【今ならたった1万円でPR記事作成します】

VoicePococha(ボイスポコチャ)は稼げる??還元率や配信方法を解説!!

VoicePococha(ボイスポコチャ)は稼げる??還元率や配信方法を解説!!

Pocochaから新たに顔出しなしで配信できるサービス「VoicePococha」が誕生しました。

このサービスの誕生により、顔出しなしなら自分も配信してみたいと思った方も少なくないと思います。

しかし、どのように配信をするのか、どれくらい稼げるのか気になりますよね。

そこで、今回は、VoicePocochaの特徴や還元率、配信方法などをどこよりも詳しく紹介していきたいと思います。

この記事を最後まで読むことで以下の3つについて理解することができます。

  • VoicePocochaの特徴
  • VoicePocochaの始め方
  • VoicePocochaの還元率

VoicePocochaとは??

VoicePocochaとは、DeNAが運営するラジオ配信アプリです。

2022年1月にリリースされて、まだ提供が始まったばかりのサービスですが、ライブ配信アプリPocochaの知名度もあることから、注目が集まっています。

ホームページでは、「見た目、年齢、性別なんて気にしなくていい。必要なのは声とスマホだけ。」というコンセプトが掲げられています。

ラジオ配信なので、声だけで配信を行いファンを増やす活動となり、副業として行いたい人や興味があるけど身バレが怖い人に、ピッタリのサービスです。

リリースされてから、まだ日も浅いのでライバーリスナー共にまだ登録数は少ないですが、Pocochaの例もあるので、人気になる日はそう遠くないでしょう。

業界では、ボイポコという省略名で呼ばれています。

Voice Pococha ~ボイポコ~ 声のライブ配信

Voice Pococha ~ボイポコ~ 声のライブ配信
開発元:DeNA Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

Pocochaとの違いについて

VoicePocochaPocochaは同じ系列で、双方とも(株)DeNAが提供をしているアプリです。

まず、Pocochaはライブ配信をメインとしていて、顔出しをしている配信者が一定数います。

もちろん顔出しをせず、配信をしているライバーもいますが、人気が出ているのは顔出しをしながらライブ配信をしている人が多いです。

VoicePocochaは、ラジオ配信をメインとしていて、ほとんどの人が顔出しをしていません。

配信方法は、声のみの配信となるため、Pocochaのようにカメラ機能を有効化させながら配信をすることはできません。

そのため、顔出しをせずともアプリで人気ライバーになることができ、声を聴きたいユーザーが集まってくるため、需要供給が成り立っています。

つまり、VoicePocochaとPocochaは、違うアプリであり、Pocochaは顔出し配信をメインで、VoicePocochaは音声配信のみとなります。

今のところ、2つのアプリの連携できる機能は限られていますが、これから便利な機能が付かされる可能性が高いでしょう。

VoicePocochaの特徴

VoicePocochaの特徴を3つご紹介します。

アプリの古参ライバーになれる

VoicePocochaは、リリースされたばかりのライブ配信アプリのため、今からインストールし、ライバーとして活動できたら、間違いなく古参メンバーになります。

VoicePocochaは、今のところまだユーザー数が少なく、大きく盛り上がっているわけではありません。

しかし、同じ運営会社のPocochaは、現在知名度も高く、ライブ配信で十分に稼ぐことができる基盤が出来上がっています。

そのため、同じ系列のVoicePocochaは、他のラジオ配信アプリもよりも優位で、良いイメージからスタートさせることができています。

Pococha の影響から、VoicePocochaが有名になる日はそう遠くはないでしょう。

先に、VoicePocochaでライバーとして活動できていれば、長い間配信をしているメンバーになることができ、リスナーに顔を覚えてもらえるチャンスも増えます。

身バレしにくい

VoicePocochaは、顔出しをしないラジオ配信をメインの活動内容としています。

そのため、ホームページでは、「見た目、年齢、性別なんて気にしなくていい。必要なのは声とスマホだけ。」というテーマとがあげられています。

声だけで勝負ができる環境であることから、顔を出さなくても十分に稼げるようになるでしょう。

配信に興味があっても、顔を出していて個人が特定されるような配信の仕方だと、失敗してしまった時や、何かがあったときに不安になるので、思い切った行動ができない場合もあるでしょう。

VoicePocochaのようなラジオ配信アプリであれば、声だけで配信していることが当たり前の環境で、ほとんどの人が顔を出していません。

リスナーもそれをわかっていて、声の配信のみで楽しめるコンテンツを探して聞きに来てくれます。

ライバーとして、身バレする可能性が低ければ、普段会社員として働いている人も副業として配信を始められますし、家族や友達にもバレないようにいくらでも工夫ができます。

Pocochaとの連携ができる

VoicePocochaでは、Pocochaとの連携が可能です。

2022年2月現在では、下記の内容のみが連携できます。

  • 名前
  • サムネイル

アカウントを同じもので配信が出来るため、VoicePococha・Pocochaどちらで配信をしていても、わかるリスナーには認知してもらうことができます。

同じアカウントや名前、サムネイルで配信をしておくことで、なんとなく「このライバーみたことあるな、覗いてみよう」など些細なきっかけでリスナーに覚えてもらえるでしょう。

ただし、連携できる機能は今のところ、アカウントの名前とサムネイル情報だけなので、これから連携を使って、アプリが便利になることを期待したいです。

VoicePocochaを始める上での注意点

VoicePocochaを始める上での注意点を3つご紹介します。

プロフィール等登録画像の規制がある

VoicePocochaは、声だけのライジオ配信がメインとなっているため、プロフィールに使う画像やそのほかの公表できる画像の規定が厳しいです。

下記のような画像を公表した場合、注意喚起が入り改善されないとアカウント締結もあり得るので注意しましょう。

  • 鎖骨より下の上半身の肌が見えるもの
  • 服を着てないように見せた画像
  • 水着
  • 露出が多い
  • 他人に許可を得てない画像や写真の利用
  • 営利行為となる画像
  • 個人情報の記載

ラジオ配信だからという意味合いのものだけではなく、他のアプリにも共通するものも入っています。

注目を集めようと思い、炎上を狙った過激派として、画像を公開することは絶対に辞めましょう。

また、わざとではなくても、知らないうちに違反していることがないように注意しましょう。

パソコンやAndroidユーザーは利用できない

VoicePocochaは、2022年1月にリリースされた新しいアプリですが、iPhone利用者しかアプリのインストールができません。

日本には、スマホをiPhoneにしている人が多いですが、もちろんそれ以外のAndroidユーザーや、スマホを基本的に利用せずPCを使っている人もいるでしょう。

しかし、リリースされた直後の今現在では、iPhone利用者がAppleストアからしかアプリをインストールできないため、それ以外のユーザーは利用できません。

新しくリリースはしていますが、一部の人が使えないという現状を見ると本格的にサービスの利用が開始されているとは言えないでしょう。

iPhoneユーザー以外の人は、VoicePocochaが利用できないため注意してください。

VoicePocochaの稼げる仕組みについて

VoicePocochaは、ダイヤを稼ぐことによって、収益化することができます。

ダイヤを稼ぐためにはリスナーからの投げ銭であるギフトをもらい、ランクを上げていくことが重要になります。

ギフトの内容は、Pocochaと同じようなものですがまだ種類が少ないです。

VoicePocochaだけではなく、リリースされたばかりのアプリは、機能が完全でない場合が多く、少しずつ機能が追加されていきます。

全ての機能が使えるようになったり、種類が豊富になって便利になるまでには少し時間が掛かります。

また、Pocochaと同じようにギフトによって注目度がアップすることで、ライバーランクや人気度も上がるため、そこから有名ライバーを目指せます。

ライバーランクが上がることによって、さらに収益化が上がることになるため、現在の仕組みはPocochaとほぼ同じでしょう。

VoicePocochaの還元率

VoicePocochaは、Pocochaと同じく1ダイヤ=1円で換金することができます。

そのため、還元率は100%ということになるので、10万円稼ごうと思ったら、10万ダイヤが必要です。

ダイヤの稼ぎ方は、ギフトからだけではなく、時間ダイヤや盛り上がダイヤというように、努力をしたライバーが評価される仕組みになっています。

VoicePocochaはどれくらい稼げるの??

VoicePocochaでは、現段階ではまだアプリがリリースされてから、約2か月しか経っていないため、稼げているライバーの情報はありません。

既にVoicePocochaで配信活動を行っているライバーのなかで、換金を行っている人は少ないのではないでしょうか。

また、換金をする際は、まとまった額がないとできないため、まだ浸透していない今の段階でどれくらい稼げるか、例を出すのは難しいです。

しかし、Pocochaの例があるため期待はできるアプリで、VoicePocochaには目を付けていて間違いないでしょう。

そのため、近い将来Pocochaのように、VoicePocochaの配信でたくさんの額を稼げるライバーが出てくることが予想できます。

VoicePocochaでの配信方法

VoicePocochaの配信方法をご紹介します。

STEP.1
VoicePocochaをiPhoneからAppleストアにアクセスしインストールします。

iPhoneユーザー以外はインストールできないので注意しましょう。

Voice Pococha ~ボイポコ~ 声のライブ配信

Voice Pococha ~ボイポコ~ 声のライブ配信
開発元:DeNA Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ
STEP.2
アプリをインストールすると、このような画面になるためまずは、1~4の規約やガイドラインを読みましょう。

年々ライブ配信業界では規定が厳しくなっているため、知らないうちにルールを破っていたということにならないようにしなければなりません。

読み終わったら、「上記のVoicePocochaの項目にすべて同意する」に【チェック】を入れ、【はじめる】をタップします。


STEP.3
ポコチャのアカウント登録画面になります。下記の登録方法があります。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Googl
  • Appleでサインイン

今回は【Twitter】でログインします。


STEP.4
Twitterアカウントへのアクセス許可を行います。情報を入力し【連携アプリを認証】に進みましょう。


STEP.5
最終のTwitterへのアクセス許可です。

【アクセス許可】をタップします。


STEP.6
ニックネームとプロフィール画像を登録できます。

後から変更することも可能です。

入力後【登録する】をタップします。


STEP.7
アカウントの登録は以上で完了しています。

配信を行いたいときは、下の帯真ん中【◎】をタップします。


STEP.8
VoicePocochaへのマイクへのアクセス許可を【OK】をタップして承認します。


STEP.9
配信のタイトル、希望であれば背景の画像も登録し【配信スタート】ですぐに始まります。


VoicePocochaとHakunaを比較してみた

VoicePocochaと同じく、ラジオ配信がメインのアプリであるHakunaと比較を行いました。

Hakunaと比較
VoicePococha Hakuna(ハクナ)
運営会社 (株)DeNA  (株)MOVEFAST Company
リリース 2022年1月 2019年7月
配信方法 ラジオ配信のみ ライブ配信orラジオ配信

Hakuna(ハクナ)は、韓国発祥で2019年から日本でリリースを始めたアプリです。

サービスの内容は、顔出しを行うライブ配信と、声だけのラジオ配信どちらも利用ができますが、ラジオ配信を行っている人が多く、需要があります。

一方、VoicePocochaは日本の会社が最近リリースしたアプリです。

リリースされてから日が浅く、Pocochaアプリが有名なため認知はされていますが、Pocochaで事足りると、インストールをしない人も一定数います。

そのため、今の段階で音声のみの配信を行うのであれば、Hakunaがオススメです。

これから、VoicePocochaも人気になる可能性はもちろんあるため、Pocochaとの連携や他の機能が活性化し、魅力あるサービスになった段階で利用しても問題はないでしょう。

もちろん、VoicePocochaも良いサービスですが、今始めるとなるとHakunaの方が有利に事を運べます。

ぜひ、自分にあうアプリを選んで、配信を始めてみてください。

 

HAKUNA(ハクナ) - ゆるコミュライブ配信アプリ

HAKUNA(ハクナ) – ゆるコミュライブ配信アプリ
開発元:MOVEFAST Company, K.K.
無料
posted withアプリーチ

コメントを残す