記事執筆・掲載の依頼はこちら

AstarNetwork(ASTR)とは??購入方法やdAppsステーキングについて

AstarNetwork(ASTR)とは??購入方法やdAppsステーキングについて

元サッカー日本代表の本田圭佑さんや日本最大の仮想通貨取引所のコインチェックなどが出資している仮想通貨「Astar」ですが、なぜそんなに今注目されているのか気になる方も多いと思います。

そこで今回は、Astarはどんな通貨でどこで購入できるのかなどをどこよりもわかりやすく紹介していきたいと思います。

この記事を最後まで読むことで以下の3つについて理解することができます。

  • Astarの特徴
  • Astarの将来性
  • Astarの買い方

Astarってどんな通貨なの??

Astar Network(略称:ASTR)は2022年1月17日に新しくメインネットを立ち上げたばかりの新しい仮想通貨(暗号資産)です。

通貨の歴史としてはまだ浅いものの、ポルカドットに接続するパラチェーンに世界で3番目に選ばれた日本発のパブリックブロックチェーンとして知られています。

後ほど紹介しますが、Astarはスマートコントラクト機能を保持しており、ポルカドットを強化できることも1つの大きな特徴です。

Stake Technologies社というシンガポールの会社が運営しており、日本人の渡辺創太氏が最高責任者として開発しています。

すでに海外取引所には上場済であり、世界からも日本人の暗号資産投資家からも注目を集めているブロックチェーンです。

Astarの魅力

スマートコントラクト機能を実装

Astarとパラチェーンで接続されているポルカドットは、ブロックチェーンの接続機能と高いセキュリティー機能の2つを保持していますが、弱点として拡張性の役割を果たすスマートコントラクト機能(契約の自動化機能)を保持していないことがあげられます。

スマートコントラクトとは、銀行などの管理者のいないブロックチェーン上で取引契約を行い、その内容などの取引履歴を残すことができる重要なプログラム機能です。

Astarはスマートコントラクト機能を保持しているため、ポルカドットの弱点をカバーすることができます。

Astarがスマートコントラクトハブの役割を果たすことでポルカドットを強化でき、Web3を牽引する存在となっています。

ポルカドットパラチェーンの1つ

ポルカドット(polkadot)はインターオペラビリティー(異なる資産同士の相互性)機能をもったブロックチェーンで、Web3の実現を目指しています。

これまでビットコインとイーサリアムなど異なるブロックチェーンは独立した関係で互換性がありませんでした。

ポルカドットはパラチェーンを提供し、それぞれのブロックチェーンと接続することにより、ブロックチェーン同士が相互運用できる機能を持っています。

ポルカドットは革新的な機能を保持しますが、接続できるブロックチェーンを100個までにすると決められており、パラチェーンオークションによって枠の割り当てがされます。

Astarは2021年12月3日に世界で3番目にパラチェーンの枠を獲得しました。

Defiに関連したプロジェクト

ブロックチェーンを利用した金融取引では、銀行や仲介会社のような管理者が存在しません。

Defiはイーサリアムのブロックチェーンを基盤としているため、Defiに関連したプロジェクトを取引する際はスマートコントラクト機能が必要です。

ポルカドットは先ほど説明したようにスマートコントラクト機能を保持していないため、これまで直接的にDefiに関わることができませんでした。

Astarがポルカドットのパラチェーンに接続できたことで、ポルカドットはDefi関連のプロジェクトに参加できるようになったのです。

ポルカドットにとってスマートコントラクト機能を保持しているAstarはとても重要なブロックチェーンとなっています。

マルチバーチャルマシーンをサポート

Astarはイーサリアムバーチャルマシーン(EVM)とウェブアッセンブリ(WASM)の2つの開発環境をサポートしています。

EVMはイーサリアム環境での開発をサポートするものになります。

WASMはGoogleやMicrosoftなどが開発したWeb環境での開発をサポートするものになります。

WASMは現在の主力ではありませんが、ネットワークが早いことやアプリケーションを安くできることからスマートコントラクトは今後WASMに変化していくと予測されています。

AstarはWeb3の基幹システムを目指していることから、現在主流のEVMだけでなく今後重要な役割を果たすであろうWASMのサポートを引き続き行っていくことを表明しています。

ビルドトゥアーン

Astarの特徴としてビルドトゥアーン(build to earn)という機能があります。

現在はプレイトゥーアーンというブロックチェーンベースのゲームをプレイしながらユーザー側がお金を稼ぐことができる仕組みが主流です。

開発されたゲームなどアプリケーションの売上が経たなければ、それまで開発者側は報酬を得ることはできませんでした。

ビルドトゥアーンでは開発者側が開発をしながらお金を稼ぐことができる仕組みを構築しており、無報酬の状態で開発を続けていたこれまでの仕組みとは異なります。

開発者にとってもAstarは良い環境となるため、アプリケーションの開発がこれまで以上に行いやすくなりました。

ビルドトゥアーンの仕組みについては後ほど「dAppsステーキングとは??」の部分にて解説いたします。

AstarNetworkとは??

AstarNetworkとはポルカドットに接続することでイーサリアムなど他のブロックチェーンとも実質的に接続することができ、スマートコントラクトを提供しているネットワークです。

Web3においてポルカドット上で開発される異なるブロックチェーンのトークンを相互に交換する際のdAppsハブ(中心地)となることが当面の目標です。

また、Astar Networkはイーサリアムと互換性があるように作られているため、構築していたアプリケーションを移行する際に作り直すことなく簡単に移行することができます。

上記の移行のしやすさとビルドトゥーアーンにより、Astar Networkはアプリ開発者にとってメリットが多く非常に参入しやすいブロックチェーンです。

Astarに今後上昇する要因とは??

Astar Networkはポルカドットにおける重要な役割を果たしており、現在までの実績は十分と言えます。

現在Astar NetworkはCommonwealth LabsWebb Technologiesとの協業を発表しています。

両社はポルカドットのパラチェーンを開発し作成したグループで、今後アメリカ市場を開拓しながらAstarを展開させていくことが予測されています。

市場獲得に向けてAstarはポルカドット内で存在感を高めており、今後、Astarはポルカドットのエコシステム内のパラチェーンとして重要な立場を確立していくことが期待されます。

上記要因により、Astarは今後ポルカドット以上に上昇し成長していく可能性を秘めています。

dAppsステーキングとは??

現在のブロックチェーンは開発者への報酬に課題があり、開発したアプリケーションに売上が立つまで収入を得られませんでした。

開発中に十分な報酬が与えられていないことに加え、サービスの開始後にはガス代という取引手数料もかかってくるため、開発者側から先行してお金を支払うことでトークンが成り立っています。

dAppsステーキングはその課題に着目し、Astar Networkからベーシックインカムのような形で開発中も報酬が支払われる仕組みを構築しました。

具体的な仕組みとしてはAstar上でアプリケーションなどの開発を行うことにより、ブロック生成報酬の一部が開発者に配られる仕組みです。

この報酬を開発者はガス代やコア開発者への資金提供、報酬の支払いに充てることができ、開発を加速させます。

Astarの将来性について

Astarはポルカドットを強化する特徴があることから、ポルカドットのシェアや開発状況が大きく将来に関わります。

ポルカドットが上がればAstarも上がることが予測され、ポルカドットが下がった時もまた同様の結果が予測されます。

ポルカドットにはAstarが接続されていますが、Stake Technologies社は先行させる形でKusama上でShiden Networkも稼働させています。

Shidenで機能開発されたものがAstarに実装される形をとっているため、Shidenの検証に応じユーザービリティーが向上していくでしょう。

ポルカドットとそのパラチェーン、Astarは共存する関係のため、今後も2つのブロックチェーンは合わせて動向を見ていく必要があります。

Astarの開発会社ってどんな会社??

開発会社はStake Technologies社で、日本人の渡辺創太氏が最高責任者を勤めるシンガポールの企業です。

主に法人向けのブロックチェーンのインフラ開発を行っており、独自の国産ネットワーク「Plasm Network」を作成しています。

最近では世界のWeb3の基幹を目指し、ポルカドットに接続するパブリックブロックチェーン「Astar Network」を開発。

異なるブロックチェーン同士を相互接続するエコシステムの接続先として、世界で3番目に選ばれました。

株式会社クリプトエコノミクスラボと資本提携を結んでいるほか、コインチェック株式会社が手がけるスタートアップ支援プログラム「Coincheck Labs」の出資第一号にも選ばれています。

Astarに投資すべきか

暗号資産やNETといったWeb3分野が急成長を遂げており、今後も世界の注目を集めながら業界全体の成長が期待されます。

Web3は現在、インターオペラビリティ(異なる資産同士の相互性)スケーラビリティ(利用者増大によるラグ)という2つの課題を抱えています。

AstarNetworkは上記2つの課題解決に注力しており、ユーザービリティー(使いやすさ)で世界を牽引する存在になることでシェアを大幅に伸ばしていくことが期待されます。

AstarNetworkに限らず、暗号資産は先行きを読みにくい投資対象のため、期待をしつつも常に暴落リスクを考慮しながら投資していくことが推奨されます。

Astarはどこで買えるの??

日本人の渡辺創太氏が最高責任者を勤めていることや、ポルカドットのパラチェーンとして今後の動向や相場変化が楽しみなAstar Network。

記事執筆の時点では暗号資産取引所の以下の海外取引所を中心に上場しています。

海外取引所から暗号資産の操作や購入にはある程度の慣れが必要ですが、オススメの取引所はgate.ioです。

gate.ioは世界利用者数が100万人を突破しており、世界仮想通貨取引所ランキングで7位を獲得している老舗の海外取引所です。

セキュリティー対策にも力を入れており、二段階認証をはじめコールドウォレット管理を採用するなど、資金流失に最大限の対策が施されていることが特徴です。

口座開設や維持費は手数料は無料、取引手数料も低く、アルトコインの取扱いも900種類以上あるため、今後も暗号資産投資を検討している方にオススメです。

是非これを機会に口座開設してみてください。

900種類以上の通貨対応

gate.io 公式サイト

Astarの購入方法

Astarの購入方法を紹介していきます。

ここでは、先ほど紹介したgate.ioを利用した購入方法を紹介していきます。

まだ、gate.ioに登録されていない方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

 

STEP.1
まず、gate.ioにバイナンスなどの取引所から以下のいずれかの通貨をAstarを購入したい分送金してください。

  • USDT
  • BTC
  • ETH

送金できたらこの画面から、虫眼鏡マークをタップしてください。


STEP.2
次に検索窓から「ASTR」と検索してください。

STEP.3

すると、このように通貨ペアが表示されるので、自分が購入したい通貨ペアを選んでください

ここでは、「USDT」 を選択します。

STEP.4
すると「証拠金取引」という文字が表示されるので、タップします。


STEP.5
上の数値で購入したい通貨の金額を選択し、下の数値では、通貨の枚数を選択します。

最後に「現物買い」をタップして購入は完了となります。

コメントを残す