COZUCHI 「渋谷区神泉エリア 区分店舗」は投資すべきか??

COZUCHI 「渋谷区神泉エリア 区分店舗」は投資すべきか??

「渋谷区神泉エリア 区分店舗」の内容について

新しく情報が公開されたCOZUCHIの「渋谷区神泉エリア 区分店舗」についてご紹介します。


本ファンドの特徴

本ファンドは、渋谷区神泉エリアにある区分店舗を投資対象としています。

この物件は1階が店舗仕様となっておりますが、コロナの影響で新しく店舗事業をするための需要が低くなり、本来の物件が持つ良さを活かせていない状況でした。

そこで、COZUCHIがマーケティングを行うことで、物件の復興ができ割安の状態で権利を取得することができています。

割安で購入できたことと、戦略が成功しバリューアップもできています。

そのため、渋谷区という需要の高いエリアであっても、高利回りの運用ができる投資対象に仕上げることができました。

賃料収入を軸に利益を出してくため安定的なインカムゲインでの運用を基本に実施することができ、売却のタイミングがあればキャピタルゲインのシミュレーションも視野に入れています。

渋谷区神泉エリア 区分店舗
想定利回り:6.00 %
運用期間:24 ヶ月
募集金額:126,900,000 円
ファンド運用開始日:2021/10/22
募集期間:2021/10/04~2021/10/11
キャピタルゲイン:1.50%
インカムゲイン:4.50%
最小投資金額:10,000 円
物件名:第18宮庭マンション 1階店舗
所在地:東京都渋谷区円山町28-8
最寄駅:京王井の頭線 「神泉」駅徒歩3分
物件種別:店舗

アマゾンギフト券もらえる

優先劣後の割合は??

優先劣後出資比率は、優先90%:劣後10%となります。

優先の割合が高くなっているため、リスクが少ないように思われます。

ファンドの内容から危険性の高い要素がないか情報を調べましたが、このファンドは獲得時から成功傾向にあるため、リスクが低いのは確かです。

物件は、10坪にも満たない狭さの店舗仕様となっており、飲食店が開店をおこなってもイートインスペースは広く取れないでしょう。

しかし、今はコロナの影響でイートインより、おうち時間を活かしたテイクアウト事業が成功しています。

そのため、渋谷区に店舗を構えられるが狭い土地代で済み、飲食店オーナーにも需要が高いです。

ただし、リスクの要因が少ないとはいえ、本物件に関わらず100%元本割れが起きない投資はありません。

注意して出資を行うようにしましょう。

なぜ渋谷区神泉エリアの区分店舗なのか

今回のプロジェクトの物件は、JR山手線「渋谷」駅から徒歩約10分のところにあります。

物件は、区分所有建物の1階店舗仕様の区画を投資対象としているため、店舗事業に向いている土地を運用することに成功しています。

そのため、渋谷区神泉エリアは立地条件がすごく良く需要があります。

しかし、COZUCHIが本物件の取り組みを行うまでは、空室率が高く安定的な家賃収入を得られないのが、問題点としてあげられていました。

COZUCHIが取得のための調査を進め物件の分析をしてくうちに、この物件の区画を活かすことに成功しています。

マイナスの要因を払拭するだけではなく、バリューアップやリーシング戦略を行っていき、より高い賃料での貸出しが可能となりプラスの要因も増えました。

もともと、空室率が高かった物件を渋谷区エリア本来の特性や、リーシング戦略を活かすことができ、より価値のある投資対象へと進化させることができています。

「渋谷区神泉エリア 区分店舗」は投資すべきか

今回のファンド案件である「渋谷区神泉エリア 区分店舗」にはぜひ出資をすることをオススメします。

もともと、渋谷区というエリアは店舗事業に向いている場所で、その特性を活かせていなかったことが、運用がうまくいっていなかった要因でした。

その点、COZUCHIがしっかりマーケティングを行い、リーシング戦略をおこなうことで空室問題を脱出することができました。

また、空室を埋めるだけではなく本来の物件の良さを活かして、バリューアップにも成功しています。

基盤のしっかりとしている家賃収入で高利回りを予想しており、チャンスがあれば売却も狙える好物件です。

ぜひ、少額からでも出資をしてみてください!

アマゾンギフト券もらえる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です