【お仕事の依頼はこちら】

優待がもらえる!?Funds(ファンズ)の評判や始め方などについて

プー太郎

Fundsってどうなんですか??
上場企業に特化した融資型クラウドファンディングサービスで安全性が高いことから投資家からも人気が高いんやで!!

副業おじさん

クラウドファンディングで掲載されている案件と言えば、知名度がほとんどない信用性の低い企業が募集しているようなファンドばかりをイメージしますよね。

ですが、今回紹介するFunds(ファンズ)は、王将やアイフルなどの東証一部上場企業などが募集しているファンドを多く掲載されているため、投資家も安心して投資ができることから人気の高いサービスなんです。

今回は、このFunds(ファンズ)のメリット・デメリット、始め方や評判などについて紹介していきたいと思います。

  • Fundsって何??
  • 優待を受けたい
  • 信用性の高い企業に投資したい

この記事はこのような方にオススメの内容となっております。

Funds(ファンズ)について

Fundsは、冒頭でも説明しましたが、上場企業に特化した融資型クラウドファンディングサービスです。

融資型クラウドファンディングとは、事業を成功させたい企業へ個人投資家が融資を行う仕組みです。

企業は、まとまった資金を事業に充てることができ、個人投資家は利息で稼ぐことができます。

しかし、企業は資金の募集を行っても投資家からの資金が集まらないリスクがあり、投資家は企業の事業が成功しなければ投資をした資金が返ってこないリスクがあります。

基本の仕組みは投資であるため、特に個人投資家にはリスクが伴いますが、融資型クラウドファンディングは、投資の中でもリスクが低いとされています。

今回は、ローリスクで安定した投資が行える融資型クラウドファンディング『Funds』について、ご紹介します。

運営会社について
会社名:ファンズ株式会社
設立日:2016年11月1日
資本金:4億1500万円
所在地:東京都港区西麻布3-2-1 北辰ビル7階

優待がもらえる案件も掲載

Funds 公式サイト

Funds(ファンズ)で稼げる仕組み

Fundsの稼げる仕組み

Fundsで稼げる仕組みを知るためには、融資型クラウドファンディングの仕組みを理解する必要があります。

そもそも、クラウドファンディングとは、一つのプロジェクトを行うために複数の個人投資家が資金を少額ずつ出し合い、リスクを分散させたうえで投資を行います。

Fundsは、企業に融資を行うことが前提とされているクラウドファンディングであるため、個人投資家の投資先は、企業となります。

そして、個人投資家と企業をマッチングさせる役割をしているのが運営サイトであるFundsです。

企業は資金の募集をかける際に、投資額に上乗せして返せる利息と、その資金がどれくらいの期間運用されるのか事前に情報として掲示します。

基本的には、『投資を行った資金+約束した利息』が運用期間終了後に返ってきます。

ただし、必ず約束した資金が返ってくる元本保証というものではないので、必ず稼げる投資という訳ではありません。

Funds(ファンズ)のデメリット

元本割れのリスクがある

Fundsは、元本を保証した投資ではありません。

必ず約束した利益が返ってくるわけではなく、さらに言えば出資した金額も返ってこない場合もあります。

せっかく稼ぐために出資したのにもかかわらず、逆にお金を失ってしまうこととなります。

また、担保や保証があるファンド案件はFundsには少ないので更に元本割れのリスクが高まります。

ですが、Fundsではこのようなリスクを投資家に追わせないため、様々なリスク対策を行い、今まで元本割れを出したことがありません。

Fundsのリスク対策についてはメリットの章でご紹介します。

先着申込の投資システムが多め

Fundsは、条件が良いことから投資家にすごく人気です。

しかし、人気であることが影響して応募が殺到し、このファンド案件に応募したいと思っても応募ができないといったことが起きてしまいます。

Fundsでは先着申込のファンド案件を多くそろえているので、募集開始数秒で募集額満額になり、応募が締め切られてしまうということもあります。

また、ワンクリックの差で、応募ができず、投資に参加できないということもあるんです。

現状は、Fundsと提携する企業が増えてきており、ファンド案件も多くなってきているため、数秒で応募できないという現象は軽減されています。

ですが、まだまだ早い者勝ち感がある状況です。

2019年6月から抽選申込の案件も出てきており、Fundsの運営側も試行錯誤している様子がみえます。

利回りが低め

Fundsは、他サイトと比べ、1%~6%と利回りが低めに設定されています。

その分、1回の融資につき企業が返す金額が少なくなるので元本割れのリスクが軽減されます。

しかし、多くの金額をまとめて稼げたいという個人投資家には向いていないでしょう。

最大6%ほどですが、実際の案件は2%や3%のものが多く、他社と比べても低利回りと言うことがわかります。

Funds(ファンズ)のメリット

選りすぐりのファンド案件

Fundsのファンド案件は、上場企業や成長が期待されている企業が多くそろえられています。

1つの案件に1億円を超えるものも多数あり、それらも人気ですぐに募集が終了してしまうほどです。

1億円が数秒の間に、一気に集まるというのもすごいことです。

また、Fundsを運用している企業、ファンズ株式会社は2020年1月に社名を変更しましたが、

以前のクラウドポートと言う企業名で、クラウドファンディングの比較サイトを運営していました。

その実績もあるためか、投資のノウハウがしっかりと根付くいているので良いファンド案件を見極める力を持っていると考えられます。

選出する企業には基準がある

Fundsが融資の対象とする企業には、3つの基準が設けられています。

  • VCから出資を受けている企業
  • 監査法人の監査を受けている企業
  • 上場企業

VCとは、ベンチャーキャピタルの略で、ハイリターンの投資を行う投資会社のことです。

VCの出資を受けている企業は、経営コンサルティングなどが派遣されているケースがあり、しっかり指導を受けていることになります。

監査法人の監査を受けている企業は、業務が様々な基準に沿って行われているかチェックされます。

業務上のトラブルが起きる可能性が低いことが証明されていることとなります。

これらの基準があるからこそ、安全性の高いファンド案件を投資家へ提供できています。

リスク軽減対策が豊富

Fundsのほとんどのファンド案件には、担保保証がありません。

ただし、Fundsの金銭の動きが他社とは違うためリスクが軽減されています。

お金の動きは以下の通りになります。

  • Fundsが投資家から資金の応募をかける
  • 企業が資金を受け取る
  • 企業が、自身のグループ会社に資金を貸し出す
  • グループ会社が事業を行う

このような仕組みを、関係会社貸付スキームと言います。

さらに、Fundsはリスクコースローンと言う仕組みであるため、その事業が成功した・しない関係なく資金を返済しなければなりません。

もし、貸し出した企業が倒産など返せない状況になった場合でもグループ会社が返済を行います。

担保保証はありませんが、グループ会社の関わりが必要となる投資であるため、リスクが軽減されています。

少額から投資が可能

Fundsでは、原則1円~から投資が行えて、さらに1円単位で自由に増減可能です。

ただ例外もあり、ファンド案件に最低投資金額が1円以外で記載されている場合もあります。

どちらにせよ、比較的少ない金額で投資ができるサービスです。

クラウドファンディング以外の投資であれば、数百万円が最低必要な額ということもあり得ます。

それに比べると気軽に始められる投資ですね。

利益を多く出したいというのであれば、まとまった額が必要です。

ですが、貯金する代わりに低リスクで投資をしたいと考えている方であれば、少額から始められることは嬉しい仕組みです。

しかし、分配を行う際1円未満は切り捨てになるので少額で投資を行う際は注意が必要です。

優待があるファンド案件も存在する

株主優待や、購入型のリターン以外では珍しい優待が、fundsの案件のリターンで含まれてるものもあります。

今までにあった、優待付きファンド案件を一部ご紹介します。

優待付きファンド案件
大阪王将:
期間中何度でも会計が10%オフになる優待券
R baker(パン屋さん):
一部店舗で期間中何個買っても10%オフ、また、立川グリーンスプリング店では30%オフ

飲食店でお得に優待を利用できるのは、おもしろくて魅力的ですよね。

Funds(ファンズ)を始めるまでの流れ

fundsを始めるにあたって、口座を開設する必要があります。

その手順を説明します。

STEP.1
まずは、公式ホームページにこちらからアクセスし、【今すぐ無料口座開設】をタップします。


STEP.2
メールアドレス、パスワードを入力します。


STEP.3
次へ進むと、入力したアドレスへ下記のようなメールが送信されます。
【メールアドレスを確認】をタップしてください。


STEP.4
初めに入力したメールドレス、パスワードを再度入力しログインします。


STEP.5
会員登録が完了し、【口座開設をする】に進みます。


STEP.6
自身の情報を指示に従って入力していきます。


STEP.7
マイナンバーを提出する必要があります。
現在手元にない場合は、登録を先延ばしにできますが後程必ず提出が必要となります。
STEP.8
登録した住所に、ウェルカムレターが届きます。
ウェルカムレターの指示に従い、住所の確認をすれば口座開設完了です。

Funds(ファンズ)の評判について

Fundsを実際に利用されている方の評判や口コミについてまとめてみましたので、今から始めようと思っている方は、参考にしてみてください。

Funds(ファンズ)を始めるまでに知っておきたいポイント

出金手数料について

Fundsでの出金手数料はかかりませんのでご安心ください。

また、基本的にFundsでサービスを利用するうえで手数料はかかりません。

  • 会員登録:無料
  • 口座開設・維持:無料
  • 投資:無料

ただし、口座への入金の際Fundsから手数料が請求されることはありませんが、ご利用されている金融機関から口座へ振り込みの際に請求される場合があります。

その際の手数料は、投資家の負担となります。

配当はいつ入るのか

配当金が、分配される日程はファンド案件ごとに異なります。

確認方法として、投資を行う前については大体の日程情報しか開示されません

おおよその日程ならば知ることができるので、ファンド募集ページにある【分配方法】を確認してください。

運用開始後には、下記の手順で確認することができます。
【マイページ→ファンド詳細ページ→分配予定表】

あくまでも予定となりますので、分配が前後する可能性もあります。

クラウドバンクと比較

クラウドバンクと比較
Fundsクラウドバンク
運営企業ファンズ株式会社日本クラウド証券株式会社
案件数約40件以上3,600件以上
利回り1%~6%5%~7%
サービス開始2019年2019年
回収率100%100%
年齢制限20歳以上75歳未満 未成年OK(保護者必要)

クラウドバンクは、融資型クラウドファンディング業界ナンバーワンの実績を誇るサービスを展開しています。

高い実績、安全性の高さが評価され世間的にも知名度が高い投資サービスです。

Fundsと比較した際、1番大きな差は案件数でしょう。

Fundsが、現在約40件であるのに対し、クラウドバンクは3,600件以上の案件に関わってきました。

現在の応募総額は、1,000億円以上と大きな額となっています。

クラウドバンクとの規模の違いは、Funds以外の他社と比較しても明らかにけた違いだということがわかります。

規模が大きいと、個人投資家からすれば応募できる機会が増え選べる選択肢も多いのでメリットでしょう。

しかし、Fundsに至ってもクラウドバンク同様、元本割れの実績がこれまでになく、質の部分では劣っていません。

融資型クラウドファンディング業界はこのような状況であることから、

お勧めなのは、サイト規模の多さや有名な企業名だけで投資の判断数のではなく、案件1つ1つをみて投資を行うことです。

1つの運営サイトで投資を行うのではなく、もしものリスクを考え複数のサイトでリスクを分散さえることも重要でしょう。

基本的に、どのクラウドファンディングも会員登録を行うのは無料です。

投資を行うか行わないかは別として、一旦は無料会員登録や無料口座開設を行い、投資を行う準備や情報収集を行っておくことがお勧めです。

優待がもらえる案件も掲載

Funds 公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です