記事作成・掲載のご依頼はこちら

ミラティブってアバターを自作できるの??エモモを利用して配信する方法について

ミラティブってアバターを自作できるの??エモモを利用して配信する方法について

ゲーム配信アプリでも人気のある「ミラティブ」ですが、現在このアプリで配信してる人の中には、アバターを使ってゲーム中の自分をより表現したいという方も少なくないと思います。

また、ミラティブやったことないけど、アバターを使った配信ができるなら、やってみたいという方もいるでしょう。

でも、どうやってミラティブ内でアバター配信ができるのかよくわからないと思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は、そんな方のためにミラティブでアバター配信をする方法をどこよりも分かりやすく紹介していきたいと思います。

この記事を最後まで読むことでミラティブでアバター配信をしたい方が気になる以下の3つについて理解することができます。

  • ミラティブでアバター配信する方法って??
  • ミラティブで作ったアバターに著作権はあるの??
  • ミラティブでオリジナルでアバターを作れるの??
Vライバーになりたいならイリアム

IRIAM - キャラクターのライブ配信アプリ

IRIAM – キャラクターのライブ配信アプリ
開発元:IRIAM Inc.
無料
posted withアプリーチ

Vライバーを目指している方はイリアムがオススメです!!

イリアムは、自分が用意したイラスト1枚でオリジナルのキャラクターでライブ配信をすることができます。

また、投げ銭以外でも配信時間に応じて報酬がもらえる仕組みを導入しているので、初心者の方でも始めやすいんです!!

イリアムの魅力

  • オリジナルのアバターが作れる
  • 配信時間に応じて報酬がもらえる仕組みを導入
  • モーションライブ方式で低遅延配信が可能

ミラティブでアバター配信ができる!?

ミラティブでは、スマホから配信をすることで、エモモというアバターを使っての配信することができます。

ミラティブはライブ配信ができるアプリで、アバター配信とはアバターを使って顔出しをせず配信をする配信方法です。

アバター配信は、そもそも決まったパーツでアバターが簡単に作成できるアプリと、手間はかかりますが自分で作成して配信をするアプリの2種類があります。

ミラティブは少し前まで、後者の自分でアバターを用意しないといけないアプリでしたが、今はパーツの組み合わせで簡単にアバター配信ができる機能が加わりました。

そのため知識がないと難しそうに見えるアバター配信も、ミラティブでは作成から配信まで簡単におこなうことができます。

ミラティブのエモモが対応してる機種とは??

ミラティブのアバター配信である、エモモが対応が対応していない機種は下記の通りです。

  • Android 4系
  • iPhone 5s以下
  • iPad Air 第1世代以下
  • iPad mini 第2世代以下
  • iPad mini 3以下
  • PC

上記以外の機種についてはエモモが対応しているということになります。

まず、スマホのみの対応になるため、PCではすべての機種が利用できません。

更に、スペックが低すぎるスマホはiPhone、Androidに関わらずアップデートができないため利用できません。

普通の人はそこまで古いスマホ機種を持っていないと思うので、大丈夫だと思います。

しかし、iPadのタブレットを使っている人は案外古くても使い続けている人が多いので、上記に該当しないか確認してください。

ミラティブのエモモを利用して配信する方法

ミラティブのエモモを利用して配信する方法をご説明します。

ミラティブへログイン

ミラティブへのログイン方法をご説明します。

STEP.1
ミラティブのアプリをインストールします。
STEP.2
ミラティブにログインをおこなう方法は、TwitterとAppleサインインの2種類です。
今回は、【Twitterではじめる】を選択します。


STEP.3
Twitterへのログインを許可することで、簡単にログインが完了できます。
STEP.4
利用規約に同意する】をおこなって次に進みましょう。

STEP.5
今回はエモモで配信をするため、右上の【エモモを作成】をタップします。

エモモを作成

エモモの作成方法をご説明します。

STEP.1
マイクへのアクセスを許可を求められるため【OK】で次に進みましょう。


STEP.2
デフォルトの状態のエモモが表示されます。デフォルトでも十分可愛いですが、自分のオリジナルのエモモを作成するため、右下の【服マーク】をタップします。


STEP.3
エモモではたくさんのパーツを選択して、オリジナルのエモモを作成することができます。選択できるパーツは下記の通りです。


  • 見た目
  • 衣装
  • アクセ
  • モーション
  • ペット
  • ルーム
STEP.4
自分好みのアバターを作成できたら【保存】を行います。


STEP.5
最後にポーズを決めて記念撮影をしたらオリジナルエモモの作成完了です。

STEP.6
アイコンに設定するかを選び、【OK】をタップしましょう。


エモモで配信

エモモで配信をする方法をご説明します。

STEP.1
ホーム画面に戻るとしたの真ん中○にエモモが出てくるので【配信】をタップします。


STEP.2
配信準備】をタップします。


STEP.3
ゲームの配信中にコメントが見れるようにするため、iPhoneの設定を行いましょう。

設定方法は下記の手順です。

  1. 設定をタップ
  2. 通知をタップ
  3. 画面共有をタップ
  4. 通知許可をONにする

STEP.4
最後に配信のタイトルやサムネイル、アプリ選択を行い、【配信開始】をタップしたらエモモでの配信がスタートできます。


エモモのデザインを変更する方法

初回に作成したエモモのデザインから変更をする方法をご説明します。

STEP.1
ホーム画面から右上のエモモアイコンをタップします。


STEP.2
上の右側にある【着替え】のアイコンをタップします。


STEP.3
右下の【服マーク】をタップして変更が可能です。


ミラティブでアバター配信するメリット

ミラティブでアバター配信をするメリットを3つご説明します。

顔出しをせず配信ができる

エモモは、ミラティブ内で簡単に作れるアバターであり、そのアバターを使って配信をするため顔だしせずに配信ができます。

カメラ許可をしていない限り、ミラティブではスマホの中の映像のみを視聴者へ反映するシステムとなっています。

そのため、事故で自分の顔が映ってしまうこともありませんので、安全に配信を行うことができます。

ゲーム配信をしてみたいけど、顔出しはちょっと、、、と思っていた人や、声のみの配信をしていてマンネリ化してきた人にエモモの機能はぴったりです。

また、エモモは簡単に作成することができます。

事前にご説明したエモモでの作成方法を見てもらえればわかると思いますが、沢山あるパーツから気に入ったものをワンクリックで組み合わせていくのが基本の作り方です。

自分の納得がいくエモモを作りましょう。

オリジナルキャラクターが印象に残りやすい

ミラティブのエモモでは、オリジナルのキャラクターを作ることができるため、声だけで活動していた配信者もエモモを作成することで視聴者の印象に残りやすいです。

エモモにはたくさんのパーツがあります。

パーツは決まったものを利用しますが、何種類もあるため、他の人のエモモと全く一緒でかぶってしまうということは、まずありえません。

ミラティブにはたくさんの配信者がおり、顔出しをせず配信している人が多いため、その中で視聴者の印象に残ろうとしても、なかなか難しいです。

その中で、エモモはあなたの配信のイメージキャラクターのように、視聴者の印象に残りやすくなるため、覚えてもらいやすくなります。

このように、エモモはあなた自身を覚えてもらうための印象付けにも役立ちます。

カスタマイズのパーツが豊富

エモモでは、カスタマイズをするためのパーツが細かく用意されています。

例えば、顔を作るためのパーツは下記のように、多くのパーツを選択できるようになっています。

  • 肌の色:31種類
  • 髪色:67種類
  • 髪型49種類
  • 眉の形:12種類
  • 目の形:30種類
  • 鼻の形:12種類 等

そのほかにも服の種類が約40種類あったり、そのほかアクセサリ―や小物の数は100種類以上もありました。

これだけあれば可愛い自分のオリジナルエモモを作ることができます。

ミラティブでアバター配信するデメリット

ミラティブでアバター配信するデメリットを2つご説明します。

本格派Vtuberのデザインには負ける

ミラティブでは、エモモを作成するパーツはたくさんありますが、本格的にイラストから作成しているVtuberのオリジナルティには負けます。

Vtuberでアバターを本格的に作成している人は、イラストをプロにお願いして書いてもらいそれをシステムで動くアバターにすることで配信をしています。

ミラティブのエモモは簡単にパーツを選択するだけでオリジナルアバターを作ることができ、気軽さという点はすごく魅力的です。

しかし、本格的という点では劣っており、どうしてもミラティブで作ったエモモのアバター感というのは抜けません。

エモモは可愛らしい雰囲気のアバターを作ることは得意ですが、カッコイイアバターや個性的なアバターはなかなか用意されたパーツでは難しいです。

雑音があるところでは正確に反応しない

エモモを使って配信をすることで、配信者のイメージキャラクターのような役割を果たしてくれます。

スマホの前で配信をすることで、口や目で自分自身の表情を変えれば、エモモが同じように動くため、配信者がどのような表情をしているのかわかりやすいです。

しかし、自分の声以外の雑音が多いところで配信をすると、声以外の音をミラティブのマイクが拾ってしまい、口の動作がうまくいっていないように見えるときがあります。

エモモの動きが変になり、そちらに気を取られて配信が一時中断してしまうこともあるでしょう。

そのため、配信をするときは静かな環境で行うことが必要になります。

ミラティブのアバターは自作できるの??

ミラティブではエモモ以外のアバターで配信をすることができません。

ミラティブでアバター配信をすることができるのは、エモモを使った配信者のみとなります。

そのため、自作でアバターを作り、エモモのようにミラティブで動かすことはできないのです。

ミラティブでは、簡単にアバター配信ができるように工夫されて新機能のエモモができました。

今後の新しい機能として本格派には、オリジナルの自作アバターを使って配信する機能もあれば、もっとミラティブは人気のアプリになるかもしれません。

ミラティブのエモモの著作権はあるの??

ミラティブの利用規約にはサービスについて下記のように記されています。

・本サービス内で当社が提供する全てのコンテンツに関する権利は当社が有しており、Mirrativ会員に対し、当社が有する特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、ノウハウその他の知的財産権の実施又は利用の許諾をするものではありません。
・Mirrativ会員は、本サービスのコンテンツを複製、翻案、公衆送信その他の方法により利用してはならないものとします。
・Mirrativ会員は、本サービスのコンテンツにつき再使用許諾をすることはできないものとします。
引用:第14条コンテンツ使用許諾の条件

利用規約の通り、エモモを含むミラティブで利用されるコンテンツにはミラティブの著作権があり、外部で利益がでる利用方法は禁じられています。

例えば、自分の作ったエモモのオリジナルグッズを作りたい場合、作ったグッズを自分で使って楽しむ分には問題ありません。

しかし、そのグッズをファンに売り利益を生む行為をすれば、それは利用規約違反となります。

完全オリジナルのアバターで配信したいならイリアム

ミラティブのエモモは簡単に可愛い自分だけのアバターが作れる、すごく便利な機能です。

気軽にアバター配信をしたいのであれば、ミラティブを利用することに不自由はありませんが、もっと利用の幅を広げたいと思うときに困ります。

本格的にVtuberとして活動をしたいのであれば、IRIAM(イリアム)をオススメします。

イリアムでは、キャラクターのイラストを持ち込みそれを、アバターとして利用することができます。

イラストは、自分で書いても良いですし、プロに任せてイメージ通りのキャラクターをかいてもらうのも良いでしょう。

ぜひ、自分に合った方法でアバター配信を行ってください。

 

IRIAM - キャラクターのライブ配信アプリ

IRIAM – キャラクターのライブ配信アプリ
開発元:IRIAM Inc.
無料
posted withアプリーチ

コメントを残す