COZUCHI 「中央区八丁堀 開発用地」は投資すべきか??

「中央区八丁堀 開発用地」の内容について

新しく情報が公開されたCOZUCHIの「中央区八丁堀 開発用地」について詳しくご紹介していきます。


本ファンドの特徴

本ファンドは、東京都の中央区八丁堀の古家付き開発用地を投資対象としています。

今回この開発用地が投資対象になった理由としては、元々の売主が売却を試みたのですが、中々買い手が付かなかったため、割安な値段で売られていました。

そこで、COZUCHIが利便性も高く人気の高い立地に位置する本物件は利益を見込めると判断し、今回投資対象として取得しました。

また、本ファンドは、キャピタルゲイン重視型になり、キャピタルゲインで出た利益の25%は、優先出資者である投資家達に配当されるので、大きなリターンが期待できます。

中央区八丁堀 開発用地
想定利回り(年利):6%
運用期間:12ヶ月
募集金額:117,000,000円
募集方法:抽選
募集期間:2021/10/14~2021/10/18
キャピタルゲイン:5.90%
インカムゲイン:0.10%
最小投資金額:10,000 円
最大投資金額:11,700,000円

アマゾンギフト券もらえる

優先劣後の割合は??

優先劣後出資比率は、優先82.4%:劣後17.6%となります。

劣後出資で20%近くの値が設定されている上に、割安で物件を取得できたことから考えると、元本割れの心配は、あまりないかなとは思います。

そのため、安心して投資して良いでしょう。

なぜ八丁堀エリアなのか

今回投資対象の本ファンドは、東京メトロ日比谷線「八丁堀」駅から徒歩7分のところにあるのですが、この八丁堀エリアは東京都のほぼ中央に位置しており、大企業や銀行などの本社や本店が集中しているエリアでもあるんです。

また、全国の中でも高い土地と知られている銀座などのエリアは、コロナの影響により、地価が下落しています。

しかし、八丁堀が位置する中央区は、利便性の高さから最近多く高層マンションが建設されており、実態として地価は安定しているという見方をしている専門家もいるエリアとなります。

「中央区八丁堀 開発用地」は投資すべきか

結論から言うと本ファンドの「中央区八丁堀 開発用地」には、投資すべきだと思います。

先ほども説明しました通り、本ファンドは、中央区に位置しており、比較的地価が安定しており、運用期間である1年の間に大きく下落することは考えにくいです。

また、中央区の地価は1坪あたり、700万円します。

そのため、本ファンドの面積は85.48㎡(約26坪)なので、相場の金額で購入するとしても1億8000万円はかかります。

本物件をいくらで購入されたかは書かれていませんが、本ファンドの募集金額を見る限り、相場の金額よりも大きく下回っており、割安で購入したと言うことから、1億弱で購入したと予想できます。

あくまで予想ですが、建屋を壊す料金がかかってきたとしても、5000万円くらいの利益は取れそうなので、投資家としては安心して投資できるのかなと思います。

また、今回、キャピタルゲイン重視なので、大きな配当をもらいたい方は、応募することをオススメします。

アマゾンギフト券もらえる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です