記事作成・掲載のご依頼はこちら

英語コーチングになるには??副業で始める方法や資格の必要性について

英語コーチングになるには??副業で始める方法や資格の必要性について

この記事を書いた人
副業おじさん

副業紹介メディア「副業オンライン」の管理人。 副業歴約5年。 本業の収入だけでは満足ができない人の力に少しでもなれるように、誰でも簡単に副業を始めれるようなサイト作りを心がけてるで!! ウザい関西弁でごめんな!

英語コーチングやってみたいけど、どこでできるんだろう…

英語学習法として最近注目を浴びている「英語コーチング」ですが、受講の需要に伴い、仕事の案件も増加傾向にあります。

中には自分の英語スキルを活かして英語コーチングを始めてみたいけど、始め方や求められるスキルがどれくらいかわからず、なかなか始められていない方も少なくないでしょう。

そこで今回は、英語コーチングになる方法や資格の必要性などについて紹介していきます。

この記事を最後まで読むことで英語コーチングの以下の3つについて理解できます。

  • 英会話講師の違い
  • 稼げる収入
  • 必要な資格

英語コーチングはどんな仕事??

英語コーチングはどんな仕事??

英語コーチングとは、生徒の英語力を高めるために個別指導するお仕事です。

マンツーマンの指導となっており、英語コーチは生徒にあった指導プランを作成していきます。

英語を教えることよりも、生徒の指導計画を立てたり、メンタル面でサポートを行ったりすることがコーチとしての大事な要素だと言われています。

生徒が求める目標達成までのプランを作成するのが仕事やから責任重大やで!!

副業おじさん

英語コーチングの副業をするメリット

そんな英語コーチングを副業とするメリットは多岐にありますが、今回は中でも3つ挙げていきます。

  • 高い収入が得られる
  • 好きな時間帯に仕事できる
  • 英語力の向上に繋がる

高い収入が得られる

1つ目は、英語コーチングは副業で高い収入が得られる点です。

生徒を2~3人で持つことができれば、月に20万円以上の収入を目指すことが可能です。

これはあくまでも英語コーチとして業務委託として契約した場合です。

もし自分自身で集客をしたり、独立してスクールを開講できたりすればさらなる収入を見込めます。

好きな時間帯に仕事できる

2つ目は、英語コーチングは自分のスケジュールに合わせて対応しやすいという点です。

英語コーチングを受ける人は社会人が多いこともあり、多くは平日の18時以降や週末にレッスンを入れたい方がほとんどです。

そのような方に対応する英語コーチは、本業以外の時間で働くのにピッタリです。

自分の本業の時間に影響を与えず英語コーチとしての副業をできるのです。

ワークバランスを維持し計測できるのがメリットの2つ目になります。

注意

生徒が自分の要望の日時で調整してくれるかはわからないため、そこは注意が必要です。

英語力の向上に繋がる

3つ目は、自分自身の英語力向上にも繋がるという点です。

生徒をもち、目標を決めてそれに向かって先導する英語コーチをすると自分の英語学習の方法との照らし合わせができます。

なので、改善点などを生徒から見つけることも可能です。

人に教えるということは、自分の理解力を深めることにも繋がります。

ある程度自分の英語に自信があるなら、副業として英語コーチを行い自分も楽しく学びながら教えられるのがコーチングの良い点であるといえるでしょう。

英語コーチングの副業をするデメリット

このように英語コーチングにはメリットがたくさんありましたが、デメリットもあるので2つお伝えします。

  • 競争性が激しい
  • 1案件に対する契約期間が長い

競争性が激しい

まず英語コーチングの副業をするデメリットの1つ目は、競争性が激しい職種の副業だということです。

英語力がある程度できる人にとても人気な職業ですし、最近では様々な英会話スクールがコーチング事業を始めるようになっています。

年々、増えていることから需要も高まりその分コーチとして求められるスキルが上がっています。

英語コーチとしてのスキルはなくても、英語教師として働いた経験などを募集要項に含める会社も少なくありません。

なので、初心者の方が始めるのに少しハードルが上がっているということは覚えておきましょう。

1案件に対する契約期間が長い

英語コーチングの副業をするデメリットの2つ目は、1案件に対する契約期間が長いという点です。

先ほど自分の生活に合わせた業務がしやすいとお伝えしましたが、その分一人の生徒と長く関係を気づいていく必要あります。

中には自分とあわない生徒さんがいるかもしれないですが、結果をだすためにコーチングを先導させなければいけません。

初心者の方にとっては、人をやる気にさせることなどコミュニケーションをとるということに少し難しさを感じてしまう方もいるかもしれません。

慣れてくるとうまくやっていけるので、最初のうちは先輩コーチの真似をしたりアドバイスをもらいながら進めたりしていくことが重要になります。

英語コーチングと英会話講師の違いは??

英語コーチングと英会話講師の違いは??

では英語コーチングと英語講師の違いとはどういったところにあるのでしょうか。

どちらも指導という面では同じですが、それぞれに特徴があるのでその違いを簡単に説明していきます。

英語コーチングとは、受講生が抱える課題の分析や弱点の改善など学習方法に対するアドバイスを行っていきます。

英語の問題を解決するというよりも、もっと根本的な指導方法について一緒に学んでいくという形です。

中には、学習時間をとるために日ごろの生活からアドバイスをするコーチの方もいらっしゃいます。

一方で英語講師とは、いわゆるティーチングがメインで一方的な指導が大半となっています。

英語に関する知識を共有し、英語の問題に対する回答を導き出す手助けをするイメージです。

英語コーチングと比べて、英語講師はそこまで生徒と深く関わることはないというのも特徴ですね。

この違いを理解したうえで、自分が英語コーチングにあっているかぜひ判断してみてくださいね。

英語コーチングを始めるのに必要な資格は??

英語コーチングを始めるのに必要な資格は??

そんな英語コーチングですが、始めるのに必要な資格がいるのでしょうか。

結論から申し上げますと、英語コーチングに必須の資格といったものが特にありません。

ただ英語コーチをする上で目安として持っておいた方が良いスコアは、最低800点以上といわれています。

この点数は、専門家レベルで高度なビジネス英語などが話せる程度の実力があるとみなされます。

もちろんそれぞれの会社が求める英語コーチのレベルによっても変動してきますので、あくまでも目安だと思っておいてください。

ただ、英語コーチになりたい方は、ぜひ専門家レベルの点数を一つの目標に掲げて頑張ってみましょう。

英語コーチングに必要なもの

英語コーチングに必要なもの

英語コーチングを副業にする場合、以下の4つが必要となってきます。

  • 経歴・実績
  • 英語力
  • 対人力
  • 業務スキル

経歴・実績

1つ目は経歴や実績です。

雇う側は、応募してきた人材がどんな経歴があり、どんな実績を持っているのか確実に見てきます。

そのため、TOEICで高得点を取っている人や英語に関する仕事をしてきたことがある人は採用されやすいでしょう。

英語力

2つ目は、もちろん英語力ですよね。

少し前にも英語の資格について少し触れましたが、ある程度の英語力がなければ、まずは英語コーチとして副業を開始することは難しいでしょう。

もちろん英語講師とは違って、英語コーチなので日々の学習計画をサポートする面では直接英語力が必要となる場面は少ないかもしれません。

ただ、親身な信頼される英語コーチとなるには、生徒からの質問にも即座に答えられるようにしておくと良いでしょう。

日々の英語学習から、将来自分の生徒を持った時にシェアしておきたいことなどメモっておくと引き出しが広がってよいかと思います。

ポイント自信がない人は翻訳などの副業からチャレンジしてみても良いでしょう。

対人力

3つ目は、対人力です。

英語コーチは、常に自分の担当生徒との対話を密にとっていくことが非常に重要になってきます。

生徒の質問に答え、課題を説明し、誤りを指摘することが求められるスキルになっています。

また生徒との関係を常にコミュニケーションをとって、コーチについてきてもらうように信頼関係を高めるためにも対人力は大切です。

関係を築き、効果的な指導を提供するために必要なものとなります。

業務スキル

4つ目は、業務スキルです。

学習計画表や進捗表を作成して、それらにそってコーチングの期間は指導を継続していきます。

その際に、パワーポイントやエクセルの基本的なスキルは必要となってくるでしょう。

生徒が管理しやすい資料作りができるというのも英語コーチの大事な業務内容となります。

自分自身が生徒を管理するという観点でも資料づくりはすばやく作成できる方が楽でしょう。

忘れがちなスキルですが、英語コーチとして働いてみたい人は頭にいれておいてくださいね。

英語コーチングになるには??

英語コーチングになる方法は主に以下の3つになります。

  • 就職する
  • 業務委託を受ける
  • 起業する

就職する

1つ目は、就職をして英語コーチ専門のスクールや会社で社員となり働く方法です。

英語コーチが新しい職種として今社会で受け入れられ始め、就職するという選択肢もこれから増えていくことでしょう。

中でも最近話題なのが、英語コーチング専門の会社である「PROGRIT」という会社が有名です。

もともとはベンチャー企業でしたが、何と今年上場をしました。

これからさらにコーチング業が注目される大きなニュースとなりました。

ぜひ英語コーチとして就職するという選択肢をいれてみてくださいね。

業務委託を受ける

2つ目は、業務委託を受ける方法です。

まだまだ英語コーチは新しい職種のため、会社の社員教育として単発でコーチの方を探していたりクラウドサービスで一般の方が探していたりしているケースがまだまだ多いです。

副業としても業務委託だと気軽に始めることができるので、本業と両立して働いてみたい方には、この働き方をおすすめします。

業務委託だとしても、単価が高いため週末で働くとすると月に5万円は目指すことができるでしょう。

1つの会社だけに所属する必要はないので、掛け持ちをしながら働くことも会社選びによっては可能になります。

副業として始めたい人に一番オススメの方法やで!!

副業おじさん

起業する

では、3つ目は起業をする方法です。

これは初心者の方には少しハードルが高いかもしれないですが、将来独立を考えている方にとっては英語コーチとして起業することが最短の方法です。

今はSNSで自分のアカウントを持ち、英語に関連する発信をする中でフォロワーを獲得し、そのフォロワーさんを自分の生徒として勧誘することも可能です。

SNSが得意な方は、この方法をとってみても良いかもしれないですね。

SNSが苦手な方も、まずは業務委託などで経験を積んだ後に独立をすれば経験があるということで生徒も集まりやすくなっていきます。

起業の良い点は、自分が働けば働くほど稼げるということが魅力ですよね。

ポイントオンライン上でスクールを作ってしまえば、維持費もかからないのでオススメです。

英語コーチングは副業としてもオススメ!!

先ほど英語コーチとして働く方法を3つお伝えしました。

お伝えした通り、英語コーチングは副業としても働くことは可能です。

業務委託や起業をする方法をとると自分の時間で動くことができ、スキマ時間で行うことができるので、オススメです。

また、教室を持たずにオンラインでも対応可能なので、登録できる会社やある程度コーチングに対する知識を深めればすぐにでも始めることができます。

さらに単価が高いので、副業としてもしっかりと稼ぐことができるでしょう。

英語コーチングはどれくらい稼げるの??

英語コーチングはどれくらい稼げるの??

では、実際英語コーチングとして働かれている方はどれぐらいの稼ぎがあるのでしょうか。

月収でいくと月に30万円~50万円の間で設定している会社が平均の相場となります。

もちろん副業でする場合は、自身のスケジュールによって変動は致します。

時給制で報酬を渡している会社もあれば、成果報酬制をとっている会社もあります。

ただ英語コーチは通常の英語講師よりも倍以上稼げると言われています。

また独立やコーチ業界の中で有名となれば、SNS媒体を通して情報発信をしたり執筆活動をしたりなどをしてさらに収入を増やすことは可能でしょう。

英語コーチングの求人が多いサイト

英語コーチとしてまずはどのような条件の仕事が掲載されているのか気になりますよね。

最後におすすめの英語コーチングの求人が多いサイトをご紹介したいと思います。

リクナビNEXT

1つ目に英語コーチとしてオススメしたい求人が多いサイトは、リクナビNEXTです。

カウンセリングというカテゴリーに語学学習コンサルとの求人がいくつか掲載されています。

会社の内容などが詳しく記載されており、閲覧しやすいのでおすすめです。

自分が気になった企業には、お気に入り登録の機能があるので後で見返せるのも特徴のひとつです。

また社会人になってからの転職を目指している人のための専用サイトとなっています。

英語コーチをこれから目指される方にはピッタリの求人サイトとなっているので、ぜひ活用してみてくださいね。

登録して待つだけ!!

リクルートエージェント

2つ目に英語コーチとして求人が多いことで知られているサイトは、リクルートエージェントです。

大手リクルートが経営する転職者に特化した求人サイトです。

キャリアアドバイザーがつくので、その方に履歴書や職務経歴書の添削をしてもらうことが可能です。

これまでの仕事から英語コーチの面接に通りやすい強みを引き出してもらうことをおすすめします。

自分ひとりで自分の強みを整理するよりも、壁打ち相手がいるとよりこれまでの経歴が整理されて、企業側も面接の際により深くあなたのことを知ることができるでしょう。

自分のことを相手にわかりやすく伝えるとういのは、簡単にそうに思えて思考の整理が必要なのでぜひこのサイトを使って他のライバルと差をつけていけると良いですね。

顧客満足度No.1

クラウドワークス

クラウドワークスは、日本最大級のクラウドソーシングサービスで、ユーザー数はなんと400万人越えです。

このクラウドワークスでは、数多くの仕事が募集されており、英語コーチングの案件も時給制で募集されています。

副業OKの案件が多いので、副業で英語コーチングを始めたい人にオススメです。

また、自分が起業をして、人手が足りない時に気軽に募集する事もできます。

業界取引数No.1

コメントを残す