記事執筆・掲載の依頼はこちら

ツイキャスは稼げる!?収益化の仕方や還元率について

ツイキャスは稼げる!?収益化の仕方や還元率について

YouTuberや、インスタグラマーなど自分自身を発信することを仕事にするのが流行っています。

実際に目指している人もいると思いますが、ライブ配信を職業や副業の選択肢に入れてみませんか?

今回はライブ配信でも、男性女性問わず配信者として活躍することができる「ツイキャス」についてご紹介します。

ツイキャスは、他のメディアに比べ1再生当たりの単価が高いので稼ぎやすく、短時間で稼ぎたい副業を探している人にもおすすめです。

この記事を最後まで読むことで以下の3つについて理解することができます。

  • ツイキャスで配信するメリット
  • ツイキャスの収益化方法
  • ツイキャスで稼ぐコツ

ツイキャスとは??

ツイキャスとは、スマホやPCがあれば誰でも簡単に配信し、収入を得ることができるライブ配信アプリになります。

リアルタイムで顔出しを行うライブ配信がメインとなっていますが、ラジオ配信録画配信など他の利用方法も可能となっています。

ツイキャスのホームページでは、大学生の約半数が利用する日本最大級のライブ配信サービスであると、謳っており、24歳以下の若年層を中心に利用されています。

ツイキャスのサービス提供を行っているのは、モイ株式会社という2012年に会社分割でできた企業です。

最近、ライブ配信が流行っていますが、流行りだす少し前からツイキャスを提供している会社で、ライブ配信を先駆けて行っていました。

今回は、そんなツイキャスで配信をしてみたいライバー目線で、ツイキャスをご紹介していきたいと思います。

ツイキャス・ライブ

ツイキャス・ライブ
開発元:Moi Labs, Inc.
無料
posted withアプリーチ

ツイキャスで配信をするメリット

配信時間の管理がしやすいから続く

ツイキャスは、配信時間が原則1回30分と決まっており、30分経つと自動で終了します。

ライブ配信は一度配信を始めると、話が盛り上がるのは良いですが終わるタイミングをつかめなく、だらだらと続けてしまうライバーが多いです。

1回30分としっかり時間が決まっているので、メリハリよく配信が行えます。

また、視聴者が配信をもっとみたいと思ってくれて、「コンティニューコイン」を5枚送ってもらうことができたら、配信を最大4時間まで延長させることができます。

時間が決められていることによって、「もっと配信をみたい」という、視聴者の心を操る駆け引きも楽しめます。

収益機能がある

ツイキャスはライブ配信サービスの中でも、収益化が可能な部類に入ります。

ライバーになればどのアプリでも収益化ができるわけではないのですが、ツイキャスは可能ですので稼ぎたい方には向いてます。

ライブ配信はツイキャスに留まらず基本的にどのアプリでも、視聴者と楽しくコミュニケーションをとることが目的です。

ツイキャスのように、コミュニケーションをとり会話を楽しみながら収入を得られるというのは、普段本業で忙しくストレスが溜まってしまっている社会人に、副業としてピッタリではないかなと思います。

PCで高画質配信

ツイキャスは、スマホとPCどちらかで配信をおこないますが、PCで配信を行うと高画質配信ができます。

もし、あなたが視聴者の立場の時、画像があらく配信にラグがあると違う人の配信を見ようかなと思いませんか?

逆に、きれいな映像だと目も疲れず少し見ていこうという気持ちも沸きやすいです。

ライブ配信は、スマホで行う人が多いですがPCがある方はせっかくなので高画質配信を試してみてください。

配信の種類が様々

ツイキャスはライブ配信以外にも配信機能がたくさんあります。

ツイキャスでできる配信の種類は以下の内容です。

  1. ライブ配信
  2. 録画配信
  3. ラジオ配信(静止画と音声のみ)
  4. ゲーム配信
  5. PCを使った配信

以上の、5つです。

ほとんどは、リアルタイムの配信ですがそれらを録画して、いつでも視聴者に見てもらえる環境を作るのが録画配信です。

どのライブ配信の内容でも録画することができます。

録画の動画はツイキャスで公開するのが一般的ですが、別のサービスのアカウントにも公開できます。

例えば、YouTubeのアカウントと連携することで、ツイキャスで撮った録画をYouTubeにアップロードできます。

ツイキャスで配信するデメリット

ツイキャスを副業で始めるデメリットを2つご説明します。

生放送しかできない

ツイキャスでは、録画配信ができず生配信のみになります。

YouTubeのような他のライブ配信アプリでは、リアルタイム配信のほかに、編集をした動画をアップすることができるサービスもあります。

ツイキャスでは編集して完成度を上げた動画を配信することができません。

ただし、リアルタイムの動画を録画として残しておき、後から視聴者が見られるようにおいておくことはできます。

その動画も一部切り取るなど、編集もできないので発言に注意した動画を保存することをオススメします。

公式ではありませんが、編集した動画をリアルタイムで上げるということもできますが、もともとの機能として備わっているわけではないので注意しましょう。

配信時間が原則1回30分

ツイキャスは、配信時間が原則1回30分までしかできないという制限があります。

配信時間が決まっているため、時間の管理がしやすいですし、切るタイミングがわからなくて結局終わる時間が遅くなってしまったということもありません。

ただし、配信する時間が短いというのはできるだけ長く配信を続けて、視聴者に顔を覚えてもらわないといけない初心者には不利です。

配信を延長する方法として、コンティニューコインを一定数集める方法があります。

コンティニューコインとは、配信中に視聴者がプレゼントしてくれるもので、延長に必要なコインの枚数があれば、自動的に配信は延長されます。

その時間は、最大4時間までです。

延長したくない場合は、配信を止めることでたまっていたコインも、一定期間保管しておくことができます。

コンティニューコインの保有枚数は、アイテムの一覧から確認しましょう。

ツイキャスの稼げる仕組み

ツイキャスで稼ぐ仕組みは大きく分けて3つです。

投げ銭による収入

ライブ配信では、基本リスナーから専用アイテムを受けとり、いくらかの手数料が運営側に取られたのち、配信者に還元されます。

これを投げ銭と言い、ツイキャスでもこの投げ銭はライバーが大きな収入を得るため、最も稼げる要素となります。

収入を得るために大事なのは手数料がどれだけ運営側に取られるかですが、ツイキャスは、アイテム金額の30%だと予想されます。

予想される」としているのは、ツイキャス公式には還元率の記載が書かれていないからです。

ですが、実際配信しているライバーの収益は、送られたアイテムの約70%ということなので、ほぼ間違いないでしょう。

投げ銭による収入

注意
条件として18歳以上のライバーであり、直近3か月の動画視聴時間が100時間以上必要です。

視聴による収入

ツイキャスでは、録画データをアカウントに残しておくことができ、視聴者は24時間いつでも動画を見ることができます。

その視聴された時間の総数により、配信者に収入が還元されます。

こちらも還元率についての正式な公開はありませんが、実際に配信しているライバーの経験によると、1再生で約3.2円の還元があるということがわかっています。

YouTubeなど、同じ方法をとっている配信サービスよりも還元率が高いので、視聴による収入は積極的に取り入れたいですね。

視聴による収入

注意
※条件として、18歳以上のライバーとし、直近3か月の動画視聴時間が1000以上必要です。投げ銭より条件は厳しいです。

オンラインショップによる収入

ツイキャスのライバーが、有料で自分のライブチケットやグッズを販売することができます。

ここで問題なのが、ライブチケットを販売するとなると、視聴者からすれば無料でみれるものが有料になり、メリットがあるの?と疑問に思われがちです。

ですが、実際にライバーのファンになると特別配信のように有料でしか見れない良さがあるため、人気が出ています。

これについても販売価格に対して手数料は取られますが、人気で利益が出ているライバーも多いです。

ツイキャスで収益化するには

ツイキャスで収益化するには以下の3つのいずれかの条件をクリアする必要があります。

条件1

  • 直近3か月の累計視聴時間が100時間以上
  • ユーザーが18歳以上であること
  • 設定を有効にする

条件2

  • YouTubeチャンネル登録者数100人以上
  • ユーザーが18歳以上であること
  • 設定を有効にする

条件3

  • Twitterのフォロワー3000人以上
  • ユーザーが18歳以上であること
  • 設定を有効にする

上記の条件を満たしたら、以下の順序で収益化の設定を行いましょう。

  1. アカウントメニューに入る
  2. 本人確認書類のアップロードを行い審査を完了させる
  3. 収益管理をタップ
  4. 個別設定の「アイテム収益」を有効にする

ツイキャスはどれくらい稼げる??

ライブ配信機能以外、録画でも稼げるということで人気が出たら利益は上がりそうですが、人気が出るまでの道のりがツイキャスは長いです。

投げ銭についてツイキャスは、一般人で人気が出ている人が少なく、すでに有名な人がツイキャスを始めることが多いです。

人気のうち、一般人に投げ銭を送ってくれる人は、少ないでしょう。

また、ツイキャスは500円以上のギフトが多いので、そう簡単に投げてもらえないのが現実です。

動画視聴についても完成度の高い配信ならば、録画でも観たいと思う人も多いかもしれません。

ですが、あなたが視聴者ならば始めたばかりの初心者の録画データを見ようと思うでしょうか・・・。

ツイキャスで一から有名になるのは、はっきり言って壁が高いです。

現実的に考えて、他のアプリで人気が出てからツイキャスで挑戦するのが良いでしょう。

ちなみに稼いでいる人は、1回のライブ配信で10万円以上のギフトをもらう人もいます。

また、録画データが資産として残るので自動的に視聴数で稼ぐ仕組みを作れます。

人気の波に乗れば稼げる収益は、多いでしょう。

ツイキャスで稼ぐコツ

自分の得意や有利な部分を極めよう

配信を有名にするためには、誰にも負けないくらいの「得意」を配信しなければなりません。

そうでないと、ライバルがいっぱいいる中、視聴者の目に止まりません。

例えば、ゲーム配信をするのならば最強に腕前を磨くのもいいですが、ゲームが上手い人はもう既にいて、需要がない可能性があります。

ゲームの上手さに、おもしろいトークセンスがあれば周りと少し違っていて、視聴者が興味を持ってくれるかもしれません。

また、シンプルに容赦も自分だけにしかない武器なので、美男美女は人気が出やすいです。

アイドル要素で、人気を出したいのであれば美意識高めに映るよう努力しましょう。

配信頻度を増やす

ファンを獲得する上で、配信頻度増やすのが必要不可欠です。

露出を増やさない限り、そもそも見てもらうことがありません。

見てもらわないと、ギフトも当然もらえないので、稼げないですよね。

定期的に配信をして、濃いファンをコツコツ増やしていきましょう。

YouTubeやTiktokを活用する

先ほども説明した通り、稼ぐには見てもらう必要があります。

そのため、YouTubeやTiktokなどの動画プラットフォームを活用するのも良いでしょう。

ツイキャスで配信したアーカイブの面白い部分だけをカットして、YouTubeやTiktokにアップすることで、新規の視聴者の獲得に繋げることが期待できます。

ツイキャスを始めるには??

ツイキャスの配信を始めるための方法を説明します。

STEP.1
ツイキャス・ライブをインストールします。
STEP.2
アカウントを登録します。方法は以下の5つです。

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • キャスアカウント
  • 新規アカウントを作成する

今回は1番上のTwitterでの登録方法を説明します。

STEP.3
Twitterのアカウント情報を入力し、【連携アプリを認証】をタップ

STEP.4
アカウント登録は以上。すごく簡単!
配信をすぐに始める場合は、左下の【ライブ】をタップします。
準備をしてからタップしてくださいね。

Hakunaと比較してみた

同じライブ配信アプリのHakuna(ハクナ)と比較を行いました。

Hakunaと比較
ツイキャス Hakuna(ハクナ)
運営会社 モイ株式会社 株式会社MOVEFAST Company
配信時間制限 あり なし
収益化制限 あり なし
顔出し ありorなし ありorなし
還元率 70% 50~70%

Hakunaは、株式会社MOVEFAST Companyが運営するライブ配信アプリです。

ライブ配信の中で、ツイキャスは投げ銭の還元率が高いことで有名ですが、Hakunaの還元率も他のライブ配信アプリより高く、稼ぎやすいとされています。

どちらも還元率が高いアプリですが、大きく違う点は、ツイキャスには収益化を行うために、クリアしないといけない条件があるということです。

一方Hakunaは、初めての配信から収益化することができ、稼ぐチャンスを逃すことがありません。

さらに初心者にとって、ツイキャスは配信時間の制限があるため、始めたばかりのライバーが長時間配信を頑張ってできるだけ多くの人に見てもらうというような努力をすることができません。

以上の点から、2つのアプリを比較したとき、初心者はHakunaから始めることをオススメします。

自分に合ったライブ配信アプリで、どんどん投げ銭を稼ぎ収益を上げていきましょう!

 

HAKUNA(ハクナ) - ゆるコミュライブ配信アプリ

HAKUNA(ハクナ) – ゆるコミュライブ配信アプリ
開発元:MOVEFAST Company, K.K.
無料
posted withアプリーチ

1 COMMENT

コメントを残す