記事執筆・掲載の依頼はこちら

イリアムで無断にカラオケ音源を利用して配信していいの!?

イリアムでカラオケ配信したいけど、無断でカラオケ音源使ってもいいのか気になる方も少なくないでしょう。

そこで今回は、イリアムでのカラオケ配信について気になることを紹介していきたいと思います。

この記事を最後まで読むことでイリアムでカラオケ配信をしたいと考えている人が気になる以下の3つについて理解することができます。

  • カラオケ音源を使用してもいいの??
  • 許可なくカラオケ音源使ったらどうなるの??
  • 音楽配信できるのは何??

イリアムではカラオケの音源を使用できない!?

IRIAM(イリアム)では、カラオケの音源を使用することができません。

カラオケルームで歌っている様子をライブ配信で流したり、YouTube等のWEBサイトに載っている音源で歌を歌うことは法律上禁止されています。

歌をイリアムの配信内で歌う方法としては、JASRACやNexToneが管理している曲を使用報告し、アカペラ・弾き語り・演奏が可能になります。

ただし、使用報告をしても、カラオケルームのように音源を流してというような配信はできません。

JASRACやNexToneとの権利契約は、イリアムが使用料を支払うことで成り立っているため、配信者は報告のみで料金を支払う必要はありません。

音源が使用できないことを知らない状態で、配信をしてしまうと違反となり、アカウントの削除まで事態が悪化してしまうこともあります。

カラオケの音源は、歌を作った人に対しての著作権だけではなく、カラオケメーカーの著作権にもかかわってきます。

そのため、WEBに無料で載っているからと言って、配信で利用することは禁じられているのです。

IRIAM - キャラクターのライブ配信アプリ

IRIAM – キャラクターのライブ配信アプリ
開発元:IRIAM Inc.
無料
posted withアプリーチ

もし許可なくカラオケ音源を使ったらどうなる??

許可がおりていないカラオケ音源を利用することは、著作権の侵害となり違反行為に当たります。

著作権とは音源以外にも、作品やモノに対してある権利で、それらを一部の利用方法を除いた手段で許可なく利用することは侵害に当たります。

イリアムでは、著作権侵害の恐れがある人に対して注意が入り、違反行為を繰り返している人に対しては最悪、アカウントの強制削除がなされます。

また、著作権を侵害し刑事罰の対象まで発展した場合、法律行為に違反したととなるため、損害賠償責任を負うこととなります。

カラオケ配信は誰もが簡単にしようと思えばできるもので、しっかりと学んでおかないと何に違反しているかにも気づかないという危険な状況になります。

ネット上に配信している内容なので、知らなかったでは済まされません。

また、刑事罰を受け損害賠償金などを支払い、表面上は解決したとしても、その後も配信者として活動しくならば当然にバッシング受けます。

配信者として成功したいのであれば、しっかりと情報を頭に入れて正しい配信を行いましょう。

相手から損害賠償を請求されることもあるから気を付けや!!

副業おじさん

イリアムで音楽配信できるのは何??

著作権の制限が多いのがライブ配信ですが、イリアム内で認められている音楽配信をご紹介します。

自分のオリジナル曲

イリアムでは、自作のオリジナル曲は音源を利用してのカラオケ配信が可能です。

自分で作成したものや、著作権を自身で持っているものに関しては世間に配信を行っても、違反行為にはなりません。

イリアムで歌配信には制限が多いため、自作の歌を歌っている配信者がいれば目立ちますし、視聴者に喜んでもらうことができます。

イリアムで自作のオリジナル曲をたくさん配信して、有名になろうと思っている人もいるでしょう。

アカペラや生演奏

イリアムでは、JASRACやNexToneが権利を管理する楽曲をアカペラや生演奏で配信することができます。

ただし、使用したい楽曲がある場合は、権利の管理状況を確認し、使用報告をする必要があります。

使用報告は、アプリのマイページで行うことができ、その方法については、こちらのページに詳細があります。

報告は、どのタイミングでもいいため配信後でも大丈夫です。

ただし、楽曲を使用するたびに報告が必要なため、いつも歌っている曲でも都度行う必要があります。

また、サビを少しだけ歌った場合や、鼻歌で小さい声で歌った場合などでも、音が配信された時点で報告が必要になります。

このように歌の配信をすることは、結構な労力や気遣いが必要です。

許可されている楽曲

世間には、JASRACやNexToneが権利を管理していない楽曲があり、それらの曲は申請なしで、アカペラ・演奏・弾き語りができます。

管理外の音源は下記のようなものになります。

  • 権利者が配信での使用許可を公表している音源
  • 著作権フリーの音源
  • 権利が切れている音源

ただし、上記のような楽曲でも商用利用が禁止されている楽曲があるため、それらの音源は利用することができません。

イリアムで別途許諾が必要なこと

説明した使用許可申請以外の別途申請が必要な場合があり、そのケースは多岐にわたります。

その一例は下記の通りになります。

  • 市販のCD音源をBGMとして配信する場合
  • カラオケ音源や、原曲を元に第三者が制作・加工した音源
  • 市販のCD音源を利用して作成したDJ・リミックス等を配信する場合
  • JASRACやNexTone以外の管理団体が権利を保有する楽曲を使用する場合
これらは、アプリ内の使用報告以外に権利者からの申請が必要になり、イリアムの管轄外となってしまいます。

そのため、自分で調べて報告をしたり、使用許可を得るための交渉をする必要があります。

実質イリアムでカラオケ配信するのは難しい

今までに説明した内容からわかる通り、実質イリアムでカラオケ配信をするのは難しいでしょう。

カラオケ配信が全くできないというわけではありませんが、権利やそもそも利用して良いのかなどの判断に、情報集めが必要なため労力がかなり必要です。

イリアムのようなライブ配信アプリは、スマホとネット環境さえあれば簡単に配信を行えるのが魅力ですが、カラオケ配信で調査が多くなるとその魅力も半減してしまいます。

以上のことから、イリアムで実質カラオケ配信をして視聴者に楽しんでもらうことは難しいでしょう。

気軽にカラオケ配信始めたいならPococha

気軽にカラオケ配信を始めたいのであれば、Pococha(ポコチャ)で配信することをオススメします。

Pocochaは、カラオケ音源を利用することを許可する契約が既に結ばれているため、配信者は無料で約1万曲のラインナップから歌うことができます。

イリアムのように、アカペラや弾き語りの申請をする必要もなく、本当のカラオケルームのように、音源と歌詞が流れて歌うことができます。

曲のレパートリーも頻繁に更新されていくため、流行りや最新の曲もどんどん取り入れられています。

2022年9月時点で選べる曲は、下記から確認することができます。

また、カラオケ中の歌詞は、配信者の画面だけに、表示される仕様になっているため、視聴者は配信者の顔を見ながら存分にカラオケ配信を楽しむことができます。

Pocochaは簡単にカラオケ配信ができるだけではなく、機能が充実しているライブ配信アプリです。

カラオケ配信を考えている人は、Pocochaをぜひ試してみてください!

 

Pococha(ポコチャ)-ライブ配信アプリ

Pococha(ポコチャ)-ライブ配信アプリ
開発元:DeNA Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

コメントを残す