【お仕事の依頼はこちら】

【体験談】看護師の副業として夜にキャバクラで働くってどうなの??

プー太郎

看護師の人で夜の仕事を副業としてしてる人が多いですが、実際どうなんですか??
確かに、副業で夜の仕事をしてる看護師さん多いよな!けど、リスクもあるからしっかり考えてから始めた方がええで!!

副業おじさん

看護師の方で今から副業を始めようと思って、キャバクラなどの夜の仕事を視野に入れている方多いのではないでしょうか。

私も、看護師1年目で副業でキャバクラで働いてたのですが、正直なところ、夜の仕事は副業として、あまりオススメしないです。

これは、あくまで私個人の感想なので、この記事を最後まで読んで頂き、判断していただければなと思います。

今回は、看護師歴3年で副業でキャバ嬢の経験がある私が、副業として夜の仕事を行うメリットやデメリット、会社にバレない方法、夜の仕事よりもオススメな副業などを紹介していきたいと思います。

副業で夜の仕事をしている看護師は多い!?

実は、夜の世界で働いている女性に、本業や元職業は何かと聞くと『看護師』が多いって知ってましたか?

看護師は、夜勤など多くの残業をしているイメージがあるので、そんな時間ないのでは?と思われがちですが、休みの日をうまく使えば夜に副業をすることは可能です。

夜勤がないクリニックもあるので、これから看護師になろうとしている学生や転職を考えている現看護師の方も働き方は自由に選択できます。

また、お金には困っていないが昼間のストレスを発散するために、夜の仕事で楽しんで給料を稼いでいる人もいます。

色々な働き方があるため、ぜひこの記事を読んで視野を広げてみてください。

看護師の副業として人気の夜の仕事って??

夜に働ける女性特有の副業は沢山あります。

その中でも人気なのが、キャバクラです。

実際、周りのキャバ嬢に、本業で私のように看護師として働いている人もいます。

また、本業の看護師よりもキャバクラの方が性に合っているからと看護師を辞めようと考えている方もいました。

看護師は、3年以上働き、スキルを身に着けないと一人前とはみなされません。

看護学生時代よりも、看護師になってからの新人期間が大変だったという人が多く、実習や自主勉強など勤務時間外にも仕事のことを考えなければなりません。

若いうちは、お酒を飲んで色々な人と話したいという女性も多く、働きながらストレス発散ができるということで、キャバ嬢は副業として人気なんだと思います。

キャバクラの時給は、お店やキャバ嬢の人気にもよりますが大体3000円ほどで、看護師をバイトとして行った場合の時給1500円と比べると同じ時間で倍近く稼げます。

看護師が夜の仕事を副業として行うデメリット

病院にバレるリスクがある

副業がOKの病院でも、水商売はNGという場合もあります。

副業は今流行っていて、どんどん副業を許す職場は増えていますが、その反面副業を禁止している病院もあります。

その場合病院にバレてしまうと、職務違反で最悪の場合、減給クビも考えられます。

また、副業がNGでなく規則的には特に問題はなくとも、夜の仕事をしていることで周りから厳しい目を向けられることもあります。

キャバクラを始めようとしている方は、若い方が多いと思うので看護師を始めてまだ見習いということもあると思います。

ベテランの方は、夜キャバクラで働く時間があるなら少しでも勉強すればいいのにと厳しい意見をぶつけられるかもしれません。

また、キャバクラの仕事があるから残業ができないのか、と偏見を持たれてしまうこともあります。

キャバクラの副業が、病院で働く人にバレることのメリットがないので極力バレないようにしましょう。

患者さんや病院の知り合いがお店に来る可能性がある

バレないようにしていても、知り合いがキャバクラのお店に来ることも考えられます。

病院で働いている時と服装が全然違いますが、近くで接客すると必ずバレます。

病院で噂が広まるなどの今後の生活に響くデメリットもありますが、ただキャバ嬢として接客にあたった際は気まずいです。

割り切ってキャバクラを楽しんでくれればいいですが、お客さんとして来ている知り合いも気まずいと思います。

このような事態を避けるためにも、できるだけ病院とは離れたお店で働くことをお勧めします。

プライベートの時間がとれない

日中は看護師として働き、夜や休みの日はキャバクラで働き、空いている時間で看護師の勉強となると、ほとんどプライベートの時間をとれません。

私も、実際に看護師1年目の時期にキャバ嬢をしていたことがありますが、家にはほとんど寝に帰るだけでした。

仕事自体は、楽しかったのでストレスも溜まっていませんでしたが、プライベートの時間はしっかり確保したいという方には厳しいかもしれません。

食生活が崩れる

看護師で日中忙しく、ゆっくりランチができない病院も多いです。

その上、夜も働くとなると、夜ご飯を食べる時間がなかったり、食べたとしても夜遅くになるでしょう。

食生活が正しくないことで体調も崩れやすくなるため、注意が必要です。

看護師が夜の仕事を副業として行うメリット

給料が上がる

一番のメリットは、看護師とのダブルワークになるため自由に使えるお金が増えることです。

買い物や旅行など趣味に思う存分使うのも良し、将来のことを考え投資資金や貯金に回してもOKです。

自由に使えるお金が多いことで、人生の選択肢が増えます。

コミュニケーション能力が身につく

看護師と、キャバ嬢の仕事は似ている部分があると言われています。

そう言われる理由は、色々な方の接客をしないといけないからです。

看護師も、キャバクラも普通の接客ではなく、時には相手のプライベートに入り込むくらい濃いコミュニケーションが求められます。

元々、看護師として働いている方は聞き上手の方が多く、キャバ嬢として働いてもコミュニケーションに違和感がありません。

また、同じ接客の部類であるため、看護師の経験はキャバクラに、キャバクラの経験は看護師に活かすことができます。

お酒が飲める

お酒が好きな方や、強い人は大いにキャバ嬢に向いています。

私はお酒があまり強くなかったため、基本的にソフトドリンクしか飲みませんでしたが、お酒の好きなキャバ嬢の同僚は、お酒を飲むことにすごくやりがいを感じていました。

お酒を飲めると言ってもお客さんに許可をもらわないと飲めませんが、お願いすれば快く飲ませてくれます。

ボトルを開けることで、キャバ嬢にインセンティブが入るお店もあるのでお酒を飲めることに越したことはありません。

人脈が広がる

キャバ嬢をしていると、本当に色々な人と関わります。

普通に暮らしていたら、絶対関わらない職業の社長や、芸能人の方も時には対応することがあります。

話したことのないタイプの人と、会話することは勉強になりますし、自分の知らない世界を知っている人の話はすごく面白いです。

キャバ嬢にはアフターというものもあり、お店の外でお客さんと会うこともできます。

ただ、お店の外でのコミュニケーションは自己責任なので、思ってもいない事態にならないように気を付けましょう。

夜の仕事にちょっと抵抗ある方はチャットレディがオススメ!!

看護師がキャバクラの副業を行うことについてここまで詳しくお話をしてきました。

しかし、「やっぱりキャバクラは知り合いにバレる可能性もあるし、もしものことを考えるとちょっと怖いな…」と思い、自分には無理と思われた方もいると思います。

そんな方には、Web上で男性と会話をして高時給を稼げるガールズチャット等のチャットレディがオススメです。

私は、看護師1年目~2年目にかけて1年間、副業でキャバクラを行っていましたが、看護師2年目からは、キャバクラを辞め、チャットレディをしています。

チャットレディは、男性相手にWeb上でチャットを行い、それに対しての対価をもらう仕事です。

対面しての接客だと、どうしてもお客さんと触れ合ってしまうこともありますが、web上だとそんな心配もありません。

また、直接キャバクラで接客されるよりもチャットで女性とコミュニケーションをとる方が好きという男性もいます。

最近ではコロナウイルスの心配もあるため、直接会わないで女性とコミュニケーションを取りたい男性も多く一定の需要があります。

時給最大5400円!

最大時給5400円のガールズチャットの報酬や評判・口コミについて

看護師が副業をしていることがバレないようにするには

キャバクラかチャットレディ・ガールズチャットどれを行うにしても副業をしていることはあまりバレたくありませんよね。

副業をしていることをバレないために以下のことを守りましょう。

  1. 副業をしていることを同僚に話さない
  2. 確定申告で納税をしっかりと行う

副業をしていることを同僚に話さない

副業をしていることは、いくら信頼している同僚でも話さないことをお勧めします。

病院内ではどこで誰が聞いているかわかりません。

信頼している同僚が誰かに勝手に話すことは考えられませんが、同僚と話している所を盗み聞きされることもあります。

極力他の人に話さないようにしてください。

確定申告で納税をしっかりと行う

副業をした際に合計で年に20万円以上稼いだ場合は、確定申告をおこない納税する必要があります。

税金の管理を怠ってしまうと、副業がバレてしまう原因にもなります。

特に住民税の納め方を理解していないと、会社に簡単に副業をやっていることがバレてしまいます。

住民税の納税方法

  • 特別徴収…本業の給与から天引きされる
  • 普通徴収…市町村の役所に自分で納めに行く

副業がバレてしまうのは、給与明細に特別徴収で通常稼いでいる分の住民税額よりも、多くの金額が記載されている時です。

経理が確認したら、本業以外に収入源があるということが一目でわかります。

そうならないように、特別徴収が行われる前までに、自分で普通徴収を行いましょう。

自分で副業分の収入を計算し先に納税しておくことで、税金による副業バレを防ぐことができます。

確定申告についてもう少し詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

サラリーマンが副業した場合いくらから確定申告が必要!?

看護師の私が実際にチャットレディをやってみた感想

私は、現在看護師3年目です。

副業は、看護師1年目にキャバクラをしており、2年目からはキャバクラを辞め、チャットレディをしています。

キャバクラをしていた時は、プライベートの時間が取れず大好きな買い物もできない程忙しかったです。

また、キャバクラは看護師と同じで事前にシフトを出す必要があるため、本業で急な残業が入ったときは調整が大変でした。

チャットレディなら、自分で働く時間を決めることができ、空き時間で自由にお金を稼ぐことができます。

副業をしている時間はキャバクラで働いていた時よりも多くなりましたが、ゆっくりしながら働けており、キャバクラ時代と変わらない、もしくは以上の金額を稼げています。

チャットレディで稼いだ分自分へのご褒美へとして、いつも少し多めに買い物をしています。

看護師をしながらでも、チャットレディなら楽に副業できることは、身をもって証明できました。

ぜひ、みなさんも生活を豊かにするためにいっぱいお金を稼いで、人生を楽しみましょう!

他の副業にも興味がある方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

看護師はバイトを絶対にやるな!?副業がバレないオススメの副業5選!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です