高収入を稼げる副業をランキング形式で紹介!!

副業をすると確定申告は絶対!?対象者や罰則、書類作成などについて

最近では、副業が許されている企業が徐々に増えているので、仕事終わりや休みの日に副業をするということが一般的になりつつありますよね。

ですが、当然、副業で得た収入の金額によってはその分税金を納めなくてはいけません。

その手段として確定申告があるのですが、しっかりと理解されている方は少ないのではないでしょうか。

そこで、今回はこの確定申告について紹介していきたいと思います。

この記事はこのような方にオススメの内容となっています。

  • 副業をしている
  • 確定申告のやり方がわからない
  • 副業を会社にバレないようにしたい

確定申告とは??

そもそも確定申告とはなんなんでしょう。

社会人になってからよく聞くけど、詳しくはわからないといった方がほとんどなのではないでしょうか。

確定申告とは、簡単に言うと1年間に得た収入から税金を計算して、税務署に税金の支払いの手続きをすることを指します。

対象の期間は1月1日から12月31日の1年間となります。

会社に勤めている人は、基本的に所得税は月の給料から天引きされているので、わざわざこの確定申告を行う必要はありません。

ですが、副業をしている人や個人事業主の方などは収入の金額によっては、この確定申告をする必要があるので、注意しましょう。

確定申告が必要な人はどんな人??

確定申告が必要な人はどんな人なのでしょう。

対象者は給与所得者それ以外の所得者の大きく2つに分けられます。

給与所得者

先ほど、会社に勤めている人は、給料から所得税が天引きされているので、確定申告が必要ないと説明しましたが、

以下の条件にあてはまる場合は、例外として確定申告が必要となります。

  • 給与所得が2000万円を超えている
  • 副業での収入が20万円を超えている
  • 2カ所以上の会社から給与を得ている
  • 災害減免法により所得税等の源泉徴収税額の還付を受けた

サラリーマンの方でも、給与所得金額や副業の収入金額によっては、確定申告を行う必要があるので気をつけましょう。

給与所得以外で収入を得ている人

給与所得以外で年間38万円以上の収入を得ている人は、確定申告をする必要があります。

例えば、

  • 不動産所得がある人
  • 配当所得がある人
  • 事業所得がある人
  • 退職所得がある人
  • 譲渡所得がある人
  • 山林所得がある人

などでの収入を得ている人が挙げられます。

確定申告をしなかったらどうなるの??

確定申告の対象者にもかかわらず、「税金を払いたくない」、「手続きが面倒」といった理由で、確定申告をしない人がいます。

気持ちはわかりますが、このような行為は絶対にやめましょう!!

なぜなら、確定申告をしなかった場合、罰則として以下のような税金を余分に支払わなくてはいけないからです。

  • 無申告加算税
  • 延滞税
  • 重加算税

無申告加算税

無申告加算税は、期限内に確定申告を行わなかった場合に罰則として支払わなくてはいけない税金になります。

納付するべき金額は、納付する税額が50万円以下の場合は15%、50万円を超える部分は20%の割合に乗じた金額となります。

ただし、期限後の申告が、法定申告期限から1ヶ月以内に自主的に行われば、この罰則を受ける必要はありません。

延滞税

延滞税は、期限後申告書または修正申告書を提出して納付すべき税金がある場合や申告で確定した税金を法定納期限までに完納できていない場合に払う必要がある税金となります。

延滞税は、法定納期限の翌日から完納する日までの日数に応じて、下記のように計算された金額の合計額(①+②)となります。

延滞する分だけ払う税額も上がるので、注意が必要です。

重加算税

重加算税は、所得の一部を隠したり、わざと確定申告をしなかったりするなどの悪質な場合に課される税金になります。

税率は、35%~40%とかなり重い罰則となるので、絶対にこのような悪質なことはしないようにしましょう。

確定申告のやり方

確定申告から納税までの手順を簡単に紹介します。

1.必要なものを用意する

まず、確定申告を行うのに必要なものを用意する必要があります。

必要なもの

  • 本人確認書類…免許証やマイナンバーカード
  • 印鑑…朱肉を使う印鑑(シャチハタは使えません)
  • 確定申告書…税務署に取りに行くか国税庁のWEBサイトからファイルをダウンロード
  • 口座番号がわかるもの…口座から納税をする場合に必要
  • 所得がわかる書類…所得の種類によって異なる

2.確定申告書を作成

必要なものが用意できたら、確定申告書を作成していきましょう。

手順としては以下のようになっています。

STEP.1
必要情報の記入
名前や住所、電話番号などの個人情報や提出先の税務署の名前などの必要情報を記入していきます。
STEP.2
所得金額の計算
1年間に得た金額から必要経費などを差し引いて、所得金額を計算します。
STEP.3
税金の計算
算出された所得金額に応じてこちらを参考にして税金の計算を行います。
STEP.4
住民税の項目について記入
住民税の徴収方法や配当割額控除額、寄附金税額控除などを記入していきます。
ふるさと納税をしている人などは注目すべき項目となります。

3.申告書を提出する

確定申告書を作成できたら、所轄の税務署に提出する必要があります。

受付期間は、毎年2月16日~3月15日までとなっています。

提出方法は、以下の3つの方法があります。

  • 郵便または信書便
  • 直接持参する
  • e-Taxで申告

e-Taxとは、インターネットを利用して電子的に手続きが行えるシステムの事で、最近ではこのシステムを利用して提出する人が増えています。

4.納税

申告書の提出が完了したら、以下の3つのいずれかの方法で納税をしましょう。

  • 銀行振替
  • 納税窓口で納付
  • e-Tax

銀行振替の場合以外、納税の期日は3月15日となりますので、それまでに必ず納税しましょう。

確定申告が不安な人は会計ソフトfreeeを使おう

確定申告をするのが初めてな人やもっと手軽に書類作成したい人はfreeeといった会計ソフトを使うことをオススメします。

このfreeeは、質問に答えるだけで確定申告に必要な書類を簡単に作成することができるので、難しい作業は一切必要ないんです。

しかも、銀行口座やクレジットカードの明細を自動で取得して帳簿をつけてくれたり、レシートを撮影するだけでAIが自動で文字の情報を解析して経費に入力してくれるので、確定申告をするにあたって必要な面倒な手間を一気に省いてくれます。

PCを持っていない人でもiPhoneとAndroid両方に対応しているので、スマホを持っていれば誰でも利用することができます。

機能が充実している上にサポートも万全なため、利用者の満足度も高く、クラウド会計ソフトシェアNo.1を獲得するほどの実績があります。

確定申告をもっと楽に行いたいという方にはオススメです!!

このような人にオススメ

  • 確定申告初心者
  • 簡単に書類作成したい人
  • スマホで会計ソフトを使いたい人

会計ソフトNo.1



会社に副業がバレない方法

副業をしていることが会社にバレる一番の要因は住民税の金額によるものです。

住民税は、給与から収入に見合った金額が天引きされるので、副業をしていた場合、収入が増えることになるので、その分住民税の金額も上がることになります。

そのため、社員の給与を確認する経理などに簡単にバレてしまうんです。

じゃあ、どうやってバレないようにするの??と思いますよね。

実は、その方法はとても簡単で、確定申告をする際に、住民税の支払いを特別徴収ではなく、普通徴収に変えるだけでいいんです。

MEMO
  • 特別徴収…住民税が給与から天引きされる方法
  • 普通徴収…副業で得た収入分だけの住民税を会社を通さずに納税できる方法

副業が許可されている会社ならなんの問題もありませんが、そうでない会社の場合、同僚や上司に本業おろそかにしているといった悪い印象を与えてしまうので絶対にバレないようにしましょう。

まとめ:確定申告は忘れずに!

今回は、確定申告について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

書類作成や手続きなど面倒ではありますが、税金を納めるのは国のルールですし、最悪の場合、脱税で逮捕される可能性だってあります。

今では、freeeのような便利な会計ソフトがあるので、今まで複雑だった作業も簡単にできるので初めての方でも安心です。

副業で年間に20万以上稼がれている方は忘れずに確定申告を行うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です