【広告掲載のご相談はこちらまで】

HTMLを使った副業は未経験の場合稼げるまでどれくらいかかるの??

コーディングの基礎の言語でもあるHTMLですが、このHTMLという言語についてよく理解していない方は少なくないのではないでしょうか。

また、HTMLについて興味はあるけど、未経験でも習得ができて、副業として稼げるのかなど気になる方もいると思います。

そこで今回は、HTMLを習得し、HTMLを活用した副業をして実際に稼いでいる私が、未経験者がどれくらいで習得できる言語で、どんな副業があるのか、どれくらい稼げるかなどどこよりも詳しく紹介していきたいと思います。

この記事を最後まで読むことで、以下の3つについてわかるようになります。

  • HTMLを最速で学ぶ方法
  • HTMLを学んだらできる副業
  • HTMLを未経験者が習得するまでの時間

htmlってどんな言語??

HTML(エイチティーエムエル)とは、HyperText Markup Languageの略では、ウェブページを作成するために開発された言語です。

WebサイトのほとんどはHTMLで作成されており、今まさにあなたが見ているこのサイトもHTMLで作られています。

もう少し理解しやすいように、HTMLの「HyperText Markup」について具体的に解説します。

HyperText

ハイパーリンクを埋め込むことができるテキストのことです。

このハイパーリンクとはクリックすると別のページに飛ぶことができるリンクのことです。

通常は、青や赤で下線が引いてあってクリックできるようになっています。

どのWebサイトを見てもこのようなリンクがあり、見たことがある方は多いのではないでしょうか?

Markup

Markupとは印をつけるという意味です。

Webサイト上の文章には「見出しや段落」などの要素がありますが、HTMLを使うとそれらの要素に印をつけることができます。

このように印をつけることで、コンピュータがその文書の構造を理解できるようになります。

実際にWebサイト上には表示されないため、見た目ではわかりませんが、裏側ではこのようなことが行われています。

htmlを学ぶメリット

視野が広まる

HTMLを学ぶとWebサイトの裏側を知ることができ、視野が広まります。

なぜなら、Webサイトの大半はHTMLで作られているため、HTMLを理解しているだけで見える世界が広がるからです。

具体的には

  • HTMLを知らない人→ただ単に、Webサイトを眺めるだけ
  • HTMLを知っている人→仕組みを理解しながらWebサイトを見ることができる

このように、HTMLを知っているのと知らないのでは、見ている世界が全く異なるのです。

この記事の筆者もHTMLを勉強してから、Webサイトを見るときは無意識で

「この部分はどういうHTML構造になっているんだろう」という視点を持っています

問題解決能力がつく

HTMLを学ぶと問題解決能力がつきます。

HTMLでWebページを作成する際、わずかなスペルや表記ミスがあるだけでうまく画面に表示されません。

そのため多くの問題にぶつかり、一個ずつ解決していく過程で問題解決能力がついていきます。

例えば、HTMLで文字を太くしたい場合、HTMLではと表記しますが、スペルを間違えてと入力してしまうと、コンピューターには理解できずエラーとなり、画面にうまく表示されません。

このようにエラーが出た場合、

  • なぜこのような問題が発生したのか
  • どこに問題があるのか

ということを仮説をたてながら解決していく必要があります。

このようなスペルミスなどは日常茶飯事です。

そして、より多くの問題を解決していくことで、自然と問題解決能力がついていきます。

転職に有利になる

HTMLを知っていると転職で有利になります。

なぜならHTMLを知っている人は稀で、他者と差別化になるからです。

例えば、同じ条件(大卒など)のAさん、Bさん2人の求職者がいた場合、採用担当者はどちらを採用しようか迷います。

そこでAさんの履歴書にHTMLの知識があると書いてあれば、採用担当者の目に留まり、AさんとBさんがほぼ条件が同じなら、HTMLの知識があるAさんを採用しようとなる可能性が高くなります。

また、転職後も社内で重宝される人材になれます。

IT系の会社ではない場合、HTMLを知っている人はいない場合がほとんどです。

そのため、HTMLを知っているだけで、Web関係の仕事を任される機会をもらえたりと会社に大きく貢献することができます。

会社としてそのような人材は重宝するため、将来的に社内での地位が上がることも期待できます。

htmlを学ぶデメリット

最初は理解するのが難しい

HTMLはコンピュータ言語のため、初心者のうちは理解するのが難しいのがデメリット。

日常生活ではHTMLを見る機会はほとんどないため、初めて見る表記ばかりだからです。

具体的には以下の通り。

よく使われるHTML
・タイトルを表示する場合のHTML
<h1></h1>

・文章を太字にする場合のHTML
<strong></strong>

・文字にリンクを埋め込む場合のHTML
<a href=””></a>

HTMLのことを全く知らない方は、上記を見ても「どいういう意味?」と感じるはずです。

最初のうちはみんなこのように抵抗を感じます。

イメージとしては、外国語を学ぶ感じに似ています。

英語を継続して学習すると慣れていくように、HTMLも継続して学べば誰でも習得できます。

デザインができない

HTMLのデメリットは簡単なデザインしかできないことです。

HTMLで作ったWebサイトに装飾や配置などのデザイン加えるにはCSSという別のプログラミング言語を使う必要があるからです。

HTMLだけでは装飾ができない

具体的に、「おはよう」という文章を表示したい場合、HTMLでは下記のように記述しますが、赤色に変えるといった装飾を加えるにはHTMLだけではできません。

HTMLで「おはよう」と表示させたい場合

<p>おはよう</p>

赤色に変えるには下記のように記述する必要があります。

<p style=”color:red;>おはよう</p>

style=”color:red;の箇所をCSSといい、別途学ぶ必要があります。

HTMLだけでは配置ができない

文字や画像の配置もHTMLでは表現できないため、CSSが必要になってきます。

多くのWebサイトを見ると、画像や文字の配置は横や斜めに並んでいます。

このような配置はHTMLだけではできず、CSSを使うのが基本です。

以上、HTMLを知っているだけでは、世の中に出せるようなWebサイトは作れないことが分かります。

htmlを学ぶと稼げる副業とは??

HTMLを学ぶと稼げる副業はWebサイトの制作です。

具体的には以下の方法があります。

  1. Webサイトを制作したい会社から直接仕事を受ける
  2. CrowdworksやLancersといったクラウドソーシングサービスで仕事を探す
  3. Web制作会社に直接問い合わせ、HTMLのコーディングの仕事を受ける

この記事の筆者は実際に上記2.3.の方法で仕事を受注することができました。

1.3.はメールや電話で直接Web制作の会社などに営業が必要になり、少しハードルが高いです。

2.はクラウドソーシングサービスのサイトから案件に応募できるため、営業の必要はなく、初心者でも仕事を受注しやすいです。

クラウドソーシングは応募する人も多いため、競争が激しくなり受注できる金額が低くなります。

そのため、高額案件を狙いたい方は、1.か3.の方法で仕事を探した方がよいでしょう。

だた上記で解説した通り、HTMLだけでは世の中に出せるWebサイトは作れないので、CSSはしっかり学習しておきましょう。

htmlを学ぶと副業でどれくらい稼げる??

HTML(CSSも必須)を学び仕事を受注する場合、WebサイトのHTMLコーディング(5-7ページほど)で5万円くらいが相場です。

これを安いと感じるかはそれぞれですが、初心者のうちはお試し期間として、安値で受注して実績をつけることをおすすめします。

制作実績が積み上がると、徐々に信頼性も高まり、より大きな金額の案件も受注できるようになるからです。

初心者のうちは実績がないため、仕事を取るのに時間がかかりますが、あきらめずに多くの案件に応募しましょう。

この記事の筆者もHTMLとCSSを学んでから、40件ほどの案件に応募。

やっと受注できた初案件はWebサイトのコーディング制作で5万円でした。

納品までに2週間ほどかかり大変でしたが、学習したHTMLを実際に使うことでより理解が深まりました。

そして、実績もつくることができたことで、次の案件も受注しやすくなりました。

慣れてくれば、1サイト数十万といったWebサイト制作も受注することが可能になります。

htmlは未経験だと習得するのにどれくらいかかるの??

HTMLの基礎を習得するのにかかる時間は10-20時間ほど必要です。

そして、基礎学習の後には、実際にWebサイトを作ることも必要なので、基礎学習含めて、合計2、3ヶ月ほどが目安と考えてください。

HTMLを学習した段階で、実際にWebサイトを作ってみるとわかりますが、案外学習したことを使いこなすのは難しく感じるはずです。

この記事の筆者も、HTMLとCSSを学んだあと架空のWebサイトを2、3個作って練習をしました。

HTMLを学んだときと違い難しく感じました。

ここで挫折してプログラミングを辞めていく人も多いのが現実です。

独学で学習する場合、困ったときに聞く人がいないので、同じ箇所で考え込んで数時間経過していたということも珍しくありません。

この例からもわかるように、HTMLの基礎学習は10-20時間で終わりますが、実際に使えるようになるまでには、2、3ヶ月必要ということです。

htmlを学ぶならどこ??

HTMLを学ぶなら、TECH CAMPがオススメです。

TECH CAMPならHTMLだけでなく、

実際にWebサイトを作成するために必要なCSSやJavascriptといったプログラミング言語も学べるので、実践で生かせるスキルが身につきます。

TECH CAMPでは、HTMLやCSSなどの言語を学んだあと、実際にWebサイトを制作します。

初心者が独学で1からプログラミングを学ぼうとすると、挫折する可能性が高くなりますが、TECH CAMPではプロのメンターと指導員が常駐していて、質問し放題の環境が整っています。

そのため、理解できずに一人で悩むといったことがなくなり、学習効率が格段にアップします。

この記事の筆者もTECH CAMPで学んだ一人です。

HTMLを独学で学習しようと試みましたが、途中で挫折しそうになっていました。

そんなときTECH CAMPと出会い、実際に受講したことで、独学の時に何時間も解決できないような問題もTECH CAMPのメンターに質問することで、すぐに解決でき感動したことを覚えています。

ホリエモンも絶賛!!

TECH CAMPでhtmlを学んでみて思ったこと

TECH CAMPでHTMLを学んでみてよかったことは、直接メンターからHTMLなどプログラミングの仕組みを説明してもらえたことです。

独学で学習していたらネットの情報だけしかないので、理解できずプログラミングを辞めていたことでしょう。

TECH CAMPで学ぶ前は、ネットの情報を元に独学で数ヶ月学習しましたが、初心者の私にはとても難しく感じ手が止まってしまいました。

TECH CAMPで直接プロから学ぶことで、分からないというストレスを最小限に抑えることができ、スムーズに学習することができました。

最終的にWeb制作の仕事を取ることができ、副業でも月に5〜10万円は稼げるという自信がついたことはわたしにとって大きな財産になりました。

ホリエモンも絶賛!!

コメントを残す