【広告掲載のご相談はこちらまで】

パルミールを利用するならどのプラン??評判や他社と比較してみた!!

パルミールを利用するならどのプラン??評判や他社と比較してみた!!

プー太郎

パルミールっていうバーチャルオフィスどうですか??
パルミールは、格安で都心で法人登記できるバーチャルオフィスサービスやで!!

副業おじさん

今回は、パルミールのサービス内容やプラン、評判などについてどこよりも詳しく紹介していきたいと思います。

この記事を最後まで読むことで以下の3つについて理解することができます。

  • パルミールのサービス内容
  • パルミールのプラン内容について
  • パルミールと他サービスとの違い


パルミールとは??

パルミールとは、palmyreが運営者として提供するバーチャルオフィスです。

バーチャルオフィスは仮想の事務所のことで、入居をしなくても格安でオフィスサービスを利用できます。

ビジネスにおいて、企業の所有地はすごく大事で、立地が都心であるという住所ブランドは、商談を有利に進める材料の1つとなるでしょう。

また、個人事業主がビジネスを行う際の拠点住所としても、バーチャルオフィスを利用できるため、安全にビジネス活動を行うことができます。

数あるバーチャルオフィスの中でも、パルミールは都心の法人登記ができる住所を提供している格安サービスです。

格安で1か月から1年の契約ができ、住所貸し出し以外の豊富なオプションも用意されています。

パルミールを利用するとどんなサービスが受けれるの??

パルミールでは、下記のサービスを利用できます。

  • 住所利用
  • 法人登記

住所利用

パルミールには、拠点が数か所ありそれぞれの拠点住所をレンタルすることができます。

どの拠点も、それぞれのエリアの一等地にあるため、利便性も抜群です。

ビジネスを始める際、どの場所に立地を構えているかというのも、商談によっては有利に働く要素です。

パルミールでは、その点も考慮して都心にバーチャルオフィスを構えています。

法人登記

借りられる拠点の住所は、法人登記をする際に利用することが可能です。

小規模で事業を行っている人は、自宅を法人登記用の住所として登録することがあります。

しかし、不特定多数の人にプライベートの自宅場所を提言することになるため、セキュリティ上危険であったり、賃貸マンションの場合法人登記できないこともあります。

このようなトラブルが起きないためにも、バーチャルオフィスサービスを使う方が良いです。

パルミールのプラン内容について

パルミールのプラン内容と金額をご紹介します。

基本プラン

パルミールの基本的なプランは、下記の通りです。

パルミールプラン
入会金 利用料金 デポジット 初期費用合計
毎月払い 5,000円 3,000円/月 10,000円 18,000円
半年1括払い  5,000円 12,000円 10,000円 27,000円
1年1括払い  5,000円 21,600円 10,000円 36,600円

住所利用は上記の価格で利用することができます。

1か月から契約ができますが、先を見越しまとめて支払った方が料金はお得になります。

ただし、安いからといってまだビジネスの方向性が不安定な状況で、長期契約をしてしまうと結果的に損をしてしまうこともあるため注意しましょう。

オプション

パルミールでは、オプションの内容も豊富です。

パルミールオプション
利用料金
転送電話 2,000円/月
郵便物都度転送 1,000円/月
郵便物転送 500円/月
共有FAX 500円/月
専用FAX 2,000円/月
レンタルwifi 8,000円/月
契約書発行 1,000円/通

月単位の契約となるため、いらなくなったオプションはすぐに解約することができます。

お得に契約できるからといって必要のないオプションをつけすぎないよう、よく考えて最低限の料金でサービスが受けられるようにしましょう。

パルミールの対象エリアについて

パルミールは拠点が5つありますが、現在「池袋オフィス」の利用が不可となっているため、4つの拠点をご紹介します。

渋谷オフィス

パルミール渋谷オフィスは、駅から5分の場所になる路面店の好立地です。

渋谷は、個性豊かな場所で複合施設や個性的なお店がいっぱいある魅力ある商業エリアです。

渋谷駅の周辺では、2019年にGoogle本社が移転してくる「渋谷ストリーム」の着工があったため、IT関係の業種も多く集まっています。

更に、トレンドの最先端というイメージも渋谷区にはあるため、ファッション系の業種からも人気です。

若い起業者が多く集まるトレンドのエリアでしょう。

パルミール渋谷オフィス
住所:〒150-0002東京都渋谷区渋谷1-8-5 グローリア宮益坂102
電話番号:03-6433-5377
アクセス:JR渋谷駅5分

秋葉原オフィス

パルミール秋葉原オフィスは、駅から30秒の一等地に拠点を構えている、利便性抜群のオフィスです。

秋葉原は、アニメやジャパニーズカルチャーの中心として、日本だけではなく世界中から注目が集まるエリアです。

コアなトレンドを生み出す秋葉原は、その背景で多くのビジネス者が起業をしているためフリーランスや若き起業者にとって今ホットな場所でしょう。

パルミール秋葉原オフィス
住所:〒101-0025東京都千代田区神田佐久間町1-16-1 大橋ビル503
電話番号:03-6868-8848
アクセス:JR秋葉原駅徒歩30秒

大阪梅田オフィス

パルミール大阪梅田オフィスは、JRから徒歩3分の大阪駅前ビルにあるオフィスです。

西日本で開業をするなら、大阪をまず拠点にしたいと思う人が多いでしょう。

大阪はそのイメージに恥じない、西日本最大の人口を誇っていて2025年に始まる大阪万博によるビジネス期待値もどんどん高まっています。

より、日本の第二都市として存在感を放っています。

パルミール大阪梅田オフィス
住所:〒530-0001大阪府大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビル2階5-6号室
電話番号:06-6486-9009
アクセス:JR大阪駅

なんば日本橋オフィス

パルミールなんば日本橋オフィスは、日本橋駅から徒歩3秒の駅近オフィスです。

なんば日本橋エリアは、大阪の代表的な繁華街で、食い倒れの街として知名度は抜群です。

国内外から多くの人が集まる場所でもあり、観光、ビジネス、グルメとたくさんの情報が詰まっています。

会社を新規設立する場合はもちろん、既存の会社の登記変更にも対応可能です。

パルミールなんば日本橋オフィス
住所:〒542-0073大阪府大阪市中央区日本橋1丁目17-17 ピカソ日本一ビル604号室
アクセス:大阪メトロ千日前線の日本橋駅10番出口から徒歩3秒
電話番号:06-4395-5723

個人事業主や副業で利用するならどのプランがオススメ??

パルミールのプランは、個人事業主や副業でビジネスを行う場合でも、もちろん利用可能です。

プランは1つのみですが、初めはオプションをつけないでお試しとして、1か月プランから契約してみることをオススメします。

ビジネスの基本は、必要ない費用は掛けず最低限に出費を抑えることです。

先に長期間の契約や複数のオプションを契約してしまうことで、必要のない出費が増えてしまわないようにしなければなりません。

せっかくお得な料金で住所が借りられるのに、間違えて費用を掛けすぎないようにしましょう。

パルミールを利用したい場合はどうしたら良いの??

パルミールを利用する場合の登録方法をご紹介します。

STEP.1
パルミールのホームページにアクセスし、登録の説明が書いてる画面までスライドします。


STEP.2
利用規約を確認します。


STEP.3
登録方法は、直接拠点へ来店する方法と郵送で対応する方法があります。
STEP.4
来店の場合は、顔写真付きの公的身分証明書を持参し、その場で申込書の記載を行います。
郵送の場合はメールにて顔写真付きの公的身分証明書添付し送信すると、申込書が記載の住所に送られてくるため、記載し返送します。
STEP.5
申込書が受理されれば、バルミールの登録は完了しサービスが利用できます。

パルミールの評判や口コミについて

パルミールの評判や口コミについて調べましたが、今のところ、利用者からのそのような情報はありませんでしたので、見つけ次第、共有させていただきます。

ワンストップビジネスセンターと比較してみた

パルミールと同じくバーチャルオフィスサービスを提供している、ワンストップビジネスセンターと比較を行いました。

ワンストップビジネスセンターと比較してみた
ワンストップビジネスセンター パルミール
運営会社 株式会社ワンストップビジネスセンター palmyre(運営者)
プラン 主要3種類 1種類のみ
月額料金 4,800円~ 3,000円~
エリア 全国32拠点 東京、大阪

ワンストップビジネスセンターは、株式会社ワンストップビジネスセンターが運営するバーチャルオフィスです。

全国に拠点が32箇所と複数あり、借りられる住所の選択肢が多いことが魅力的です。

その点、パルミールは東京と大阪にしか拠点がなく、そもそもの数が少ないです。

東京や大阪で活動をしていて、パルミールの住所を借りる分には良いですが、地方の住所を借りたい人にとっては不向きでしょう。

また、プランの種類にも注目すると、ワンストップビジネスセンターは3種類あるのにもかかわらず、パルミールは1種のみとなります。

以上のことから、2社を比較したところ、当サイトでは拠点やプランなど選択肢が多く、自分に合った方法でバーチャルオフィスを契約できるワンストップビジネスセンターをオススメします。

自分に合ったサービスやプランを選択し、よりバーチャルオフィスを便利に利用してください。

 

1ヶ月基本料金無料

コメントを残す