記事執筆・掲載の依頼はこちら

Gala(GALA)は購入するべき!?買い方や将来性について解説!!

Gala(GALA)は購入するべき!?買い方や将来性について解説!!

プー太郎

Galaってどうなんですか??
Galaが開発しているゲーム内で使われる通貨でPlaytoEarnが流行している中で、今注目されている通貨やで!!

副業おじさん

今回は、このGala(GALA)がどういった通貨なのか、どのようにして買えるのかなどについて紹介していきます。

この記事を最後まで読むことで以下の3つについて理解することができます。

  • Gala(GALA)の将来性
  • Gala(GALA)の特徴
  • Gala(GALA)の購入方法

Gala(GALA)ってどんな通貨なの??

Gala(GALA)はGalaGamesが開発しているゲームで利用されるユーティリティトークンです。

ユーティリティトークンとは特定のサービスを利用するために必要となるトークンのことで、GalaはGalaGamesが発売しているゲームで利用できます。

プルーフオブストレージとは「データ容量によって証明を行う」という仕組みで、ファイルコイン(FIL)などでも採用されているアルゴリズムです。

ゲーム「TownStar」がP2Eバージョンの提供を開始したことで、Galaをゲームで稼ぐことが可能になりました。

Galaについて
名称:Gala
通貨名:GALA
価格:¥25.32(2022年4月時点)
時価総額:¥176,699,493,653 (2022年4月時点)
時価総額ランキング:68位(2022年4月時点)

Galaの魅力

Galaの魅力を5つ紹介します。

P2Eで稼げる

Galaの最大の魅力は「プレイして稼ぐ(Play-To-Earn/P2E)」ことが可能という点です。

街づくりシミュレーションゲーム「TownStar」のゲーム内の通貨「TownCoin」は、Galaと交換することができます。

ほかにも、現実の不動産のようにゲーム内の土地を転売したり、ゲーム内アイテムをGalaで取引したりとGalaの稼ぎ方はさまざま。

TownStarではデイリーチャレンジもあるので、なかなかゲームに時間を割けないという人でもコツコツ稼げるのも魅力のひとつです。

同じくP2Eのゲームでは「Axie Infinity」が有名ですが、ゲームプレイでもうけたお金で現実の家を買う人も現れるなどして注目が集まっています。

ゲームとしておもしろい

これまでのブロックチェーンゲームに対しては、ゲームとしてのクオリティが高くないという意見も少なくありません。

しかしGalaGamesのゲームは、「ブロックチェーンであることよりもおもしろさを追求する」という理念で作られています。

ゲーム開発を行っているGalaGamesには有名タイトルを手掛けたクリエイターたちが集まっているため、面白さは折り紙付き。

中には「おもしろすぎて1日中やってしまう」という人もいるほどです。

現在リリースされている「TownStar」、「SPIDER TANKS」のほか、カードゲーム、MMO、タワーディフェンスなど様々なジャンルのゲームの開発が進んでいます。

ノードに参加すると報酬や投票権を得られる

Galaノードに参加すると、Galaを報酬として受け取ることができます。

Galaは<基本的に毎日付与されるので、ゲームで遊ぶ時間がなくてもパソコンを動かしているだけでOK。

TownStar内の通貨である「TownCoin」や、限定NFTが配布されることもあります。

またノードに参加すると、運営方針に対する投票権が得られるのもGalaの魅力のひとつです。

運営にプレイヤーの意見が直接反映できるのは、「プレイヤー主体のゲーム」を掲げるGalaGamesならではと言えるでしょう。

現在、世界で16,000人以上のプレイヤーがノードとして参加しています。

ノードを立てるために専用の機材は必要ありません。ノートPC程度の容量があれば、市販のパソコンでノードに参加できます。

環境に配慮したプロジェクト

Galaの開発主体であるGalaGames社は、非営利法人であるOne Tree Plantedと提携し、「ユーザーが1ドルのアイテムを購入するごとに1本の木を植える」という取り組みを実施しています。

すでに20万本以上の木が植えられました。

近年、国際社会において環境問題は大きな注目を集めており、日本でもSDGsが流行語になりました。

一般消費者にも環境配慮型企業やサービスに対してポジティブな意見が増えてきましたが、その一方で、膨大な電力を使用する仮想通貨関連の活動に対しては環境負荷の懸念や批判が強まっています。

そんな中で、より継続的なサービスとして環境配慮を打ち出している点は、Galaの魅力のひとつといってよいでしょう。

NFTも活況

GalaはNFT分野でも存在感を高めています。

ゲーム内アイテムを含め、すでに26,000点のNFTを販売し、最高額は300万ドルを記録しました。

またアメリカンコミックの漫画家フランク・ミラー氏とのコラボレーションでは、「シンシティ」の限定NFTを販売。84万ドル(約9200万円)で落札されました。

GalaGamesは今後もNFT分野へ注力する予定で、2024年までに約5800億円規模の投資を計画しています。

あわせて、2022年3月には人気ドラマ「ウォーキング・デッド」シリーズのキャラクターのNFT化も発表されており、今後も活況は続きそうです。

Gala(GALA)に今後上昇する要因とは??

Galaの上昇要因として、以下の2点が挙げられます

  • P2E自体の盛り上がり
  • Galaゲーム自体のユーザー増加

P2Eゲームは2021年から盛り上がりを見せはじめ、2021年11月にはGalaを含め関連銘柄が次々に高騰しました。

The Sandbox(SAND)」は1ヶ月で10倍に急騰しています。

さらに2022年3月には米エンタメ大手「ワーナーミュージック」グループが参入を発表しており、今後もこの傾向は続きそうです。

また、Galaゲーム自体のユーザー数も、価格上昇の重要な要因です。

現在の月間アクティブユーザーは130万人

今後も新しいタイトルのリリースが予定されていることや、イベントなどの露出も多いことから、これから増加が期待できるのではないでしょうか。

Gala(GALA)を購入するリスク

Gala購入のリスクについて解説します。

時価総額が低い

時価総額は取引量や投資家の需要が反映されるため、投資のリスクを判断する上で重要な指標のひとつです。

Galaの時価総額ランキングは現在67位と決して低くはないのですが、十分に知られているとは言えない状態です。

知名度が低いということは、今後取引が減っていく可能性もあるということです。

流動性が低くなれば現在上場している取引所が上場を廃止し、さらに取引量が減り……という悪循環に陥ってしまう危険もあります。

現在のところ上場している取引所の数も多く、すぐに価値が暴落するということは考えられません。

しかしこのまま時価総額が足踏みしてしまうと、現在保有している投資家が離れてしまい、結果的に価格の下落につながることも考えられます。

P2Eの競争相手が多い

前述の通り、P2Eへの投資熱が2022年も継続していくことは間違いありません。

Axie Infinity」の成功を機に次々に新タイトルがローンチされるとともに、参加ユーザー数も関連NFTの取引高も急増しています。

またベンチャーキャピタルから関連企業への巨額融資も相次いでおり、今後もよりハイクオリティなゲームが出てくることは確実といえるでしょう。

そういった中で、Galaが勝ち残っていくのは決して簡単なことではありません。

直近の価格を見ても、2021年11月の最高値から約3分の1に下落しています。

仮想通貨市場全体が足踏みしているところですが、今後反転できるかどうかは未知数です。

Gala(GALA)の将来性について

将来性を占う上で重要なのは開発状況ですが、今後もゲームのリリースが予定されていることからこの点は問題ないでしょう。

またP2Eゲームへの注目度も依然として高い状況が続いているので、Galaにとって追い風になるはずです。

別の側面から見ると、魅力の一つとして紹介した環境配慮型のプロジェクトである点も将来性としては非常にポジティブであるといえます。

PlayToEarnのスタイルは短期的なブームとして終わってしまう可能性もありますが、地球規模の課題である環境問題は国家レベルでの動きが行われており、消費者の関心も高いものです。

そういった分野での提携を打ち出している点で、より長期的な成長を見込むことができます。

Gala(GALA)の開発会社ってどんな会社??

Galaを開発しているのはGalaGamesというゲーム開発会社で、2018年に設立されました。

創設者のエリック・シャーマイヤー(Eric Schiermeyer)氏は、米ソーシャルゲーム大手「ジンガ(Zynga)」社の共同設立者でもあります。

ほかにも、ゲーム販売企業「エレクトロニック・アーツ」社でモバイル製品責任者を務めたジョン・オスバルド氏や、「フォートナイト」の制作を手がける「エピックゲームズ」社のデザイナーだったT・エリオット・キャノン氏など、ゲーム分野における多くの専門家が多数在籍しています。

ゲーム以外への進出にも積極的で、2022年2月には音楽分野に特化したNFTプラットフォーム「GalaMusic」をローンチさせました。

Gala(GALA)に投資すべきか

前述の通り、GalaはP2EやNFTといった周辺環境が追い風となっている状況です。

Gala自体も今後のユーザー数の上昇が見込めるため、中期的には投資の価値があると言えるのではないでしょうか。

一方、足元のテクニカル指標では2022年4月現在、日足のサポートラインとレジスタンスラインが収束しつつあります。

収束後に上抜けることができれば一気に価格の上昇が期待できますが、逆に下抜けてしまうと大幅な下落につながる危険もあります。

仮想通貨市場全体が2022年1月の急落から徐々に持ち直している状況ですが、いまだ上昇トレンドにあるとはいえません。

投資判断としては、現在のチャートの収束後の動きを待つのが無難といえるでしょう。

Gala(GALA)はどこで買えるの??

Galaは複数の取引所に上場していますが、購入するなら「バイナンス」がおすすめです。

主な理由は以下の3点。

  • GALA/USDTで世界1位の取引量
  • 日本語に対応している
  • 手数料が格安

バイナンスはGALA/USDTで世界1位の取引量を誇っており、希望する価格での取引を成立させやすい取引所です。

また海外取引所といえば英語が苦手で敬遠する人も多いかもしれませんが、バイナンスはアプリもヘルプデスクも日本語対応済み。本人確認も日本の運転免許証やマイナンバーカードを使えて、書類の撮影後、数時間程度で完了します。

もう1点のポイントは、手数料がメイカー、テイカーとも0.1%と格安なことです。さらにバイナンスは独自トークンである「バイナンスコイン(BNB)」で手数料を支払うことで、取引手数料が25%(先物取引では10%)割引になります。

バイナンスコイン自体も値上がりしているため、Galaの値上がり益だけでなく、BNBの値上がり益を狙うことも可能です。

世界No.1の仮想通貨取引所

Gala(GALA)の買い方

ここでは、先ほど紹介したバイナンスでのGalaの購入方法を紹介していきます。

バイナンスでGalaを購入するには、以下のいずれかの通貨が必要になってきますので、事前に準備しておきましょう。

  • USDT
  • BUSD
  • EUR
  • TRY
  • BNB
  • BTC
  • ETH
  • BRL
  • AUD

また、バイナンスにまだ登録していない方は、こちらの記事を参考にして登録を済ませておいてください。

 

STEP.1
まず、ホームにある検索窓で「Gala」と検索します。


STEP.2
次に、購入したい通貨ペアをタップします。

ここでは、例として「Gala/USDT」をタップします。


STEP.3
次に右下にある「買い」をタップします。


STEP.4

金額(GALA)」に購入したいGALAの数量を入力します。

すると、「合計(USDT)」に自動的に必要なUSDTの数が入力されます。

その金額に問題なければ、「GALA購入」をタップして購入に進みます。


コメントを残す