記事執筆・掲載の依頼はこちら

babydogecoinは購入すべき??買い方や将来性についてまとめてみた

babydogecoinは購入すべき??買い方や将来性についてまとめてみた

テスラのCEOのイーロンマスクがツイートしたことがきっかけで注目を浴びた「babydogecoin」ですが、どんなコインなのか気になっている方も少なくないと思います。

また、日本には上場されていないため、買いたいけど、どのように購入するのかもわからない方がほとんどだと思います。

そこで、今回はbabydogecoinの特徴や購入方法などをどこよりも詳しく紹介していきます。

この記事を最後まで読むことで以下の3つについて理解することができます。

  • babydogecoinの特徴
  • babydogecoinの将来性
  • babydogecoinの買い方

babydogecoinってどんな通貨なの??

babydogecoinはDogecoinの「子供」として誕生したミームコインです。

Dogecoinで学んだことを活かして、ファンとDogecoinオンラインコミュニティのメンバーで作成された新しい仮想通貨であります。

ちなみに「ミームコイン」とは、インターネット上でのネタとして生まれた仮想通貨のことです。

Dogecoinの開発者であるビリー・マーカス氏自身も「くだらないもの」と称しています。

公式サイトにも「単に愛し、ペットを飼い、babydogecoinが成長するのを見てください」と書かれていますので、ペットを愛するように気軽に買って、長期保有できる人におすすめかもしれません。

しかしbabydogecoinは、ただDogecoinに似た仮想通貨ではなく「父親に感銘を与える」というテーマをあげており、Dogecoinにはない様々な実用的な機能を持っています。

詳しくは「babydogecoinの魅力」でお伝えします。

babydogeが買える

gate.io 公式サイト

babydogecoinの魅力

処理性能が高い

babydogecoinの魅力1つ目は、処理性能が高いことです。

なぜ処理性能が高いかというと、babydogecoinは「BNB Chain(BNBチェーン)」(旧:BSB)というブロックチェーン上で開発されているからです。

BNB ChainはPoSA(Proof of Staked Authority)によってネットワークコンセンサスの達成とブロックチェーンのセキュリティの維持を実現しています。

そのため、3秒に1つのブロックをつくるという速さが可能となっているのです。

しかもガス代(手数料)が安いというのも、大きな魅力となっています。

ちなみに父親であるDogecoinはビットコインベースのブロックチェーンであるので、BNB Chainより処理性能は劣ります。

父親に感銘を与える」というテーマは、処理速度の速さを意味しているところもあるのですね。

保有者に利益を与える

babydogecoinは保有者に利益を与えるための仕組みがあります。

その仕組みとは以下によるものです。

  • デフレトークン
  • スマートステーキングシステム

まず「デフレトークン」では、babydogecoinのトランザクション毎に発生する約5%の手数料のうち、半分がバーン(焼却)され市場から消失します。

これにより、babydogecoinの市場での供給量が減り希少価値を高めることで、価格の上昇が促されるのです。

次に「スマートステーキングシステム」では、babydogecoinのトランザクション毎に発生する約5%の手数料のうち半分強が保有者へ再分配されます。

ちなみに、この再分配を受け取るためにbabydogecoinをロックしたり預けたりするような処理は必要なく、保有しているだけで受け取ることができるのです。

犬を救う使命を持っている

babydogecoinは「困っている犬を救う」という使命を持った仮想通貨プロジェクトでもあるのです。

実際に犬の救助や避難所運営等を行っているチャリティパートナーへ、収益の一部を寄付しています。

どういう仕組みかというと、babydogecoinには寄付を行うためのチャリティウォレットが存在しており、babydogecoinのトランザクション手数料の再分布対象に、チャリティウォレットが含まれているのです。

そのため、保有者はなにもしなくても自動的に寄付が行われていきます。

babydogecoinが広く普及して、たくさん利用されればされるほど寄付額が増えていく仕組みになっています。

犬好きな方には、babydogecoinを保有しているだけでチャリティに参加できるというのは、大きな魅力ではないでしょうか。

普段の生活で利用できる

babydogecoinは普段の生活でも決済できるように、様々な取り組みをしています。

1つの取り組みとして、Eコマースサービスの「Coin Payments.net」と連携していることがあります。

つまり「Coin Payments.net」の加盟店であれば、世界中どこでもBabydogecoinを使って支払いが可能なのです。

もう1つの取り組みとしては、babydogecoinの暗号カードが発行されていることです。

暗号カードがあれば、iOSやAndroidのスマホアプリで管理でき、支払いもアプリから行うことができるのです。

しかもスマホアプリでは、支払い以外にも様々な機能があります。

具体的には以下の3つです。

  • 仮想通貨の送金
  • 仮想通貨を法定通貨に交換
  • 世界中へテキストメッセージを送信する

スマホひとつで簡単に扱えるのは大きな魅力ですね。

Binanceに上場するかもしれない

2022年1月6日に仮想通貨取引所のBinance(バイナンス)が以下のツイートをしました。

それに対してbabydogecoinの公式アカウントがリツイートしたことから、「babydogecoinがBinanceに上場するのでは?」という噂がたつようになりました。

ところでBinanceとは、ユーザー数1000万人以上の世界最大級の仮想通貨取引所です。

しかもユーザー数が多いだけでなく、取引量も世界トップレベルです。

24時間の取引量は60億円超えと、世界1位であります。

ちなみに2021年7月、イーロン・マスク氏がbabydogecoin以下のツイートをして話題を呼んだことがありました。

結果としてbabydogecoinの価格は、130%も引き上げることとなったのです。

このように様々なツイートが飛び交い、babydogecoinの価格が今後も跳ね上がる可能性もあります。

babydogecoinに今後上昇する要因とは??

babydogecoinが今後上昇する要因として以下の2点が考えられるのではないでしょうか。

  • Binanceへの上場
  • イーロン・マスク氏の動向

Binance上場が決まれば、世界最大級の取引所であるため、取引するする人が一気に増えることが予想できるでしょう。

このスタートダッシュの波にうまく乗れば、一気に価格が跳ね上がることも期待できます。

またそれに合わせて、イーロン・マスク氏がTwitterなどで再び発言することで、babydogecoinに注目が集まり、価格が再び上昇することも予想できます。

ちなみにbabydogecoinの公式Twitterのフォロワーは103万人います。

このフォロワー数を考えると、イーロン・マスク氏以外の投資家やインフルエンサーがツイートをすることで、babydogecoinの注目が集まることも大いに予想できるので、今後の動向に期待できます。

babydogecoinを購入するリスク

草コインであるため、ハイリスク・ハイリターン

そもそも草コインとは、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨の総称)の中でも時価総額、知名度ともに低い仮想通貨のことを指します。

そのため、babydogecoinも少額で買えるメリットはありますが、価格が一気に暴落してしまい、価値が0になってしまうハイリスク・ハイリターンな一面があります。

実際に2022年2月現在のbabydogecoinの時価総額ランキングは2874位となっています。

ランキングの数字をみるだけで、かなり時価総額が低いことがわかりますね。

さらに最高時価総額(2021年7月)は1babydogecoin=0.00000085円に対して、現在の時価総額(2022年2月)は1babydogecoin=0.00000036円となっています。

現状では、最高値時価総額の半分以下となっているのです。

このことから、babydogecoinは草コインであり、ハイリスク・ハイリターンであることがわかります。

日本での取引所がない

もうひとつのリスクとして、日本での取引所がないことがあげられます。

つまり、海外の取引所でしか扱いがないのです。

海外の取引所のリスクとしては以下の5つなどがあります。

海外取引所を利用するリスク

  • 詐欺やハッキングのリスクが高い
  • レバレッジが高い分、大きく損をする可能性がある
  • 国内とは異なる法規制がある
  • 金融庁が注意を促している
  • 日本語対応の取引所が少ない

ちなみに、世界最大級の仮想通貨取引所であるBinanceでさえも金融庁から2018年3月に警告を受けたのです。

さらに、大手海外取引所であるBitMEXでは、2020年5月1日から日本人の登録・利用が禁止されました。

もしbabydogecoinへと投資をするのであれば、違法になってしまう取引が行われなのか、十分に情報収集をする必要性があります。

babydogecoinの将来性について

babydogecoinは今後も価格上昇するのではないかと考えられます。

その根拠としては、2021年1月6日、アメリカの株式会社市場「ナスダック」の記事にbabydogecoinの見解が示されていたことからです。

具体的な記事の内容をみていきます。

インドの仮想通貨メディア「Telegaon」によると、babydogecoinは2022年に価格は0.000000012ドル(0.00001392円)に上昇すると予測。

さらに2025年まで強気の勢いが続き、0.0000005ドル(0.000058円)になるのではないかと予測していると書かれています。

また、仮想通貨メディア「Digital Coin Price」はbabydogecoinが2022年に0.00000000562ドル(0.000000065192円)、翌年に0.00000000636ドル(0.00000073776円)に上昇すると予測。

さらに2029年までに0.00000001691ドル(0.00000196156円)に達すると予測しています。

つまり、プロの投資家からみてもbabydogecoinは価格が今後も上昇することが予想されているのです。

投資の世界に正解はないですが、babydogecoinの将来性はあるといえるでしょう。

babydogecoinの開発会社ってどんな会社??

babydogecoinの開発会社はどこなのでしょうか。

実は特定の会社が開発した仮想通貨ではないのです。

公式ホームページでの説明では、babydogecoinの開発者は「DogecoinのファンとDogecoinオンラインコミュニティのメンバー」となっています。

しかも、クリエイターやメインチームが誰なのかは不明であります。

あくまでもbabydogecoinは、Dogecoinファンのみんなで作り上げた仮想通貨であるということです。

ちなみにbabydogecoinの父親とされているDogecoinは、IBMソフトエンジニアの「ビリー・マーカス氏」とAdobeソフトエンジニアの「ジャクソン・パーマー氏」によって作り上げられたことが公表されています。

babydogecoinの開発者は、DogecoinのファンとDogecoinオンラインコミュニティのメンバーとなっているので、もしかしたら2人も開発にたずさわっているのかもしれません。

babydogecoinに投資すべきか

babydogecoinに投資すべきか考えると、余力資金があれば投資してもよいでしょう。

その理由としては以下の4つが挙げられます。

  • Binanceへの上場の噂
  • イーロン・マスク氏の動向で価格があがる可能性
  • 今後も価格上昇するとメディアの予測
  • 持っているだけで価格が上がる仕組み

しかし草コインであるため、ハイリスク・ハイリターンであることは覚悟しておくできしょう。

今のうちに投資しておけば、今後価格が上昇してハイリターンを狙えることは確かなことです。

しかし、上記のシナリオが崩れたときには価格が下がり続け、価値が0になってしまうということも考えられます。

そのため、他の手堅い投資をしていく中で、余力資金があれば babydogecoinに投資してもよいと考えます。

babydogecoinはどこで買えるの??

babydogecoinは日本の取引所では買うことがでないので、海外の取引所を利用します。

おすすめは「gate.io」です。

gate.ioは中国に拠点を持つ、2013年設立の仮想通貨取引所です。

700種類の通貨を取り扱っており、全世界では100万人以上の利用者がいます。

gate.ioを利用する上で以下のメリットがあります。

gate.ioのメリット

  • 全世界の取引所の中でトップ10に入っている大手
  • 高いセキュリティレベル(コールドウォレット、マルチシグ、二段階認証を採用)
  • 本人確認なしで口座開設できる
  • 無料で入出金できる

簡単に口座開設できるのに、セキュリティが高いことは魅力ですね。

しかし、gate.ioにもデメリットもあります。

具体的には以下の通りです。

gate.ioのデメリット

  • 日本在住者は取引が制限されている(現物取引のみ)
  • 日本語に対応していない(一部のみ)
  • 取引手数料が高い(MakerとTakerともに0.2%)

取引に制限はありますが、ガチホする人にはムダに手数料を払うこともないので、大きなデメリットはないかと思います。

サイトの大半の部分は英語ですが、翻訳機能を使えば乗り切れるでしょう。

900種類以上の通貨対応

gate.io 公式サイト

babydogecoinの買い方

gate.ioでbabydogecoinを購入する方法を紹介します。

まだ、gate.ioに登録していない方は、こちらの記事を参考にして登録を完了しておいてください。

 

また、gate.ioでbabydogecoinを購入するには、USDTが必要になるので、事前にバイナンスなどからgate.ioに送金しておいてください。

STEP.1
まず、gate.ioを開いて、虫眼鏡のマークをタップしてください。


STEP.2
次に検索窓で「babydogecoin」と検索してください。


STEP.3
babydogeとUSDTの通貨ペアが表示されるので、タップします。


STEP.4
次に「証拠金取引」をタップします。


STEP.5
すると取引画面が開きます。

上の数値は、購入したいbabydogecoinの金額を下の数値は、購入したいコインの枚数を入力して、「現物買い」をタップしてください。


コメントを残す