WARASHIBEは安全なのか??評判やリスク、手数料について

プー太郎

WARASHIBEってどうなんですか??
WARASHIBEは、業界でも数少ない投資後の途中解約が可能なサービスなんやで!!

副業おじさん

今回は、このWARASHIBEの始め方や安全性、評判などどこよりも詳しく紹介していきたいと思います。

  • WARASHIBEって何??
  • 途中解約できないのは不安
  • 不動産投資に興味がある

この記事はこのような方にオススメの内容となっております。

WARASHIBEとは??

WARASHIBEとは、株式会社SATASが運営している不動産投資型クラウドファンディングです。

不動産投資型クラウドファンディングとは、少額から不動産に投資ができるサービスです。

仕組みとしては、1つの不動産に複数の投資家が少額ずつ出資を行い、事業者である不動産のプロが代表して運用を行います。

特別な知識や、不動産運用に費やす時間もないため投資初心者や、忙しく時間がない人が始めやすい投資サービスです。

今までも不動産は価値の変動が少ない良い投資商品でしたが、物件を購入するため多くの資金がまとめて必要であり、一般の人はほとんど手が出せませんでした。

しかし、WARASHIBEが行うクラウドファンディングのシステムを使った不動産投資では、そのような懸念点を払拭でき気軽に不動産投資を行うことができます。

途中解約可能だから安心

WARASHIBEの魅力について

WARASHIBEの魅力について5つご紹介します。

優先劣後方式の採用

WARASHIBEは、優先劣後方式を採用しております。

この優先劣後とは、運営会社側も何割かプロジェクトに出資を行い、もし、運用が上手くいかず、マイナスが出た場合、優先的に運営会社の出資分から負担されていきます。

例えば、WARASHIBEが1号プロジェクトに2割出資した場合、2割までマイナスになったとしても、投資家達の出資金は守られるんです。

ちなみにWARASHIBEの場合、この優先劣後の割合はプロジェクトによって変わってきます。

投資商品は不動産のプロが厳選

WARASHIBEで投資の対象となる物件は、不動産のプロが厳選した信頼のおける商品を対象としています。

WARASHIBEの商品は、好立地で収益性の高い不動産を専門家である事業者が選んでいるため安全性も高いです。

元本が100%保証されるものはありませんが、不動産はそもそも株式投資や仮想通貨のように価値が良く変動するものではありません。

震災が起きたり、大きく社会の現状が変わらない限り、簡単には価値の変動も消失もしません。

また、ファンド案件の情報を細かくを公開し、ファンド案件の透明化を図ることで投資者の不安を解消することに務めています。

途中解約が可能

WARASHIBEでは、クーリングオフ期間以外でも途中解約が可能です。

通常、不動産投資型クラウドファンディングでは匿名組合契約の観点から、クーリングオフ期間が設けられているため、一定の期間であれば途中解約が可能です。

しかし、ほとんどの不動産投資型クラウドファンディングサイトでは、クーリングオフ期間が終了してからのキャンセルや解約、譲渡などは認められていません。

その点WARASHIBEでは、事務手数料が掛かるものの投資期間中いつでもキャンセルすることができ、出資金の換金が可能です。

投資期間中に急に現金が必要になったとき、換金ができるため長い運用期間のファンド案件でも安心して出資することができます。

キャンセルが行われた場合、原則手続きが完了した月の翌月に、換金され口座に入金されます。

空室が出にくい物件を積極的に掲載

WARASHIBEに掲載されている物件は都心のものが多く、空室が出にくいものが選ばれています。

不動産投資は、その不動産を貸すことで得られる家賃収入が重要になってきます。

マンションや商業施設のテナントを賃貸して収入を得る物件であれば、満室であったり、全てのテナントが埋まっている方が収入を多く得ることができます。

逆に、空室が埋まらず誰もその物件を借りる人が居なければ、損失が出てしまう可能性が高まります。

その点、WARASHIBEの物件は都心にあるものを中心に取り扱っており、需要が高い土地の物件を積極的に取り入れています。

空室を作らないことで、大きな損失を投資家に与えないような取り組みを行っています。

自分に合った運用期間のファンド案件を選択できる

WARASHIBEは、運用期間がファンドごとにバラバラで、短期・長期と自分に合った運用期間のファンドを選ぶことができます。

不動産投資型クラウドファンディングでは、ファンドごとに運用期間が決まっているのが基本ですが、運用期間が2年以上の長いサイトや、3か月~数か月の短いサイトなど会社ごとに傾向があります。

しかし、WARASHIBEは特にそのような傾向がなく、今まで掲載されているファンド案件を見ても運用期間がバラバラです。

最近は少し長期的なものが多いような気がしますが、それでも傾向があまり決まっていません。

WARASHIBEに登録しておけば、運用期間が長期、短期どちらのファンド案件にも投資をできるチャンスがあります。

WARASHIBEの安全性について

WARASHIBEは、不動産投資型クラウドファンディングで安全性が高い『優先劣後システム』を利用しています。

優先劣後システムとは、投資家のリスクを軽減するために運営会社も同じファンド案件に出資をすることをいいます。

投資家と運営会社の2者が出資をすることで、投資家が優先出資者、運営会社が劣後出資者となります。

優先順位が付くことで、配当の際先に優先出資者から還元がされていきます。

この仕組みを利用すると、物件に損失が出た場合でも運営会社が出資した額内であれば、投資家は損失を被りません。

このように、WARASHIBEでは優先劣後システムを採用することで投資家に損失をさせないように工夫を行っています。

WARASHIBEにはどんな案件があるの??

WARASHIBEには、16件のファンドが掲載されています。

2021年4月19日現在で運用が終了しているのは8件、運用中が5件、募集中が3件という詳細です。

その中から、WARASHIBEのファンド案件を3つご紹介します。

世田谷区 経堂Ⅰ

『暮らしが根付く町、経堂』の不動産として掲載されたWARASHIBE第1号のファンド案件です。

経堂の物件は第1号以降も、続けて募集がされました。

短期の運用期間で収益性・不動産価値の価値向上が見込める物件として紹介されており、投資初心者にお勧めのファンド案件でした。

募集金額達成率:100 %
募集金額:¥ 20,000,000
運用期間:3 ヶ月
運用状況:運用終了
募集期間:7/8 07:00 – 7/31 18:00
1口金額:¥ 100,000
最低出資口数:5 口

品川区法人寮2物件

『利便性が良く、住みやすい街、品川区』として掲載されたファンド案件です。

このファンド案件は、運用期間が2か月でWARASHIBEの中では1番短い運用期間となります。

募集金額達成率:102 %
募集金額:¥ 30,000,000
運用期間:2 ヶ月
運用状況:運用終了
募集期間:12/4 12:00 – 12/16 13:00
1口金額:¥ 100,000
最低出資口数:5 口

世田谷区 三軒茶屋Ⅰ

『レトロとトレンドが共存する街、三軒茶屋』として掲載されたファンド案件です。

現在運用中で、運用期間2年という今までのWARASHIBEの中では1番長い運用期間のファンド案件です。

募集金額達成率:101 %
募集金額:¥ 70,000,000
運用期間:2 年
運用状況:運用中
募集期間:10/2 17:00 – 10/16 13:00
1口金額:¥ 100,000
最低出資口数:5 口

WARASHIBEで投資を始めるまでの流れ

WARASHIBEで投資を始めるまでの流れを説明します。

STEP.1
公式ホームページにアクセスし【会員登録】を押下します。

STEP.2
会員登録の申請を行います。名前やメールアドレスなど指示に従い入力しましょう。

 

STEP.3
入力したメールアドレスにURLが届くため押して進んでください。

STEP.4
再度メールアドレスとパスワードを入力し【本登録に進む】を押します。

STEP.5
さらに細かい詳細情報を入力していきます。

STEP.6
すべての入力が終了し、審査が終了した通知が来れば登録は完了です。募集中のファンド案件に応募することができます。

WARASHIBEを始める前に押さえておきたいポイント

WARASHIBEを始める前に押さえておきたいポイントを3つご紹介します。

分配金はいつもらえる??

WARASHIBEでは、分配金がもらえる日程は2か月以内とされていますが、具体的には統一されていません。

不動産投資型クラウドファンディングの他サイトは、サイトとして曜日や時期が設定されていることもありますがWARASHIBEでは、完全にファンド案件ごとの設定になります。

各ファンド案件の概要から分配の日程を確認することができるため、応募をする前に確認しておきましょう。

投資後の途中解約はできる??

WARASHIBEでは、投資後の途中解約が可能です。

基本的に、不動産投資型クラウドファンディングではクーリングオフ期間が終了した後のキャンセルは承っていないことが多いですが、WARASHIBEでは可能だということでした。

出資を取りやめたい場合は、WARASHIBE公式のお問い合わせフォームより連絡をします。

キャンセル専用の窓口やWEB上で対応できる機能はないため、お問い合わせフォームを利用し担当者から指示が来るのを待ちましょう。

また、出資額を追加したい場合や、1度キャンセルしてしまったけど、やはり再度応募をしたい場合も、お問い合わせフォームで連絡をしましょう。

ただし、各種手数料が発生するため注意してください。

手数料はかかるのか

WARASHIBEを利用するために会員登録を無料で行えるため、基本の手数料は掛かりませんが、出資額を入金する際の手数料は自己負担となります。

手数料の額については、個人が利用している金融機関によって異なりますが、数百円ほどであるため多くは掛かりません。

また、運用が終了し出資金と利益を還元する際は、投資家個人の口座に入金をしますが、その時に発生する振込手数料は運営会社負担となります。

WARASHIBEは配当の遅延などのリスクはあるのか

WARASHIBEでは、まだ運用中や募集中の物件を含めて、16件のファンド案件を掲載していますが、配当や遅延が起きた実績はありません。

WARASHIBEを始め、投資の部類は元本や運用終了期間が保証されているわけではありません。

そのため、WARASHIBEでも遅延や元本割れが起きるリスクはありますが、16件のファンド案件を予定通り対応してきているため、説得力はあります。

WARASHIBEのような不動産投資型クラウドファンディングは、リスクが少ないといわれていますが、最終の判断は自分自身で行うため無理のない出資額を心掛けるようにしましょう。

CREALと比較してみた

WARASHIBEと同じく不動産投資型クラウドファンディングを提供している、CREALと比較を行いました。

CREALと比較
CREAL WARASHIBE
運営会社 株式会社ブリッジ・シー・キャピタル 株式会社SATAS
最低投資金額 1万円 1万円
利回り 3.5%~4.5% 4.5%~12%
プロジェクト数 43件 16件
優先劣後の適用 最大3割 最大6.5割

※案件ごとに違いが大きい

元本割れ・遅延 なし なし

CREALは、株式会社ブリッジ・シー・キャピタルが運営する不動産投資型クラウドファンディングです。

WARASHIBEも、CREALにはかないませんが多くのファンド案件を取り扱ってきた実績があるため、信頼性の分では負けていません。

また、取り扱うファンド案件についても様々な運用期間や、予定利回りのものを取り扱っており傾向が定まっていない点でも、似ている所はありそうです。

しかし、WARASHIBEは様々なジャンルの案件を取り扱っている中でも、利回りが突発的に高いものを取り扱ってみたり、優先劣後の劣後額も高い低い等様々です。

よって、ジャンルが複数ある中でも内容が平均的なファンド案件に応募したい人はCREAL、より様々なジャンルのファンド案件に応募したい人は、WARASHIBEをお勧めします。

今回は、WARASHIBEを中心に2社を紹介しましたが登録するサイトを1つに絞るより、複数に登録したほうがリスクが分散されます。

会員登録は無料であるため、情報を得るためにも複数のサイトに登録してみましょう。

是非、不動産投資型クラウドファンディングで投資家デビューしてみてください!

1万円から不動産投資可能

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です