【お仕事のご相談はこちらまで】

オフィスの空きスペースを有効活用して収益化する方法とは??

オフィスを空けたままにしておくとヤバい!?

オフィステナントを持っている皆さんは、スペースを有効活用できていますか?

賃貸ビジネスのためオフィス用のテナントを購入していても、思ったより入居したい人がいなく、運用に困っている人もいると思います。

入居したい人が見つからなくては、せっかく運用しようと思って購入したオフィステナントは、老朽化していくだけで資産価値もどんどん下がっていきます。

また、オフィステナントは広い土地を利用しており、アクセスも良好な場所であることが多いため賃料も高いです。

長年使っていない物件があり、いつかは借りたい人が現れるだろうと現実問題から目をそらしてはいけません。

ゆっくり考えている間にも、物件を放置してしまえば運用は赤字になる一方です。

使っていない物件がある人は、早急に対策を考えなくてはなりません。

オフィスは入居者がいなくても収益化可能

オフィステナントは、長期的に借りて入居したい人をターゲットとしますが、今はその考え方が変わってきています。

そもそも、現代ではコロナウイルス感染防止のため、リモート勤務も広まっており社員分全員の席を設けていない企業もたくさんあります。

このような現代社会の中、広いオフィススペースを長期的に借りたいという人は少ないです。

そこで、オフィステナントを現在持っている人には、1時間から個室を貸し出す、『レンタルスペース』の運用を行うことをお勧めします。

レンタルスペースならば、貸し出し方を工夫することで新たなビジネスに参入することができます。

また、今は広いオフィスを長期的に借りるより、少人数で短時間過ごせる個室を借りたいという需要が増えています。

コロナウイルスの影響により、変化した需要に対応していきましょう。

レンタルスペースでは、下記のような利用方法が考えられます。

  • 会議室
  • 撮影スタジオ
  • パーティー会場

会議室

ビジネスのために利用する、少人数用の会議室を貸し出す方法があります。

リモート化が進んでおり、集合型の会議の数は減ってきていますが、どうしても対面で行わないといけない会議もあります。

そのために、アクセスが良好な物件を探し会議室をレンタルしたいという需要があります。

大人数の会議は、コロナウイルス感染の危険性があるため基本的には行えませんが、感染に注意し少人数であればマナー的にも大丈夫でしょう。

自身が所有している物件が、少人数用の会議室に向いていそうであれば会議に必要な備品を用意する必要があります。

会議室のレンタルスペースとして貸し出す場合は、下記のような備品を用意すると良いでしょう。

  • 机、椅子
  • インターネット環境
  • プロジェクタ―
  • ポインター
  • ホワイトボード 等

撮影スタジオ

動画撮影や、写真撮影をするためのスタジオとして貸し出す方法があります。

今流行りのYouTuberや、ライバー、インフルエンサーの活動のため、個人で動画や写真を撮影する人が増えています。

家で撮影する人もいますが企画用に自宅以外の場所が必要であったり、家バレなど個人情報流出防止のため、レンタルスペースを借りて撮影している人も多くいます。

このような撮影活動の需要に合わせて、撮影しやすいような個室を貸し出すことでもビジネスチャンスが生まれます。

会議室やオフィス利用の時より、家具のセンスや、電子機器のスペック等、備品を揃える際考えることが多くありますがその分レンタル料も高めで設定できます。

下記は撮影スタジオとして貸し出す場合の、備品一例です。

おしゃれ度やスペックが高い方が好まれる傾向にあります。

  • インターネット環境
  • 照明
  • グリーンバック
  • マイク
  • カメラスタンド
  • おしゃれな家具
  • インテリア雑貨 等

パーティー会場

数名で集まるためのパーティー会場として、貸し出しする方法があります。

飲食店では、密を避けるためグループ入店の制限があったり、夜の営業時間が早く酒類が飲めないことがあるため、盛り上がりに欠けます。

レンタルスペースでも、感染予防を行った上でパーティーを行う必要がありますが、少人数であればゆっくりと仲間同士パーティーを楽しむことができます。

パーティーは飲食をすることが考えられるため、広くくつろげるような空間づくりを意識しましょう。

  • 机、椅子
  • カーペット
  • スクリーン
  • インターネット環境
  • キッチン
  • お皿などキッチン用具
  • ゲーム 等

宿泊スペース

1泊以上泊まれる、宿泊スペースとして貸し出す方法があります。

宿泊スペースは、ホテルより低コストで貸し出すことができるため、泊まる人からしても宿泊料が安いレンタルスペースは魅力的です。

今は、多くありませんがコロナウイルスが収まれば、海外のお客さんをターゲットとしてインバウンド目的のレンタルも可能です。

ただし、宿泊スペースのレンタルといっても、備品はホテルと同様のものを準備しなくてはなりません。

また、水回りの設備や衛生面、安全性の問題もでてくるため準備は必要です。

宿泊スペースとして貸し出すため準備する備品の一例です。

  • お風呂、トイレ
  • ベット(人数分)
  • 安全性の高い鍵(スマートロック)
  • アメニティ
  • パーティーグッズと同様のもの 等

オフィスをシェアした場合どれくらい稼げる??

オフィスをシェアした場合、基本的には1時間ごとのレンタル料金から手数料(30%~35%)を引いた額が稼ぎとなります。(宿泊を除く)

レンタル料は、エリアや個室の広さ、利用目的によって大きな差があります。

例えば、エリアでいえば東京23区の相場が1番高く、地方は安いです。

個室の広さでいえば、30㎡以内の狭い部屋と100㎡以上の広い部屋であれば、4倍~8倍の差が金額に出てきます。

他にも華やかな雰囲気にする必要があるパーティー会場より、会議室など殺風景な部屋でも問題ないスペースの方がレンタル料は安いです。

このようにレンタル料金は、エリア、個室の広さ、利用目的によって変わってくるため、物件の持ち主が稼げる額も一概にはいえません。

それでも稼いでいる人は、月50万円以上の収益も得ているためとても夢のあるビジネスです。

オフィスの空きスペースはどこでシェアできるのか??

オフィスの空きスペースをレンタルスペースとして貸し出す場合、仲介サイトを利用して借りたい人を見つける必要があります。

レンタルスペースお勧めの仲介サイトは、『スペースマーケット』です。

スペースマーケットは、株式会社スペースマーケットが運営を行っているサイトで、現在14,000件以上の掲載を行っています。

この掲載数は、他社の仲介サイトと比べてもダントツで多く、借りたい人も多く集まってきます。

掲載数の多さやそのサービスの充実性から業界で1番の知名度を誇っており、沢山の人が会員登録を行い利用しています。

サイトへの掲載料は無料ですが、レンタルの予約が入れば料金から30%の手数料が引かれます。

サービスの内容や知名度も良いため、まずはスペースマーケットで掲載を行い様子を見てみることをお勧めします。

業界No.1人気

スペースマーケットで1時間単位でスペースをシェアして副業を始めよう!!

オフィスの空きスペースを活用できないなら売るのもあり

運用できていなくほったらかしの物件は危険であるため、レンタルスペースで活用する方法をご紹介しました。

しかし、残念ながら今回紹介した活用方法を試しても、立地がそもそも向いていなく予約が入らないなど、様々なトラブルも起こり得ます。

その場合は、レンタルではなく『RENOSY(リノシー)Y』というサービスを使って、物件を手放し販売を検討してみるのも良いでしょう。

RENOSYとは、株式会社GA technologies(ジーエーテクノロジーズ)が運営を行っている中古マンションの売却サービスです。

マンションを「高く」「早く」売却できるスキルを持っています。

まだ検討段階でも、今なら無料で『スピードAI査定』で見積もりができます。

まずは、自身が持っている物件の価値を確認してみてください。

更に、このスピードAI査定を行えばAmazonギフト券10,000円分プレゼントという、お得なキャンペーンも開催されています。

無料でできるため、是非査定だけでも行ってみてください。

Amazonギフト券もらえる!

コメントを残す