広告掲載のご相談はこちらから

情報商材アフィリエイトで稼ぐには??オススメのASPと始め方について

情報商材のアフィリエイトについてはわかりにくい部分も多いですよね。

しかしこれを知らないことであなたは大きな損をしている可能性もあります。

この記事では情報商材のアフィリエイトを徹底解説します。

この記事を読むだけであなたの副業が大きく成功するかもしれません。

それほど情報商材アフィリエイトには大きな可能性があります。

この記事にたどり着いたあなたは本当にラッキーです!

それでは具体的に解説していきます。

  • 情報商材アフィリエイトって??
  • 情報商材って怪しくないの??
  • 情報商材アフィリエイトを始めてみたい

この記事はこのような方にオススメの内容となっております。

情報商材アフィリエイトとは?

そもそも情報商材アフィリエイトとは、簡単に説明すると情報商材を販売している人の宣伝のお手伝いになります。

広告を自身のブログなどに貼り、そこから購入者が現れた場合に、報酬として売り上げの一部をもらえるような仕組みとなっています。

通常のアフィリエイトであればA8.netやバリューコマースのようなASPや、Amazonや楽天のようなECモールから、売りたい商品の広告を選んで自分のブログなどに貼ります。

この情報商材アフィリエイトも基本的にはその流れと同じです。

情報商材専用のASPがありますので、そこに無料のアフィリエイター登録をしてから売りたい情報商材を探してブログなどに貼るだけです。

ASPやECモールのアフィリエイトとの大きな違いは単純に2つあります

  • アフィリエイト報酬が高い
  • その分販売のハードルが高い

という2点です。

つまり、売れれば大きく稼げるけど売るのは大変であるということです。

それでは情報商材アフィリエイトのメリットを具体的に解説していきます。

【人気の副業】アフィリエイトとは??始め方やメリット・デメリットなどについて【初心者でも安心】おすすめのアフィリエイトASPをジャンル別にまとめてみた

情報商材アフィリエイトのメリットとは

情報商材アフィリエイトのメリットは主に以下の6つが挙げられます。

  • 提携審査がないから気軽に好きな商品をアフィリエイトできる
  • 大きく稼ぐことができる
  • 承認率が高い
  • ブログの資産化が容易になる
  • 高額でも売れるジャンルが理解できてASPアフィリにも応用が利く
  • 高いセールス力を得られてどんなものでも売れるようになる

それぞれ具体的に触れていきましょう。

提携審査がないから気軽に好きな商品をアフィリエイトできる

ASPアフィリエイトもAmazonアソシエイト(アフィリエイト)も厳しい登録審査がありますよね。

Amazonは最初に審査を通してしまえばその後は自由に好きな商品を選んで広告を貼れますが、ASPはほとんどの広告の提携にもまた審査が必要になります。

楽天も登録時や広告を貼る時点では審査がありませんが、報酬の銀行振り込みを申請した時に初めて提携ページの長くて厳しい審査が入ります。

結局無審査で自由に広告を貼れるASPってほとんどありません。

この提携審査は年々厳しくなる一方で、せっかくアフィリエイトしたい商品やプログラムが見つかっても、提携申請するブログなどがしっかり作り込まれているのはもちろん、アクセス数や検索順位・使用キーワードまで重視されます。

さらに厳しいケースだとその紹介したい商品のジャンルに特化したブログでないと審査が通らないケースもどんどん増えてきています。

これは僕自身実際にあったケースですが、様々なジャンルを扱う雑記(トレンド)ブログを運営していて、ある商品に関連性が強いアクセスが爆発しました。

その商品の広告を貼ればものすごく売れると判断して提携申請を出しましたが、提携審査の結果断られてしまって広告が貼れなかったのです。

審査落ちの理由は教えてくれませんが、そのブログはアクセス数も大きいブログでしたから、考えられた原因は1つです。

その商品のジャンル記事はその1記事しかなかったからです。

かなり作り込んで1万文字以上の記事だったのに落とされました。

雑記ブログを運営していると、既に作成していた記事で取り扱った内容と同じものが、テレビなどで紹介されて話題になるなどのケースで突然アクセスが爆発することがあります。

その時にそのアクセスユーザーが求めているであろう商品を予測して、その広告を貼るだけで一気に100万円以上稼げてしまうこともあります。

しかしその広告を貼りたくても広告提携審査があって、その審査が厳しかったり時間がかかったりすることも少なくありません。

その場合は広告を貼ることができず「100万円」のチャンスをフイにしてしまうのです。(これって広告主も大損してることになるんですけどね...)

トレンド系のアクセスはせいぜい数日から長くても1週間程度しか続きません。

しかし、その審査のためにわざわざその商品のジャンルに特化したブログを作って、長文でしっかり作り込まれた記事を10記事以上も作成して、やっと広告が貼れるなんて時間がかかることをやっていたら商機はあっという間に過ぎてしまいます。

また、情報商材ASPは最初の登録に審査はなく、その後も広告提携審査などなく、紹介したい商材が見つかればすぐにアフィリエイトコードを取得できます。

この違いはとてつもなく大きいです。

なぜなら、その商材を紹介すれば売れそうなアクセスが集まっている時に、すぐに広告を貼ることができることで大金を稼ぐチャンスを逃さずに済むからです。

情報商材には「悩み系」のキーワードに対する解決策を取り扱うものも多いですから、「一撃100万円」のチャンスはいくらでも転がっています。

提携審査がないことは本当にありがたいです。

ただ商材販売者の中には自分の商材を一度購入した人にしか通常のアフィリエイト報酬を設定してくれず、通常時はアフィリエイト報酬が「1円」で設定されているものもあります。

そういう例外もありますが、ほぼ審査なしでいきなり提携できるのは情報商材アフィリエイトの極めて大きな強みです。

大きく稼ぐことができる

ASPやECモールのアフィリエイトと情報商材のアフィリエイトの違いで、真っ先に思いつくのはやはり報酬単価の違いです。

ASPも報酬単価は大小さまざまですが、「売れ筋」の商品はせいぜい数百円~数千円くらいまでの報酬単価です。

Amazonや楽天に至っては報酬率が極めて低いから1つ売れても数十円程度しか稼げないものがほとんどな上に、1件あたりの報酬の上限も1000円と決められているので大きく稼ぐことが極めて難しくなっています。

しかし、情報商材の場合は寧ろ1つあたりの報酬は1万円を超えるものが「普通」くらいの感覚です。

安くても大体5000円以上の報酬はありますし、後述する販売のハードルを考えれば5000円以下の報酬なら紹介する意味もあまりないでしょう。

逆に1つ売るだけで10万円以上にもなる商材だってあります。

ECモールはもちろん、ASPだってこんなに高単価の案件がゴロゴロ転がっていることはありえません。

報酬の高さが文字通り“桁違い”なんです。

1つ1万円の報酬があれば10個売るだけで10万円の収入になります。

ASPに多い1000円程度の価格帯の商品なら10万円稼ぐには100個も売らなければなりません。

効率面でも大きな違いがあり、これも情報商材アフィリエイトのメリットです。

承認率が高い

ASPアフィリエイトでは成果が発生しても非承認とされてせっかくの成果を潰されてしまうことが決して少なくはありません。

広告によって提携審査だけでなく、成果の商品まで厳しいところも多いので、そのような広告でアフィリエイトをすると時間の無駄になりかねません。

実際に「承認率」という数字がありますが、多くのASPではそれが簡単にわからないようになっています。

なのでどうしても「手探り」で承認率の高そうな商品を選定する必要があるわけです。

しかし情報商材アフィリエイトはどのASPも承認率は極めて高いです。

ほぼ100%に近い数字で承認されます。

なのでせっかく成果が発生しても広告主に潰されて時間と労力の無駄になるいようなことがほとんどないのも魅力です。

ブログの資産化が容易になる

上述した通り、1つ売るだけで大きな報酬を得られて承認率も高いので、作った記事やブログから月に数件売れるだけで数万~10万円の収入を得ることも可能です。

「稼ぐ系」や「悩み系」の商材は基本的に時期に関係なく年間通して売れるので、

1つ売れるブログを持つだけで安定した固定収入に繋がります。

そのようなブログを2つか3つ作るだけで生活費レベルの収入を得られてしまう可能性も高いです。

そして一度作成してしまえば記事の追加等もほとんど必要ないので、たまに修正をする程度でほぼ“ほったらかし”で稼げてしまいます。

延々と記事を毎日追加し続けなけばならないタイプのアフィリエイトとは全く違う性質があるのです。

“不労所得”の要素もあるブログの資産化が狙いやすいのも情報商材アフィリエイトのメリットと言えます。

高額でも売れるジャンルが理解できてASPアフィリにも応用が利く

ASPのアフィリエイトをしていると、その商品の販売価格が高くなればなるほど売れにくくなることを感じることが多いです。

販売価格が1000円を下回るなら売ることは難しくありませんが、当然報酬も小さいです。

ASPでも高い商品を売ることができれば、効率的に大きな金額を稼ぐことができますが、それがなかなかできないのが現実です。

しかし、情報商材アフィリエイトをしていると「この商材はかなり高い金額なのにこんなに簡単に売れるんだ!」と驚くことも多いです。

悩みの深さやそれに対する「解決策」のニーズの強さによっては、万単位のお金をすぐに払ってでも情報を欲しがっているジャンルや商材って結構多いんですよ。

そういうものって実際にやってみなければわからないんですよね。

なので情報商材アフィリエイトをしていると「高くても売れるジャンル(商品)」というものがわかります。

ASPで似たような商品を見つけたら、同じような記事やブログの作り方をして広告を貼れば(審査に通ればですが)同じように稼げてしまいます。

ASPアフィリエイトにも応用が利くのもメリットになりますね。

高いセールス力が習得できて、大抵の商品は売れるようになる

ただ、後述しますが情報商材を売ることはASPの商品を売るよりハードルが高く、簡単ではありません。

情報商材を販売するにはそれなりのセールスライティング力や訴求の流れなどを自分で体験しながら学ぶ必要があります。

最初は大変ですが、それを習得できれば上述した「高くても売れるジャンル」の知識と合わせて大抵の商品を売ることができる「セールス力」が身につきます。

そのセールス力はあらゆる場面で応用できます。

リアルでの物販でもその考え方は使えますし、人間関係や恋愛術にまで応用が利きます。

情報商材アフィリエイトを挑戦することで人生のあらゆる場面で役立つ力が得られると考えても決して大げさではないでしょう。

特に現代はネットで物を売ることが当然の時代になり、スポンサー企業の広告費が最も投入される媒体もこれまでのテレビを超えてネットになりました。

これからの時代はネット上での高いセールス力を持つ人が一番稼ぐことができるようになるのです。

情報商材アフィリエイトのメリットはここまで触れたもの以外にもまだたくさんあります。

ぜひ挑戦してみることをおすすめしますが、その反面デメリットもあります。

次はその部分について解説していきます。

情報商材アフィリエイトのデメリット

情報商材のアフィリエイトにはメリットがたくさんあることがわかりました。

しかしその反面で以下↓のようなデメリットもあります。

  • 販売のハードルが高い
  • いつまでできるかわからない

この2点については知っておいてほしいので具体的に触れていきます。

販売のハードルが高い

情報商材アフィリエイトは報酬が大きいことで、当然競合相手も手ごわいです。

アフィリエイトとしてはマイナー分野かもしれませんが、参入している人は決して少なくはない上に、「実力」が高いライバルが多いです。

そもそもそれ以前に情報商材は過去に詐欺的なものを販売した人が逮捕されたりいろいろ問題になったことからイメージが悪いということもあります。

単純に販売ページを見ただけで「うさんくさい」と感じられがちですし、そのページも縦に延々とスクロールしなければならないほどの長さで、ほとんどの人は最後まで読んでくれず離脱してしまいます。

また、ASPにはテレビCMなどで露出も多く認知度が高くて紹介するだけで売れやすいものも多いですが、情報商材はほぼ全て認知度がなく「誰も知らないもの」を売らなければなりません。

Amazonや楽天のようにそのモール自体の信用度で簡単に売れるというケースも情報商材ではほぼありえません。

書店で中身を立ち読みして確認してから買うように、実際に中身を購入前に確認できないために、ますます心理面でのハードルも高くなります。

それだけ「売るのは大変」ということは認識しておく必要があります。

いつまでできるかわからない

そして過去に詐欺的な商材を販売して逮捕者が出たり、その「危険性」をメディアが盛んに報じていることから、何らかの規制が入る可能性がないとも言い切れません。

アフィリエイトの健康系ジャンルでは、過去に悪質な医療記事を量産した人によってGoogleのすさまじく厳しい規制が入るようになり稼げなくなりました。

YouTubeも悪質な投稿者が増えたことで、どんどん規制を強化し始めて稼ぐことはかなり難しくなってきました。

転売の世界でも悪質な手口で荒稼ぎする人が出てきたことで、Amazonやブックオフや各ネットショップが「転売潰し」と言える厳しい規制や対応をするようになってかなり稼ぎにくくなってしまいました。

稼げる市場には悪質な手段で稼ごうとする人は必ず出てきて、そのような人が増えれば規制が入り、それまで稼げていた市場が全く稼げなくなるという例は他にもいくらでもあります。

情報商材に関してはその問題性から“法規制”が入る可能性がないとも言い切れません。

必ずしもそうなるという話ではありませんが、稼げなくなる時が来るリスクがあることは認識しておいた方が良いでしょう。

しかし、現在はまだ情報商材アフィリエイトで稼ぐチャンスはいくらでも転がっている状況です。

せっかくのチャンスですから今のうちに稼げるだけ稼いで、そのセールス力を習得しておけば、その後のあなたの人生を大きく変えることができます。

では、情報商材アフィリエイトで稼ぐにはどうすれば良いか?

次はその部分を説明します。

情報商材で稼ぐためのポイント

デメリットの項で触れた通り、情報商材を売ることは簡単ではありません。

情報商材を売るためには以下のポイントを重視します

  1. 「稼ぐ系」商材以外を狙う
  2. 購入に至るまでの効果的な流れの構成を考える
  3. 訪問者の悩みや願望を掴んで文章を書く
  4. メルマガの利用
  5. 特典の活用

それぞれを1つ1つ解説していきましょう。

「稼ぐ」系商材以外を狙う

「情報商材」と言えば、「アフィリエイトで稼ぐ方法」とか「転売で稼ぐ方法」とか「FXで稼ぐ方法」のような「稼ぐ」系の商材ばかりをイメージします。

実際よく売れるのもこのジャンルであるのも事実ですが、このジャンルは競合も多いのです。

さらに詐欺的イメージが強く購入されるまでのハードルが高いのも「稼ぐ」系の商材です。

そして「稼ぐ」系商材はそれを紹介しているアフィリエイター自身も既にどれだけ稼いでいるかの「実績」を重視します。

ライバルのアフィリエイターは豪華な実績をPRしている人ばかりで、そのような相手に実績のないアフィリエイターが対抗しようとしても勝ち目はないです。

しかし情報商材は「稼ぐ」系商材ばかりではありません。

情報商材のジャンル

  • 健康系ジャンル(睡眠法・花粉症の治し方・うつ病克服等)
  • 美容系ジャンル(ニキビの治し方・ダイエット・脚痩せ等)
  • 語学系ジャンル(英会話等)
  • スポーツ系ジャンル(ゴルフ上達法・バスケ上達法・足が速くなる方法等)
  • 対人関係ジャンル(出世する方法・恋人と復縁する方法・示談交渉法等)
  • 子育て・ペット系ジャンル(夜泣き対策・背が伸びる・ペットのしつけ等)
  • 資格・就活ジャンル(宅建合格法・面接突破術・転職で成功する方等)
  • 音楽系ジャンル(カラオケ上達法・ギターが弾ける・ピアノが弾ける等)
  • 技術習得系ジャンル(絵が上手くなる・占い師になれる・プログラム習得等)

このように悩み系ジャンルの商材もたくさんあります。

「人の数だけ悩みがある」と言われる通り、需要はいくらでもあるのです。

「悩み」系ジャンル商材は強いアフィリエイターがあまり手を出さないので競合が弱いですし、購入者もいちいち相手の実績とか気にしません。

しかしその「悩み」が深ければ深いほど、お金払ってでも解決したいと考えている人はたくさんいるのです。

特に人に言えないような悩みであればあるほどネット上では売れやすい性質があります。

今から情報商材アフィリエイトに挑戦するのであれば「悩み」系ジャンルを狙うことをおすすめします。

購入に至るまでの効果的な流れの構成を考える
売ることが難しい商品を売るために不可欠な誘導法(流れ)があります。

それは

現状を自覚させる(共感・価値観の共有)

そのためには何をする必要があるかを示す(教育)

その解決手段を教えてあげる(販売)

という流れです。

ここではダイエットの情報商材を販売すると仮定して話をすすめます。

ダイエットしたい人の“現状”を自覚させるためにはどうするか?

その為にはまずダイエットしたいという「悩み」に対してまずは“共感”を得なけばなりません。

人は自分を理解してくれている相手に心を開きます。

「太っていると着たい服が着れないから困りますよね」

「海に行きたくても水着になれないですよね」

「好きな人に告白したくても自分に自信が持てないですよね」

のようにその悩みから発生する具体的な問題点を先に提起してしまいます。

そうすることで同じことに悩んでいた人から「そう!そうなんだよ」と“共感”をまず得なければなりません。

そうして共感してくれた人は既にもう「見込み客」になります。

もちろん提起した問題点がその相手の抱えているものと違うこともあります。

しかし万人から物を買ってもらうことは元々無理があります。

「100人中100人に売ることを狙って全員逃す」を意識するのではなく、

「100人中で購入意欲の高い10人を逃さずに確実に売る」考え方が必要です。

「見込み客」を食いつかせるためにふるいに掛ける作業と考えてください。

また、具体的な問題点を提起することで、

自分の抱えている問題点とズレていても意外とついてくる人もいます。

問題点を具体的に提示することはそのような「副産物」もあります。

だからまずはダイエットをしたい人が抱える具体的な問題点を考えて、こちらから先に提起することを意識してください。

そうすることでお互いに現状を自覚することができて共感を得られて、「価値観の共有」も可能になります。

とにかく何を売る時でも相手から“共感”を得ることを重視してください。

“共感”はセールスをする際に最も重要になるテーマです。

現状を自覚できた後は、何をする必要があるかを「教育」する必要があります。

一口にダイエットと言ってもダイエットにもいろいろなやり方があります。

食事(糖質)制限(ファスティング含)、運動、睡眠法、生活改善、呼吸法など挙げたらキリがないほど様々な方法があります。

販売しようとしているダイエット商材は何らかのダイエット方法を示しているはずなので、その手法が「一番痩せやすい」「なぜ痩せやすいのか」を教えてあげてください。

既に相手はあなたに共感して好感を抱いている状態になっていますから、まるで家族や友人から話を聞いている時のように素直に受け入れやすくなっています。

人は全く知らない人が勧める話は聞こうともしないけど、親しい間柄の人が言ったことはなぜか鵜呑みにしてしまう傾向があります。

だからこそ最初に“共感”を得て親近感を構築しておくことが重要なのです。

そしてその際に「この方法ならあなたは着たい服が着れるようになって、素敵な彼氏ができるようになるよ」と、その方法を実践した先の“変化”を具体的にイメージさせてあげてください。

基本的に人間が行動を起こすときは「変化(変わりたい)」を求めて行動します。

この場合だったら「痩せて着たい服を着たい、彼氏がほしい」等ですね。

現状からどう変われるのか「ベネフィット」をわかりやすく提示することで、相手の購買意欲はいよいよ高まります。

具体的なダイエットの法の有効性を理解させたらいよいよ「販売」の段階です。

実際に「このダイエットが一番痩せる」「実践すればこんな素敵な未来が待っている」と案内できたものの、具体的にどうやれば良いか、そしてとても続けられない大変な方法なんじゃないかなど相手が不安に思うはずです。

その不安を取り除くように「すごく簡単に実践できる教材がある」と教えてあげれば良いのです。

相手は既に食いついていたけど、その「不安」のために躊躇していたところに、ズバッとドンピシャな商材を紹介するわけですから、必然的に買ってもらえる可能性は高まるわけです。

ここまでが「売ることが難しい商品を売るための誘導法」の大まかな流れです。

当然かなりざっくりとした説明ですし、実際はもっと細かなコピーライティング力や駆け引きなど様々な肉付けがあればより効果的になりますが、この大本の流れだけ意識しているだけで購入率は大きく上がります。

逆に言えばこのような過程を飛ばしてアクセスしてきたユーザーにいきなりバナー広告を押し付けたって誰も買ってくれません。

相手に自然と購入させるような「流れ」を自分の中で掴んでください。

ちなみにテレビで通販番組を見るようにすると、ここで言ったものと全く同じではないものの、やっぱり似たようなことを意識しているのがわかって勉強になりますよ。

訪問者の悩みや願望を掴んで文章を書く

セールスライティングでもっとも大切なことは「たった1人の相手に向けて記事を書く」ということです。

100人中100人に売ることを目指して全員に逃げられるより、100人中1人でも売れれば良いというくらいのつもりで徹底して対象を絞りまくります。

そのメッセージを書く際に相手のことを様々イメージします。

  • 性別
  • 年齢
  • 職業(学歴含む)
  • 年収(貯金や所有資産も含む)
  • 家族構成(既婚か独身か、既婚なら子供はいるか等も含む)
  • 人間関係(恋人・友人・職場の同僚や上司)
  • 生活環境(1人暮らしか家族同居か、食事や睡眠や休日の多さ等)
  • 趣味嗜好
  • 住んでいる地域(寒い地域・暖かい地域・田舎・都会・雨が多い等)
  • マイカー所有の有無
  • ネットの利用環境
  • 現状抱えている悩みや願望

このように様々な条件から1人の人物を作りあげてください。

もちろん販売しようとしている情報商材の属性にもっとも合うと思える人物を想像して作りあげるのです。

その相手を想定してその相手を「助けてあげたい」という視点で記事を書くのです。

そうすることで読んだ相手には格段に刺さりやすくなります。

そこまで属性を絞り込んだらほとんどの相手は対象外になると考えがちですが、属性を絞れば絞るほど逆に対象外の相手も食いついてくるようになるのです。

むしろ万人に向けてのメッセージの方が相手の心には刺さりにくく印象にも残らないのです。

とにかく「たった1人の相手に」を意識して「その人を助けてあげたい」という気持ちで記事を書いてください。

どうしても作りあげることが難しい場合は、誰か親しい間柄の人を想定するという手段もあります。

商材の属性に合う相手がいればの話ですが、もしそういう人がいれば、その相手を「助けてあげたい」という気持ちで商材を紹介する記事はとても書きやすいでしょう。

その相手が家族や恋人や親友など大切な存在であればあるほど、相手に刺さる記事が書けるのです。

記事を書く際はこの「たった1人の相手を助けてあげたい」という感情で書くことはセールス面でとても効果的です。

これはセールスライティングで特に重宝されている手法です。

メルマガの利用

ここまで「売ることが難しい商品を売るための誘導法」→「たった1人に向けて記事を書く」という流れで説明してきましたが、これをブログなどでやると文章が長くなってしまいます。

情報商材は販売ページも文章が長く読むのが大変なのに、その前のページまで長くなってしまうと相手もさすがに負担を感じてしまいます。

長い文章を読むのが苦手な人だって世の中にはたくさんいるのです。

そこでおすすめしたいのが「メルマガ」を配信することです。

メルマガなら適度な文量で回数を分割して区切りながら配信できます。

相手も読むのが苦痛になりません。

人間心理的にも「ザイオンス効果」というものがあり、1回ですべてを案内するよりも、複数回に分けて接触回数を増やして案内した方が相手も信頼感と親近感を高めやすくなる効果があります。

3回以上接触すると相手に対する認知度や好感度はかなり高くなるという実験結果も出ています。

なのでメルマガを配信して3回以上に分けてセールスをかけることで、販売確率はブログで1回の紹介だけで狙う何倍も高くなります。

情報商材アフィリエイトとメルマガは“極めて”相性が良いものです。

アフィリエイトで月に100万円以上稼いでいるという人のほとんどはメルマガを利用しています。

あなたも大きく稼ぎたいと考えているのであればメルマガ配信を強くおすすめします。

購入特典の活用

情報商材アフィリエイトをしている人の中には「購入特典」というものをつけてアフィリエイトをしている人も多いです。

この「購入特典」とは、自分のアフィリエイトリンクから購入してくれた人に、購入と引き換えに自分からも別の情報をまとめたレポートや動画や音声ファイルなどをプレゼントするというものです。

購入者からするとほしかった商材が手に入るだけでなく、さらに別の情報特典まで手に入るわけですから、これでさらに購入確率が高まるのです。

この特典は自分で作成しなければならないので、いきなり用意するのは難しいかもしれません。

しかしこれも考え方次第であり、自分の得意なジャンルや自分が他の人より詳しい分野(情報)というものは誰にでもあるはずです。

  • ダイエットに成功したことがある
  • 筋トレの効果的な方法を知っている
  • ボーリングがすぐ上手くなる方法を知っている
  • 告白の成功率を高める方法を知っている
  • メルマガ読者を簡単に増やす方法を知っている
  • ブログのアクセスを簡単に増やす方法を知っている
  • 英会話の上達法を知っている

これらは具体例ですが、このような感じで自分の中にも何か「人に教えてあげられること」があるはずです。

その情報やノウハウをまとめてPDFファイル化して渡すだけで良いのです。

自分が元々知っている詳しいことをまとめるだけですから決して大変な作業ではないでしょう。

自分にとっては「こんなこと知りたい人いるのかな?」と思うことでも、世の中にはその情報を求めている人はたくさんいるんです。

ココナラやnoteが人気になったことからもそれがよくわかりますよね。

何か1つ特典があるだけで購入率はかなり違ってきます。

その特典がアフィリエイトする情報商材と親和性が高い情報であればより効果的です。

特に、自分が持っている情報に自信があってアフィリエイトしようとしている商材より価値があると思えるほどの特典を作れる人なら、かなりの購入率が期待できるでしょう。

よく売れている情報商材は、実はその特典が情報商材以上に魅力があるから売れているケースも少なくないです。

この「特典戦術」はメルマガ同様に非常に効果的なので、あなたも自分の中にある“情報”を整理して出せるだけ抜き出してみてください。

自分の得意なこと、「これだけは誰にも負けない」という知識、これまで部活やバイトや仕事など様々な活動の中で経験してきて普通の人は知らないような特別な情報などそういうものがないか徹底的に絞り出してください。

過去の遡れるだけ遡って過去の日記やアルバム・メール履歴など様々なものをひっくり返して探せば必ず何かしらあるはずです。

あとはそれをまとめて特典としてプレゼントするだけで良いのです。

情報商材アフィリエイトで稼ぐためのポイントとしてはこの5つを意識しておくとかなり成功率が高まります。

次は、情報商材アフィリエイトはどこで始めれば良いのかについて触れていきます。

情報商材アフィリエイトを始めるには??

情報商材アフィリエイトを始めるのは簡単です。
以下の情報商材ASPに無料登録するだけです

  • インフォトップ
  • インフォカート
  • サブライムストア
  • アドモール

それではそれぞれのASPの特徴を紹介します。

インフォトップ

情報商材ASPで最大手です。

扱っている商材の多さがとにかく多く、「稼ぐ」系の商材で優良商材のほとんどがここに集結しています。

販売する商材の審査が厳しいことで知られ、詐欺的な商材がほとんどないことで安心して紹介することもできます。

情報商材アフィリエイトをするならここは絶対に登録しなければなりません。

インフォカート

インフォトップに次ぐ情報商材ASPで、運営歴の長さもインフォトップと並びます。

情報商材ASPは多くが淘汰され潰れてきましたが、長年生き残っているのはインフォトップとここくらいという点からも、信頼感のあるASPです。

しかしインフォトップに比べると「売れ線」の情報商材が少ないデメリットもああり、紹介する商材探しに苦労するかもしれません。

サブライムストア

インフォトップ・インフォカートと同じくらい長く続いているASPですが、「長く細々と」続いている印象が否めないASPです。

扱っている商材の数も決して多くはありません。

ただ、その分商材の審査がもっとも厳しいASPであり、ここで販売している商材ならまず信用しても大丈夫だと考えている人も多いほどです。

「数より質」で勝負するASPと言えますね。

アドモール

割と歴史が新しい「後発組」のASPで、その分商材の本数を求めているためか、商材審査が若干緩めのために、他のASPでは見られないユニークな商材も多いです。

ユニークなのは商材だけではなく様々なシステムで、他のASPとの差別化をかなり意識していることがわかります。

「アフィリエイターの“媒体”をアフィリエイトする」というシステムがあり、これは力のあるアフィリエイターが自分のアフィリエイト報酬を分割して支払うことで、その記事を紹介する「サテライト・アフィリエイター」を募集するものです。

具体例を挙げると、本来1万円のアフィリエイト報酬がある商材をアフィリエイトする時に、その半分の5000円分は自分の記事を紹介してくれたアフィリエイターに支払う設定をして、そのアクセスから売れた際に本来1万円の報酬を2人で“山分け”するイメージですね。

「サテライト」側でも自分では実績が無かったり魅力のある記事を書いたり特典を用意したりできないという人は、魅力のある媒体や特典を持っているアフィリエイターにアクセスを流すことでそのアフィリエイト報酬の半分をもらえるわけで、双方にメリットがあるシステムです。

またこのASPには購入者にポイントが付与されます。

基本は1~2%の付与率ですが、情報商材は10万円を超える高額商材もあり、そうなると1~2%でもバカにならない数字になります。

さらに時々10%など大きな付与率で販売する商材販売者もいるので、ポイントを稼ぐ機会も多いです。

ポイントがある分売れやすくなる要素もあるわけです。

ただ、そのポイントはアドモール内の商材購入でしか使えず、換金もできないのでそこまで強い効果はありません。

また商材の数はやはり少ないので、紹介したい商材がなかなか見つからないデメリットもありますね。

現状国内の情報商材ASPは主にこの4つですが、最初はインフォトップだけ登録しておけば十分です。

商材の質・種類の多さなど考えるとインフォトップを登録しない意味がないので、ここだけまず無料登録して実際に自分のブログにリンクを貼ってみましょう。

やってみないとわからないことも多いですし、まず行動を起こさないと何も始まりませんからね。

それでは、あなたの情報アフィリエイト活動の参考にしてほしいので、僕自身の実践記と感想をお話ししましょう。

情報商材アフィリエイトを実際にやってみた感想

僕が情報商材アフィリエイトを始めたのはもう10年くらい前で、既にインフォトップとインフォカートが誕生していて、サブライムストアが出来たばかりの頃でした。

その頃は今では存在しない日払いで報酬を入金してくれるASPなどもあって、すぐにお金になるのが魅力でそこでアフィリエイトをしていました。

海外投資ブログのサイドバーにただテキスト広告を貼っていただけのことでしたが、実は簡単に売れてしまって驚きました。

その商材のことなどブログ内のどのコンテンツでも触れていなかったのにあっさり売れてしま多のです。

しかも1つ売れただけで7000円の報酬です。

「こんな簡単に売れてしまうんだ」と驚いたと共に、その翌日に入金依頼したらすぐに入金され、「日払いアフィリエイト」も実感できました。

しかし、その商材は詐欺ではないものの品質が悪く、クレームが届くようになりました。

僕は販売者ではない上に、実際にその商材を購入しないで紹介していたので内容もよくわからず、困ってしまい販売者にクレームについて問い合わせてみましたが返信がありません。

おかげで僕のブログはすっかり評判が悪くなり、閉鎖することになってしまい結果的に多くの代償を払うことになりました。

それ以来情報商材アフィリエイトには懲り懲りで手を出さないでいましたが、数年してからふと思い立って「禁煙」をテーマにアフィリエイトをしてみたらどうだろうと思いつきました。

僕はかなりのヘビースモーカーでしたが、ちょうどその頃苦労して禁煙に成功したホットな経験があり、この実体験をお金に変えられるんじゃないかとひらめいたのです。

なので、禁煙方法を取り扱った情報商材を見つけて、禁煙に関する簡単なブログを無料ブログで作成しました。

以前は商材の中身も知らずにアフィリエイトをして痛い目にあったので、今度は中身を見て良い商材かどうかを確認してからアフィリエイトしたいと考えていました。

しかし、既に禁煙に成功しているのにわざわざ不必要にお金を出して商材を買うのはもったいないと思うのが人間の性です。

そこでその商材の販売者さんにその商材が魅力的でアフィリエイトしたいから商材の中身を見せてもらえないかとダメ元でお願いしたら、あっさりOKしてもらえたのです。

お金を払わずに商材の中身を確認できたことで、その商材は自分のやり方とは全然違うけど、これはこれで十分自信をもって紹介できる内容だと理解できました。

そしてその商材のポイントを小学生でもわかるほど噛み砕いて説明し、「あなたが辛い禁煙で苦しんでいるのを他人事に思えないから」というスタンスで記事を書きました。

さらに、僕がどのように辛い禁煙を成功できたのかを無料レポートにしてまとめました。

そのレポートはせいぜい20ページ程度の文字数しかない簡単なものですが、ありのままの実体験を出して確実に成功すると自信をもってまとめたものです。

正直な話、有料で販売しても良いと思うほどの質がありました。

それを特典につけて販売してみると、アクセス数は少ないブログでしたが、購入率が高くて一番良い時だと10アクセスに1つくらいのペースで売れました。

感想をもらった時も「商材より特典のレポートの方がほしかった」とか「特典のレポートの方が役に立った」と言われ、かつてクレームばかり受けた時と真逆で感謝されるコメントやメールが届きクレームは1件もありませんでした。

タバコがやめられなくて悩んでいる女性から「素晴らしい情報を教えてくれてありがとうございます!」と猛烈に感謝されるお礼のメッセージまで届きました。

この経験を通じてわかったことは、まず「何を売るか」から考えることが大事で、それには上でお話した通り、「稼ぐ」系以外のジャンルでかつ自分が詳しいジャンルの「悩み」系商材だという結論に至りました。

そして「これは良い」と自信をもって勧められるものを紹介することで、より成約率は高まり、しかも購入者から感謝されるという好循環が生まれます。

その商材は販売価格が29800円でアフィリエイト報酬が15000円でした。

決して安くない商材でしたがそれだけ売れて、僕も毎月最低20万円以上安定した収入が入りました。

これは1つのやり方で、必ずしもこの通りにやれば上手くいくというほど甘くもないですが、あなたの参考になれば幸いです。

まとめ

情報商材のアフィリエイトは本当に奥が深いです。

はっきり言って簡単に売れるものでもありません。

しかしASPで取り扱っている有名芸能人がCMで紹介している商品とか、Amazonや楽天の日用品とか簡単に売れるものと違って、高額で認知度の低い商品を売る力が得られることは、単純に大きくお金を稼げる以上の価値があります。

難しいアフィリエイトでも成功する経験を積むことで、どんな商品でも売るスキルと自信が身につきます。

つまり、情報商材アフィリエイトとは単純にアフィリエイトの1つではなく「セールスの本質」を学べる作業とも言えます。

ただ、デメリットの項でお伝えした通り、いつか法規制が入って情報商材というものが販売禁止になる等の可能性もゼロではありません。

もちろんこれは個人的予想でもありますから必ずしもそうなるわけではありませんが、仮にそうなってしまったら、せっかく大きく稼げるチャンスがあったのに挑戦せずにそれの機会を失うという「大損」に終わってしまいます。

ASPアフィリエイトも商品が売れやすい健康ジャンル関連の商品はGoogleの規制が入る前なら稼げる時代でしたが、今はもう稼ぐことがかなり困難になってしまいました。

転売もブックオフの100円ワゴンコーナーにAmazonで数千円で売れるような商品がたくさん転がっていた時代なら簡単に稼げていましたが、今はブックオフは経営幹部が転売対策を明言するほど徹底してしまいもう稼げません。

どんなことにも言えますが早く行動する人ほど稼げます。

そして、真っ先に行動した人が一番稼げるのです。

大金を稼ぐにはあれこれ考える前に、まず「行動」しなければ始まりません。

もしあなたのアフィリエイト活動が、現状上手くいっていないと感じているのであれば、機会損失で後になって泣くことがないように思い切って“今から”情報商材アフィリエイトに挑戦してみることをおすすめします。

情報商材アフィリエイトで稼げるチャンスが残っている今のうちに大金を稼ぎ、そして「どんなものでも売れる」力と自信を身につけてしまいましょう。

ビジネスの観点からも「安いけど売れる」ものを薄利多売で売るよりも、「高いけどなかなか売れない」ものを手堅く売り続ける方がはるかに効率が良いです。

この挑戦を「今はまだいいや」と後回しにして、情報商材アフィリエイトができなくなってから「あの時やっておけば良かった」と後悔することにならないでほしいから敢えておすすめしておきます。

どちらにしてもインフォトップに登録するだけなら無料ですから、まず登録だけして自分のブログに広告を貼るだけでも試してみましょう。

忙しいサラリーマンでも稼げるオススメの副業7選!!【2020年版】サラリーマンやOLが在宅でできるオススメの副業10選!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です