【広告掲載のご相談はこちらまで】

営業代行なのに固定報酬!?kakutokuはどれくらい稼げるの??

プー太郎

営業代行の報酬形態って基本的にフルコミッションなんですか??
なんかあんまり営業の自信なくて…
確かに営業代行サービスのほとんどフルコミやな!
けど、kakutokuっていうサービスは、固定報酬の案件も多いから、子供がいたりして安定的な生活をしたい人でも安心やで!!

副業おじさん

今回は、このkakutokuの魅力や報酬形態、取り扱ってる商材などどこよりも詳しく紹介していきたいと思います。

  • kakutokuとは??
  • 営業代行で固定報酬が欲しい
  • 営業代行を始めたい

この記事はこのような方にオススメの内容となっています。

副業おじさん

最後まで読んでタメになったと思ったらブックマークお願いな!!

kakutokuってどんなサービス??

kakutokuとは、カクトク株式会社が運営する営業代行サービスです。

営業代行サービスは具体的に、営業支援を求める企業とフリーランスや副業で営業業務をおこないたい営業マンがマッチングするためのプラットフォームです。

営業代行サービスは複数ありますが、その中でもkakutokuは営業職専門の日本最大級営業支援プラットフォームとして、レベルの高い人材紹介を行っています。

2021年4月現在で登録営業職の数は9,000人を超えており、営業マンの平均報酬額は月350,175円と高い位置付けになります。

kakutokuで営業支援を求める企業は、魅力的な商品を持っているのにも関わらず営業力に課題を抱えています。

良い商品を販売し、営業力で稼ぎたい営業マンのスキルを活かせる仕事をkakutokuは提供しています。

kakutokuにはどんな魅力がある??

kakutokuの魅力について4つご紹介します。

案件数が豊富

kakutokuは、日本最大級営業支援プラットフォームであるため、案件数が豊富に揃っています。

また、実働の営業業務だけではなく企画や組織運営の仕事もあります。

営業案件は具体的に以下のような種類があります。

  • 企画:営業資料作成、顧客リスト作成、営業戦略策定、ターゲット選定など
  • 実働:テレアポ、訪問商談、顧客紹介、ルートセールス、DMなど
  • 組織:営業チームマネジメント、営業研修、人事採用、トレーニング開発など

営業と言えば、訪問販売を多くイメージすると思いますが、実働の営業の中でもDM作業や顧客を回るルート営業など、種類が多くあります。

また、実働の営業以外で重要なポジションを担う案件も多くあり、kakutokuで取り扱っている営業案件の幅は広いです。

kakutokuはベンチャー企業ですが、このように多くの案件幅を取り扱うことができているため、今後もどんどん案件は増え続けると予想されます。

案件によって働き方を選べる

kakutokuは、案件によって週3日からOKなものや、リモートワークがOKのものがあり働く環境が自由に選べます。

また、日本全国で営業マンは募集がされているため引っ越しなどでその土地から離れないといけない時でも、再度仕事をkakutokuで探すことができます。

それに、リモートで行える仕事であれば住居が変わっても問題はありません。

営業力のスキルアップができる

kakutokuでは、多くの案件から仕事を選ぶことができるため、本業の商品ではない未経験のジャンルに挑戦することができます。

例えば、本業で保険の営業をしている社員であれば自社の保険商品知識に関しては、経験が増えるほど営業力がついています。

しかし、同じ保険商品でも他社のものを提案するとなると、また違う勉強が必要となります。

本業で自社の商品の提案をする際も、他社と比較をするため他社商品のことを調べることはあります。

しかし、実際に副業で他社の商品について調べながら提案をした方が、知識が付くスピードも変わります。

このようにkakutokuで営業代行の副業を行えば、本業の商品以外のことも知ることができ営業力がアップします。

業務報告はkakutokuが行ってくれる

kakutokuで仕事を行う営業マンは、直接企業に給料の請求や報告をする必要がありません。

本来ならば雇用関係ではなく業務委託で受けた仕事は、作業報告書や報酬の依頼など書類を作成する必要があります。

しかし、kakutokuで受けた依頼はそのような手続き資料の作成はいりません。

具体的な方法としてはkakutokuのアプリを使い、『業務報告』をタップするだけの数分で終わります。

kakutokuが面倒な作業を行ってくれるため、営業マンは業務により集中することができます。

kakutokuを利用する上での注意点

kakutokuを利用する上での注意点を2つご紹介します。

契約した企業と合わない場合がある

kakutokuでは、より近い考えの持った企業と営業マンをマッチングするように努めていますが、稀にミスマッチが起きることがあります。

業務委託であるため、依頼された仕事や契約期間が終了すればその企業から離れることができますが、基本的には依頼された仕事はやりきらないといけません。

ただ、企業もミスマッチを感じこの営業マンには仕事が任せられないという場合は、即契約打ち切りとなるケースもあります。

営業未経験はkakutokuで案件を受けられない

kakutokuでは、営業未経験の人は会員登録ができないようになっており、仕事をもらうこともできません。

公式ホームページでも、営業未経験の人は利用ができないとお詫びの一文がありました。

kakutokuで人材を求める企業は、特にレベルの高い人材を求めているため、営業スキルがそもそもないとマッチングができないということでしょう。

kakutokuはどんな商材がある??

kakutokuでは、アカウントの登録をしなければ現在募集されている案件を確認することはできません。

会員登録の審査を通過した後に、マイページから案件確認ができるようになります。

案件掲載が誰でも見られる情報ではないため詳細は確認できませんが、過去kakutokuを導入したことで業績を上げたとしている、コニカミノルタ株式会社のインタビュー情報がありました。

コニカミノルタは、新SaaS事業のオンラインマニュアル作成・運用サービス「COCOMITE」を発表するにあたって、kakutokuとの取り組みを行っていました。

そもそも、コニカミノルタの課題として営業開発専門スキルを持つ人材がいなく、営業開発の構成ができずにいたようです。

そこで、kakutokuからの優秀な人材を導入することで、専門スキルを持つ人材をおぎなうことができました、

プロジェクト専任の営業部隊を持つことで、営業の勝ちパターンを掴むことができ社内全体の営業力向上に役立った経緯があるそうです。

このように、kakutokuに力を求める企業は、自社を変えてくれるようなスキルのある人材を探しており、よりレベルの高いやり取りが行われていることは間違いありません。

kakutokuで営業代行を始めるには??

kakutokuで営業代行の仕事を始める方法をご紹介します。

STEP.1
kakutokuの公式ホームページにアクセスし、【(無料)アカウントを作る】で進みます。

STEP.2
名前やメールアドレス等の情報を入力し、【同意して登録】に進みます。

STEP.3
メールが届くため、【メールアドレスの認証】を押します。


STEP.4
より詳しい情報を指示に従い入力していきましょう。

STEP.5
登録し、承認が下りればクライアント企業を探すことができます。希望の案件があればエントリーしましょう。
STEP.6
企業担当と打ち合わせが入り、案件の詳細を確認します。
STEP.7
契約が決まれば、提案書や見積書の作成を行い業務に取り掛かります。

業務を始めるまでは数週間から1か月ほどの日程が必要です。

案件へのエントリーは1つではなく、複数まとめてしておくことをお勧めします。

kakutokuで報酬をもらえる仕組みについて

kakutokuは固定報酬制であるため、クライアント企業に貢献することで報酬をもらえます。

営業代行サービスを提供している会社は多くありますが、ほとんどが成果報酬型で安定的に給料が入るとはいえません。

本業としてメインの仕事がある人は、副業の収入が不安定でも多額を稼ぐためにチャレンジをしても良いと思います。

しかし、kakutokuにはフリーランス人も多く仕事を行っており、kakutokuのように営業スキルがある人が安定して稼げるのは大きなメリットです。

また、完全な成果報酬制はkakutokuにはありませんが、案件によって固定報酬+成果報酬の仕事も募集していることがあります。

その上で注意をしてほしいのは、固定報酬だと企業も定期的に決まった出費をしないといけないため、慎重に人材を選ぶということです。

契約成立のハードルが高くなり、営業スキルが高い人しか仕事はもらえません。

kakutokuのように、ハードルが高い営業代行にチャレンジして採用されれば良いですが、複数の企業にエントリーしたのに、全く仕事をもらえる気配がない場合は、考え方を変える必要があります。

例えば、初めは後程紹介する営業初心者でも仕事がもらえるような営業代行サービスに登録し、営業スキルに自信が持てるようになってから、kakutokuのようにレベルの高いサイトに登録する方法もあります。

自分のスキルに合った営業代行サービスに、どんどん変更していくことが必要でしょう。

kakutokuで営業代行するとどれくらい稼げる??

kakutokuは、企業や案件ごとに決められた報酬が全く違うため、稼げる額は一概に決まっていません。

その人材のスキルによって稼げる額が全然違います。

そもそも、営業スキルがない人は仕事さえもらえない厳しい世界です。

そのような中、kakutokuの登録者の中で沢山の額を稼いでいる人材がいます。

下記の情報は、kakutoku登録者『報酬受取額トップ3』です。

2018年3月~2020年12月の累計で、このような多くの報酬が発生しています。

  • 1位:7,543万6,198円 フリーランスから法人化
  • 2位:2,729万4,857円 フリーランスから法人化
  • 3位:1,960万1,529円 営業代行会社

これだけ多くの額を稼いでいる人がいるとなると、kakutokuのレベルの高さも納得ができます。

kakutokuと比較してみた

kakutokuと同じく営業代行サービスを運営している、ウルマップと比較した内容をまとめました。

他社と比較
ウルマップ
kakutoku
運営会社 株式会社Wiz カクトク株式会社
報酬体制 出来高制 固定報酬制
稼働時間 自由 選択可能
採用のハードル 高め
手数料 無料 無料
営業初心者 不可

kakutokuとウルマップの1番の違いは給料の体制です。

kakutokuは、固定報酬制を採用しており決められた時間働けば、決まった給料をもらうことができます。

一方ウルマップは完全出来高制でもし、kakutokuと同じ時間働いても事前に指示されている成果が出なければ給料は発生しません。

その代わり、同じ時間働いても契約数などの成果がとびぬけて多い日があれば、そのまま給料に反映され、ウルマップでは自分の成果がはっきりと反映されます。

また、ウルマップでは自身の頑張りによって給料が変わるため。営業初心者も働くことはできますが、kakutokuで初心者は働くことはできません。

営業専門職として、売り出しているkakutokuは一定のスキルがないと採用されなく営業代行の仕事さえできないです。

このように営業代行サービスを行っている会社を2社比較しただけでも、違いがはっきりと分かれます。

どのような営業代行サービスに登録をしても、企業は高い営業力を求めていることを忘れてはいけません。

自分の営業スキルに自信がある人や、自分のスキルがどれだけ社会に通用するか知りたい人は、ガッツリ稼げるウルマップで営業代行をやってみるのも良いと思います。

フルコミで稼げる!!

URUMAP(ウルマップ)って稼げるの??報酬や評判などについて

コメントを残す