【今ならたった1万円でPR記事作成します】

Voicyってどれくらい稼げるの??収益化方法や配信方法について解説します

キングコングの西野さんや人気ブロガーのマナブさんなどが音声配信しているVoicyというアプリですが、同じように「私も配信してみたい」という方少ないと思います。

しかし、配信を始めてみたいと思ってるなら、どうやって始めるのか、その配信でどれくらい稼げるのか理解する必要がありますよね。

そこで今回は、Voicyで収益化する方法や配信方法などを紹介していきたいと思います。

この記事を最後まで読むことで以下の3つについて理解することができます。

  • Voicyで配信するメリット
  • Voicyで稼ぐ方法
  • Voicyで配信する方法

Voicyとは??

Voicyとは??

Voicyとは、株式会社Voicyが運営する音声プラットフォームです。

Voicyは、日本発祥の2016年から提供を始めているサービスで、2021年6月時点で800以上のチャンネルが配信を行っています。

運営会社の株式会社Voicyは、音声×テクノロジーでワクワクする会社を作ることを目的としており、声のブログとしてvoicy のサービス提供を行っています。

Voicyの特徴は、配信者の厳選にこだわっていており、レベルの高い配信を聞くことができる点です。

配信者には誰でもなれるわけではなく審査が厳しいようで、通過率最大5%ほどと公表されています。

低い通過率ですが、サービスの提供を始めたばかりの頃は、審査の通過率1%でもっと厳しい基準を設けられていました。

このように審査が厳しいことから、一般の人はVoicyの審査に中々受からず、芸能人などの著名人や、ブロガー、漫画家などある分野で活躍している人が配信を行っています。

リスナーとしては、Voicy内で興味のあるチャンネルを開けば、無料なのにレベルの高い配信を聞くことができ、ラジオ番組のように配信を楽しむことができます。

配信者としては、審査に受かればその5%に選ばれたということで、自身をもって配信をすることができ、Voicyの審査に受かったということ自体が自信になるでしょう。

Voicy [ボイシー] - 音声プラットフォーム

Voicy [ボイシー] – 音声プラットフォーム
開発元:Voicy, Inc.
無料
posted withアプリーチ

Voicyで配信するメリット

Voicyで配信をするメリットを3つご紹介します。

レベルの高い配信者の仲間入りができる

Voicyは、かなり厳しい審査制の音声配信サービスであるため、審査に通ること自体がステータスになります。

Voicyはリスナーが面白い配信者に出会えるようにあえて、審査制を取っています。

また、その審査はとても厳しく、審査に受かる人は毎月数名です。

音声配信アプリの多くは、審査がなく誰でも簡単に配信者になれるものが多いです。

しかし、Voicyとしてはあえてここを審査制にすることによって、話す側を制限しクオリティーの高いチャンネルに絞ることで、音声配信の基盤をつくろうとしています。

音声配信の歴史はまだ浅く、誰でも配信可能にして話し手を大幅に増やしても、市場は広がらないというVoicyの見解があります。

そのため、Voicyの審査に通ったということは、数少ない配信者に選ばれたということで、ぜひ自信を持って欲しいです。

他コンテンツの宣伝効果抜群

Voicyは、他コンテンツに集客をしたい場合にも利用ができます。

Voicyでは、収益を得られる機能がありますが、Voicyのみをメインの稼ぎ頭として活動を行っている人はほとんどいません。

配信者は、他に活動の拠点があって、その活動や知識をVoicyという音声コンテンツを使って世間へ配信をしています。

そのため、雑談のような配信よりも何かのテーマに沿って配信者がトークをし、リスナーのもとへ届くことが多いです。

例えば、普段YouTubeで活動している人がYouTubeの撮影で起きたことやそこで学んだことを配信したり、Instagramで漫画の投稿をしている人が、その内容について語ったりします。

Voicyで他の活動内容を話すことで、リスナーはその人自体に興味を持ち、他の配信サイトや商品の購入をしてくれる可能性が出てきます。

細かな編集や機能を利用する必要がない

Voicyの配信者は1発撮りで録音して、配信することが多いです。

Voicyには、元々複雑な編集ソフトや、機能が入っていないため録音といってもリアルな声がリスナーのもとに届きます。

それでも、配信者のレベルが高いためリスナーとしては聞きやすい内容となっていますし、配信者からしても、気軽にVoicyで投稿をすることができます。

また、Voicyの配信は長い時間録音できないようになっているため、リスナーからしても日常生活の中で、気軽に流しておけるコンテンツとなっています。

Voicyの時間を生活の中で取らなくても、ながら作業で片手間に聞くというリスナーが多くいます。

Voicyで配信するデメリット

Voicyで配信をするデメリットを2つご紹介します。

凝った編集や長時間配信ができない

Voicyでは、動画編集サイトや音声編集サイトのような凝った編集や他コンテンツのような長時間録音ができません。

まず、Voicyには細かな編集機能がついていません。

気軽に録音して、配信が出来きさらにリアルな音声を届けることができる点では、メリットでもあります。

しかし、音声編集をがっつりしている人や、編集に慣れている人はVoicyのあえてのリアルさに満足がいかないかもしれません。

更に、Voicyでは10分程度の配信時間が基本となります。

長い時間ラジオ番組のように配信をしたいという人にも、Voicyは向いていません。

その代わり、1つのテーマに絞って話すことができ、リスナーは興味がわきやすいというメリットがあります。

まだ世間への浸透度は低い

Voicyの知名度は年々上がっていますが、他のSNSなどのコンテンツに比べると、ユーザー数は少ないです。

音声コンテンツ業界で、利用者は増えてきていますが、やはりYouTubeやInstagram、Twitterなど、目で見て楽しむコンテンツを利用する人が多いです。

更に、広告収入についても、YouTubeブログの方が、報酬が高くそちらの運用だけで手一杯の活動家も多いでしょう。

Voicyはメインの稼ぎではなく、他コンテンツやあなた自身をより魅力的に見せるため、宣伝効果を狙って利用するほうが良さそうです。

Voicyは誰でも配信することができるの??

Voicyは、誰でも配信が出来るわけではなく、審査が必要になります。

この審査という点に、Voicyはこだわりがあり、今公表されている審査の通過率はとても低いです。

リスナーはよりレベルの高い配信を聞くことができますが、配信者にとっては中々厳しい審査になっています。

今配信者として審査が通っている人の多くは、他に活動の基盤があり専門的な知識を持っています。

そのため、チャンネルで配信する内容はもちろん、声質や滑舌は聞き取りやすいか等、総合的に判断され、配信者が選ばれています。

審査の細かな基準は公表されていませんが、Voicyのレベルを上げることができる配信者が選ばれているようです。

なかなか審査には通りにくいようですが、今よりもサービス提供当初の方が、厳しい審査状況でした。

これからもっとVoicyが世間に浸透すればするほど、気軽に配信が出来るようになるかもしれません。

Voicyで収益化する方法

Voicyで収益化する方法は2つあります。

スポンサー

Voicyスポンサーとして企業にスポンサー料をもらうことで、収益を得ることができます。

Voicy Branding Programで得られる収入で、配信者がリスナーに企業のサービスや商品の情報を宣伝する必要があります。

例えば、子育て世代の忙しいママさんへ向けた配信を行っているチャンネルでは、便利に商品を購入できる通販会社とのタイアップ放送を行っています。

他にも、パーソナリティがスポンサー企業のサービスをトークテーマにして配信を行うなど、様々な角度で企業と協力し合うことができます。

起業からスポンサーの仕事をもらうことで、企業の商品が好きな人や購入予定の人があなたの放送を聞いてもらえるかもしれません。

更に、スポンサー料金ももらえるので、魅力的な収入源でしょう。

プレミアムリスナー

プレミアムリスナーとは、リスナーが毎月サブスクのように月額料金を支払うことで、特別な配信を聞くことができます。

いわゆる有料会員限定コンテンツのことで、限定された人のみが聞ける放送になり、配信者はファンクラブやオンラインサロンのように活用できます。

例えば、普段誰にでも聞いてもらえる配信では、自分の得意分野についてトークテーマをつけて配信をしている人が、コアなファンのみが楽しんでくれるような、雑談を配信しています。

他にも、専門分野について話している内容のもっと詳しいことを有料版で配信したり、活用方法は様々です。

配信者と、一部のリスナーのみがより特別な関係になることができます。

Voicyで配信する方法について

Voicyで配信する方法をご説明します。

STEP.1
Voicyのホームページから応募フォームにアクセスし、【応募する】を押しましょう。

STEP.2
応募フォームに名前やメールアドレスなどの必要情報と、今後どんな配信をしたいかなど履歴書の感覚で記入をすすめます。


STEP.3
最後に、プライバシーポリシーへの同意を行い【応募】に進みましょう。

STEP.4
応募作業はここまでです。
Voicyにて選考が行われるため、1週間から2週間待ちます。
STEP.5
審査に取った場合のみ、Voicyから連絡が来ます。
2週間待って連絡が来なかった場合、審査が落ちたということになります。
STEP.6
審査の連絡が来た際は、Voicyからの指示に従い、収録アプリをダウンロードします。
STEP.7
チャンネル名や、各種配信に必要な設定を行い、放送をスタートさせることができます。

Voicyで配信したらどれくらい稼げるの??

Voicyで、配信した際に稼げる料金は、その人の活躍具合によって全く違うため一概には言えません。

ただし、お話しした通りVoicyのみで稼いで生活していこうと思って現在は難しい状態です。

今は、他に専門分野やコンテンツを利用している人が宣伝効果としてVoicyに期待し活動している人がVoicyの効果を生みやすいでしょう。

そうは言っても、プレミアムリスナーやスポンサー料をもらうことで、一部の人は収入を得ることができています。

プレミアムリスナーについて、料金の設定は人によって全く違いますが、月額1000円前後で設定しているのが相場でしょう。

スポンサー料金についても、特に決まった金額はなく依頼される内容や企業の規模にもよります。

そのため10万円~100万円と大きな額をもらっている人もいるそうです。

ポッドキャストを配信するならSpoonがオススメ

Voicyは、既にほかのコンテンツで活躍しており、一定のファンがいる人にとっては、稼ぎを得られる配信方法です。

しかし、そもそも審査に通る確率が低すぎるため、配信者になることもできない場合があります。

音声配信者として頑張りたい人はまず、Spoonで配信を始めてみることをオススメします。

Spoonは、厳しい審査ではなく、誰でも配信が始められる音声配信アプリです。

一時期CMが流れていたこともあり、アプリのユーザー数も多く知名度もあります。

また、Spoonで初めて音声配信をする人もおり、Voicyよりも始めるための壁は低いです。

更に、稼ぐ方法も投げ銭で毎回の配信でチャンスがあり、ライブ配信も盛んなため様々な活用方法で工夫ができます。

そのため、今からポッドキャスト配信を始めるならSpoonがオススメです。

ぜひ、自分に合った音声配信アプリで活動を始めてみてください。

コメントを残す