【広告掲載のご相談はこちらまで】

軒先パーキングのオーナーになるメリットや手数料について

今回は、軒先パーキングのオーナーになるメリットや手数料などについてどこよりも詳しく紹介していきたいと思います。

この記事を最後まで読むことで以下の3点についてわかるようになります。

  • 軒先パーキングのオーナーになるメリット
  • 軒先パーキングのオーナーのなり方
  • 軒先パーキングのオーナーの手数料

軒先パーキングって何??

軒先パーキングは、軒先株式会社が運営を行う駐車場シェアサービスです。

本来ドライバーは駐車場を利用する際、コインパーキングを利用することが主流で、その場に行ってみないと空き状況や駐車料金はわかりませんでした。

そのため、周辺を何度も往復しないといけなく効率が良い方法とはいえません。

軒先パーキングでは、事前にWEBで駐車場の予約ができるため、ドライバーは効率よく駐車場を見つけることができます。

軒先パーキングで予約を行えば、より計画的に旅行やドライブのスケジュールを考えることができます。

また、軒先株式会社は、軒先パーキングの他にも、「軒先ビジネス」という室内で多目的に利用できるスペースシェアサービスの運営を行っています。

2つもシェアビジネスのサービスを運営しているため、シェアビジネスのノウハウには信頼性があります。

軒先パーキングでオーナーになるメリット

軒先パーキングでオーナーになるメリットを4つご紹介します。

初期費用が掛からない

軒先パーキングでビジネスを始める場合、初期費用は掛かりません。

今までの駐車場ビジネスは、駐車場用に空き地を借り上げ、工事をする必要がありました。

そのため、初期メンテナンス代や精算機の設置費用、土地を借り上げる代金など莫大な初期費用が必要です。

そして、初期費用がかさむと失敗するリスクも高くなり、なかなか気軽に始めることができません。

軒先パーキングのような駐車場シェアは、元々保有している土地を有効活用し駐車場として貸し出します。

よって、新しく土地を整備する必要もなく初期費用を掛けないで、駐車場ビジネスを始めることができます。

気軽に新しい収入源を増やせる

軒先パーキングは、気軽に新しい収入源を増やすことができるので副業にぴったりです。

本来新しいビジネスを始めようとしたとき、準備やかかる費用が多いので、忙しい日々の生活では、なかなかスタートダッシュを切れません。

しかし、軒先パーキングのような前準備がほとんどいらないビジネスであれば、すぐに始めることができます。

サイトの登録も、スマホで行える上に数分あれば完了します。

仕事終わりや昼休み、通勤の電車の中など時間を有効活用しながら駐車場シェアで収入を稼ぐことができます。

月に数万円でも収入が増えれば、生活に余裕ができるので、自動車1台分だけでもスペースが余っている人は、オーナー登録をぜひ行ってください。

管理が簡単

軒先パーキングは、システムが充実しているためオーナーになっても管理が簡単です。

本来、軒先パーキングのような仲介サービスを利用せず直接人に駐車場を貸し出すとなれば、駐車場の宣伝や支払いの決済などすべて自分で行わないといけません。

しかし、軒先パーキングでシェアビジネスを行えば、予約管理や決済管理をすべてサービスのシステムで行えます。

予約管理については1日単位の貸出や時間設定の貸出を自由に行えるため、自分だけのカスタマイズした予約管理システムが作れます。

また、決済はすべてオンラインで行われており事前払いです。

オーナー自身で集金を行う必要もなく、不払い支払い遅れは起こりません。

軒先パーキングには、このように充実したシステムが揃っています。

サポートや保険が充実している

軒先パーキングは、もしもの時に備えたサポートも充実しています。

軒先パーキングには、オーナー専門の問い合わせ窓口があり電話かWEBで対応してもらいます。

例えば、駐車場の登録方法や条件の変更方法が分からなくなった時、軒先パーキングで運営スタッフが代行で行ってくれます。

また、駐車場を利用するドライバーの車は全て対物保険に加入されているため、ドライバーがオーナーの敷地内で事故を起こした場合にも、問い合わせれば運営スタッフが対応してくれます。

このようにサポート体制が整っていれば、初めてオーナーになる人も安心でしょう。

軒先パーキングでオーナーになるデメリット

軒先パーキングでオーナーになるデメリットを2つご紹介します。

必ず稼げるわけではない

軒先パーキングでは、必ず安定した収入を得られるわけではありません。

軒先パーキングの収入は完全成果制で、予約が入った分レンタル料から手数料が引かれます。

稼げる額に上限がないため、どこまでも稼げる夢のあるビジネスです。

しかし、逆に予約が少ない場合レンタル料もその分しか発生しないため、収入も少ないです。

最悪の場合、予約が全く入らない月だと収入が0という可能性もあります。

そのため、軒先パーキングの収入をメインとして考えず、副業として始めることをオススメします。

他人に敷地を貸すことになる

軒先パーキングのような駐車場シェアは、他人に敷地を貸すことを前提としています。

ドライバー全員が軒先パーキングの会員になっており、事前に支払いを済ませた上で駐車場を利用していますが、全く知らない人であることは変わりありません。

例え屋外であっても、他人が敷地内に入ってくるとなればセキュリティが気になる人もいるでしょう。

ドライバーは対物保険加入を必須とされており、もしもの時にも対応はできます。

しかし、そもそも他人に敷地内に入られるのに抵抗があるいう人は、駐車場シェアビジネスには残念ながら向いていません。

軒先パーキングでオーナーになるには??

軒先パーキングでオーナーになる方法を説明します。

オーナー登録は、WEB申込みと書面申し込みどちらかで行います。

書面の場合は、コールセンターに電話連絡し書面を郵送してもらうだけなのでWEBでの方法を詳しく紹介していきます。

STEP.1
ホームページにアクセスし、【駐車場を登録する】に進みます。


STEP.2
メールアドレスやパスワード、駐車場の名前を登録し、サービス利用規約を確認した上で同意します。【駐車場登録をする】で次の画面に移動します。


STEP.3
登録したメールアドレスに、URLが届くので押しましょう。


STEP.4
会員登録が完了しました。後は指示に従い、詳しい駐車場情報や写真をアップロードしていきます。


STEP.5
情報をもとに、審査が行われます。OKがでたら情報が公開されるため後は予約が入るのを待つのみです。

軒先パーキングのオーナーの手数料について

軒先パーキングでは、レンタル料の35%がシステム手数料として引かれます。

オーナー登録をする際、初期登録費や月額費用は一切掛かりません。

ただし、ドライバーの予約が入り決済が問題なく行われてもレンタル料全てがオーナーの収入になるわけではありません。

軒先パーキングでは、売上が出た時にだけ費用が発生する仕組みとなっており、固定費が掛からないのは魅力的でしょう。

また、手数料を支払うという考え方ではなく、自動的にシステム手数料を除いた金額がオーナーの口座に振り込まれます。

軒先パーキングと比較してみた

軒先パーキングと同じく、駐車場シェアスペースを行っている「特P」と比較しました。

特Pと比較
軒先パーキング 特P
運営会社 軒先株式会社 株式会社アースカー
駐車場 単発 月間、単発
手数料 35% 30%
利用期間 短時間 短時利用多め
問い合わせ WEB、電話 電話、メール、LINE

特Pは、株式会社アースカーが運営する駐車場シェアサービスです。

駐車場のシェアサービスで特Pは知名度が高く、シェアビジネス全体でも注目を集めています。

特Pは月に100万人以上の利用者がおり、手数料が低いのでオーナーは利益を出しやすいというメリットがあります。

軒先パーキングも駐車場シェアの中では手数料は低い方ですが、特Pと比較すると5%ほど差があります。

このような点を総合的に比較した時、本サイトでオススメしたい駐車場のシェアサービスは、特Pという結果になりました。

ただ、あくまでも現時点での比較なので、変化していくシェアビジネスには今後も注目していきたいです。

最新の情報を集めてどんどん新しいビジネスに挑戦してください!

業界NO.1の売り上げ還元率!!

コメントを残す