【広告掲載のご相談はこちらまで】

OpenSeaで売れるものは??購入・販売方法や利用する上での注意点について

プー太郎

NFTを購入したいのですが、どこで購入できるんですか??

副業おじさん

それやったらNFTのマーケットプレイスの中でも取り扱っている作品が豊富なOpenSeaがオススメやで!!

今回は、このOpenSeaの魅力やNFTの購入・販売方法をどこよりもわかりやすく紹介していきます。

この記事を最後まで読むことで以下の3つについて理解することができます。

  • OpenSeaの魅力
  • OpenSeaでの出品方法
  • OpenSeaでの購入方法

OpenSeaとは??

OpenSeaは世界初の分散型NFTマーケットプレイスとして、2018年1月に設立されました。

それ以来、一般的なNFTと同様に、大幅な成長を遂げており、Mark Cuban、Gary Vaynerchuk、Chamath Palihapitiyaなどの著名なプレーヤーが、最近このスペースに関心を示しています。

OpenSeaはイーサリアムの上に構築されており、何百万もの商品が販売されています。

クリエイターは、OpenSeaのツールを使用して、コードを1行も記述せずに、ブロックチェーン上に独自のアイテムを作成できます。

OpenSeaは最大のNFTマーケットプレイスとしての市場を牽引する態勢を整えています。

OpenSeaの魅力

それでは、OpenSeaの魅力はどこにあるのでしょうか?

主に3つの知っておくべき魅力をご紹介します。

ガス料金ゼロで作成と販売が可能である

OpenSeaの最大の利点は、NFT作成がガスコストゼロで、無料で行える点にあります。

コレクションマネージャー機能により、ガス料金なしでNFTの作成と販売の両方を行うことができます。

これによって、ユーザーは売り上げでより高い利益を得ることができることができます。

さらに、OpenSeaで作成するのに費用がかからないため、多くのユーザーをプラットフォームに引き込む魅力となってきます。

複数のブロックチェーンに対応している

次に、魅力の一つとしてあげておきたいのが、OpenSeaは、イーサリアムだけでなくKlaytn(クレイトン)やPolygon(ポリゴン)などといった複数のブロックチェーンにも対応しているということです。

対応通貨

  • Ethereum
  • Klaytn
  • Tezos
  • Polygon

など著名なブロックチェーン上で作成が可能です。

現時点で、NFTマーケットプレイスは主要なものにユーザーが集中しており、イーサリアムのコストやトランザクションの問題につながってます。

OpenSeaでは、イーサリアムの解決策として期待されているポリゴンチェーンにも対応しているため、より早い送金などからユーザーエクスペリエンスの向上に繋がります。

最大10%のロイヤリティ報酬がもらえる

最後の魅力として挙げられるのが、2次流通時のロイヤリティ報酬です。

これは、NFTが取引されるたびに、元々のNFT発行者(あなた)に、一定額の報酬が支払われる仕組みです。

たとえば、1 ETHの販売価格を設定し、コレクションに5%のロイヤリティがある場合、販売から0.925 ETHを受け取り(2.5%はOpenSeaに、5%はあなた自身に)、次に2-4週間後、5%のロイヤリティ(0.05 ETH)を受け取ることができます。

ただし、ロイヤルティは、コレクションの編集で指定された支払いアドレスに分配されますが、現在、Klatynブロックチェーンではサポートされていないことに注意してください。

OpenSeaを利用する上での注意点

以下、さまざまな注意点を挙げておきます。

セキュリティ上の問題

2021年9月26日日曜日にOpenSeaでセキュリティ上の脆弱性が見つかりました。

調査の結果、プラットフォームにセキュリティ上の欠陥が発見され、悪用された場合、ユーザーが悪意のあるトランザクションを承認する可能性が見つかったとうことです。

OpenSea上のサードパーティでは、ウォレット接続の要求はないため、異常な要求には注意が必要です。

署名する際も、それが本当のトランザクションなのか確認を行い、拒否することが大切です。

仮に、ユーザーがこれらの脅威を認識せずに上記のアクションを実行した場合、最終的にはウォレット内の資産が盗まれる可能性があります。

偽の商品や不適切なコンテンツが存在する場合がある

これは、OpenSeaだけに言える注意点ではありませんが、暗号通貨業界では詐欺や虚偽の商品やユーザーの存在がつきものです。

幸いなことに、Openseaには、ユーザー安全チームがあり、プラットフォームを積極的に監視し、悪意のあるコンテンツや詐欺が発見されるとすぐに削除します。

とはいえ、ユーザーは、自身でも偽のコンテンツなどに注意する必要があり、以下のような対策が求められます。

  • レポートツールを活用する
  • ソーシャルメディアを活用し、作成者の情報を確認する
  • チェーン情報を確認する

また、OpenSeaで特定のアクションを実行するにはウォレットアクションに署名する必要がありますが、常に注意する必要があります。

承認する前に、要求されている内容を注意深く確認し、要求が異常であるかどうかを検討する必要があります。

法定通貨やクレジットカードには対応していない

OpenSeaは海外のマーケットプレイスですので、日本から直接購入すること現状できません。

現時点では、イーサリアムなどの仮想通貨を送金してから購入する必要があり、初心者にとっては、少し敷居が高いものになっています。

OpenSea以外のマーケットプレイスでは、クレジットやデビットカード支払いをサポートしているところもありますので、

今後、デビットカードやクレジットカードでの購入ができるようになれば、さらなるユーザー数の増加につながるでしょう。

OpenSeaで売れるものって何??

OpenSeaでは、誰でもさまざまなカテゴリーのアイテムを売買できます。

これらの商品は全てデジタルアイテムであり、さまざまなカテゴリがあり、トランザクションと所有権の証明はブロックチェーンに永久に保存されるため、デジタル化されたトークン化は、支払いが完了すると100%あなただけのものになります。

アイテムには、収集品、ゲームアイテム、およびその他の多くの種類のデジタルグッズが含まれます。

これらのアセットはブロックチェーン上に存在し、イーサリアムブロックチェーン上に作成され、いつでも表示できるようにプロパティです。

プラットフォームでは、記事を閲覧したり、特定のものを検索したりでき、オークションに参加したり、アイテムのオークションを作成したりすることもできます。

平均的な固定価格がありますが、オークションの場合は、通常、レアまたは未販売のアイテムが販売されるため、販売レートが高くなります。

OpenSeaを利用するのに必要なもの

OpenSeaを利用する前にいつくか準備するべき必要なものがあります。

それは、イーサリアムなどの仮想通貨や接続ウォレットです。

それぞれ用途がありますので、詳しく説明します。

仮想通貨

まず、ブロックチェーンとのやり取りの一部と購入したアイテムの支払いには、仮想通貨が必要です。

NFTを作成したり、販売する前に、最初に準備しておくのがEthereumPolygonなどの仮想通貨です。

これらの資金は、著名な仮想通貨取引所で購入し、OpenSeaのマイウォレットに送金することで用意が整います。

OpenSea Webサイトの右上にあるウォレットアイコンに移動すると、ETHを追加できます。

資金の追加」というタイトルの青いボタンが表示されるため、こちらから可能です。

メタマスク

イーサリアムなどの仮想通貨の準備ができたら続いて、ウォレットを用意する必要があります。

そこで、よく使われているのが、メタマスクという分散型のウォレットです。

Openseaで取引を開始するには、まずメタマスクをマーケットプレイスに接続する必要があります。

右上のプロフィールアイコンにカーソルを当て、プロフィールを選択します。

次に、ウォレットを接続するように求めらるため、接続画面が表示されたら、「sign in」を押して完了です。

アカウントはデフォルトで「名前なし」になり、以下にウォレットアドレスのみが表示されます。

アカウントを編集するには、画面の右側にある設定アイコンを選択します。


OpenSeaの購入方法

OpenSeaで購入する方法は2つのオプションがあります。

  • 固定価格で購入する
  • オークション形式で購入する

OpenSeaで固定価格でアイテムを購入する方法

STEP.1

気に入ったNFTが見つかったら、[今すぐ購入]ボタンをクリックして取引を開始できます。

購入する準備ができたら、「今すぐ購入」ボタンをクリックするだけです。

STEP.2

OpenSeaの利用規約に同意するよう求められたら、[チェックアウト]ボタンをクリックして確定します。

ウォレットが開き、ブロックチェーンの選択に応じて適用されるガス料金を含む最終的な費用が発生します。

STEP.3

「確認」ボタンをクリックすると、NFTの新しい所有者になります。

NFTをオークションで購入をする

一部のNFTにはオークションオプションがあります。

STEP.1

オファーをしたいNFTを探索ボタンから見つけてください。

NFTページの「オファーをする」ボタンをクリックします。

STEP.2

オファーする通貨を選択し、金額と有効期限を入力します。

売り手があなたの申し出を受け入れたら、購入できます。

 

 

OpenSeaの出品方法

続いて、NFTの出品方法です。

STEP.1

公式サイトの右上のプロフィール画像を選択し、[プロフィール]をクリックします。

STEP.2

ウォレットから販売したいNFTを選択します。販売可能なNFTがない場合は、作成する必要があります。

右上の[販売] を選択すると、リストページに移動します。

STEP.3

リストページに移動し、価格と販売の種類を選択できます。

販売の仕方は2種類あり、固定価格と時間オークション形式があります。

STEP.4

カレンダーを使用してカスタム期間を設定することもできます。

STEP.5

さらに、特定の購入者のためにアイテムを予約することもできます。

下の空欄に特定のユーザーのアドレスを入力します。

STEP.6

これらすべてのオプションで、下部にリストされている販売からの潜在的な手数料が表示されます。

ここまで来たら、取引に署名して販売を確認するように求められます。

STEP.7

リスティングが完了すると、次のようなポップアップ確認が表示されます。

販売したアイテムを表示するには、プロファイルページから[アクティビティ]タブを選択します。

コメントを残す