記事執筆・掲載の依頼はこちら

NEAR Protocolは購入すべき??買い方や将来性についてまとめてみた

NEAR Protocolは購入すべき??買い方や将来性についてまとめてみた

プー太郎

NEAR Protocolってどんな通貨なの??
一言で言えば、今勢いのあるイーサリアムキラーやで!!

副業おじさん

現在、仮想通貨市場で時価総額2位のイーサリアムですが、スケーラビリティの問題など色んな弱点があります。

それを補おうとSolanaやPolcadotなどのイーサリアムキラーが現れていますが、今回は、その中でも今勢いのある「NEAR Protocol」の特徴や将来性などを紹介していきたいと思います。

この記事を最後まで読むことで以下の3つについて理解することができます。

  • NEAR Protocolの特徴
  • NEAR Protocolの将来性
  • NEAR Protocolの購入方法

NEAR Protocolってどんな通貨なの??

NEAR Protocolとはスマートコントラクトを提供しているプラットフォームになります。

スマートコントラクトとは自動処理のことで、プラットフォームは基盤・環境を意味します。

NEAR Protocolの環境では、dAppと言われる分散型アプリゲームなど様々なサービスを構築することができます。

その環境下で利用される通貨がNEARになります。

NEAR Protocolについて
名称:NEAR Protocol
通貨名:NEAR
価格:¥ 1,200 (2022年3月時点)
時価総額:¥777,924,431,427 (2022年3月時点)
時価総額ランキング:22位(2022年3月時点)

NEAR Protocolの魅力

シャーディング技術

NEAR Protocolはシャーディング技術を導入しているので、高速な処理を実現します。

シャーディング技術とは複数に分散しながら、同時に処理を行うことです。

具体的には1秒間に10万の速度で処理を実行することができます。

また、この技術によりスケーラビリティ問題を解決します。

スケーラビリティ問題とは容量が理由で処理速度が遅くなってしまう現象のことです。

それに処理速度が速いだけでなく、低コストで環境負荷も少なく処理ができるのも特徴の一つです。

NEAR Protocolのシャーディング技術はこれからも進化していく予定なので、今後の動きに注目しておきましょう。

イーサリアムを超える可能性がある

NEAR Protocolはイーサリアムの時価総額を追い抜く可能性があることからイーサリアムキラーと言われています。

イーサリアムはNEAR Protocolと類似しており、スマートコントラクトを提供しているプラットフォームの中で最も有名です。

利用ユーザーは年々増えているので、コストが高く、処理速度も遅くなってしまうスケーラビリティ問題があります。

それに比べてNEAR Protocolはシャーディング技術により、低コストで処理速度も速いです。

このようにイーサリアムの問題を解決する特徴があるので、イーサリアムを超える可能性が期待されています。

Rainbow Bridge機能

NEAR ProtocolはRainbow Bridge機能を導入しています。

Rainbow Bridge機能とはNEAR Protocolとイーサリアムのプラットフォームを繋げる機能のことです。

このことからお互いのプラットフォーム上で、仮想通貨NEARとETHを自由に利用することができます。

それにイーサリアムは高コストで処理速度が遅いという課題がありますが、Rainbow Bridgeを利用すれば、低コストで処理速度も速くなります。

Rainbow Bridge機能により、イーサリアムからNEAR Protocolに移行するユーザーはこれから増えていくと予想できます。

二酸化炭素を削減

NEAR Protocolは二酸化炭素の排出削減に力をいれています。

1年で約174トンしか二酸化炭素を排出していません。

2021年4月にSouth Poleの組織からClimate Neutral Productの賞が授与されました。

South Poleとは世界の政府・企業と連携しながら、脱炭素に向けた排出削減や気候変動対策などの活動をしている組織です。

Climate Neutral Productは環境に配慮した取り組みを行った製品・企業に与えられる賞になります。

NEAR Protocol は環境に配慮したプラットフォームとして、今後も活動していくでしょう。

日本のFracton Ventures社が支援

日本のFracton Ventures株式会社がインドのNEAR India Acceleratorにパートナー企業として参加しました。

NEAR India AcceleratorとはNEAR Protocolを利用して、インドのブロックチェーン業界の新興企業を育成する計画になります。

計画通り、育成を受けて成長した新興企業には最大20万円が支給されます。

Fracton Ventures社は分散型インターネットweb3.0を普及させる事業を行っています。

NEAR India Acceleratorが成功すればNEAR Protocolが日本でも拡大していくと期待できますね。

NEAR Protocolに今後上昇する要因とは??

NEAR Protocolはシャーディング技術により今後上昇すると期待できます。

スマートコントラクト機能を提供しているプラットフォームで今一番利用されているのはイーサリアムです。

しかし、コストが高く、処理速度が遅いという問題があります。

NEAR Protocolはシャーディング技術によりコストを安く、高速な処理を実現します。

また、イーサリアムとはRainbowBridgeで繋がっているので、不満を持ったユーザーがNEAR Protocolに流れると予想できます。

このようにNEAR Protocolはシャーディング技術により、ユーザーが増えると予想できるので、今後上昇していくと期待できます。

NEAR Protocolを購入するリスク

イーサリアムがシャーディング技術の導入

NEAR Protocolはシャーディング技術により、イーサリアムを超えるプラットフォームとして将来性が期待されています。

ですが、イーサリアムはNEAR Protocolと同じように、今後シャーディング技術を取り入れる計画を立てています。

現時点だとイーサリアムは1秒間に15の処理、NEAR Protocolは 1秒間に10万の処理ができます。

約6000倍以上の速度差になります。

もし、イーサリアムがシャーディング技術を本格導入したとすれば、NEAR Protocolと同等の機能を持つ可能性があります。

そうなったとすればNEAR Protocolに優位性が無くなるので、価値も下がってしまいます。

競合が多い

NEAR Protocolの競合はイーサリアム以外にも多くいます。

  • Solana
  • Polkadot
  • FLOW Blockchain

これらの共通点はNEAR Protocolと同じスマートコントラクトを提供しているプラットフォームになります。

現状はイーサリアムが一番利用されていますが、イーサリアムにはスケーラビリティ問題がございます。

それぞれのプラットフォームは特徴が異なるので、イーサリアムの代わりになるものとして今注目が集まっています。

注目されている中でNEAR Protocolが競合との差別化を図れなかった場合、それに伴って価値も下落していきます。

NEAR Protocolの将来性について

NEAR Protocolなどのスマートコントラクトを提供しているプラットフォームはNFT市場が拡大したことにより普及しました。

NFT市場は2021年に入ってから需要が急拡大し、盛り上がりを見せました。

NEAR Protocolのプラットフォーム上ではdAppsを開発することができます。

dAppsとは管理者がいない分散型アプリケーションのことを意味します。

具体的な例としてthesandboxAxie InfinityなどのNFTゲームが主流です。

NFTは今後も需要が増えていくと見込まれているので、それに伴ってNEAR Protocolの価値も上がっていくでしょう。

NEAR Protocolの開発会社ってどんな会社??

NEAR Protocolは開発者のIlyaPolosukhinとMicrosoft元従業員であるAlexanderSkidanoによって2018年に共同設立されました。

AlexanderSkidanoは国際的なプログラミングコンテストに参加し、受賞した実績があります。

NEARProtocolのビジョンは世の中の全てのアプリケーションを分散化し、誰にも管理されないweb3.0の世界を実現することです。

メンバーは他にもFacebook、Google、Nianticの元従業員が含まれ、合計で50人います。

世界トップレベルの開発メンバーで組まれていることから、少数精鋭の組織となっています。

NEAR Protocolに投資すべきか

結論から言うと、イーサリアムが今後NEAR Protocolと同等の機能を持たないのであれば投資をすべきです。

NEAR Protocolの価格は上場直後の2020年までは停滞を続けていました。

NFT市場が拡大し始めた2021年から値上がりを見せ、2022年1月には最高額である約2,300円となりました。

現在の価格は1,200円程で落ち着いていますが、けっして安定しているとは言えません。

NEAR Protocolはイーサリアムの代わりとして、これからの値上がりに期待されています。

しかしイーサリアムがシャーディング技術を本格導入し、NEARProtocolと同等の機能を持つことになれば投資をしない方がいいでしょう。

NEAR Protocolはどこで買えるの??

NEAR Protocolはバイナンスから購入することができます。

バインナンスは世界最大級の海外取引所になり、日本語にも対応しています。

取り扱い仮想通貨は300種類以上と豊富です。

日本の取引所ではまだ取り扱いがないので、バイナンスなどの海外取引所から購入する必要があります。

バイナンスは取引高が1位で利用ユーザーも多く、手数料も安いため、まだ海外取引所を利用したことない人にはオススメです。

NEAR Protocolに興味を持たれた方は少額から購入してみてはいかがでしょうか。

世界No.1の仮想通貨取引所

NEAR Protocolの購入方法

ここでは、NEAR Protocolの購入方法について紹介していきます。

バイナンスでの購入方法を紹介しますので、まだ登録が済んでいない方は、こちらの記事を参考にして登録を済ませておいてください。

 

また、NEAR Protocolを購入するには、以下のいずれかの通貨が必要になるため、事前に準備しておきましょう。

  • USDT
  • BUSD
  • RUB
  • TRY
  • BNB
  • BTC
  • ETH
STEP.1
まず、バイナンスを開いて、検索窓をタップして、「NEAR」と入力します。


STEP.2

すると、通貨ペアが表示されるので、自分が購入したい通貨ペアを選択します。

ここでは、USDTでの購入を例にするので、「NEAR/USDT」をタップします。

STEP.3
次に「買い」をタップします。

STEP.4
金額(NEAR)」の部分に購入したいNEARの数量を入力します。

すると、必要なUSDTの金額が表示されるので、確認し、問題なければ、「NEAR購入」をタップします。

これで購入は完了となります。

世界No.1の仮想通貨取引所

コメントを残す