記事執筆・掲載の依頼はこちら

ツイキャスで無断にカラオケ音源を利用して配信していいの!?

ツイキャスで無断にカラオケ音源を利用して配信していいの!?

ツイキャスでカラオケ配信したいけど、そもそも勝手カラオケの音源を使っていいのか気になりますよね。

そこで今回は、ツイキャスでのカラオケ配信について気になることを紹介していきたいと思います。

この記事を最後まで読むことでツイキャスでカラオケ配信をしたいと考えている人が気になる以下の3つについて理解することができます。

  • カラオケ音源を使用してもいいの??
  • 許可なくカラオケ音源使ったらどうなるの??
  • 音楽配信できるのは何??

ツイキャスではカラオケの音源を使用できない!?

ツイキャスでは、カラオケの音源や映像を利用して配信することはできません。

ツイキャスは、JASRAC/NexToneと包括契約をしています。

そのため、JASRAC/NexToneに登録されている曲をアカペラや演奏、弾き語りすることは自由にできます。

契約料は、ツイキャスが管理団体に支払っているため、それらの歌を歌ったからと言って支払いを求められることはありません。

制限を知らないで禁止されている歌や演奏を行おうとしたり、既にしてしまって注意を受けている人もいます。

カラオケの音源は、楽曲に対しての著作権だけではなく、カラオケメーカーの著作権に付随しています。

そのため、楽曲以外の著作権があり、インターネット上で許可なく配信をすることは禁じられています。

もし許可なくカラオケ音源を使ったらどうなる??

許可なくカラオケ音源を利用した場合は、著作権侵害となり、違反行為となります。

著作権侵害は、一部の利用方法を除いた著作物を許可なく利用することです。

著作権を侵害すると、著作権者に与えた損害を賠償する責任を負うことになり、刑事罰の対象となります。

これらは、知らなかったでは済まない違反行為です。

そうなる前に、ツイキャスでは著作権違反を発見した場合、配信削除と注意が行われ、複数回違反行為が重なると、アカウント自体を削除されます。

また、今後もWEB上で活動していきたいと思っている人は、著作権違反をすると、世間からの印象も悪くなりバッシングを受けます。

カラオケ配信で著作権に違反しないように、十分知識を得てから配信を行いましょう。

垢BANされるリスクもあるから気を付けや!!

副業おじさん

ツイキャスで音楽配信できるのは何??

著作権の厳しいルールがある中でも、ツイキャスで音楽配信できる方法をご紹介します。

自分のオリジナル曲

ツイキャスでは、自分でデータを入力して作成した音源の配信が認められています。

自分で作成したものは、世間に配信しても著作権違反になりません。

音楽作成に自信があって、自分の曲を有名にしたいという人は、どんどんとツイキャスを利用して配信を行うべきでしょう。

自作の楽曲を歌って、ツイキャスから有名になることを目指している人もいます。

ただし、企業の宣伝活動にかかわる配信や、PR目的で配信を行う際は、自作の曲でも別途許諾が必要な可能性もあり注意が必要です。

アカペラや生演奏

ツイキャスでは、JASRAC/NexToneに登録されている曲を生演奏やアカペラで歌うことができます。

JASRAC/NexToneに登録されている曲は、JASRAC/NexToneの各サイトの「インタラクティブ配信」で確認することができます。

ただし、JASRAC/NexToneの楽曲を利用した場合は、楽曲報告をする必要があります。

あくまでも、許可されているのはJASRAC /NexToneに登録されている曲を、アカペラや生演奏で歌う場合です。

JASRAC/NexToneに登録されている曲でも、カラオケ配信はできないため注意しましょう。

楽曲報告は自分の配信に対して行う場合と、視聴中の配信に対して行う場合があります。

その方法は、ツイキャスヘルプに記載があります。

楽器を使える人は、視聴者のリクエストにも答えることもできるため、とても魅力的な配信ができそうです。

生配信でアカペラや弾き語りをすることは、とても勇気がいりますが、配信外でたくさん練習して、視聴者に評価されるよう頑張っください。

許可されている楽曲

管理楽曲以外で、ツイキャスだけではなくインターネット配信全体で許可されているものがあります。

フリーの音源などがその対象になり、よくBGMに利用されます。

しかし、フリー素材はカラオケができるようなものではないので、歌を披露するための音源としては利用できないでしょう。

工夫をして楽しんでいる配信者は、フリー素材に自分で歌詞をつけて、オリジナル曲を作っている人もいます。

インターネット上のカラオケ配信はどうしても制限が多くなってしまいますが、その中でも様々な工夫をして歌を楽しんでいる配信者はたくさんいます。

ツイキャスで別途許諾が必要なこと

ツイキャスでは、カラオケ配信以外にも音楽を利用する場合、許可が必要なことがたくさんあります。

下記のような場合には、別途楽曲利用に許諾が必要です。

  • 市販のCD音源をBGMとして配信
  • カラオケの映像または音声を配信
  • 市販のCD音源を利用して作成したDJ・リミックス等を配信
  • JASRAC/NexTone以外の管理団体が権利を保有する楽曲を使用する
あくまでもこれらは一例のため、場面によって許諾が必要なことは他にもあります。

また、配信がプライベートやグループ限定の配信であっても、全世界に配信する時と同じように、許諾が必要です。

楽曲によっては著作権者が2人以上いる場合もあり、イレギュラーな対応が必要なこともあります。

それらの内容は、ツイキャスだけの問題ではなく、世間全体の権利や法律行為に当たるため、ツイキャスへの問い合わせだけでは解決しないことも複数あります。

実質ツイキャスでカラオケ配信するのは難しい

ご説明した通り、ツイキャスでカラオケ配信をするとなると、様々な制限があったり、利用できる楽曲でも許諾が必要であったりとなかなか自由に動けません。

また、ツイキャスのようなライブ配信は、本来気軽に家で配信ができて、前準備もそこまで必要がないというのが魅力です。

しかし、このように少し歌おうと思っても、許可に時間がかかってしまった場合、手軽さが失われてしまいます。

以上の内容から、実質ツイキャスでカラオケ配信をすることは難しいでしょう。

気軽にカラオケ配信始めたいならPococha

気軽にライブ配信でカラオケを行いたいのであれば、Pococha(ポコチャ)で配信をすることをオススメします。

Pocochaは、カラオケ配信の機能が充実しており、ツイキャスのように許可申請をしなくても、登録されている曲なら自由に音源を使うことができます。

その曲は、約1万曲の中から選ぶことができ、曲のレパートリーも頻繁に更新されていくため、流行りの曲も十分に入っています。

2022年9月時点で選べる曲は、下記から確認することができます。

また、楽曲を流すまでも簡単で、画面に表示されるマイクマークから楽曲を検索してすぐに歌い始めることができます。

歌っている間は配信者の画面だけに、歌詞が表示される仕様になっているため、視聴者からは配信者の顔が見える状態で歌を聴くことができます。

Pocochaはカラオケ機能がすごく充実しているライブ配信アプリなので、カラオケ配信をしたい人は、Pocochaが断然オススメです!

 

Pococha(ポコチャ)-ライブ配信アプリ

Pococha(ポコチャ)-ライブ配信アプリ
開発元:DeNA Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

コメントを残す