記事執筆・掲載の依頼はこちら

Spoonで無断にカラオケ音源を利用して配信していいの!?

Spoonで無断にカラオケ音源を利用して配信していいの!?

Spoonでカラオケ配信したいけど、カラオケの音源って勝手に利用してもいいのか気になりますよね。

そこで今回は、Spoonでのカラオケ配信をする上で気になることを紹介していきたいと思います。

この記事を最後まで読むことでSpoonでカラオケ配信をしたいと考えている人が気になる以下の3つについて理解することができます。

  • カラオケ音源を使用してもいいの??
  • 許可なくカラオケ音源使ったらどうなるの??
  • 音楽配信できるのは何??

Spoonではカラオケの音源を使用できない!?

Spoonではカラオケの音源を利用して、配信を行うことはできません。

許可されているのは、NexTone、及びJASRACが管理している楽曲をアカペラ・演奏する場合となります。

そのため、自由に自分が好きな歌を歌うことはできませんし、下記のような方法でのカラオケ配信は認められていません。

  • カラオケルームで音源・映像を流す配信
  • YouTube等の音源を流しカラオケをする

そして、NexTone、及びJASRACが管理している楽曲についても、アカペラ・演奏などの音源を流さない配信以外はできませんし、それらの管理されている曲も使用許可を都度行う必要があります。

歌うことが好きでプロ並みではないけれどカラオケのように、視聴者の前で配信をしたいと思っていても、様々な制限があり、簡単にカラオケ配信をすることができないのが現状のSpoonのルールです。

もし許可なくカラオケ音源を使ったらどうなる??

許可なくから音源を利用することは、著作権の侵害に当たります。

カラオケの音源には、カラオケメーカーに著作権が付随しています。

そのためカラオケメーカーからの許可なく、カラオケの音声を配信した場合、著作権料を支払わないといけません。

著作権侵害の報告は、カラオケメーカーからまずSpoonの運営局に入り、Spoonから配信者に連絡が入ります。

支払いの方法や理由が報告されるので、その指示に従って著作権料を支払う必要があり、連絡を無視し続けた場合は、権利者から訴えられます。

ライブ配信は、気軽にスマホで行えるため著作権や個人情報保護の権利など、プライバシーが侵害されやすい傾向にあります。

それらの情報は全世界にWEBで発信されていることを忘れてはいけません。

また、カラオケ音源についても「これが違反は知らなかった」では済まされませんので、配信を行う場合は遊びでないことを再認識し、配信者の自覚をもって知識を付けるようにしましょう。

カラオケメーカーから訴えられる可能性も十分にあるから気を付けや!!

副業おじさん

Spoonで音楽配信できるのは何??

カラオケ配信には、様々な制限がありますが、その中でもSpoonで音楽配信ができる手段についてご説明します。

自分のオリジナル曲

自作のオリジナル曲は著作権の侵害には当てはまらないため、配信ができます。

自分でデータを入力して作成した音源の配信や、著作権を自身が保有しているものについては、違反行為にはならないため大丈夫です。

Spoonの歌配信にはご説明した通り制限が多いため、歌を歌って配信をしようとする人はそこまで多くありません。

その中で、自作の素敵な歌を歌っている配信者がいれば、見てみたいと思いますし、視聴者に自分の歌声を自分が作った最善の曲で披露することができます。

アカペラや生演奏

JASRACやNexToneが権利を管理する楽曲を、使用報告すれば条件付きで配信することができます。

その方法は、下記のようなものがあります。

  • アカペラ
  • 楽器で生演奏
  • 弾き語り
  • 歌詞の朗読

カラオケの音源を流さなければ、カラオケメーカーの著作権には引っかからないでしょう。

ただし、管理されている曲を歌う場合は、使用楽曲の報告が必要です。

使用楽曲の報告は、アーティストに適切に収益が分配される機能になり、配信者が金銭を支払う必要はありませんが、素敵な曲を作ってくれたアーティストへの貢献になります。

使用報告は、「プロフィール画面>設定>使用楽曲報告」で簡単に行えます。

許可されている楽曲

JASRACやNexToneが権利を管理していない楽曲は申請なしで、アカペラ・演奏・弾き語りができます。

よくYouTube等で使われているフリー音源や、著作権の期限が切れているものがその対象となります。

ただし、それらの曲は人気の曲や新しい曲ではないのでカラオケには不向きで、あまりライブ配信では使えないでしょう。

しかし、歌い手には面白い使い方をする人もいるもので、フリー音源に自分で歌詞をつけて自作の歌にしている人もいます。

工夫をしてカラオケを楽しんでいる、感性豊かな人もいるので、アーティストならではの柔軟な考え方を活かして、ライブ配信でも音楽を楽しんでください。

Spoonで別途許諾が必要なこと

Spoonのように、JASRACやNexToneと権利契約を結んでいる場合でも、使用許可の申請以外に別途許可が必要な場合もあります。

一例として下記のようなものが考えられます。

  • 市販のCD音源をBGMとして配信する場合
  • カラオケ音源や、原曲を元に第三者が制作・加工した音源
  • 市販のCD音源を利用して作成したDJ・リミックス等を配信する場合
  • JASRACやNexTone以外の管理団体が権利を保有する楽曲を使用する場合

これらは、Spoonのプロフィールから申請できる使用許可とは違い、アプリ外で自分から手続きをしないといけないケースです。

ライブ配信にかかわらず音源を利用するなら必要な手続きなため、Spoonの管轄外になってしまいます。

自分で調べて報告をしたり、著作権に違反しないような使い方を自身で考える必要があります。

実質Spoonでカラオケ配信するのは難しい

今までの内容をまとめると、Spoonでカラオケ配信をする方法はありますが、ここまですることや考えることが多いと、やめておこうと思う人も多いですよね。

そのため、Spoonでカラオケ配信を積極的に取り入れている人は少なく、カラオケ配信は実質難しいでしょう。

もともと、歌を売りにして配信を行いたいと思っている人なら別ですが、Spoonのようなライブ配信アプリは、手軽にスマホとネット環境があれば配信できるというのが魅力です。

ライブ配信でカラオケを行うとなると、考えることも多く、許可されている音源もアカペラでしか歌えないとなると、リアルタイム配信のため抵抗もありますよね。

以上のことから、Spoonで実質カラオケ配信をしていくのは難しいという結論にいたりました。

気軽にカラオケ配信始めたいならPococha

ライブ配信アプリは、現在人気で様々な会社が、ライブ配信サービスを提供しています。

ライブ配信で、カラオケも気軽にしたいと思っている人は、Pococha(ポコチャ)で配信を始めてみてください。

Pocochaは、もちろん他のライブ配信アプリと同じように、雑談や顔出し配信ができますが、カラオケ配信にこだわりがあります。

Pocochaは、カラオケ音源を利用することを許可する契約が既に結ばれているため、配信者はワンタッチで約1万曲のリストの中から歌うことができます。

もちろん、カラオケ音源なのでアカペラや弾き語りの申請をする必要もなく、本当のカラオケルームのように、歌うことができます。

2022年9月時点で選べる曲は、下記から確認することができます。

カラオケ配信を考えている人は、Pocochaをぜひ試してみてください!

 

Pococha(ポコチャ)-ライブ配信アプリ

Pococha(ポコチャ)-ライブ配信アプリ
開発元:DeNA Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

コメントを残す