【お仕事のご相談はこちらまで】

LINE(ライン)が副業解禁!?申請方法やルールなどについてまとめてみた

プー太郎

LINEって副業可能なんですか??
LINEは、会社設立当初から副業が解禁されているで!!

副業おじさん

今回は、このLINE株式会社が副業を解禁した理由や、副業を始めるための条件などを紹介していきたいと思います。

  • LINEに就職したい
  • LINE社員はどんな副業をしているの??
  • 副業可能な企業を探してる

この記事は、このような方にオススメの内容となっております。

LINEの社員ってどんな仕事をするの??

LINEの副業解禁

LINEは、コミュニケーションツール「LINE」を提供している会社で、2020年3月末時点で日本人口の約67%である8,400万人が利用しています。

今や連絡を取り合う手段として当たり前となったLINEですが、初版は2011年と利用されてからまだ10年ほどしか経ってません。

まだまだ、これからの伸びしろに期待されている企業であり、社員の業務としてもこれからの企業の成長が見込める働き方が求められます。

現在社員が行っている業務内容としては、LINEで使用するスタンプや着せ替え、無料通話、広告などの管理です。

具体的な職種は以下に分類されます。

  • 技術・研究:サービス開発やインフラ・セキュリティ・データ領域の開発等
  • デザイン:各サービスのブランディングに必要な業務
  • 企画・マーケティング:サービスの企画・設計、成長のためのマーケティング等
  • コーポレート・サポート:投資・財務経理・法務・総務・コンプライアンス等

LINEの社員の給料

LINEは2016年最大の新規上場案件と言われており、東証一部上場ニューヨーク証券所に上場しています。

話題のLINEアプリであり、企業にも注目が集まっているため所属従業員数も年々増えています。

過去3年の全社員平均年収は以下の通りです。(参考:LINE有価証券報告書)

LINEの平均年収
2017年 2018年 2019年
平均年収 715万円 716万円 770万円
従業員数 1460人  1930人  2457人

LINEの平均年収は直近3年間で700万円を超えているため、高水準の給料といえます。

また、2019年の有価証券報告書により競合他社と平均年収を比較すると以下の通りです。

  • LINE:770万円
  •  グリー:759万円
  •  ミクシィ:670万円
  • DeNA:756万円

競合他社で比較すると、この4社の中では僅差でLINEがトップでした。

LINEが副業解禁をした理由

LINEはそもそも副業を禁止する就業規則がなく、国の方針で副業を推奨する動きがあったから何か新しい取り組みを行ったという訳でもありません。

つまり、LINEは会社を設立した当初から実質副業は可能でした。

しかし、特に副業に制限がなくとも、副業を始める社員は多くありませんでした。

LINE社員が副業を行うことに注目が集まったのは、副室長のインタビューがあってからです。

LINEの副室長は、審査が通れば2020年から副業で専門学校の先生を行うことを公言しました。

上席が堂々と副業を行うことを公言していれば、社員も副業に取り組みやすいと思われます。

また、副業マッチングサービス「Kasooku」が、登録ユーザー1万人に対して行ったアンケートによるとLINEは副業先として働きたい企業のランキング1位に選ばれています。

副業先としての企業と言う印象も相まって、『LINE 副業』というキーワードで注目が集まっています。

LINEで副業を始めることができる条件

LINEで副業を始めるための条件には、以下のようなものがあります。

  1. 事前承認
  2.  業務に支障をきたさない
  3. 会社の名前や財産を利用しない
  4. 会社固有の技術を漏らさない
  5. 会社固有のノウハウを漏らさない

この条件が大前提とされているため、事前承認でもう少し細かく本人へ確認されることが予想されます。

これらの条件は、LINEだけではなく他の副業OKな企業でも同じような条件が提示されています。

他にも他社に雇用される副業がNGな企業や、副業の稼働が休日のみ許されている企業もあります。

そのような他社の条件に比べるとLINEはまだ、条件は厳しくない方だと言えます。

LINEで副業を始めるための申請方法

LINEで副業を始めるためには、上長や人事部など関連部署の事前承認が必要です。

事前承認を得ることができて初めて副業を行うことができます。

しかし、その事前承認をどのようなシステムで行うのか、紙面が必要であるのか等の情報は公開されていません。

詳細について、LINEの社員であれば人事部に確認してみるのが早いです。

LINEの社員ではないが、これから就職する可能性があり、副業の申請方法まで詳しく知りたい人は、採用担当に問い合わせてみましょう。

LINEの採用情報が載っている公式ホームページのQ&Aで副業についての記載があるため、副業はよく質問される項目の一つであると予想できます。

LINEの関係会社全てが副業対象なのか??

LINEには、関連会社が多くあります。

以下は関連会社の一部です。

LINE関連会社

  • LINE Pay株式会社
  • LINEヘルスケア株式会社
  • LINE MUSIC株式会社
  • ネクストライブラリ株式会社
  • LINE Growth Technology株式会社
  • 株式会社出前館
  • HOP株式会社

LINEと言う名前がついている会社でも、別の事業をしている会社と言う位置づけになるため、全ての関連会社が副業を認めているわけではありません。

ただ、LINE株式会社に近しい名前を持つ会社は同じ志で経営をしているため、副業を解禁している会社もあると考えられます。

現在掲載されているLINE関連会社の公式ホームページなどに、副業に関する文言は書かれていませんでした。

ネット上どこにも載っていないため、こちらも人事部や採用担当に問い合わせて確認しましょう。

LINEの社員におすすめの副業は?

LINEの社員におすすめの副業をご紹介します。

ブログ運営

ブログ運営は、自分でブログを作成しそこに広告を載せ成果を出すことで収入を得ることができます。

ブログ運営を行うためには、読者が興味をそそれられる文章を書く必要があります。

LINE社員の方には、マーケティングの部署で仕事をしている人もいるため、大勢の注目を集めるスキルを既に持っている人もいるでしょう。

【人気の副業】アフィリエイトとは??始め方やメリット・デメリットなどについて

大学や塾の講師

副室長も副業で行いたいと公言していました講師ですが、人に自分の得意分野の教育をすることは、自分の中での復習ともなり、より強固なスキルになります。

また、人に教えるスキルは、対人関係が必要な社会にとって必要不可欠です。

自分のスキルアップのために講師の副業をしてみるのも面白いでしょう。

サラリーマンに人気の副業「塾講師」はどれくらい稼げる??

ヨガやボクシングのインストラクター

趣味で行っているスポーツを副業として行ってみるのはいかがでしょうか。

お金も稼げて趣味のスポーツでリフレッシュすることができます。

プライベートを充実させることで仕事のやる気にもつながるため、副業と言う制度を使って思いっきり楽しむのも素敵な時間の使い方です。

資産運用

資産運用をするためには、社会の現状や話題のニュース、株価など知っておかないといけない情報がたくさんあります。

社会人であるならば、社会の現状は知っておくべきですが、ただ勉強するだでは、他人事のように感じて続かない人が多いでしょう。

しかし、資産運用として少しでも自分のお金を投資していれば、他人事ではなくなり自然に社会の情報も耳に入れたくなります。

投資知識がなくてもできる資産運用を以下の記事でまとめていますので、参考にしてみてください。

本業が忙しいサラリーマンでもできる副業で不労所得を稼ぐ方法5選!!

LINEは中途採用でも入社できる??

LINEは、中途採用でも入社が可能です。

実際に現在も、公式ホームページの採用情報に記載されており、求人サイトでも募集されています。

しかし、中途採用は新卒や第二新卒などと比べ枠が少なく受かりにくいです。

また、採用の職種も足りない部分を埋める形で募集枠が決められるため、働ける職種も限られてきます。

もし、今見ている採用情報に希望の職種があったのであれば、できるだけ早くアクションを起こすことをお勧めします。

中途採用は特に、急に採用が締め切られることがあるため後悔しないように気を付けて行動しましょう。

また、副業を行える企業を探しているならばLINE以外にも沢山あります。

ぜひ、色々な企業を見て自分に合った働き方を見つけてください!

副業解禁企業が見つかる

LINE以外にも副業を許可している企業を知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

【2021年版】副業解禁している企業30選!!企業が副業を許可する理由とは??

コメントを残す