【広告掲載のご相談はこちらまで】

スキルシェアを副業にする際に必要なスキルやオススメサービス5選!!

本業で身につけたスキルを副業として活かしたいけど、そもそもどうやって活かせばいいかわからないと思っている方多いのではないでしょうか。

そんな方にオススメな副業が空いた時間に自分のスキルをお金に変えることができる「スキルシェア」という副業になります。

今回は、実際に副業としてスキルシェアを行なっている私がスキルシェアを副業で始めるメリットやスキルシェアの副業をする上で欠かせないサービスなどを紹介していきたいと思います。

この記事を最後まで読むこと以下の3つについてわかるようになります。

  • スキルシェアについて
  • オススメのスキルシェアサービス
  • スキルシェアを副業にするメリット

スキルシェアって何??

スキルシェアって何??

スキルシェアとは、個人のスキルをビジネスに活かし収入を得ることをいいます。

スキルシェアは、副業解禁とシェアリングエコノミーの要素が合わさっています。

副業解禁については、現在数々の大企業が副業を解禁し初めたことにより、Wワークができる会社員が増えました。

また、現代の社会ではシェアリングエコノミーという言葉が多く使われるようになり、シェアスペースや、カーシェアなど顔も知らない人とも気軽に共有ができるようになっています。

副業とシェア2つの要素が交わり、社会でスキルシェアは注目が集まっています。

個人としても自分のスキルを活かして働くことができるため、会社員として働き稼ぐこととは違った経験をすることができます。

スキルシェアを副業にするメリットとは??

スキルシェアを副業にするメリットを3つご紹介します。

新しい収入源が増える

スキルシェアを副業にすることで、新しい収入源を増やすことができます。

会社員として本業1本の収入で生活していくのも良いですが、時間と気持ちに余裕のある人は複数の収入源を持っておくほうがもしもの時に役立ちます。

また、今の給料に数万円でも収入が増えれば生活の中で余裕を持って判断できることが増えます。

副業で稼いだ分は、将来のために貯金したり、自分へのご褒美として好きなものを買うことも良いでしょう。

他にも、本業の会社が倒産したり、リストラにあってしまう可能性も0ではありません。

何か起きてしまった時のために、収入源を複数持っておくとリスクの分散ができます。

自分の力で稼ぐ力が身につく

スキルシェアの副業を行うことで、自分で稼ぐ力をつけることができます。

会社員は固定給のものが多く、自分の働きが給料に反映している実感がどうしても薄れてしまいます。

スキルシェアの副業であれば、給料は基本成果報酬型や出来高制です。

そのため、自分が努力するほど収入を増やすことができ良い意味で刺激をもらえるでしょう。

頑張りが給料に反映するとなると、どの部分のスキルを伸ばせばもっと稼ぐことができるのかなど自発的に考える力も身に付くため、自身のスキルアップにはスキルシェアの副業は最適です。

また、本業であれば生活が懸かっているため、経験のないビジネスに新しく挑戦することはリスクが大きすぎます。

副業であれば本業で安定して給料を稼いでいるため、少しチャレンジングな内容でも生活を安定させたまま活動することができます。

隙間時間を有効活用できる

スキルシェアを副業にすれば、本業の勤務時間以外を有効活用できます。

本業が忙しいと、休みの日は寝て過ごすだけという人も多いですが、寝て過ごすだけの休みに満足している人はいないですよね。

趣味がある人であれば、休みの日も楽しく過ごせるかもしれませんが、好きなことや没頭できることがないと休みの日を活発に過ごせません。

そこで、休みの日や仕事終わりに活動することに、スキルシェアの副業をオススメします。

副業としてスキルスシェアを行えば、隙間時間をお金稼ぎのことに使えますし、単発でできる仕事も多くあります。

本業以外にも副業で隙あれば働く習慣を身に付けることで、少しずつ収入が増えていきます。

スキルシェアを副業にするデメリット

スキルシェアを副業にするデメリットを2つご紹介します。

忙しい時間が増える

スキルシェアを副業にすると、忙しい時間が増え休息時間を取りにくくなります。

時間を有効活用でき、お金が稼げるのであれば忙しくなっても問題ないという人もいますが、本業が休みの日に働きたくないという人もいるでしょう。

「自身の成長より、ゴロゴロすることのほうが大事!」という考えの人は、仕事量の多い副業をすると辛くなってしまうかもしれません。

ただ、本業以外何もしていない今と比べて休む時間が少なくなるということなので、全く休む時間が無くなるという訳ではありません。

スキルシェアの副業は本業と違って、働く時間が決まってないため、納期さえ守れば十分に休憩しながら働くことが可能です。

自分で副業が行える時間のスケジュールを考え、副業で行う仕事量を調整することで自分のペースで稼ぐことができます。

スキルがないと稼ぐことができない

スキルシェアの副業は、スキルがないと稼ぐことができません。

スキルといっても様々で、働きつつ身に着けられるものから、先に勉強をして身に付けないと稼げないものもあります。

すぐに収入を得たいという人は、案件を受けながら身に着けられるスキルで稼ぐと良いです。

ただし、簡単に身に付けられないスキルの方が需要は高く、1回の案件につき稼げる額が多くなります。

自分がどのようなスキルで稼いでいきたいか、目標を決めてスキルシェアの副業を行っていきましょう。

どんなスキルが需要あるのか??

スキルシェアでは、どのようなスキルに需要が集まるのかを説明していきます。

プログラミング

IT人材全体の需要の拡大により 求められるのがプログラミングスキル

Webプログラミングのスキルは、幅広い範囲で需要が高いです。

プログラミングスキルは、Web上でプログラムを作る能力のことをいいます。

プログラムを作ることでコンピューターに指示を出すため、コンピューターを自由に操ることができます。

案件はブログやアプリを作成する案件や、Web上のトラブルを解消する内容が多くをしめます。

需要があるため、プログラミングスキルがあれば多く稼ぐことができますが、そもそもコンピューターに指示を出すプログラミング言語の知識がなければ仕事ができません。

簡単に仕事を受けながら身に着けられる知識ではないため、プログラミングスクールに通い基盤を使ってから、働き始める人が多いです。

動画編集

動画市場の拡大により 需要が増えてるのが動画編集スキル

動画編集スキルは今の社会にとって欠かせないスキルです。

今、人気の職業としてYouTuberがあげられたり、YouTuberでなくても企業がWeb上で広告動画を上げることも多いです。

カメラで撮った動画をそのまま載せるわけにもいかないため、パソコンで編集をする必要があります。

ただ、動画編集をするためには専門のシステムを使う必要があるので、動画編集をしたことない人からすると未知の領域です。

また、数分の動画を作る場合にも編集時間は何時間もいるので、時間がない人は編集スタッフを雇って、仕事を任せることがあります。

YouTubeや動画広告が流行っているうちは、仕事がなくなることはないでしょう。

その他にも結婚式のオープニングムービーなど、プライベート案件もあります。

デザイン

 WEBサイト・広告作成の需要に伴い 重宝されてるのがデザインスキル

良いデザインを作成できるスキルを持っている人は、今も昔も変わらず需要があります。

スキルシェアは、Web上行う仕事が多くを占めており、今のネット社会に必要なスキルが多いです。

しかし、デザインのスキルはネット社会になる前から、看板や商品のパッケージなど様々な場所で重宝されてきました。

今募集されている案件は、もともとあったアナログなデザイン作成の依頼もありますし、アニメーションやWeb広告のようにデジタルな依頼もあります。

デザインスキルは元からその人が持っている感性や、長年身に付けてきた感覚が反映されるため正解はありません。

依頼主のイメージに合うものと、自分の独創性をデザインで表現していく必要があります。

ライティング

 WEB上でテキストで発信する上で 必須なのライティングスキル

ライティングは、文章をもとに稼ぐことができ、慣れと関連の知識がある人に需要があります。

ライティングは、誰でも受けようと思えばできる仕事です。

しかし、完成度は人によって全く違うため次の2つの要素を意識してスキルを磨いていく必要があります。

1つ目は、できるだけ多くの案件を受けて慣れることです。

ライティングは1つの案件で、数千文字、数万文字の文章を書くため、もたもたしているといつまで経っても仕事が終わらないです。

早く案件を終わらせ完成度の高い文章にするため、たくさん文字を書くことに慣れていくことが必要です。

2つ目は、ブログ関連の知識をつけることです。

SEOなどWeb上で多くの読者に見てもらえるようにはどうすればよいかという知識を持っていると、より完成度の高いライティングができ、稼げる額も変わってきます。

翻訳

グローバル化により海外企業と 仕事をするのに必須なのが翻訳スキル

外国語のスキルを持っている人は、翻訳の案件に需要があります。

英語が得意で正確に訳すことができるスキルは、海外のサイトや企業と取引することがある人にとても必要とされています。

直接、外国人と日本人の間に入って行うような案件は少なく、ネット上で文章を略したり、電話で受け答えをするものがほとんどです。

そのため、英語スキルを活かしながらも、在宅で稼ぐことができます。

他にも海外に今住んでいる人が受け取りや発送をする仕事もあり、翻訳といっても幅広い案件が揃っています。

スキルシェアを副業にできるオススメのサービス5選

スキルシェアを副業にできるオススメサービスを5つご紹介します。

ココナラ

ココナラは、株式会社ココナラが運営しているスキルマーケットサービスです。

クラウドソーシングサービスの多くは、募集してある案件に、こちらから応募し仕事をもらうという流れが多いですが、ココナラは異なります。

ココナラは、自分のスキルや今ある知識を掲載し、仕事を受けて欲しいという依頼を待つ仕組みとなっています。

そのため、仕事を受ける側の余計な稼働が少なく依頼者も案件にふさわしい人材を自分から勧誘しに行くことができます。

ココナラでは、先ほど紹介した需要のある案件も募集されていますが、占いや似顔絵の案件、悩み相談など少し変わった案件もあります。

自分の得意をどんどんアピールしていくことができます。

クラウドワークス

クラウドワークスは、株式会社クラウドワークスが運営しているクラウドソーシングサービスです。

クラウドソーシングサービスの中でも、会員数が最も多いサイトで、日本最大級のサービスとなっています。

仕事の案件数も多く、ジャンルも豊富であるため多くのスキル保有者や依頼者が集まっています。

クラウドワークスでは、案件を受け依頼者から良い評価をもらえるほど、受注者としての信頼も上がります。

仕事を受け続け、クラウドワークスが用意した基準をクリアすることで「Pro Crowd Worker」という称号ももらえます。

ランサーズ

ランサーズは、ランサーズ株式会社が運営しているクラウドソーシングサービスです。

ランサーズは、国内で1番長い歴史を持つクラウドソーシングサービスで、今までに2100億円以上のお金が取引中で動いています。

もちろん、メディアにもたくさん取り上げられており、知名度も高いサービスです。

また、クラウドワークスと同じように「ランサー認定」というものがあり、認定されると信頼性も上がりより高額な案件を受けられるようになります。

ビザスク

ビザスクは、株式会社ビザスクが運営するサービスです。

ビジネス知識を専門にスキルシェアができるサイトで、疑問や目標があり相談したい依頼者が登録をします。

受注者はアドバイザーとして答える仕事をするため、より高い専門知識と話す能力が必要になります。

アドバイスをする方法としては、電話やSkypeなど非対面で行うものから、カフェや企業に出向いて、対面で行う方法があります。

日本でビザスクのように、アドバイザーとして単発の活動ができる仕事は少ないですが、海外には既に同じような仕組みのサービスがあるようです。

ビザスクは、日本で行うビジネスアドバイザー活動の先駆けとなっています。

WorkShip

WorkShipは、株式会社GIGが運営するサービスです。

募集している案件は、デザイナー、エンジニア、マーケター、等デジタル業界に偏っており、専門性の高いサイトになっています。

フリーランスや副業でほんとうにやりたいことができるように、という想いが込められたサービスになっています。

また、案件は大手からベンチャーが依頼している仕事まで幅広く受けることができ、自分に合った仕事内容は何か探りながら仕事を受けることができます。

案件数は、他のサイトより少し少ないですが専門性が高いので、デジタル業界での仕事を探している人にはぜひオススメしたいサービスです。

何もスキルがないならプログラミングスキルを身につけよう!!

なにもスキルがないけど今から副業を始めたいという人は、プログラミングスキルを身に付けてIT業界で活動していくことをオススメします。

プログラミングスキルがあれば、もちろん副業としても役に立ちますが、将来の職種の選択肢の幅が広がります。

スキルは独学で身に付けることもできますが専門スキルのため、身に着けるまで多くの時間が掛かってしまうのが難点です。

本気でプログラミングを学びたいのであれば、プログラミングスクールのTECH CAMPで効率よく勉強することをオススメします。

TECH CAMPでは、通学制を取っておらず自己学習形式でやる気のある生徒を応援しています。

自己学習形式ですが、何かわからないことがあればWEB上ですぐに質問することができ、本業をしていても勉強がしやすいです。

是非、今から将来役に立つスキルを身に着け、プログラミングスキルで稼げる人材になってください。

ホリエモンも絶賛!!

スキルシェアを副業にしてみた感想

私は、現在社会人5年目でライティングの副業を行っています。

もともと文章を書くのが好きで、大学生の時は積極的に論文をまとめていました。

しかし、社会人になって営業職に就くこととなり、あまり長文を書くことが無くなりました。

何の趣味もなく働いていましたが、社会人2年目の頃にライティングで稼げるということを知り、クラウドワークスに登録をしました。

始めは思うように文章が書けず時間が掛かってしまいましたが、3年目の今では始めたころより半分の時間で文章を仕上げることができています

また、収入面でも単価の高い案件を受けることができたり、継続して依頼をしてくれるクライアントもつき安定してきました。

このように今は効率良くライティングで稼げるようになりましたが、今度は自分の文章が載るWeb上のシステムに興味を持ち、プログラミング知識を身に着けるためTECH CAMPに入会しました。

スキルシェアの副業を始めて、知識の幅や自分の能力の向上に充実感を覚え楽しく仕事を行っており、それに加えて稼ぎも得られるため本当に良い経験ができています。

今本業以外に何もすることがない人はぜひ、スキルシェアの副業を始めてみてください!

ホリエモンも絶賛!!

コメントを残す