【今ならたった1万円でPR記事作成します】

Acala Token(ACA)は購入するべき!?買い方や将来性について解説!!

Acala Token(ACA)は購入するべき!?買い方や将来性について解説!!

プー太郎

Acala Tokenってどうなんですか??
ポルカドットの第1回パラチェーンオークションで最初に落札したAcalaのプロジェクト内で利用できる今期待されている通貨なんやで!!

副業おじさん

今回は、このAcala Token(ACA)がどういった通貨なのか、どのようにして買えるのかなどについて紹介していきます。

この記事を最後まで読むことで以下の3つについて理解することができます。

  • Acala Token(ACA)の将来性
  • Acala Token(ACA)の特徴
  • Acala Token(ACA)の購入方法

Acala Tokenってどんな通貨なの??

Acalaポルカドットのネットワークに繋いで、Defiの提供を目的としたプロジェクトです。

Acala TokenはAcalaのプロジェクト上で発行される仮想通貨で、取引手数料などに使われます。

ポルカドットとはイーサリアムやビットコインなど、様々なブロックチェーンを繋いで、web3.0の実現を目指すプロジェクトです。

Defiは分散型金融ともいわれ、管理者がいない金融プラットフォームを指します。

Acala Tokenについて
名称:Acala Token
通貨名:ACA
価格:¥ 192 (2022年4月時点)
時価総額:¥ 14,705,617,216 (2022年4月時点)
時価総額ランキング:367位(2022年4月時点)

Acala Tokenの魅力

DEX

Acalaはポルカドット上でDEXを提供します。

DEXとは分散型取引所のことで、Defi機能がございます。

管理者が存在せず、ユーザー同士で仮想通貨の取引を行えるようになるので、コストを削減します。

またDefi機能により、イーサリアムのブロックチェーン上でビットコインを活用したりなど異なる仮想通貨同士での取引を実現します。

ポルカドットは様々なブロックチェーンを繋げるという良さがありますが、Defi機能がついていません。

DEXを提供することで、ポルカドット上でもDefi機能を利用できるようになります。

Acalaがポルカドットに繋がることで、よりweb3.0世界の実現に近づくことでしょう。

ステーキング報酬

AcalaはL-DOTというトークンのステーキング報酬を得ることができます。

ステーキング報酬とはお金を貸して利子を得るようなものだと捉えて下さい。

Acalaにポルカドットの仮想通貨DOTを預けることで、L-DOTを受け取れます。

ポルカドット内にDOTを預けてステーキング報酬を得ようとすると28日間移動することができなくなります。

Acalaはそれを解決するためにL-DOTをステーキング報酬で受け取れるようにしました。

L-DOTにはDeFi機能がついているので、制限なく利用することができます。

ポルカドットでステーキングするとロックされるので、AcalaにDOTをステーキングする方をおすすめします。

ステーブルコインaUSD

AcalaはステーブルコインaUSDを提供しています。

ステーブルコインとは簡単に言うと価格の変動リスクを抑えた安定を目指す仮想通貨のことです。

ステーブルコインaUSDはドルに連動しているので、Defiでドルの代わりとして活用できます。

aUSDを担保にすることで、ポルカドットに接続されているビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨の利用を実現します。

通常のステーブルコインであれば、特定のブロックチェーン上でしか利用できないものが多いですが、aUSDはその心配はありません。

ポルカドットに接続されるブロックチェーンの種類が増えていくに伴って、aUSDの活用の幅も増えていくでしょう。

高度なセキュリティ

Acalaはパラチェーンであることから、ポルカドットのネットワークと繋がっています。

パラチェーンとはポルカドットと繋がっているブロックチェーンのことです。

パラチェーンであることから、Acalaはポルカドットの高度なセキュリティ機能を共有することができます。

ポルカドットはweb3.0の実現の為、多くのブロックチェーンと連携することを目指しているので、セキュリティが高く設計されています。

通常であればセキュリティ面も最初から構築しないといけないのですが、Acalaはその必要がありません。

Acalaはポルカドットのセキュリティの恩恵を受けていることから、安全性がございます。

パラチェーンオークション

Acalaはポルカドットの第1回パラチェーンオークションで最初に落札しました。

パラチェーンオークションとはポルカドットに繋がれるブロックチェーンを決めることです。

パラチェーン枠は100枠あり、DOTを多く保有しているブロックチェーンが落札できます。

第1回ではAcala以外にMoonbeamAstarParallel FinanceCloverがパラチェーン枠を獲得しました。

合計2700億円のDOTを集め、Acalaはそのうち1460億円を保有していました。

Acalaは第1回オークションで一番最初に落札したパラチェーンとして、注目が集まっています。

Acala Tokenに今後上昇する要因とは??

Acala Tokenはポルカドットがこれから普及していくことにより、上昇していくでしょう。

すでにAcalaのパラチェーン枠はオークションで獲得済みです。

ポルカドットは様々なブロックチェーンを繋いでweb3.0の実現を目指していることから期待されています。

現在ポルカドットDOTの時価総額ランキングは12位で、一時期4位になるまで上昇していました。

Acala Tokenはまだ発行されて間もない通貨なので、高騰の余地が大きくあります。

ポルカドットのパラチェーン枠も獲得したので、今後ポルカドットが普及していくことが上昇の要因となるでしょう。

Acala Tokenを購入するリスク

パラチェーン枠から外れる

Acala Tokenを購入するリスクの1つ目はポルカドットのパラチェーン枠から外れることです。

オークションで落札したパラチェーン枠は96週間だけ利用することができます。

Acalaはパラチェーンとして、ポルカドットのネットワークに繋いでDefiサービスを提供することが目的です。

Defi機能を提供する重要な役割を担っていることから、今後の価値上昇が期待されています。

しかしポルカドットにユーザーが満足するDefiサービスを提供できなければ、パラチェーンの枠から外れてしまう可能性があります。

パラチェーンから外れてしまうとなれば、それに伴い価値もさがってしまうでしょう。

ポルカドットに依存

Acala Tokenを購入するリスクの2つ目はポルカドットに依存していることです。

ポルカドットはAcala含め、様々なブロックチェーンを繋げてweb3.0の実現を目指していることから今後の需要が見込まれています。

もしポルカドットよりも利便性の高いweb3.0を実現するブロックチェーンが開発されてしまったり、ポルカドットが消滅したりするとどうなるでしょうか。

当然、ポルカドットの需要も無くなってしまうでしょう。

ポルカドットの需要が無くなれば、ポルカドットに依存しているAcala Tokenも暴落することになりかねません。

Acala Tokenの将来性について

AcalaはポルカドットにDefiサービスを提供するだけでなく、多くの有名企業と提携を結んでいます。

提携企業は30社以上に及びます。

例で言うとアメリカのフィンテック企業Currentがございます。

Currentはアプリ・カードなどの金融システム事業を展開している会社です。

提携を組んで、Currentの金融事業とAcalaのDefi機能を組み合わせたHyFiという新たなサービスの構築を目指します。

他にもアメリカの大手取引所コインベースの投資部門がAcalaに出資しました。

多くの企業がAcalaと提携を結んだり、出資を行ったりして支援していることから将来性が見込めます。

Acala Tokenの開発会社ってどんな会社??

Acala Tokenの開発会社は少数精鋭で優秀な人材で組まれています。

次の4人によって共同開発され、2019年からプロジェクトをスタートしました。

  • Ruitao Su
  • Bryan Chen
  • 0xThreeBody
  • Bette Chen

開発者とは別でAshley Tysonがアドバイザーについています。

Ashley Tysonはweb3.0財団の創設者でもあり、パラチェーン枠のオークション落札に大きく貢献しました。

公式HPで時期ごとのロードマップがのせられているので、出資者はこれを定期的に見て、Acalaの今後の動向を確認するようにしましょう。

Acala Tokenに投資すべきか

Acala TokenはポルカドットにDefiサービスを提供する仮想通貨として、将来の値上がりに期待できます。

それに数多くの有名企業と提携を組んでおり、多額の出資も受けているので信頼性があります。

時価総額もまだまだ低い草コインになるので、高騰した時のリターンは大きいです。

しかし、先程もお伝えした通り、もしAcalaがパラチェーン枠から外されたり、ポルカドットの需要が下がってしまったりすることになれば、価格は下落してしまいます。

Acalaが目的通り、問題なくポルカドットにDefiサービスを提供できると見込んでいる方は投資をするべきでしょう。

Acala Tokenはどこで買えるの??

Acala Tokenは、国内の取引所には上場していません。

そのため、購入する場合、海外の取引所に登録しておく必要があります。

中でも世界取引実績No.1のバイナンスに登録するのをオススメします。

バイナンスの他の特徴は以下の通りです。

バイナンスの特徴

  • 世界取引実績No.1
  • 対応通貨数400以上
  • 日本語対応
  • 手数料が安い

まだ、バイナンスに登録していない人は、Acala Token以外の期待値が高い草コインが数多く上場しているので、今のうちに登録しておきましょう。

世界No.1の仮想通貨取引所

Acala Tokenの買い方

ここでは、バイナンスでのAcala Tokenの買い方を紹介します。

バイナンスでAcala Tokenを購入するには、以下の通貨のいずれかが必要になってきますので、事前準備しておきましょう。

  • USDT
  • BUSD
  • BTC

まだバイナンスを登録されていない方は、以下の記事を参考にして、登録を済ませておいてください。

 

STEP.1
バイナンスを開いて、ホームの「検索」をタップします。

STEP.2

次に自分の購入したい通貨ペアを選択します。

ここでは、例として「ACA/USDT」をタップします。


STEP.3

次に右下の「買い」をタップします。


STEP.4
金額(ACA)」に購入したいACAの数量を入力します。

すると「合計(USDT)」が自動的に入力されるので、金額に問題なければ、「ACA購入」をタップします。


コメントを残す