記事執筆・掲載の依頼はこちら

Pegaxyは副業で稼げる??初期費用やスカラーシップについて

プー太郎

Pegaxyってどんなゲームなんですか??
簡単に言うと、日本で言う競馬のNFTゲームやな!!

副業おじさん

今回は、このPegaxyでどのように稼ぐのか、どうやって始めるのかなどについて紹介していきたいと思います。

この記事を最後まで読むことで以下の3つについて理解することができます。

  • Pegaxyの魅力
  • Pegaxyで稼ぐ方法
  • Pegaxyの始め方

Pegaxyとは??

Pegaxyとは??

Pegaxy(ペガクシー)は2021年の12月にリリースされたブロックチェーンゲームです。

競馬の様なゲームになっていて、Pega(ペガ)と呼ばれるペガサスのNFTを走らせて上位3位以内に入る事で稼ぐ事ができます。

Pegaxyは、Polygon(ポリゴン)チェーンを使って作られているため、取引の際のガス代(手数料)が安いのが特徴です。

また、 Polygonチェーンを使ったブロックチェーンゲームの中で最も人気なゲームとなっています。

Pegaxyでは、ゲーム内通貨である「VIS」とガバナンストークンである「PGX」という2つのトークンがあります。

基本的にはゲームをプレイしてVISを稼いでいきます。

Pegaxyは海外ではもちろん日本でもかなり有名なゲームとなっていて、これからも人気が拡大していく可能性があるゲームです。

Pegaxyの魅力

無料でプレイできる

Pegaxyの魅力は無料でプレイができるという事です。

他のブロックチェーンゲームの場合初期費用として数万円から数十万円のゲーム内NFTを購入する必要があります。

しかし、 PegaxyではPegaを借りる事で無料で始める事ができます。

ゲーム内でPegaが貸し出されている場所があるので、そこで借りる事ですぐにゲームを始める事ができます。

注意点としては、稼げるVIS量が減ってしまうという事です。

ペガをレンタルしているため、稼いだVISは持ち主と分け合うことになります。

稼いだVISの配分割合は持ち主が決定する事ができ、10%〜50%の割合が多い印象です。

少し興味がある方や初期投資ができないという方は、まず無料でレンタルして始めてみる事をおすすめします。

今後のアップデートが期待できる

Pegaxyはまだまだ始まったばかりのゲームのため、未実装の要素が多くあります。

公式サイトのロードマップにある様に、今後どんどんアップデートがされる予定になっています。

つまり、これから更に盛り上がりゲームの人気が高まる可能性があるという事です。

アップデート情報の中でも特に注目なのが、「3Dレーシング」と「モバイルアプリ」のリリースです。

現在の Pegaxyではレースを見るだけのためあまりゲーム性がありません。

しかし、「3Dレーシング」が実装される事で見るだけではなく、自分のPegaを実際に操作ができる様になる予定です。

そのため、プレイヤーの実力もレースの結果に影響してくるためゲーム性が増し、より面白いゲームになるでしょう。

また、「モバイルアプリ」もリリース予定なので、PCを持っていない人やPCを持っていないタイミングでも Pegaxyをプレイできる様になります。

モバイルアプリがリリースされる事で、誰でも手軽にプレイできる様になり人気が高まるでしょう。

わかりやすいゲーム性

Pegaxyでは、12頭のPegaでレースをして上位3位以内に入る事で報酬を獲得できるので、誰でも簡単にプレイできます。

また、レースには無料で参加できます。

1日で最大25レースに参加でき、現段階では参加するPegaを選んでレースを見るだけというとてもわかりやすいゲーム性になっています。

今後のアップデートにより、見るだけのゲームではなくプレイヤーの実力も大事になってきます。

しかし、レースで上位を狙うという基本的なゲーム性は変わらないためゲームが苦手な方も安心してプレイできます。

Pegaxyで稼ぐ方法

Pegaxyで稼ぐ方法は大きく分けて2つあります。

レースに勝って報酬をもらう

1つ目は、レースに勝って稼ぐ方法です。

この稼ぎ方が1番イメージしやすいと思いますが、1日25回レースに参加して上位3位以内に入りVISを稼いでいきます。

現在の Pegaxyでレースに勝つためには少なからず運の要素もありますが、勝率はだいたい20%程度です。

また、1レースにかかる時間は約1分30秒程なので少ないプレイ時間で稼ぐ事ができるのも魅力です。

スカラー制度

2つ目は、スカラー制度を使う方法です。

具体的な内容は後ほど解説します。

ここでは、簡単にスカラー制度について紹介します。

スカラー制度とは自分のPegaを他のプレイヤーに貸し出す事で不労所得を得られる制度です。

スカラー制度を利用する事で自分がゲームをプレイしなくても、稼げるため自分でプレイする時間のない人にはおすすめです。

Pegaxyで稼ぐコツ

Pegaxyで効率よく稼ぐコツは、当たり前ですがレースでの勝率を上げる必要があります。

勝率はPegaのステータスやレース環境との相性によって決まってきます。

Pegaを購入する際には、ステータス等の数値を確認しましょう。

現段階では、ステータスによって大きく勝率が変わるという事はありませんが、今後のアップデートでステータスの重要性が上がると言われています。

また、Pegaの購入時には勝率を事前に確認する事ができます。

Pegaを選ぶ際にはなるべく勝率が高いものを選ぶ様にしましょう。

注意点
勝率が高いPegaはレース数が少ないこともあるので、レース数がある程度あり勝率が高いPegaを選ぶ様にしましょう。

Pegaxyのスカラー制度とは??

Pegaxyでは自分の持っているPegaを他のプレイヤーに貸し出す、スカラー制度を利用できます。

最も有名なブロックチェーンゲーム、「Axie Infinity」でもスカラー制度がありますがPegaxyではより簡単に利用する事ができます。

Axie Infinityの場合、SNS等を利用して借り手を探し契約書を作成したうえでスカラー制度を利用するため手間がかかっていました。

しかし、Pegaxyでは全てゲーム内で完結させる事ができます。

借り手を探したり契約書を作成したりと面倒な作業がなく、ゲーム内で貸し出し、報酬の分配割合など全て決める事ができます。

Pegaxyのスカラー制度は人気のため、すぐに借り手が見つける事ができます。

また、報酬の分配割合も目的に応じて自分で決める事ができます。

スカラー制度を利用する事で、自分が全くプレイしなくても稼ぐ事ができますし、報酬の分配トラブルなども起きないので気軽に始められます。

Pegaxyの初期費用はどれくらいかかるの??

Pegaxyの初期費用はどれくらいかかるの??

Pegaはレアリティやステータスによって値段が大きく変わってきます。

2022/04/22時点での最安値のPegaは、15USDT(約1,925円)です。

現在VISの価格が下落しているため、安値でPegaを購入する事ができます。

Pegaの値段はピンキリで最高値は、8,300PGX(約11万8千円)となっています。

マーケットプレイスには、多くのPegaが売られているため勝率やステータスを見ながら選ぶ様にしましょう。

値段が高いPegaが勝率が高い訳ではないので、1体ずつ確認しながら選ぶ事が大切です。

また、現在VISの価格が下落している事でPegaの値段も下がっていますが、今後のアップデート次第では価格が高騰する可能性もあるので、今のうちに始めてみるのもおすすめです。

しかし、価格が更に下落する可能性もあるので自己責任で始めましょう。

Pegaxyをする上での注意点

Pegaxyや他のブロックチェーンゲームをプレイする際には、ハッキングや詐欺に注意しましょう。

ゲームで稼ぐP2E(play-to-earn)は、まだまだ始まったばかりのものが多くハッキングや詐欺が多く起きています。

Pegaxyをやるうえでも、「自分のウォレットのパスワード」は絶対に他人に教えない様にしましょう。

詐欺師は様々な手口でパスワードを聞こうとしてくるので注意が必要です。

また、ハッキングが起きてしまう事があります。

先日、有名な「Axie Infinity」もハッキングの被害に遭いました。

約770億円が盗まれましたが、運営が盗まれた全額をすぐに返済をした事で解決されました。

Pegaxyでも同様にハッキングが起きる可能性もあるので、覚えておきましょう。

また、ブロックチェーンゲームでは価格の暴落が起きやすいので、Pegaxyを始める際は余剰資金で始めることをおすすめします。

Pegaxyを始めるのに必要なもの

Pegaxyを始めるためには、下記のものが必要になります。

Pegaxyに必要なもの

  • PC
  • metamask
  • 国内取引所(Coincheck)
  • 海外取引所(Binance)

Pegaxyは現状PCでしかプレイできないため、PCは必須になります。

Metamaskは仮想通貨を取り扱う際に必要になるので必ずインストールしておきましょう。

また、国内、海外の取引所の口座開設は必ず行いましょう。

ちなみに私は、国内の取引所は、送金手数料が無料のGMOコインを利用しており、海外の取引所は、取引実績世界No.1のバイナンスを利用しています。

Pegaを購入するためのUSDTやPGXは取引所で購入する必要があります。

次の項でPegaxyを始めるための具体的な流れを解説していきます。

metamaskをまだ導入していない方は、こちらの記事を参考にしてみてください。


Pegaxyの始め方

Pegaxyの始め方は以下の3ステップです。

  1. metamaskをPolygonネットワークに接続する
  2. metamaskに通貨を送金する
  3. metamaskをPegaxyに接続する
  4. マーケットプレイスでPegaを購入する

順番に解説していきます。

STEP.1
metamaskをPolygonネットワークに接続する
まず初めにmetamaskをPolygonネットワークに接続します。

Metamaskを開きネットワークの追加をクリックします。

各項目に下記を入力します。

ネットワーク名:Matic mainnet
新規RPC URL:https://polygon-rpc.com
チェーンID:137
通貨記号:MATIC
ブロックエクスプローラーのURL:https://polygonscan.com/

これでPolygonネットワークへの接続は完了です。

STEP.2
metamaskに通貨を送金する
取引所で購入した通貨(MATIC)をmetamaskに送金します。

送金先は自分の metamaskのウォレットアドレスになります。

注意
ウォレットアドレスは必ずコピペをして入力しましょう。
間違ったアドレスに送金した場合通貨が無くなります。
STEP.3
metamaskを Pegaxyに接続する
Pegaxyの公式サイトにアクセスし右上の「Play Now」をクリックします。

その後画面が切り替わるので、右上の「CONECT」ボタンをクリックします。
Metamaskでの署名が完了したら、接続が完了です。

STEP.4
マーケットプレイスでPegaを購入する
Pegaxyのゲーム画面の上部に「MARKETPLACE」というタブがあるので、クリックします。

あとは、欲しいPegaを選び「BUY」ボタンをクリックする事で購入できます。

ここまでで、Pegaの購入が完了しました。

ここからは、画面上部中央の「RACING」をクリックし進んでいく事でレースに参加する事ができます。

Pegaxyはどれくらい稼げるの??

レースで上位3位以内に入った場合の獲得VISは下記の通りです。

  • 1位 105VIS
  • 2位 44VIS
  • 3位 26VIS

1日25回のレースの内、勝率20%で平均的に3位以内に入った場合、275VIS/日を稼げる計算になります。

25レース×20%×55VIS(平均)=275VIS/日

275VIS×0.3円(2022/04現在のVISのレート)=82.5円/日

1ヶ月で約2,500円稼げることになります。

VISの価格と勝率は日々変動するため、上記の金額は参考程度にしてください。

Pegaxyは副業としてどうなの??

結論としてPegaxyは副業としてはアリだと思います。

数体のPegaを購入し、スカラー制度を利用する事で自分がプレイしなくても稼げます。

また、今後 Pegaxyの人気が高まりVISやPegaの価格が高騰した場合今以上に稼げる様になります。

今の内に安い値段でPegaを購入し価格が高騰したら売却するという方法もおすすめです。

Pegaxyはすぐに稼げるものではないので、コツコツと続ける事が大切になってきます。

また、初期費用がかかるのでまずは余剰資金で始め、ハッキングや詐欺などのリスクがあることも頭に入れておきながらプレイしていきましょう。

最後に、 Pegaxyや仮想通貨は良くも悪くも価格変動が起こりやすいので、必ず自己責任で始めましょう。


コメントを残す