金を払っている方は、効果の期待ができる薬を投与してもらい、協力費として報酬を得られます。

糖尿病の専門医師の診察、また薬に関しても詳細まで説明してくれ、実際治験参加すると糖尿の一般的な治療と大きな違いもありませんでした。

出典:https://gogochiken.jp/experience/54/

実際に糖尿病の治験を受けた方も、一般的な治療と大きな違いはないといっています。

ご自身の疾患に合わせて募集を探してみるのもいいのではないでしょうか。

ただ、あくまでも治験は市場にまだ出ていない薬を投与します。本当に安全なのか信用できない方も多いでしょう。

その際は、健康診断時などの医師と話す機会に相談してみてください。

薬や治験のリスクについてなど詳細に説明してもらえます。

また、治験が始まるまでに不安が解消されない場合は、たとえ健康診断を終えたあとでもご自身のタイミングで辞退することも可能です。

募集欄に治験の情報が詳細に記されている

V-NETの治験の募集欄には、案件の詳細な情報が記されています。

たとえば、治験の行われる地域、日程、報酬などです。

治験バイトの募集欄には簡単な説明だけ記されていて、後々治験についての詳細を知る、という手間がかかる案件もあります。

これだと募集欄を見ただけではご自身の日程と合うかや、希望する報酬がもらえるかわかりません。

その点については、V-NETは最初の案件を探す段階で把握することが可能となります。

各案件の詳細が表にまとめられていて、一目でわかるようになっています。

余計な手間をかけることなく、安心して自分の希望に沿った治験バイトを探すことができます。

V-NETを利用するデメリット

案件の数が比較的少ない

V-NETは他のメジャーなサイトに比べると、案件の数は少ない傾向にあります。

利用者は多く案件数が少なめなので倍率が高くなってしまうこともあるんです。

また、人気の募集は早めに終わってしまうこともあるので、自分に合った良い案件を逃してしまうなんてこともあります。

そのため条件の良いものを見つけるには、こまめにサイトをチェックすることが必要でしょう。

確実に参加できる治験を探している方には、少し向いていないかもしれません。

そのような方はV-NETと他の案件数が多いサイトを、併用することをおすすめします。

会員登録をしないと案件の情報がわからない

V-NETは会員登録をしないと、どのような治験の募集があるのか見ることができません。

普通のアルバイトの募集でしたら、求人サイトにアクセスするだけでどのような募集か見られますよね。

その点は普通の求人サイトと異なるので、面倒に感じてしまうかもしれません。

登録するには、健康成人治験モニターか各種疾患治験モニターの登録フォームに必要情報を入力します。

このときに自身の身体の状態などの、個人情報を入力する必要があります。

自分の身体について誰にも知られたくない、という方も登録の検討が必要かもしれません。

ただ、会員登録は数分でできますし料金もかかりません。

また、個人情報の取り扱いもしっかりしています。なので治験に興味がある方は、安心して登録してください。

対象年齢が限られてくる

V-NETには治験の募集が多数ありますが、その多くは20歳~40歳前後の方を対象にしたものです。

20歳未満や40歳を超える方を対象とした案件は極端に少ないので、募集を探すのにとても苦労すると思います。

対象年齢があるということを知らずに登録してしまうと、参加できる治験が見つからず期待外れに感じてしまうかもしれません。

そうならないためにも、ご自身の年齢がV-NETの案件の対象になるか確認していただきたいです。

もし対象年齢から外れてしまう場合には、他のサイトも検討してみることをおすすめします。

V-NETにはどんな案件があるの??

V-NETには健康成人を対象にしたものから、さまざまな病気や疾患がある方向けのものまで幅広い条件の案件があります。

たとえば病気や疾患の案件だと、ニキビ糖尿病うつ病などが参加できます。

持病持ちの方は、報酬がもらえて最新の治療薬を投与してもらえるのでおすすめです。

この他にも多種類の案件があるので、ご自身に合ったものを探してみてください。

また、V-NETの案件には通院タイプと入院タイプの2種類あります。

通院タイプは、案件によって内容は大きく異なります。

毎日通院しなければならないものから一週間に1回通院すればいいものまであるからです。

また、通院タイプの治験は採血やパッチテストのような簡単な検査が大半です。

入院タイプは、短くて数日、長いものだと一ヶ月以上かかるものもあります。

入院中は起床、就寝、食事の時間などが決められているため、スケジュールに従って生活しなければなりません。

入院タイプは、生活が管理され拘束時間も長いのが特徴です。

そのため通院タイプと比べると、報酬は多く支払われる傾向にあります。

V-NETで治験に参加する方法

STEP.1
まずはこちらからV-NETのサイトにアクセスしてください。

サイトにある電話番号へ電話するか、登録フォームを記入することでWEBから会員登録できます。
この際、登録には費用は一切かかりません。

STEP.2
案件の募集要項を確認して、自分に合った治験を探します。
治験に参加するには、年齢、BMI、喫煙の有無などさまざまな制限があります。
後で判明して途中辞退にならないためにも、この段階でしっかりと確認しておきましょう。
STEP.3
参加したい治験が決まったら、電話もしくはサイトから予約します。
このとき、参加人数や参加基準の制限があるため、予約しても治験に参加できない場合があります。
STEP.4
治験への参加が決まったら、最初に健康診断を受けます。
受ける日時と病院は指定されるので、指示に従って当日健康診断を受けてください。
STEP.5
指定の病院で治験に参加します。
治験期間中はスタッフの指示に従いましょう。
また、わからないことや不安に思うことがあればすぐにスタッフに聞いてください。

V-NETの安全性について

V-NETは2007年から運営されている、治験の応募を掲載しているサイトです。

無料で登録できますし、会員費がかかるということも一切ありません。

長い期間運営されていてお金もかからないので、安全に利用できます。

治験については安全性を確保するため、治験審査委員会の監視体制のもと実施。

第三者機関にチェックされているので、不正や問題点があるとは考えにくいです。

万全な体制で治験が行われるので、安心して参加できます。

また、多くの方が安心して利用している証として、V-NETは治験参加率が業界第1位という実績があります。

サイトに登録するにしても、治験に参加するにしても、V-NETは安全に利用できるサイトであるといえるでしょう。

V-NETを利用してどれくらい稼げるの??

筆者はV-NETから治験に参加して、12万円稼ぎました。

参加した治験は入院タイプで、日数は2泊3日×3回です。

初日の昼ごろに入院して、3日目の朝に退院するというのを3回行いました。

基本的には採血と診断のとき以外は自由時間になります。

なので拘束時間が長い割には自由時間が多かったため、入院中は快適に過ごせました。

12万円を稼ぐとなると、時給1000円のバイトでしたら120時間働く必要があります。

これは1日9時間労働で1時間休憩したと考えると、15日で稼げる計算です。

その点、治験では拘束された期間は、健康診断などを含めても10日間でした。

また、先ほど述べたように入院中は自由時間がとても多く、本を読んだりパソコンで作業をしたりなど、好きなことをする時間はたくさんありました。

治験自体も医師や看護師の指示に従えばいいので、こちらから何かアクションを起こすことは一切ありませんでした。

これらをふまえると、筆者にとって治験バイトはとても割の良い収入源であったといえます。

V-NETの評判や口コミについて

V-NETを実際に利用したことがある人の評判や口コミについてまとめましたので、今から始めようと考えている方は是非参考にしてみてください。

学生の頃に、治験に参加していました。
健康な人が対象の治験で、2泊~3泊程の入院で
夏休みや春休みといった長期休みを利用してよく参加していました。
採血に対して結構苦手意識がありましたが、さすが治験専門の施設!!
針をさしているかわからないほどの看護婦さんもいました。
施設のスタッフはフレンドリーな方が多かったですし、
同じ施設に何度も参加していた僕はスタッフの方とも仲良くしていただきました。
その施設はTVや漫画、雑誌などの娯楽品も結構あったので、
暇することなく治験に参加することができました。
年齢層が幅広い治験に参加したときは、普段触れ合うことがない年齢層の人と
話をすることができたので、それも良い経験になったと思います。
治験参加に対してマイナスイメージをもつ方がいると思いますが、
参加してみると印象がかわると思います。

千葉県在住 25歳男性 Rさん

貼り試験に参加しました。
飲み薬の試験には今まで参加をしたことがありましたが
社会人になり、飲み薬試験だと時間がとれなかったため
入院期間の短い貼り薬に挑戦をしてみました!
貼り薬の試験は採血回数が飲み薬に比べてかなり少なかったです。
採血が苦手な人にお勧めの試験だと思います。
ただし、貼り薬を貼っている間は背中に刺激?衝撃?を与えないために
シャワーや入浴・椅子の背もたれの使用・あおむけでの就寝・パジャマ以外格好(カーディガンを羽織る等)が禁止でした。
入院中の服装は医療機関の指定のパジャマで薄手のものでしたが、スタッフの方が温度を小まめに対応をして下さっていたので、適温の中で入院する事ができました。
苦労をしたことは、うつぶせで寝る必要があったので、普段は仰向けで寝ているので寝付くまでに時間がかかりました。
寝付けないあいだに、他の参加者の方が寝返りを打っていて起こされている方がいたので…
ちょっとそこの点が大変でした。多分他の参加者でも同じ意見の方がいると思います・・・!
ただ、実際貼っているのは1日だったので、我慢は出来ました。
さっくっと治験に参加をする時は貼り薬試験の参加もアリだなと思える試験内容でした。

茨城県在住 30歳男性 Sさん

初めて治験に参加しました
入院が2泊3日×2回の入院試験でした。
今回参加した施設がつくば市の施設で、日程が合うものがコチラの試験のみだったので
場所の事をあまり考えずに申込みをしてみましたが
都内から思ったより近く(何時間もかかるかと思っていましたが、乗換など家からの徒歩なども含めて1時間程度でした)、
最寄駅までいけば施設の送迎があったので入院が2期に分かれていても苦痛ではなかったです。
むしろ、つくばTXに乗った事がなかったので小旅行気分でした。
全くの初めての治験だったので、自分の持っている治験のイメージがマイナスイメージで病院は薄暗くて怖いところではないのだろうかと思っていましたが
施設のスタッフの方はとても優しく、病院もすごく清潔でマイナスのイメージは払拭されました。
また、食事も病院内で手作りをしていて、すごくおいしかったので食事の時間がすごく楽しみでした!!!
治験参加期間中は、投薬時間以外は自由行動で、起床時間や食事の時間に決まりはありましたが自分の時間が沢山あり
資格取得の勉強としたり、気分転換に病院内にある漫画を読んだりDVDをみたりなど、思ったより充実した時間を過ごせました。
第2期目の入院の時には仲良くおしゃべりをするような友達のような方もできて
休薬期間が明けたらまた参加をしてみたいと思うくらい治験の印象が変わりました。

東京都在住26歳男性 Mさん

実際にV-NETを利用してみた感想

V-NETはとてもわかりやすくて、安心して利用できるサイトでした。

治験の募集は詳細事項まで表でまとめられていて、一目でどんな案件かわかります。

治験が第三者機関からの監視体制のもと実施されていることや、安全管理のために臨床試験受託事業協会に加盟していることからも、安全性は保証されていると思います。

筆者がV-NETを利用したのは、初めて治験バイトに参加するときでした。

当時は治験について詳しくなかったので、安全性や報酬などわからないことがとても多かったです。

そういった質問にも健康診断時に丁寧に答えてくれ、安心して治験に参加できました。

また、途中辞退も可能ということも説明してくれたので、不安がとても和らぎました。

V-NETから参加した治験バイトは、何一つ過不足なく終えることができて安心したのを覚えています。

筆者の体験からV-NETは、治験バイト初心者でわからないことが多い方や、安心して安全に治験に参加したいという方におすすめできると思います。

10日で12万円稼げる

コメントを残す