広告掲載のご相談はこちらから

Uber Eats(ウーバーイーツ)原付配達で東京都で稼ぐコツをピックアップ!!

豊富なメニューから好きな料理を選んで、簡単にデリバリーを注文できる事から人気を誇る「Uber Eats」。

対応エリアも徐々に広がってきており、今後のサービス拡大が期待される注目の企業です。

そんなUber Eatsで注目されているのは、配達員を行う人々はUber Eats専属の社員ではなく一般人という点。

Uber Eatsの配達員は業務委託と呼ばれる、従来のアルバイトとは異なる働き方を採用しております。

そのため直属の上司は存在せず、「出勤自由」「服装自由」「休憩時間も自由」と縛りが少なくストレスフリーで働ける点が特徴です。

これまでの働き方とは大きくかけ離れた業務形態が人気を誇り、副業としても人気を集めています。

そんなUber Eats配達員で一番規模の多いエリアが、日本の首都「東京都」を含めた関東エリア。

当記事では関東エリアで原動付き自転車を利用し、関東エリアで稼ぐコツについて紹介して行きます。

是非Uber Eats配達員としての稼働を検討している方は、参考として役立ててみてください。

  • UberEats配達パートナーを始めたい
  • 東京でUberEatsをしてる
  • UberEatsの稼げるコツを知りたい

この記事はこのような方にオススメの内容となっています。

東京都のUber Eats配達で稼ぐコツ

世界でも類を見ない、人口が集中する巨大都市である東京都。

地方都市に比べて、配達量・配達員の数も最大規模を誇るエリアとなっております。

需要の規模が大きい分、ライバルとなる配達員の数も最大規模となり日によっての立ち回りが収入へ大きく影響いたします。

そのため効率よく稼ぐには、複雑な要素が多数絡んでくるのが関東エリアの特徴です。

そこで関東エリアで稼ぐためのコツを、4点ほどピックアップ。

Uber Eats配達員検討中の方や、現役配達員の方は是非参考にしてみて下さい。

タワーマンションを避ける

富裕層の注文が多いUber Eatsでは、タワーマンションへの配達が頻繁に行われます。

更に関東エリアは、日本で最もタワーマンションの数が多いエリアなのでUber Eats配達では頻繁に足を踏み入れる機会が訪れます。

ですがUber Eats配達員には、タワーマンションへの配達が難題。

理由としては、配達員用の入り口が非常に分かり辛い物件が多い事が挙げられます。

1F~2Fはテナントが入ってる事も多く、タワーマンションの敷地内は巨大なため住居用の入り口が非常に分かり辛いのがネック。

更に住居用の入り口と、業者用の入り口が分かれている事も多く非常に迷いやすいのが難題です。

また業者用の入り口は「防災センター」と呼ばれる、敷地内への侵入許可書を発行する手続きを踏まなければなりません。

更にオートロック解除後も数十階に及ぶエレベーターの往復や、長い廊下を歩く手間など。

タワーマンションへの配達は、一件だけでも非常に時間が掛かってしまうのが特徴です。

それにも関わらず、残念ながら報酬額は通常の一軒家と変化がありません。

理由としてはUber Eats配達員の報酬額は

基本料金 × ブースト + 特別キャンペーン-サービス手数料 10%

となっており、レストランから配達先までの距離が延びる程報酬額が上がります。

そのため報酬額を意図的に上げるには

  • 配達を高サイクルで回す
  • 長距離配達

の2点を抑える必要があるため、タワーマンションへの配達は結果的に稼げません。

そのためタワーマンションへの配達が少ない地域での配達が、効率よく稼ぐためのポイントです。

「染み」×「ブースト」エリアを駆使せよ!

Uber Eats配達員では、「ブースト」「ヒートマップエリア」と呼ばれる突如出現するキャンペーンが存在します。

ブーストエリアは、指定された範囲で配達を行うと報酬のシステムにより掛け算されるシステム。

特に需要が多い時間帯や悪天候時に出現し、事前に告知されるのが特徴です。

「染み」とは2019年12月から導入された特別キャンペーンとして、ヒートマップエリアのことを指します(通称:染み)。



指定での配達を行うと、報酬額に表示された金額が上乗せされます。

特に需要の多いエリアでのピークタイムに多発するシステムで、形状は日によって刻々と変化します。

またブーストエリアと違い告知が一切無いので、確実に出現するとは限りません。

その為事前の予測が、難しい追加ボーナスシステムとなっております。

以上2つが被るエリアでの配達は、ボーナス報酬が2つ同時に上乗せされます。

Uber Eats配達で効率良く稼ぐには、以上のポイント2つを意識して配達を行いましょう。

バイクの場合、寒波到来時はライバルが激減

雨の日には配達員が激減し、注文者の需要が高まるため稼げると知られていますが「寒波到来」時も狙い目です。

特に原付配達では体感温度が極端に下がるため、ライバルとなる配達員も減少傾向に。

寒波の寒さに耐えれる装備を整える事が必要条件になりますが、条件をクリアすると仕事を総取り出来るので結果的に稼げます。

効率的に稼ぎたい場合は、雨天×寒波到来などの悪天候を積極的に狙っていくようにしましょう。

大手チェーン店の集まるエリアを張る

Uber Eats配達員として効率よく稼ぐには「無駄な待機時間を減らす」点もポイントです。

理由としては稼働時間に仕事依頼が来なければ、いつまで経っても直接報酬へつながらない点が挙げられます。

そこで活用したいのが「大手チェーン店の集まる駅などで待機する」という方法。

Uber Eatsの注文では、個人店に比べて大手チェーン店の送料は安く設定されている傾向にあります。

そのため注文料が多く、回転率が高いのが特徴です。

更にレストランのピックアップは、より近くで待機しているUber Eats配達員へ優先的に回ります。

そのような大手チェーン店が立ち並ぶ駅付近は、まさにデリバリースポット。

仕事の依頼が渋い時には、是非一度試して欲しいテクニックです。

こちらをクリック

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

東京都では長距離配達の報酬引き下げを実施

2019年12月より、東京都を含む関東エリアではUber Eats配達員パートナーの料金体系が変更に。

1km辺りの料金が150円から60円と、大幅な減額が適応されました。

そのため長距離配達を連続して効率よく稼ぐ、バイクを利用した配達員へ多大な影響が出ております。

料金改正が行われた影響で、今後いかに効率よく稼ぐためのコツについて順に紹介していきましょう。

効率よく稼ぐには、クエストの達成回数が鍵

現状でUber Eats配達員として効率よく稼ぐには、クエストと呼ばれるインセンティブをいかにクリアするかが鍵となっております。

クエスト(インセンティブ)とは、指定された配達回数の達成ごとにプロモーション報酬がプラスされるボーナス。

2019年12月の報酬改正により、クエスト報酬金額が上昇しました。

そのためUber Eats配達員として効率よく稼ぐには距離の短い配達を、複数行うのがポイントとなっています。

また注意点としては、達成ごとに表示された金額が追加されるわけではありません。

あくまで表示された金額は「通過点」なので、最後の達成額がプロモーション報酬として付加されます。

勘違いしやすいポイントなので注意しましょう。

現状では自転車配達で開始がおすすめ

2019年12月からの報酬改正により、現状では距離の短い配達を複数行う事に特化した自転車配達がおすすめです。

理由としては、バイクを利用した配達に比べて短い距離での配達が多いため。

指定された回数をこなすと報酬が発生する「クエスト」を、効率よく達成する事が可能です。

特におすすめなのは、ロードバイク等の負荷の少ない自転車の利用での配達です。

東京都内は山の手方面へ向かうほど、高低差が激しく坂道の多い地形での配達を余儀なくさせられます。

そのためママチャリのような普通の自転車だと体力が消耗し、稼げるほどの稼働が行えないためです。

バイクと違い燃料代も掛からずに、簡単なメンテナンスで末長く利用ができるロードバイク。

Uber Eats配達員として稼働するのであれば、初期投資として是非候補に入れてみてはどうでしょうか。

自転車配達とバイク配達は併用できないので注意

意外と知られていませんが、Uber Eats配達員用のアプリでは1つのアカウントで自転車とバイクの併用は不可能です。

そのため車両を変更するためには、Uber Eatsのサポートセンターへ足を運ぶ必要があります。

特にバイク用アカウントに関わらず、登録と違う車両での配達を行った場合はアカウントの停止処分となります。

一度Uber Eats配達員アプリでアカウント停止処分を受けると、特別な理由がなければ2度と配達を行えません。

そうなってしまうとUber Eats配達員として稼ぐどころではなくなってしまうので、利用規約を守りルールを守って配達を行いましょう。

事故に注意して、安全にUber Eats配達員で稼ごう

Uber Eats配達員は公道で仕事を行う以上、切り離せないのが「事故によるリスク」です。

近年Uber Eats配達員の運転マナーも問題視されており、警視庁から呼びかけが公式アプリ内で行われている程。

一人一人が秩序を守った働き方を行わなければ、最悪Uber Eatsのサービス停止にも繋がりかねません。

末長く自由な働き方を続けるためにも、Uber Eats配達員として稼働する以上最低限の交通マナーを守ってデリバリーを行うよう意識しましょう。

Uber Eats配達員の登録方法

従来のアルバイトとは異なる、自由な働き方が魅力のUber Eats配達員。

そんなUber Eats配達員として働くためには面接も不要、2ステップで簡単に始める事ができます。

そんなUber Eats配達員として、稼働するまでの方法について解説していきます。

公式HPで登録

まずはUber Eatsの公式HPにて、アカウントを作成。

この時点で配達を行う車両登録や、本人確認書類の提出などを行います。

WEB上で完結するので、Uber Eatsの登録自体は10分も掛からず行う事が可能です。

こちらをクリック

UberEatsの配達パートナーの登録方法やパートナーセンターでの流れについて

Uber Eatsパートナーセンターへ

公式HPにて登録が終わったら住まいの近所である、Uber Eatsパートナーセンターへ実際に足を運びましょう。

ちなみに東京は、大門と新宿、秋葉原にパートナーセンターがあります。

パートナーセンターでは、Uber Eats配達を行う上での簡単な講習を受けます。

講習と言っても、セミナーのような難しいものではありません。

講習時には「配達員パートナーガイド」が配布されるので、分からない事があれば何度でも見直す事ができます。

更にUber Eats専用のカバンを受け取ります、カバン自体は無料で受け取る事ができますがデジポットと呼ばれるシステムが採用されております。

カバン自体は8000円、最初は半額である4000円を1週間×4回に分けてUber Eatsの報酬額から引かれる形に。

残りの4000円はUber Eats配達を辞める時に、サポートセンターへ訪れると返却されるシステムとなっております。

ただし紛失・盗難時にはデジポットが返却される事がないので注意が必要です。

そのためUber Eatsサポートセンターへ訪れてかかる費用は、一切ありません。

面接も不要で、講習の終了後から直ぐに配達員として稼働する事が可能です。

ゲーム感覚で仕事ができるUber Eatsを活用し、Uber Eats配達員として副収入を獲得し自由に使えるお小遣いをゲットしましょう!

【副業体験談】UberEats配達パートナーに収入や稼ぐコツについて聞いてみたUberEatsの配達パートナーはどれくらい稼げる??効率良く稼ぐコツについて

こちらをクリック

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です