【広告掲載のご相談はこちらまで】

メタマスクをPCで使う方法や安全性、利用する上での注意点をまとめてみた

メタマスクをPCで使う方法や安全性、利用する上での注意点をまとめてみた

プー太郎

メタマスクってなんなんですか??
メタマスクはイーサリアム系のウォレットで、DeFiやNFTのサービスと連携がスムーズにできるから今人気の高いウォレットとして注目されてるんやで!!

副業おじさん

今回は、メタマスクの魅力やインストールから初期設定までをどこよりも詳しく紹介していきたいと思います。

この記事を最後まで読むことで以下の3つについて理解することができます。

  • メタマスクに対応している仮想通貨
  • メタマスクを利用する上での注意点
  • メタマスクを利用する方法

メタマスクとは??

メタマスクは、Ethereumウォレットとして機能するブラウザープラグインであり、通常のプラグインと同じようにインストールできます。

ユーザーはイーサリアムやその他のERC-20トークンを保存でき、任意のリアムアドレスにトランザクションを実行できるようになります。

さらに、イーサリアムベースのDappsに接続することで、ユーザーはコインをゲームに費やし、ギャンブルアプリケーションにトークンを賭け、分散型取引所で取引することができます。

また、分散型ファイナンス(DeFi)の新たな世界へ接続することで、CompoundやDeFiなどのDeFiアプリにアクセスすることもできます。

それに加え、NFTのマーケットプレイスであるOpenSeaなどと連携して、NFTの取引や作成を行うこともできます。


メタマスクの魅力

では、メタマスクの魅力はどこにあるのでしょうか。
3つの観点から説明したいと思います。

シンプルなユーザーインターフェースである

一般的にユーザーは1つのプラグインでさまざまなDappにアクセスでき、シンプルに扱えることが魅力の一つです。

また、秘密鍵を管理する代わりに、ユーザーは単語のリストを覚えておくだけで、トランザクションは自分に代わって署名されます。

ユーザーのコンピューターの外部のノードにリクエストを送信するため、ユーザーはイーサリアムブロックチェーンをダウンロードする必要はなく、

購入機能が内蔵されているので、暗号通貨が初めての方でも、ウォレットへ資金を追加することが簡単です。

DeFiやDappsと接続できる

DeFiやNFT市場は現在、活気的なブームの真っ只中にあります。

メタマスクの急成長は、分散型ファイナンスまたはDeFi、つまり、取引プラットフォームなどのアプリケーション、または暗号技術を使用し、銀行などの集中型パーティを必要としない利付商品への関心の高まりによって後押しされ続けています。

これらの市場に参入するにはメタマスクが必要であり、使用することで、イーサリアムベースのDappsに接続でき、Uniswapなどの分散型取引所で取引することができます。

さらに、OpenSeaなどの著名なNFTプラットフォームに簡単に接続でき、NFT「作成したり、売買することも可能になります。

安全性の面で信頼できる

まず、バックアップ機能として、シードフレーズがあり、ユーザーは資金を安全に管理することができる点が信頼につながります。

さらに、確固たる資金提供を受けて開発されており、非常に活発なオープンソースの開発者とユーザーコミュニティを持っているため、メンテナンスが行き届いていることが保証されています。

また、セキュリティの面で万が一、質問があれば、公式サイトの豊富なFAQから、解決することもできます。

メタマスクを利用する注意点

利用する際の注意点をいくつかあげておきます。

シードフレーズやパスワードを保存しておく

まず、初めに注意することとして復元フレーズに関してです。

ウォレットの情報を含むシードを生成し、ブラウザを変更したり、何らかの理由でブラウザのウォレットを紛失した場合でも、後で取得できるように、そのフレーズを十分に保存する必要があります。

またパスワードが失われると、シードフレーズで回復が可能です。

シークレットリカバリーフレーズを誰とも共有しないでください。

詐欺師はあなたのすべての資金にアクセスして転送するように求めてきますが、メタマスクチームがそのようなことは決してないため、見極めが可能です。

任意のWebサイトは、アドレスなどを共有することが求められるときは、間違い無く詐欺師です。

購入したトークンは表示する必要がある

ETHとトークンを別のウォレットから新しいメタマスクアカウントに送信して、メタマスクウォレットに保存した暗号トークンは通常、アカウントには自動では表示されません。

手動で追加を行う必要があります。

追加方法は簡単であり、ウォレットでトークンの追加を選択し、名前やティッカーを検索するだけです。

ただし、中には検索で出てこないマイナーコインもあるため、その場合は、コントラクトアドレスを調べて、追加する必要がある場合があります。

コントラクトアドレスは、それぞれの公式サイトなどで調べることができます。

コールドウォレットではないため、外部影響に注意する必要がある

メタマスクは「ホット」なので、オンラインウォレットであることに注意です。

これはつまり、オフラインのコールドストレージウォレットよりも外部影響を考える必要があります。

一時的なSwapやDefiへの接続のための送金や入金手段としては、利用価値は高いですが、長期的にトークンやコインを保存する目的では、使用しない方がいいでしょう。

少額の資金に使用したり、dAppsとのやりとりをしたい場合にのみ資金を移動させるのに使用することをお勧めします。

メタマスクを利用できるまでの導入から初期設定まで(PC版)

手順を見ていきましょう。

STEP.1

Chromeウェブストアの拡張機能セクションに移動します。

STEP.2

metamask」と検索してハッカーが似たようなものを作っているためインストールする際はダウンロード数をチェックして、正規のか確認してください。

STEP.3

[Chromeに追加]ボタンをクリックして、[拡張機能を追加]をクリックして、メタマスクをインストールします。

STEP.4

インストールが完了すると、このページが表示されます。
[開始]ボタンをクリックします。

STEP.5

[ウォレットの作成]ボタンをクリックします。

STEP.6

[同意する]ボタンをクリックしてデータを収集し、メタマスクの改善に役立てるか、[いいえ]ボタンをクリックします。

ユーザーが[いいえ]ボタンをクリックしても、ウォレットを作成できます。

STEP.7

ウォレットのパスワードを作成します。

このパスワードは、ブラウザが起動され、メタマスクを使用するたびに入力されます

STEP.8

次に動画を見て、リカバリフレーズとウォレットの安全を保つ方法を確認して、[次へ]をクリックします。

STEP.9

鍵マークをクリックして、秘密の言葉いわゆるバックアップフレーズを表示します。

STEP.10

すると、このように秘密の言葉が表示されるので、このフレーズの順番をPCのメモ帳にコピペしましょう。

コピペしたら[次へ]をクリックします。

注意
バックアップフレーズはパスワードを忘れたときに利用するので、必ずどこかに誰にも見られないように保管しておきましょう。
STEP.11

次にメモにコピペした内容通りの順番に言葉を置き換えて、[確認]をクリックします。

STEP.12

最後に[すべて完了]をクリックすれば、メタマスクのインストールから初期設定までは完了となります。

メタマスクの安全性について

メタマスクはセキュリティに非常に優れているため、ブラウザを再起動するときにアカウントに再度ログインする必要があります。

ウォレットの復元機能もあり、シードフレーズで可能です。

また、リカバリフレーズなどをリセットする際には、パスワードを覚えておくと、簡単に行えます。

さらに、詐欺師があなたの資金を盗もうとしている方法について常に情報を入手し、警戒することも大切であり、ウェブの周りに表示されている情報を信頼する価値があるとは限らないことを認識してください。

メタマスクが対応しているブラウザは??

メタマスクは、iOSおよびAndroidの無料モバイルアプリとして機能しますが、Chrome、Firefox、Brave、およびEdgeデスクトップブラウザーの拡張機能としても機能します。

対応してるブラウザ

  • Google Chrome
  • Firefox
  • Brave
  • Microsoft Edge

Firefox、Brave、またはEdgeを使用している合は、メタマスクダウンロードページにアクセスし、[サポートされているブラウザー]まで下にスクロールして、使用するブラウザーのアイコンを選択します。

そこから、他のアプリや拡張機能と同じようにインストールできます。

万が一、何らかの理由で上記のリンクが機能しない場合は、お気に入りの検索エンジンでメタマスク Extensionを検索するだけで、そこで見つけることができます。

Google chromeが現状最も使いやすいブラウザですので、初心者の方はそちらを使うと良いでしょう。

メタマスクに対応している仮想通貨は??

現在、対応している仮想通貨やトークンは、主に以下であり、公式サイトでも確認可能です。

代替可能なトークン

  • ETH
  • ERC-20トークン(BNB、USDT、LINK、DAI)
  • ERC-777トークン
  • ラップされたトークン(WETH)
  • ステーブルコイン

このように、他者間で取引交換ができる代替可能なトークンは幅広くサポートされています。

さらに、最近では、非代替トークンの注目度も高まりつつあり、そのサポートもされている点もメリットです。

非代替トークン(NFTトークン)

  • ERC-721トークン
  • ERC-1155トークン

ERC-20とERC-721の間のダイナミクスと同様に、2つの主要なNFT標準があります。

イーサリアムネットワークでのトークンの急増に伴い、メタマスクは全ての信頼できるリストを保持しているわけではありませんが、ERC-20準拠のトークンを追加することはできます。

リストされていないトークンをメタマスクウォレットに追加することもできます。

コメントを残す