高収入を稼げる副業をランキング形式で紹介!!

不動産投資型クラウドファンディングとは??仕組みやオススメのサービスについて

不動産投資を始めたいけど、お金がない…
不動産投資型クラウドファンディングなら少額から始められるよ

副業おじさん

従来の不動産投資と言えば、不動産を購入して賃貸に出し、入居者から家賃収入を得るといった投資をイメージするかもしれませんが、最近では、少額から始められる「不動産投資型クラウドファンディング」が投資家達から注目を浴びています。

そこで今回は、不動産型クラウドファンディングの仕組みやメリット・デメリット、ソーシャルレンディングとの違いなどについて紹介していきたいと思います。

不動産投資型クラウドファンディングとは

そもそもクラウドファンディングとは、プロジェクトを実施するために必要な資金をネットを通じて不特定多数の人から集めるといった資金調達の一種になります。

今回紹介する不動産投資型クラウドファンディングは、このクラウドファンディングの機能を使うことで、少額で不動産投資を始められるんです。

もう少し具体的に説明すると、投資家達から集めた資金で不動産を購入・運用し、そこで得た利益を投資家達に分配するという仕組みとなっています。

そのため、投資家達はこの配当によって稼ぐことができるんです。

クラウドファンディングの機能を使った不動産投資だよ。

副業おじさん

不動産投資型クラウドファンディングのメリット

少額から不動産投資ができる

従来の不動産投資は、不動産を購入し、賃貸に出して、入居者から家賃をもらって稼いでいくというやり方だったので、数千万円の資金が必要でお金持ちしかなかなか始められない投資でした。

ですが、不動産投資型クラウドファンディングなら、少額から不動産投資が始められるので、学生や主婦、若いサラリーマンでも気軽に始めることができます。

CREALFANTAS fundingなどのサービスは、1口1万円から始めることができるよ!

副業おじさん

手続きなどの面倒な手間は0

一般的な不動産投資は、売却手続きや賃貸借契約手続き、お金の管理、滞納者への催促など面倒な手間がかかってしまいます。

ですが、不動産投資型クラウドファンディングなら、お金を投資するだけで、運営会社のプロが勝手に不動産を運用をしてくれるので、面倒な手間などはありません。

そのため、忙しいサラリーマンの人でも始めやすい副業なんです。

高利回りが期待できる

定期預金や個人向け国債などの利回りは、0.2~0.5%と言われています。

それに比べて不動産投資型クラウドファンディングの利回りは3~10%なので、高利回りが期待できます。

例えば、年利6%のプロジェクトに50万円を投資した場合、1年で3万円の利益を増やすことができるんです。

不労所得でこれだけの収入を得れるのは大きいですよね。

不動産投資型クラウドファンディングのデメリット

元本割れリスクがある

不動産投資型クラウドファンディングは、名前の通り「投資」なので、当然元本割れリスクもあります。

そのため、100万円投資して90万円になって返ってくる可能性もあるんです。

しかし、ほとんどのサービスでは、優先的に投資家の元本を守ってくれる仕組み(劣後出資)が採用されています。

この仕組みを採用しているCREALで説明すると、CREALはどのプロジェクトにも募集価格の10~20%を投資しています。

もし、そのプロジェクトが運用が上手くいかず、マイナスになってしまった場合、その金額がCREALの出資分以下なら全額負担してくれるので、投資家達の元本は守れるんです。

例えば、1億円のプロジェクトにCREALが2000万円投資した場合、2000万円までならマイナスになっても、投資家達の元本割れは発生しないということですね。

途中解約ができない

不動産投資型クラウドファンディングは、基本的に運用期間が終了するまで途中解約ができません。

運用期間は、だいたい半年~2年なので、その間は投資金を引き出せないと考えないといけません。

そのため、投資する際はしっかりと考えた上で行いましょう。

数日で募集終了になる

不動産投資型クラウドファンディングに掲載されているプロジェクトは、募集金額に達すれば、応募できなくなってしまうのですが、この投資は少額から始められるということもあり、とても人気ですぐに募集金額に達してしまい、応募できなくなってしまいます。

早いものなんかは、数日とかで募集金額に達するので、定期的に新しいプロジェクトの開始日を各サービスのメルマガなどでチェックする必要があります。

ソーシャルレンディングとの違いについて

少額から始められる不動産投資には、ソーシャルレンディングというものもあります。

このソーシャルレディングとの違いについて見ていきましょう。

そもそもソーシャルレンディングとは、ネットを通じて多くの投資家からお金を集め、そのお金を不動産事業を行っている会社に貸し、返済する際にもらう利息を投資家達に分配するといった金融商品になります。

そのため、貸した会社が貸し倒れをすれば、投資家達にお金は入らなくなってしまうといった特徴もあります。

また、貸金業法により、借り手側の会社名や住所、運用する不動産などの情報は非公開となっているため、投資家からするとなかなか投資しにくいといったデメリットがあります。

それに比べて、不動産投資型クラウドファンディングに掲載しているプロジェクトには物件名や住所などの情報が積極的に開示されているため、投資家からしても安心して投資することができるんです。

オススメの不動産投資型クラウドファンディング

CREAL(クリアル)|利回り3~6%

CREALは、運用資産残高約300億円である株式会社ブリッジ・シー・キャピタルが運営するサービスになります。

運用資産残高は業界No.1累計調達額は20億円突破分配金総額2500万円突破などの様々な実績があり、信頼性も高く、多くの投資家達が利用しています。

「週刊ビル経営」や「ZUU online」などのメディアにも掲載されていたり、

イメージキャラクターには武井壮さんが起用されているため、既にご存知の方もいるかもしれません。

どこで不動産投資型クラウドファンディングを始めようか迷った場合は、CREALに登録しておけば問題ありません。

1万円から不動産投資ができるCREAL(クリアル)の利回りや評判について

運用資産残高業界No.1

CREAL

FANTAS funding|利回り8~10%

FANTAS fundingは、2018年の売上高が107億円に達し、ベストベンチャー100に掲載されるほどの実績があるFANTAS technology 株式会社が運営しているサービスとなります。

業界の中でも高利回りで、最高利回りはなんと10%となります。

また、最短運用期間は4ヶ月となるので、すぐに投資金を回収することができるので、長期での投資をしたくないと考えている人でも大丈夫です。

【利回り8~10%】FANTAS fundingの評判や手数料などについてまとめてみた

業界No.1の高利回り



Jointoα(ジョイントアルファ)|利回り3~5%

Jointoα(ジョイントアルファ)は、2019年4月からスタートした新しいサービスとなります。

スタートしたばかりのサービスなので、プロジェクトの数はまだ少ないですが、運営会社である穴吹興産株式会社は、東証一部に上場しているため、信頼性が高く、投資家からしても安心して利用できます。

また、Jointoαも劣後出資を採用しており、業界でも高い不動産価格の30%までの損失を負担してくれます。

ただし、1口10万円と他のサービスよりも高いのがネックですね。

東証一部上場企業が運営

Jointoα(ジョイントアルファ)

まとめ|少額から始められる安定した不動産投資

今回は、少額から不動産投資を始めることができる不動産投資型クラウドファンディングについて紹介してきましたが、いかがだったでしょう。

今までは、不動産投資を始めるには莫大な資金が必要でしたが、不動産投資型クラウドファンディングなら1万円からと少額から始めることが可能になったので、学生や主婦なども気軽に始めることができます。

また、元本割れリスクがあるものの、それをカバーしてくれる劣後出資をどのサービスも採用しているので、投資家達は安心して投資することができます。

少しでも興味がある方は、この機会に是非始めてみてください!!

不動産投資を少額から始める方法3選!!利回りやリスクついても解説【AI×不動産投資】RENOSY(リノシー)の魅力と評判や口コミについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です