記事執筆・掲載の依頼はこちら

The SandBox(ザ・サンドボックス)の稼ぐ方法とは??土地の買い方や始め方を解説!!

The SandBox(ザ・サンドボックス)の稼ぐ方法とは??土地の買い方や始め方を解説!!

コインチェックやソフトバンクなどの日本の有名企業も投資しており、今期待されている人気ブロックチェーンゲーム「TheSandBox」ですが、プレイヤーの中には、個人で数百万円稼いでる人もいたりして注目を浴びています。

実際にはどんなゲームでどのようにして始めるのか気になる方も少なくないと思います。

そこで、今回は、TheSandBoxがどんなゲームなのかや稼ぎ方などをどこよりも詳しく紹介していきます。

この記事を最後まで読むことで以下の3つについて理解することができます。

  • TheSandBoxで稼ぐ方法
  • TheSandBoxの始め方
  • TheSandBoxの魅力

TheSandBoxとは??

TheSandBoxとは、NFT(非代替性トークン)であるSANDやLANDを用いて遊ぶサンドボックスゲームです。

キャラクターを使いながらメタバース(仮想空間)を自由に行き来して、土地の売買やアイテム回収に励みます。

基本的に達成しなければならないクエストや物語のストーリー性が無く、自分で目標を決めてゲームを作っていくシステムです。

俗にサンドボックスゲームと言われ、「Minecraft」と構成は似ています。

Facebook社もTheSandBoxのリリースに力を入れており、NFTゲームの業界でも大きな注目を集めているところがポイントです。

18歳から遊べるゲームですが、仮想通貨の国内取引所は20歳以上にならないと開設できないため注意しましょう。

TheSandBoxの魅力

自作したゲームやアイテムをSANDで販売できる

TheSandBoxの最大の魅力は、ストーリーやタスクに縛られない自由性です。

ゲームを進行させる目的もプレイヤーによって異なるため、遊ぶ上での需要も数多く存在します。

このような特徴を持つTheSandBoxでは、ゲームやアイテムを自ら作成することも遊び方の1つです。

手掛けた作品は他のプレイヤーと売買でき、仮想通貨が手に入ります。

TheSandBoxで取引される暗号資産は、SANDです。

時期によって価格も異なりますが、2022年1月は約300円程度の価値がありました。

物を作ることが好きな方は、プレイ自体を楽しみつつ稼げるかもしれません。

自分の好きなタイミングで、ゲームやアイテムをいくつか作成していきましょう。

LANDを使った不動産投資も可能

自らが自由にゲームやアイテム等を作れたとしても、日々の仕事が忙しくてあまりログインできない方もいるでしょう。

もし、時間が無い場合はLAND自体を稼ぐ手段にすることも方法の1つです。

TheSandBoxでは、メタバース内で土地を所有できます。

仮想空間における土地をLANDと呼び、不動産投資のツールにもなるのです。

ただし、2022年2月現在のLANDの購入価格は10万円から30万円を推移しています。

細かく変動するものの、気軽に購入できる値段ではありません。

他方で、上手に保有できれば、安定して収入を得られる手段となる可能性もあります。

ゲームで遊ぶ上では、必ず土地を1つは持たなければならないため、どう稼ぐかをしっかりと考えていきましょう。

メタバース空間で遊ぶだけでも楽しい

NFTゲームをプレイする方は、少なからず利益に関しても意識するはずです。

対戦ゲームでは、思い通りにならないと苛立ちを感じてしまうケースもあるかもしれません。

しかし、TheSandBoxは単純にメタバース空間を散策するだけでも楽しめます。

自分のペースで遊べるため、純粋にプレイするだけでも心が満たされるゲームです。

メタバース空間では、TheSandBoxを楽しんでいるさまざまなユーザーとコミュニケーションが取れます。

広々としたフィールドや世界中の仲間との会話を堪能しながら、のんびりとゲームしたい方にはおすすめです。

ユーザーが提供しているサービスも数多くの種類があり、長時間プレイしても飽きずに遊べるでしょう。

TheSandBoxを始める上で必要なもの

TheSandBoxで遊ぶ際には、仮想通貨を保有できるウォレットが必要です。

暗号資産専用の財布と考えれば分かりやすいですが、別途アプリをインストールしなければなりません。

Metamask」であれば、ダウンロードも無料です。

また、ゲームをプレイする前に一定の仮想通貨の保有も求められます。

国内取引所をあらかじめ開設し、SANDを購入できる環境は整えておきましょう。

加えて、TheSandBoxは、パソコンのみで遊べるゲームです。

スマホしか持っていない方は、プレイすることができません。

類似しているアプリもリリースされているため、インストール時には注意しましょう。

因みに、国内取引所を新しく開設する方は、手続きで身分証明書の提出も求められます。

TheSandBoxを始める方法について

STEP.1
まずは、パソコンから検索画面で「TheSandBox」のホームページを探します。

公式ホームページは下記のようなデザインとなっており、右上の「JP」は日本語表記の意味です。

万が一、全文が英語で書かれていて操作が難しい場合には、こちらの項目から日本語に直して作業しましょう。


STEP.2
次にアカウントを作る手順に進みます。

画面の中央付近に記載されている「Create Account」のボタンから作成が可能です。

また、前述の画面左上の三本線をクリックすると、下記のようにさまざまなアイコンが表示されます。

この中から「アルファ」を押せば、手続きは基本的に同じです。


STEP.3
「2.」で記載したいずれかの方法を試せば、下記のようにアカウントを作成できるページに移行します。

どの形式で手続きを続行できるかが書かれているため、最も簡単な種類を選びましょう。

まだ、ウォレットを開設していない方は「Metamask」の項目を選びます。


STEP.4
下記のようにウォレットをインストールしていない方は、何種類かのアプリが紹介されます。

無料でダウンロードでき、一般的に使われている「Metamask」が最もおすすめです。


STEP.5
ボタンをクリックすると、下記のような画面が表示されます。

Download now」を押してアプリのインストールを行いましょう。

Metamaskのページでパスワード等を設定したら、同様にTheSandBoxからもメールアドレスやユーザー名、パスワードの設定が求められます。

全ての入力が完了すれば、TheSandBoxの登録作業の一切が完了です。

Metamaskの導入方法を詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

 

TheSandBoxの初期費用はどれくらい必要??

TheSandBoxをプレイするのであれば、ある程度の初期費用が必要です。

そもそも、ゲームを始める前にはゲーム内の土地でもあるLANDを購入しなければなりません。

前述でも紹介した通り、購入価格は10万円〜30万円を推移しています。

特に、LANDが高騰するケースも頻繁に起こるため、新規登録するタイミングも重要です。

その他の口座開設やウォレットは、基本的に無料で手に入れられます。

仮想通貨の内容を詳しく分からない方は、TheSandBoxで遊ぶ前に国内取引所で口座開設を行ってからインストールしてもいいかもしれません。

NFTゲームも、投資の一種です。

初期費用に関しては、計画的に貯めたものを活用しましょう。

TheSandBoxの稼ぎ方

LANDを貸し出す

TheSandBoxを利用した稼ぎ方として挙げられる取引が、LANDを使った不動産投資です。

ゲームやアイテムを作成するためには、独自の土地の所有が必要となります。

LANDはNFTの役割を果たし、バーチャルの世界のみならず現実世界でも価値が得られるツールです。

他のプレイヤーに貸し出していけば、効率良くお金を稼げます。

TheSandBoxでは、ゲームクリエイターが数多く登録している点を押さえましょう。

LANDのみを貸し出し、他のプレイヤーがゲームを作成して収益が得られれば、不動産投資の役割を果たします。

土地のサイズは大きく分けて4種類あり、なるべく広いものを提供できればゲームクリエイターの作業の幅も広がるでしょう。

NFTを売却

さまざまな方法で入手したNFTの売却も、TheSandBoxで稼ぐ手段として最適です。

取引をする際には、CoinCheckの口座開設を先に終了させておきましょう。

TheSandBoxでは、LANDSANDといったNFTが手に入ります。

時価総額の状況を確認していきながら、売却のタイミングをうかがいましょう。

NFTを上手く稼ぐコツは、自身の得意な役職を極めることです。

TheSandBoxには、ゲームクリエイターで活動したり、土地のオーナーになったりとさまざまな遊び方があります。

自分にとって、最も合うと思うジャンルにまずは挑戦していきましょう。

プレイ自体も楽しくなり、同時に仮想通貨の取引についても学べます。

自作ゲームでマネタイズする

TheSandBox内でオリジナルゲームを作成することができます。

TheSandBoxで作成するゲームに使われている仮想通貨は、SANDです。

2022年2月時点では、日本円で大体492円前後を推移しています。

TheSandBoxで作ったゲームを課金制にすることでマネタイズができます。

また、一緒にアイテムも作成できます。

これらを販売すれば、プレイヤーに自作ゲームを楽しんでもらいながら効率良く稼げるかもしれません。

クリエイティブな作業に自信を持っている方にはおすすめの方法です。

どのようなゲームを作ればいいか分からない方は、他のユーザーの作品を参考にすると良いアイデアが生まれます。

TheSandBoxのLANDの購入方法

ここでは、Coincheck NFTでの説明をさせていただきます。

また、Coincheckの登録が済んでいるという前提の説明となります。

そのため、まだ、Coincheckの登録をしていない方は、こちらからしてください。

詳しくは、こちらの記事を参考にしてみてください。

 

STEP.1
まず、コインチェックにログインして、左項目から「Coincheck NFT」をクリックします。


STEP.2
タイトルの「The SandBox」をクリックします。

STEP.3
次に出品中となっているLANDの中で購入したいものをクリックします。

STEP.4
次に「購入確認」をクリックします。

 

STEP.5
金額を確認して、問題なければ、「購入」をクリックします。

これでLANDの購入は完了となります。

TheSandBoxはどれくらい稼げるの??

TheSandBoxで稼げる金額は、運営方法によっても大きく異なるといえるでしょう。

例えば、多額の収益を得るためには、LANDを使った投資が最も効果的です。

しかし、他のプレイヤーが最大限に才能を発揮できる環境が求められるかもしれません。

状況に応じて、広いサイズの土地が必要となり、初期費用も高くなる可能性があります。

一方で、ゲームやキャラクターを作成する場合には、SANDを使った取引が基本です。

こちらも、稼げる金額は人気によって左右されます。

LANDと上手く組み合わせることで、数十万円の利益が得られる確率もゼロではありません。

万が一、稼いだ金額が20万円を超えた場合は、所得税がかかります。

税金対策等もしっかりと勉強しておきましょう。

コメントを残す