資産運用するならウェルスナビで決まり!?

副業で仮想通貨投資するならGMOコインがオススメ!特徴やメリットを解説

話題の仮想通貨投資で副業をしてみたいけど、取引所の選び方が分からないという疑問もあるのではないでしょうか??

国内にも海外といろんな取引所がありますが、種類が多いので迷ってしまいますよね。

投資初心者から上級者まで仮想通貨の取引がしやすく、副業におすすめな業者としてGMOコインがあります。

GMOコインは7種類の仮想通貨で現物取やレバレッジ取引が可能で、さらに保有している仮想通貨を貸して年5%の利益を出せるサービスもあります。

今回は仮想通貨投資で副業をしたい人におすすめなGMOコインについて詳しく紹介しますのでぜひ参考にしてください。

  • GMOコインってどんなサービス??
  • 仮想通貨を貸し出したい人
  • 副業で仮想通貨投資をしたい

この記事はこのような方にオススメの内容となっております。

仮想通貨について詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。
億万長者も狙える!?副業で仮想通貨投資を始めるメリット・デメリットについて

GMOコインとはどんなサービス?

GMOコイン 副業

GMOコインは東証一部上場しているインターネット関連企業のGMOインターネットグループが運営している仮想通貨取引所です。

GMOグループではもともと為替のFX取引所も運営していましたが2017年から金融庁認可の仮想通貨取引所もオープンしています。

仮想通貨の取引で副業ができる

GMOコインは取引所の口座を開設することで仮想通貨の取引ができるようになるサービスです。

取引所のアカウントを作って日本円を入金して、ビットコインイーサリアムなどの仮想通貨を買うことができます。

よく知られている通り、仮想通貨は激しい値動きで価格が上がったり下がったりしていますので、価格が安いときに購入して価格が上がってから売るということをすることで利益を出すことができます。

トレードで儲けて利益を出すということでは為替のFXが人気ですが、同じようなことが仮想通貨でも副業としてできます。

GMOコインはセキュリティの安全性が高い

仮想通貨取引所では預けている資産が流出しないためにセキュリティ対策は非常に重要です。

GMOコインはセキュリティの安全性が高い取引所なので副業として利用するのに適しています。

GMOコインは2017年5月のサービス開始から3年ほど運営されていますが、これまでハッキング被害や仮想通貨の流出などはなく、安心して利用できます。

東証一部上場企業ということもあり急にサービス終了したりする心配もありません。

セキュリティの安全性が高いため副業で大切な資産を運用するときも安心感があります。

大手企業が運営しているから安心だね!!

副業おじさん

GMOコインの特徴・メリット

GMOコインの特徴・メリットはどのようなところなのか紹介します。

取り扱い仮想通貨の種類が多い

GMOコインでは7種類の仮想通貨を売買できます。
ラインナップは以下の通りです。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ステラルーメン(XLM)

2019年の12月からネムとステラルーメンと呼ばれる仮想通貨通貨もラインナップに加わり、幅広い通貨が買えるようになっています。

販売所、取引所、レバレッジ取引に対応

GMOコインでは業者から直接仮想通貨を買う販売所形式だけでなく、ユーザー同士で仮想通貨の売買をしたり、レバレッジ取引もできます。

レバレッジ取引では専用の高機能なスマホアプリも用意されていますので、忙しい人でも副業で取引しやすいのがメリットです。

外出先でスマホを使ってテクニカル分析まですることができますので、FX経験者にもおすすめです。

日本円の入出金がしやすい

GMOコインは資金の入出金がしやすいのも副業で使いやすい理由です。

仮想通貨取引所は海外の取引所もありますが、日本円を直接入出金できないのがデメリットになります。

GMOコインならネットバンキングを使った入金やコンビニ入金が利用できますのですぐに仮想通貨で副業を始めることができます。

取引で利益が出たら簡単な操作で銀行口座に出金できるのもメリットです。

GMOコインを使ったおすすめの副業

日本には仮想通貨取引所はいくつかありますので、副業で仮想通貨投資をするならその中から口座を作る取引所を選ぶことになります。

いくつかある取引所の中でGMOコインが副業におすすめな理由を解説します。

取引板で指値注文ができる

GMOコインの特徴のひとつが、取引板を使ってユーザー同士で板取引ができるところです。

仮想通貨取引所ではユーザー同士で板取引をすることを取引所形式の売買と呼びますが、GMOコインはこの取引所形式が充実していますので副業で仮想通貨投資をするのに向いています。

取引板を使うメリットは、指値注文ができますので自分が取引価格を決めて自分が希望する価格で取引できるところです。

副業で仮想通貨投資をするなら自分で取引価格を決めてできるだけ大きな利益が出るように取引したいところです。

GMOコインなら取り扱っている銘柄は一通り板取引に対応していますので取引手数料も安く、取引で利益を出しやすいのがメリットです。

レバレッジ取引が充実している

さらにGMOコインではレバレッジ取引もできますのでその点でも副業向きです。

レバレッジ取引は証拠金を預けることで実際の価格にレバレッジをかけて大きな金額で取引できるシステムのことで、現物取引よりハイリスクハイリターンで大きな利益を狙うことができます。

GMOコインではレバレッジ倍率4倍でビットコインやイーサリアムなど仮想通貨のレバレッジ取引ができます。

もうひとつ、レバレッジ取引は売りから入って価格が下がって買いで決済して儲けるということができるのもメリットです。

下がっている相場でも利益が狙えるということから副業に向いた取引方法と言えます。

仮想通貨取引所の中には現物取引だけでレバレッジ取引ができない会社もたくさんありますが、GMOコインでは高機能な取引ツールでレバレッジ取引が可能です。

為替のFXをやったことがある経験者はGMOコインならトレード経験を活かしてすぐに効果的な仮想通貨投資ができるようになります。

レバレッジ取引用のアプリも用意されていますので、忙しい人でも副業で取引しやすいのもメリットです。

貸仮想通貨サービスでローリスク副業

さらにGMOコインでは貸仮想通貨サービスというユニークなサービスもあり、こちらでも副業として利益を出すことが狙えます。

この貸仮想通貨サービスとは、自分が持っている仮想通貨をGMOコインに貸し出すことで貸借料が支払われるというサービスです。

日本円換算で10万円程度以上の仮想通貨を持っているなら、それを一定期間貸し出しすることで利益を出すことができます。

貸仮想通貨はトレードではありませんので大きな損失が出る心配がなく、安心してチャレンジできる副業です。

GMOコインの貸仮想通貨サービスは最短で1ヶ月後に貸借料を受け取ることができますのでまとまった金額の元手があるなら利用しやすいサービスです。

GMOコインの登録方法

それでは実際にGMOコインの口座を作って副業を始めるまでの流れを解説します。

GMOコインは登録するときに登録手数料のようなものはかかりませんし、口座維持費用も無料なので副業として試しに使ってみるといった気軽な感覚で登録しても問題ありません。

GMOコインのアカウント開設は以下のような流れで行います。

  1. メールアドレスとパスワードを登録する
  2. 氏名や住所など基本情報の入力
  3. 本人確認書類の提出
  4. 郵送で確認ハガキを受け取って取引開始

所要時間としては1~3までのステップが約20分程度、その後郵送で確認ハガキが届くまで数日程度です。

アカウント作成から数日程度ですぐに取引を始めることができますので、ややこしい手続きは必要ありません。

それではそれぞれのステップをより詳しく見ていきましょう。

1.メールアドレスとパスワードでアカウント作成

GMOコインのアカウント開設はGMOコインの公式サイトにパソコンやスマホからアクセスして、メールアドレスと登録するだけで完了します。

Gメールなどパソコンのメールアドレスを準備して、パスワードはGMOコイン専用のものを新しく決めて登録します。

GMOコインの公式サイトからメールアドレスとパスワードを入力して送信すると、入力したメールアドレスに登録用のURLが記載されたメールが届きます。

そのURLをクリックすると仮アカウントが発行されます。

2.基本情報の入力

仮アカウントが発行されたら次は基本情報を入力していきます。

名前や住所などの情報をフォームに入力していき、取引の目的なども入力していきます。

基本情報の入力は5分程度で完了します。

3.本人確認書類の提出

登録フォームに情報入力が終わったら次には本人確認書類の提出をします。

といっても書類をスマホのカメラなどで写真撮影して画像データをインターネットでアップロードするだけです。

書類のコピーをとって郵送するといったことは一切ありませんのですぐに終わります。

本人確認書類は運転免許証やマイナンバーカードなど顔写真付きの本人確認書類を使います。

4.確認ハガキを受け取って取引開始

本人確認書類が受理されたらGMOコインから本人確認のための認証ハガキが発送されます。

この認証ハガキはGMOコインに入力した住所に本人が住んでいるかを確認するためのものです。

届いたハガキには認証コードが記載されていますので、GMOコインのアカウント画面からハガキに書いてあるコードを入力したら登録完了です。

ここまでの作業で所要日数は数日間で完了します。

GMOコインの口座開設が完了したら銀行振込やコンビニ入金で日本円を入金できるようになりますので、副業を開始することができます。

まとめ

GMOコインは7種類の仮想通貨が取引できる日本の仮想通貨取引所です。

現物取引は板取引で指値注文ができますし、レバレッジ取引もできますので副業として仮想通貨投資をしてみたい人におすすめできる取引所です。

持っている仮想通貨を貸すことで年5%の利益をローリスクで得られるサービスもあります。

運営会社のGMOグループは為替のFX取引所も運営していますので実績があり安心して利用することができるでしょう。

登録手数料や口座維持費用は無料なので、副業としての仮想通貨投資に興味がある人は試しに使ってみてはいかがでしょうか??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です