記事作成・掲載のご依頼はこちら

WEBライターの平均年収って??年収上げるコツや求められる人材について

WEBライターの平均年収って??年収上げるコツや求められる人材について

スキルがなくても始めやすい仕事で人気の高いWEBライターですが、今から始めたいと考えている人は、実際どれくらい稼げるのか気になりますよね。

そこで今回は、実際に本業でWEBライターとして月に20万円稼いでる私が、WEBライターの平均年収や平均年収を上げるコツなどについて紹介していきたいと思います。

この記事を最後まで読むことでWEBライターになりたいと考えている方が気になる以下の3つについて理解することができます。

  • WEBライターの平均年収って??
  • WEBライターの年収を上げるには??
  • 求められるWEBライターって??

WEBライターの平均年収は??

WEBライターの平均年収って??年収上げるコツや求められる人材について

本業の場合

本業の場合にも、正社員として働いているケースと、フリーランスで働いているケースがあります。

まず、正社員のWEBライターとして働く方の平均年収は約420〜450万円です。

調査機関により、次のように前後します。

WEBライターの平均年収
445万円(出典:マイナビ転職求人)
447万円(出典:求人ボックス)
421万円(出典:indeed)
フリーランスで働いているケースについては、信頼できる調査結果は見つかりませんでした。

フリーランス協会が発行する「フリーランス白書2019」によると、フリーランスとしてライター・イラストレーター・編集者・翻訳・通訳を含む文筆業を営む方の平均年収は、次のようになっています。

フリーランス(文筆業)の年収
年収(文筆業) 割合(総数:219)
200万円未満 32.0%
200〜400万円未満 26.9%
400〜600万円未満 21.5%
600〜800万円未満 8.2%
800〜1,000万円未満 5.5%
1,000〜1,200万円未満 2.3%
1,200万円以上・無回答 3.6%

なお、この平均年収は副業でWEBライターとして働く方の年収を含めて計算されているため、本業のフリーランスの方の平均年収は表よりも高いことが予想されます。

副業の場合

副業でWEBライターとして働く方の平均年収は113.5万円、月収にすると10万8,000円といわれます。

JOB総研の調査によれば、副業による平均年収は約190万円で、月収にすると約15万8,000円です。

一般的な副業と比べると、平均年収は低い傾向があることが分かります。

中にはWEBライターで年収1000万円稼いでる人もいる

WEBライターの平均年収は約420〜450万円ですが、上の表にもあったように年収1,000万円以上稼いでいる人もいます

以下の方法を取ることで、年収1,000万円を目指すことが可能です。

  • 案件を外注する
  • アフィリエイトを併用する

WEBライターとして経験を積むと、構成を作成する能力や文章をより分かりやすくブラッシュアップする力が養われます。

自分で受注した案件の構成を作成し、クラウドソーシングで外注し、上がってきた原稿をブラッシュアップしてクライアントに納品することが可能です。

例えば、文字単価2円の5,000文字の記事を文字単価1円で外注に発注し、構成やブラッシュアップにかける時間を1時間に抑えることができれば、時給5,000円を実現できます

WEBライターとして活動していくと、SEOライティングの知識が身につきます。

SEOライティングの知識を生かして、ブログを解説し、アフィリエイトを行うのもおすすめです。

WEBライターは未経験者でもなれる??

WEBライターは未経験でもなれます。

ただ、WEBライターを未経験からはじめる場合、最初のうちは十分な収入を得られない可能性があります。

人脈も経験もない状態からWEBライターをはじめる場合、クラウドソーシングを利用することになることが多いです。

クラウドワークスでは、文字単価1円でも平均以上のため、未経験の方は文字単価0.1〜0.5円でスタートすることになります。

WEBライターは1時間あたり2,000文字を執筆することが理想とされているため、理想的な執筆力があったとしても、時給は200円〜1,000円です。

なお、WEBライターの経験がなくても、不動産業界や金融業界で働いていた、管理栄養士の資格を持っているというように専門知識がある場合、すぐに稼げる可能性があります。

WEBライターが平均年収を上げるには??

積極的に単価交渉する

WEBライターが平均年収を上げるのに最も基本的な方法は、積極的に単価交渉することです。

近年はWEBメディアが乱立し、Googleのコアアルゴリズムアップデートが原因で、クライアント企業にとって安定的に大きな収益を得るのは簡単ではありません。

そのため、クライアント側は外注費用を抑えたいと考えています。

自分から単価交渉をしなければ、文字単価を上げてもらえることは稀です。

そこで、執筆した記事が上位表示されたり、分野に関する資格を取ったタイミングで単価交渉を行うことをおすすめします。

断られてしまうことも少なくありませんが、こちらの実績を正当に評価してくれるクライアントもいます。

専門分野を作る

専門分野を作るのが最も現実的な方法の1つです。

WEBライターはSEOメディアからの依頼を受けることが多いですが、専門分野を作り、自分の執筆した記事が上位表示されれば、高単価で仕事を受注できるようになります。

特定の分野で成果を残しているWEBライターであれば、文字単価2円ならクラウドソーシングでも目指すことが可能です。

また、専門分野を作ることで執筆中に必要になる情報収集の時間を大幅に減らすことが出来ます。

専門分野なら、1時間に2,000文字の執筆もそれほど難しくありません。

文字単価2円で1時間に2,000文字を執筆できれば、時給は4,000円になります。

WEBディレクターになる

WEBディレクターとはWEBサイトの制作現場の進行管理者です。

クライアントの意向をヒアリングし、編集やライターの作業を監修します。

WEBライターは仕事が割り振られた後は記事を執筆するだけですが、WEBディレクターは業務の範囲が広いです。

しかし、それだけ報酬も大きくなります

また、WEBライターとして仕事する際もWEBディレクターの経験があれば、制作現場における上流工程を理解していることから、採用されやすく、報酬も高くなります。

WEBライターのなり方

本業の場合

本業の場合、マイナビを利用するのがおすすめです。

マイナビには「学歴不問」「第二新卒歓迎」「業界未経験OK」といった、これからWEBライターになりたいという方にピッタリの求人が多数掲載されています。

また初年度年収も「420〜550万円」「400〜600万円」「500万円〜800万円」など、正社員のWEBライターの平均年収を上回る求人が多いです。

これらの年収は初年度のもののため、WEBライターとしてのスキルを磨いていくことで、より大きな収入を目指すこともできます。

ただし、業務はWEBライターだけでなく、WEBディレクター業務やマーケター業務を含むことが多いことには注意しましょう。

副業の場合

副業の場合、クラウドソーシングの利用をおすすめします。

クラウドソーシングを利用した副業には4つのメリットがあります。

  • 在宅で完結する仕事がほとんど
  • 仕事する時間帯を自由に決められ本業に支障がない
  • 未経験でもはじめやすい
  • 副業に割く時間をコントロールしやすい

WEBライターにおすすめのクラウドソーシングはクラウドワークスです。

クラウドワークスは2023年1月時点で「ライティング・記事作成」の仕事が2,550件も掲載されており、自分に合う案件を選ぶことができます。

なお、クラウドソーシングを利用する場合、サイトは1つに絞るのがおすすめです。

1つのサイトに絞った方が、サイト内の受注実績などの評価を効率的に高められます

求められるWEBライターとは??

専門性が高い

特定の分野に精通している専門性の高いWEBライターは重宝されます。

WEBライターのクライアントはSEOメディアが多いです。

GoogleはWEBページの権威性や専門性を重視していると公式に発表しており、クライアントは専門性の高い記事を求めています

従来は他の記事の情報をまとめるだけのリライト記事でも通用しました。

しかし、現在はリライトだけでは高単価の案件をもらうことはできません。

逆にいえば、専門性の高いWEBライターを使用し、専門性の高い記事を発信しているSEOメディアは収益を得やすくなり、その収益がWEBライターに還元されるということです。

興味がある分野の書籍やウェブサイトを普段から読んで、専門性を高めていきましょう。

明確な強みを持つ

専門性の高さに加えて、スキルにおいても明確な強みを持つことを目指しましょう。

WEBライターの仕事には次のようなスキルが役立ちます。

役立つスキル

  • SEOライティングが上手い
  • キーワードの提案ができる
  • セールスライティングが上手い
  • サイト構築経験があり、記事の入稿ができる
  • SNSで記事を拡散できる
  • Photoshopなどを利用して記事に合わせた画像を作成できる

これらのスキルの中から、1つだけでも強みを持ちましょう。

その強みを実績と供にアピールすれば、報酬の高い案件を受注できる可能性が高まります

コミュニケーション能力が十分高い

WEBライターといえば、ひたすら記事を執筆する仕事で、コミュニティー能力は求められなさそうなイメージがあるかもしれません。

しかし、求められるWEBライターにはコミュニケーション能力が必須です。

WEBライターとして記事を執筆する際には、クライアントがどのような記事を望んでいるかを明確にしたうえで、その意図に沿った記事を執筆する必要があります。

クライアントによっては、予め丁寧に意図を説明してくれるケースもありますが、ほとんどの場合は、こちらからのヒアリングが必要です。

また、受注前の段階でもWEBライターとしての経験やスキル、自分を採用するメリットなどを伝えなければ、依頼してもらうことすらできません

WEBライターとして年収アップしたいなら講座を受けよう

WEBライターとして年収をアップしたいなら、独学よりも「あなたのライターキャリア講座」をおすすめします。

文章を書くために必要な思考法が身に付くライター講座です。

ライターは文章力に意識がいきますが、ライティングにおいて土台となる思考力を磨いていく必要があります。

添削で表現のクセに対するフィードバックと、文章全体の流れを考慮したアドバイスをもらうことが可能です。

実際に受講した方からは、次のように良い口コミが集まっています。

稼げるライターになれる!!

WEBライターの副業をして月3万円稼いだので必要なスキルやコツを教えます!!WEBライターの副業をして月5万円稼いだので必要なスキルやコツを教えます!!WEBライター歴1年の私がスマホでライティングをやってみたらデメリットが多かったWEBライター歴1年の私がスマホでライティングをやってみたらデメリットが多かった

コメントを残す