【広告掲載のご相談はこちらまで】

スタートアップを利用するならどのプラン??評判や他社と比較してみた!!

プー太郎

バーチャルオフィスのスタートアップってどうですか??」
スタートアップは港区青山の一等地を月500円で利用できちゃう破格のバーチャルオフィスやで!!

副業おじさん

今回は、スタートアップのサービス内容や料金プラン、他のサービスとの違いなどについてどこよりも詳しく紹介していきたいと思います。

この記事を最後まで読むことで以下の3点について理解することができます。

  • スタートアップのサービス内容
  • スタートアップの料金プランについて
  • スタートアップと他サービスの違い

スタートアップとは??

スタートアップとは、株式会社プロスペック運営が提供するバーチャルオフィスサービスです。

東京都港区青山の人気拠点をバーチャルオフィスとして利用することができ、更に月額500円~という格安で料金面も魅力的なサービスです。

スタートアップは、ビジネスを低コストで様々な面からサポートしてもらうことがき、個人事業主や、立ち上げたばかりの法人からは強力な助っ人です。

バーチャルオフィスサービスでは、下記のような起業に対する悩みや不安を解決してくれます

  • 固定費を安くしたい
  • 好立地でオフィスを構えたい
  • 一等地の住所を利用したい
  • 貸会議室の利用をしたい

スタートアップでは、複数のスタッフが案を出し合い、このように起業にはよくある悩みを解決できるようなサービスプランを考案しています。

スタートアップを利用するとどんなサービスが受けれるの??

スタートアップの基本的なサービスは下記の通りです。

  • 住所利用
  • 郵便物転送サービス
  • FAXサービス

それぞれ詳細を説明していきます。

住所利用

スタートアップでは、港区青山の一等地を住所利用できます。

提供された住所で、法人登記が可能でありホームページや名刺にも住所を載せることができます。

法人登記をしても別途料金を取られることがなく、初めに個人でスタートアップでの契約をしていた場合、法人名に名義を変えるのみでOKです。

独立開業予定の人にはぴったりのサービスでしょう。

また、法人設立に関して必要な手続きや書類作成をサポートする法人登記代行サービスも別途料金を追加すれば、行ってくれます。

法人設立のノウハウがなくても、その場で知識をつけたり専門家からのサポートが可能です。

郵便物転送

スタートアップでは、郵便物を自宅に送る転送サービスを利用することができます。

標準サービスには、オフィスに届いた郵便物を月に1回追加料金なしで転送してくれます。

書留の受け取りから、転送までおこなってくれ更に、書留の場合はメールで内容を報告されます。

他にもオプションを追加で付けることで、即日転送も可能です。

自宅住所を公表しないで済むため、プライバシーを守ることができます。

FAXサービス

スタートアップでは、東京03のFAXサービスを利用することができます。

03から始まる番号であるため、取引先やお客さんへの信頼性に繋がります。

届いたFAXの書類はPDFにて3時間以内にメールで転送をします。

簡単に確認ができ、FAXをPDFでデータ化できるため保存に便利です。

スタートアップのプラン内容について

スタートアップのプラン内容は、標準のプランオプション貸し会議室に分けられます。

標準プラン

標準プランは、『バーチャルオフィスプランA』『バーチャルオフィスプランB』の2種類です。

内容はどちらのプランも同じで下記の通りになります。

  • 住所利用
  • 郵便物、週1回の転送
  • 宅急便の転送手続き

料金に含まれる内容は、まったく同じですが料金と支払い方法が異なります。

バーチャルオフィスプランA
初期費用:5,000円
月額費用:500円

月額費用表記となりますが、支払方法は年一括払いのみとなります。

そのため、年単価6,000円という認識になります。

バーチャルオフィスプランB
初期費用 5,000円
月額費用 1,780円

1年も利用しないため、プランAで6,000円払うのはもったいないという人は、プランBの月払いを利用しましょう。

ただし、3か月以上スタートアップのバーチャルオフィスを利用する人は、プランAの方が安いので気を付けてください。

オプションプラン

オプションプランの料金表です。

オプション
秘書代行:980円
電話着信【03,050,地域番号】:1,080円
電話着信【0120】:4,080円
FAX番号貸出し:1,080円

貸し会議室

貸会議室の料金表です。2時間からの利用となります。

貸会議室(1時間)
平日:450円
土日祝:550円

スタートアップの対象エリアについて

スタートアップの拠点は、東京1箇所となります。

詳細は下記の通りです。

スタートアップオフィス
名称:東京・南青山オフィス
提供住所:東京都港区南青山2丁目※番※号 ※※※ビル ※※
TEL:03-4570-2612 (10:00~17:00・365日)

東京南青山は、東京都の中でも人気の高いエリアで、治安も良いです。

大通りを外れれば少し細かい道もありますが、街灯がしっかりと整備されているため住居としても人気があります。

また、周辺に飲食店など商業施設もあり、利便性も高いエリアでビジネスの所有地としても良い印象を与えやすい住所です。

個人事業主や副業で利用するならどのプランがオススメ??

個人事業主や副業として、スタートアップを利用するなら、バーチャルオフィスプランAでお得に支払いを済ませることをオススメします。

スタートアップには標準プランが2種類ありますが、内容は同じです。

プランAは年一括払い、プランBは月額払いと料金の支払い方によってプランが異なります。

ただし、プランBの月額払いは料金が高めに設定されているため3か月以上利用がある人は、プランAの年一括払いを利用しないと料金面で損をしてしまいます。

短期的に利用する場合以外は、プランAを利用してください。

他社のバーチャルオフィスサービスと比較しても、スタートアップの料金の安さは目を引きます。

手軽に住所利用をメインで利用したい人にはもってこいです。

オプションも複数あるためつける際は本当に必要か、しっかり考えてからプランを組むようにしましょう。

オプションは月額払いとなりますので、必要が無くなったら即座にやめるなど、毎月プランを見直し、費用を削減することをオススメします。

スタートアップを利用したい場合はどうしたら良いの??

スタートアップに申し込む方法をご紹介します。

STEP.1
ホームページにアクセスし、スライドをすると【お申込み】のボタンがあるためタップします。


STEP.2
お申し込みフォームに移動するため、名前やメールアドレスなどを入力した後【送信する】をタップします。


STEP.3
この工程で仮登録が完了しているため、運営から確認のメールが来るのを待ちましょう。
STEP.4
届いたメールに従って、必要書類を送付します。
STEP.5
審査が入ります。
結果は1~3営業日以内にメールで届くため待ちましょう。
STEP.6
審査通過後、入金と本人確認を実施し利用開始日からオフィスの契約がスタートします。

スタートアップの評判や口コミについて

スタートアップを実際に利用されている方の評判や口コミをまとめてみたので、スタートアップの利用を考えている方は、参考にしてみてください。

DMMバーチャルオフィスと比較してみた

スタートアップと同じくバーチャルオフィスサービスの、DMM バーチャルオフィスと比較を行いました。

DMMバーチャルオフィスと比較
DMM バーチャルオフィス スタートアップ
運営会社 合同会社DMM.com 株式会社プロスペック運営
プラン 計2種類(11月から計4種) 1種
月額料金 2,530円~ 500円~
エリア 銀座・渋谷・梅田(大阪) 青山(東京)

DMM バーチャルオフィスは、DMMグループが運営するバーチャルオフィスサービスです。

DMMグループであることを強みに、コールセンターやメール問い合わせの精度が高く、サービスの安定感が伝わってきます。

ただし、料金はスタートアップとは違い住所貸しのみでも月額2,530円~となります。

月額2,000円代でも十分オフィスとしては安い金額ですが、スタートアップのように月々の費用がワンコインの破格であると、安さはかないません。

スタートアップも様々なオプションをつけると、料金はもちろん跳ね上がりますので注意が必要です。

また、500円という安さから逆にサービスの質に対して不安に思うユーザーもいますが、その点は大手企業グループであるDMMバーチャルオフィスの信用性は魅力的です。

よって、月額2,000円代くらいなら安心できるサービスを利用したいという人は、DMMバーチャルオフィス、とにかく東京で安く住所を借りたい人は、スタートアップの利用することをオススメします。

どちらにしても、自分に合ったサービスを利用することがビジネス発展に繋がる大きな要因になります。

しっかりと情報を集め適したサービスを契約するようしましょう。

DMMグループが運営

コメントを残す