【お仕事の依頼はこちら】

UberEats(ウーバーイーツ)埼玉で稼ぐには??稼げるエリアや始め方について

都会ではかなり浸透しているUberEatsの配達パートナー。

東京や大阪に住んでいる人なら必ずと言って良いほど、UberEatsのリュックを背負って自転車をこいでいる人を見たことがありますよね。

最近では、都会だけではなく、地方でも UberEatsの配達をしている人が増えており、副業として始める人も増えているのも事実です。

今回は、東京に隣接している埼玉県でUberEatsの配達パートナー始める方法や稼げるエリアなどについて紹介していきます。

  • 埼玉で副業を探している
  • 埼玉でUberEatsの配達パートナーを始めたい
  • 埼玉でUberEats配達パートナーをしている

この記事は、このような方にオススメの内容となっています。

UberEatsの配達パートナーについて詳しく知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

UberEats(ウーバーイーツ)配達員で副業としてどれくらい稼げる??

埼玉でUberEatsを始めるには

STEP1.事前準備

WEB登録の後にパートナーセンターの登録会に参加するだけで配達パートナーとして稼働できます。

条件は18歳以上で日本国での就労が可能な人(外国籍の方も可)です。

履歴書や面接が必要ないのはうれしいポイントですね。

  • 身分証明書
  • 報酬振込用の銀行口座
  • 車両(自転車orバイクor軽貨物車両)

上記のものを持っていればOK。

学生さんは学生証と健康保険証がセットで身分を証明するものになります。

身分を証明するものを持っていない人は市役所や区役所でマイナンバーカードを発行してもらいましょう。

車両はレンタルできるので登録会の時に聞いてみてくださいね。

STEP2.WEB登録

まずは公式サイトでWEB登録を済ませます。

メールアドレス、氏名、電話番号、パスワード、都市、車両、銀行口座などを記入し、最後に顔写真を撮影すれば終了です。

登録が承認されるとメールが届きます。

筆者は即日でメールが届きましたが最大で2週間ほどかかるとの情報も。

メールが来なくてもパートナーセンターへ問題ないので気にしないで大丈夫です。

ちなみに顔写真は加盟店や注文者に見られます。

与える印象や評価にも影響してくるので、履歴書に貼るような清潔感溢れる写真を撮影しましょう。

STEP3.パートナーセンターへ

WEB登録が済んだら本登録のためにパートナーセンターへ。

以前は大宮にあったのですが閉鎖してしまったため東京へ行く必要があります。

東京は新宿と大門の2箇所(2020年2月時点)ありますが、開設や閉鎖を繰り返しているので、行く前に公式サイトを覗いてみてください。

パートナーセンター新宿
住所:東京都新宿区西新宿7-9-16西新宿メトロビル3F
最寄駅:新宿
営業時間:月〜土 12:00〜19:00
言語:日本語
パートナーセンター大門
住所:東京都港区芝公園2-4-1芝パークビル1F B棟
最寄駅:大門
営業時間:月〜日 12:00〜19:00
言語:日本語・英語

パートナーセンターは予約なしで行けるので飛び込み0Kです。

会場では身分と銀行口座の登録確認をした後、スタッフから稼働についての説明を受けます。

アプリを使って説明を受けるので、パートナーセンターへ着く前に「Uber Driver」アプリをインストールしておくとスムーズ。

筆者の場合はタブレットを用いて30分くらいの説明を受けて終了でした。

内容は時期やエリアによって変わるようですが大体30分程度とみて問題ないでしょう。

最後に配達用のバッグを受け取ったら本登録は終了です。

ちなみに筆者が受け取ったバッグは第3世代の通称「シャクレ」バッグ。

今はUber Eatsのロゴが入った新しいモデルを受け取れると思います。

配達用バッグは「貸してもらっている」ので、保証費として8,000円(4週に分けて2,000円ずつ)が売り上げから引かれていきます。

引かれる形なので初期費用は掛からない上、配達パートナーを辞める時に8,000円は戻ってくるのでご安心を。

登録が終わればすぐに稼働できるので、極端な話、自転車やバイクで来れば東京で稼働して埼玉へ帰るなんてことも可能です。

でも慣れてないうちはリスクが高いので埼玉に帰ってから稼働するのがオススメですね。

こちらをクリック

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

埼玉で稼げるコツ

稼げるエリア

埼玉県のサービスエリア拡大の経緯
2018年9月26日(さいたま市大宮区、中央区、浦和区)
2019年3月19日(さいたま市南区、桜区、戸田市、蕨市、川口市の一部)
2019年7月9日(川口市東部)
2019年11月1日(志木市、朝霞市、和光市、新座市、草加市の一部)
※今後は越谷市もサービス開始予定

徐々にサービスエリアを広げてきた埼玉。

稼げるエリアは決まってきていますが、稼働する曜日や時間帯によって変わるので踏まえながら説明しますね。

ざっくり言うと、稼げるのはさいたまエリアと川口エリア。

駅でいうと大宮駅北浦和駅浦和駅西川口駅の京浜東北線沿いです。

埼玉は駅周辺にレストランが固まっているので、郊外よりも駅の近くに待機していた方がリクエストを受けやすいです。

上記の駅にはウーバーイーツで最も注文が入りやすいマクドナルドがある上、その他ジャンルのレストランも多く揃っているので狙い目だといえるでしょう。

しかし、稼げるエリアには配達パートナーが集まる傾向にあるのでリクエストの取り合いになります。

そのため稼働する曜日や時間帯を考えたり、あえて配達パートナーが少ない郊外に足を運んでみるのも手です。

ただ絶対的に注文が入りやすいのは駅周辺で間違いないので、先ほど挙げた駅を拠点に動いてみるのがオススメ。

稼げる曜日

稼働する曜日も稼ぐ上で重要なポイント。

飲食店と同じで土日祝日には注文が多く入ります。

ウーバーイーツの認知度が高くなったとはいえ、平日はまだまだ注文が少ないのが埼玉の現状。

特別なインセンティブも発生するので、ガッツリ稼ぎたい人は土日祝日の稼働が必須でしょう。

筆者が日曜日に自転車稼働した結果を載せますね。

売り上げに「クエスト」と呼ばれるインセンティブを2種類合わせると、時給換算で2,000円〜3,000円になる日もあります。

(情報提供元 Uber Driverアプリ)
※2020年1月12日に浦和区で稼働した結果。報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります。

稼げる車両

使う車両によって稼ぎが変わってくるのがウーバーイーツの面白いところ。

稼働に使える車両は自転車、バイク、車の3種類。

車は稼働までのハードルが高く、配達件数がこなせないので実質は自転車とバイクの2択ですね。

結論を言うと、平日メインで長時間稼働するならバイク、土日祝日メインで短時間稼働するなら自転車が稼げます。

埼玉エリアは東京や他の都市に比べ加盟店が密集していないので、どうしても加盟店までの距離と注文者に届けるまでの距離が長くなりがち。

単純に長い距離を速いスピードで走れるバイクの方が稼ぎやすいというワケです。

自転車でも稼げますが、長時間の稼働は体力的にキツいものがあるので、効率よく稼ぎたいのなら東京などの都心部へ行った方がいいでしょう。

東京に近いのは埼玉のメリットですから。

こちらの方は大宮エリアでバイク稼働しているベテランの配達パートナー。

埼玉で配達回数50回越えはすごいです。

8時間以上稼働するなら体力的にバイクの方がオススメです。

埼玉でUberEatsを始めるメリット

ストレスなく稼働できることがメリットの一つ目。

筆者はたまに東京で稼働しますが、埼玉は道が走りやすく、自然豊かなので配達していて気持ちいいです。

加盟店や注文者、配達パートナーも良い人が多く、トラブルに発展した経験はほとんどありません。

都心部に比べて駐輪や駐車場所に困ることも少なく、高層マンションも少ないので配達の難易度は低め。

ストレスを溜めないというのは長く配達を続ける上で重要な要素。

せっかく自由な時間に稼働できるのですからストレスは溜めたくないもの。

エリア的にのんびりしていて稼働しやすいのは埼玉の大きなメリットといえるでしょう。

メリットの2つ目は東京に近いこと。

東京は日本の中でもダントツで注文が多いエリアで、そのエリアへ簡単に行けるというのは大きなメリットでしょう。

筆者も時には自転車、時には電車で東京へ通って稼ぎに行っています。

埼玉でもガッツリ稼げますが、より稼ぎたくなった時に東京へ行けるというのは非常に大きいです。

埼玉で経験を積んで東京へ進出という計画を練ってみても良いかもしれませんね。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

埼玉でUberEatsを始めるデメリット

埼玉のデメリットは注文数とインセンティブが少ないこと。

発展途上なので注文数はこれからというところでしょうが、インセンティブは低めです。

東京や他のエリアは「ヒートマップ」と呼ばれる追加報酬制度が発生することがあります。

画像の赤くなっているエリアで配達すると一回あたり100円がプラスされますが、現在のところ埼玉はありません。

ヒートマップは一時的に発生するものですが、例えばヒートマップ内で100回配達すれば10,000円の差になりますから、無視はできませんよね。

「ブースト」という時間帯で発生する追加報酬の仕組みも少なくなってしまったことから、中々モチベーションが保ちづらいというのがデメリットでしょう。

埼玉でのUberEats配達パートナーの報酬単価

配達一回の報酬単価は決まっています。

埼玉の報酬単価

  • 受け取り料金:265円
  • 1kmあたりの距離料金:60円
  • 注文者への受け渡し料金:125円
  • サービス手数料:10%

2019年11月29日に配送料金の改定がありました。

改定以降の筆者の一回あたりの配達報酬を計算してみたところ約430円でした。

この金額に土日祝日や雨の日に出るインセンティブ、また下の画像のような月曜日〜木曜日、金曜日〜日曜日の期間で一定の回数を配達するともらえるインセンティブを足した額が報酬になります。

稼働する条件によりますが、筆者は時給換算で1,500円〜1,800円という報酬額です。

埼玉でUberEats配達パートナーをやってみた感想

筆者は配達パートナーとして稼働してから10ヶ月目になりますが、非常に楽しいです。

埼玉は配達がしやすく、注文数もどんどん増えているので期待値は高まるばかり。

ダイエットや気分転換、副業として向いているエリアだと思いますが、本気になればガツガツ稼げます。

サラリーマンとは違ってやればやるだけ稼げるのがウーバーイーツの魅力です。

何か収入の柱を増やしたい、ダイエットがしたい、隙間時間を有効活用したいと思っているのなら、ウーバーイーツはオススメ。

初期費用もほとんどかからないのでリスクも少ないですからね。

これからも埼玉で長く配達を続けていきたいと思います。

非公開: UberEatsの配達パートナーはどれくらい稼げる??効率良く稼ぐコツについて【副業体験談】UberEats配達パートナーに収入や稼ぐコツについて聞いてみた

こちらをクリック

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です