COZUCHI「渋谷区広尾 底地プロジェクト」に投資すべきか??

「渋谷区広尾 底地」の内容について

新しく情報が公開されたCOZUCHIの「渋谷区広尾 底地プロジェクト」について詳しくご紹介します。

本ファンドの特徴

本ファンドは、約197坪の低地権を投資対象としています。

低地権とは土地と建物の所有者が違う場合の、土地の権利のことを指します。

建物の所有者は別にいることになりますが、建物はもちろん土地の上にあるので、低地権の所有者は、土地の利用権を貸していることとなります。

低地権の所有者は建物の所有者に土地利用を許す代わりに対価として、賃料や手数料などの利益を得られます。

そのため、今回のファンドについても手数料である譲渡承諾料というものを得られるため、ファンドの利益が得られ運用が可能となります。

低地権は、自身で利用ができないため、あまり不動産投資として主流なものではありあません。

しかし、一部の投資家からは手間をかけて管理をする必要がなく、メンテナンス料などのコストもかかりにくいため、長期的に見て扱いやすいと好まれています。

このように本ファンドでは、安定的で長期的な投資ができる低地権に注目した運営を行います。

渋谷区広尾 底地
想定利回り:4.50 %
運用期間:12 ヶ月
募集金額 :320,000,000 円
応募方法:抽選
募集期間 :2021/12/02~2021/12/14
キャピタルゲイン:1.00%
インカムゲイン:3.50%
最小投資金額 10,000 円
最大投資金額 30,000,000 円
所在地:東京都渋谷区広尾五丁目

アマゾンギフト券もらえる

優先劣後の割合は??

本ファンドの優先劣後の割合は、優先91.4%:劣後8.6%です。

COZUCHIは、他社のクラウドファンディングサービスと比べても、早いスパンで次々とファンド案件の募集を行っています。

その最近の傾向として、優先劣後の割合が高くなっており、投資家への負担が軽減されていることがわかります。

優先劣後の割合が多いことによって、もしこのファンド案件で損失が出てしまった場合でも、投資家の元本割れリスクを抑えることができます。

また、何かあったときでも投資家は優先の割合が高いから大丈夫と、根拠づけておくことにより、応募の壁も下がりどんどん新しい投資にチャレンジできるというメリットがあります。

他の投資対象と同じく、価値の低減や自然災害のリスクなど懸念するべき項目はありますが、他の投資よりもリスク管理がしっかりされているということは手を出しやすい案件です。

なぜ広尾の底地なのか

本プロジェクトの低地権は、東京メトロ日比谷線「広尾」駅から徒歩6分にあります。

広岡は、東京都内でも有名な高級住宅街で落ち着いた雰囲気の人気エリアです。

静かな落ち着いた場所にも関わらず、渋谷・恵比寿等の繁華街にもアクセス良好な住宅地となります。

繁華街ではありませんが、生活に必要な食品スーパーやショップ、ちょっとしたリフレッシュに最適なレストランや公園等、良い街並みです。

このような魅力的な土地で、3棟のマンションが並ぶ土地の低地権を所有することに成功し、譲渡承諾料を収益として得られる収益構造となっています。

「渋谷区広尾 底地」は投資すべきか

COZUCHI「渋谷区広尾 底地」は、オススメの投資対象です。

本プロジェクトの運用期間は1年で終了する予定ですが、土地の上に3棟の建物を建てているTRIAD社はこの底地をベースとした、約10年事業計画を想定しています。

そのため、引き続き長期的に収入が安定するのはもちろん、その後COZUCHIでは、借地権付き区分マンションの買取のための交渉を行うようです。

将来的にすべて買い取りができたと想定すると、開発用地として1,400万円での売却ができると考えられています。

今回のファンド運用が終了した後も、再度別ファンドで募集が行われる可能性が高く、その際に今回のファンドに投資した人に対しては、優先的に出資ができるようになることが予定されているそうです。

人気のファンドになると、中々出資できるチャンスが回ってこないこともあるため、ここは将来の有利な投資対象を増やすためにも、ぜひ出資にチャレンジしてみてください。

アマゾンギフト券もらえる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です