COZUCHI初心者が気になる振込時期や優先劣後出資などについて徹底解説

COZUCHI初心者が気になる振込時期や優先劣後出資などについて徹底解説

COZUCHI初心者が気になることを徹底的解説してみた

COZUCHIについて詳しくご紹介します。

元本について

まずは、元本について説明します。

元本割れってなに??

元本割れとは、初めにファンド案件に充てた額が返ってこないことを指します。

出資者からすると、投資を行って金銭を稼ごうとしていたのにもかかわらず、マイナスになってしまいます。

投資サービスは、1度でも元本割れが起こってしまうと、信頼性を失ってしまい、それ以降のファンド案件が不人気になってしまいます。

出資者からしても1度失敗した投資サービスでは、投資を行いたくないですよね。

COZUCHIでは、今までの運用の中で元本割れは起こっておらず、とても信頼性が高いサービスです。

元本保証はあるの??

元本保証とは、出資者が投資に充てた金額は必ずかえってくるという保証です。

元本保証があれば、利益が出なかったとしても出資者は損をすることがありません。

金融商品を購入する際、元本保証を目にすることはありますが、投資サービスの場合ほとんどが元本保証は行っておりません。

COZUCHIでもすべてのファンド案件に、元本保証はありません。

出資家から資金を集め、これから運用を行うので、将来のことが成功するかどうかなど誰にもわからないのです。

利回りについて

利回りについてご説明します。

想定利回りとは??

想定利回りとは、投資金額に対してどれくらいの割合の利益が出るのか、想定したものです。

また、利回りには年間で利益を計算する年利と、月間で利益を計算する月利がありますが、COZUCHIは年利となります。

例えば、運用期間12か月のファンドに出資した、元本10万円の投資者がいたとして、想定利回りが7%の場合、7,000円の利益が想定され、15%だと15,000円の利益が想定されます。

投資サービスの運営者はまだ運用を始めていない状態でどのようなファンド案件かを説明し、出資を募らないといけないため、予想をファンドの説明欄に書き記します。

あくまでも予想のため運用終了後、想定利回りを下回ることもありますが、COZUCHIでは想定よりも大幅に利益が出ることが多いです。

実質利回りとは??

実質利回りとは、運用が終わった後、実際に元本に対してどれくらいの割合の利益が出たのか算出したものです。

COZUCHIの、実質利回りは現在平均10%ほどで、不動産投資型クラウドファンディングの中でも高い実績を残しています。

さらに、下記のように大幅に想定利回りを、実質利回りが超えた例もあります。

  • 自然とともに生まれ変わる街、武蔵関:12%→283.5%
  • 都内有数の文教地区目白エリア:4.5%→20.2%
  • 港区六本木エリア:20%→36.3%

募集について

募集について詳しくご説明します。

特別優先権とは??

特別優先権とは、希望するファンド案件へ優先的に出資できる権利のことです。

権利そのものに、申込金額の上限はありませんので、好きな額を出資することができます。

ただし、特別優先権を利用できるのは、抽選方式の優先募集として開示されているファンド案件に限られ、使用期限は1年となるので注意しましょう。

また、特別優先権の付与は、対象のファンド案件に出資確定をし、出資金の払い込みをした投資家に行われます。

対象となるファンド案件は、9月末時点でまだ2件のみとなり、それぞれ決められた額の出資で付与というような、条件つきの内容になります。

特別優先募集と一般募集の違い

特別優先権を持っている人でも、特別優先募集と一般募集を選択することができます。

特別優先募集は、先に特別優先権を持った人が、決まった期間内に出資したい金額を決めます。

その後、特別優先募集の期間が終わった後に、一般募集が行われ、通常通り誰でも出資できる募集に代わります。

特別優先権を持った状態でも、一般募集に応募することができるので、利用しなければ特別優先権は継続します。

ただし、特別優先権を使用したくない場合は、自身で一般募集を選択しないといけないため注意しましょう。

優先劣後出資について

優先出資についてご紹介します。

優先出資とは??

優先劣後出資の、優先出資とは出資後優先的に配当を受ける権利を持つことです。

ファンド運用は、利益が出ることを前提に資金を募りますが、リスクは必ずあります。

そのため、予測通りに収益が生じなかった時、優先出資をした出資者は、優先的に利益の配当を受けることができます。

COZUCHIの、優先出資対象者はすべての出資者です。

すべてのファンド案件に優先出資が適用され、リスクが軽減される仕組みをとっています。

劣後出資とは??

優先劣後出資の、劣後出資とは出資後利益の配当を受ける際、優先されないことです。

COZUCHIの優先出資者は、出資するすべての人になり、劣後出資者は、事業者となります。

つまり、劣後出資者として事業者もファンド案件に出資をすることで、予測通りに運用がうまくいかない場合、事業者がリスクを被るということになります。

また、COZUCHIのような不動産投資型クラウドファンディングでは、優先劣後出資が採用されることは多いですが、COZUCHIは優先出資割合が90%以上など、パーセンテージが高いことが特徴です。

株式会社TRIADはどんな会社なの??

株式会社TRIAD(トライド)は、投資を通し不動産の管理やマネジメントを行う会社です。

COZUCHIでは、事業者としてTRAID社がファンド案件の運用を行っており、とても良い実績を残しています。

TRAID社もCOZUCHIで多くの資金を調達できていることから、運用をスムーズに行うことができます。

COZUCHIのほかにも、個人の投資家や金融機関と資金の貸付→金利分配という公平な関係性を築いています。

不動産運用の案件をそれぞれ最適な方法にアレンジし、利益を最大化させることができる会社です。

クーリングオフとは??

COZUCHIでは、出資後の解約をおこなうことができます。

手続きとしては、クーリングオフというものになり、不動産特定共同事業法第25条第1項の書面(契約成立時書面)の電子交付を受けた日から起算して8日間までに行うことができます。

COZUCHIの解約手続きは簡単で、クーリングオフ通知書に指示に従い必要事項を記入し、郵送を行うことで完了です。

抽選で選ばれた後に気持ちが変わっても、解約ができるため安心です。

キャピタルゲイン型とインカムゲイン型とは??

キャピタルゲインとインカムゲインは、どちらも意味合いは同じで投資をした後に得られる利益のことを指します。

意味合いとしては、利益がどのように出たのかの違いになります。

キャピタルゲインは、COZUCHIの場合、建物や土地を売却した場合の利益で、一般的に資産を売却することによって出る利益になります。

インカムゲインは、COZUCHIの場合、不動産の家賃収入などから出た利益のことで、一般的には継続的に受けられる利益になります。

分配金はいつ振り込まれるの??

COZUCHIでは、分配金は原則、プロジェクトの運用期間の末日から30日以内に指定の口座に振り込みが行われます。

投資者には、運用が終了した際に運営局からメールが届きますが、そのメールに分配金の振込予定日が記載され通知されるようになっています。

口座は会員登録の際に指定した口座になるため、事前にチェックしておきましょう。

匿名組合契約とは??

匿名組合契約とは、組合員にあたる投資家数名とクラウドファンディング事業者で結ばれる契約のことです。

匿名組合契約では、複数人の投資家がCOZUCHIの事業者と契約を交わすことになるため、出資額の割合により、出た利益をCOZUCHI事業者から各々得ることができます。

複数人の投資家が少額ずつ出資することができ、リスクを軽減できますし、複数人から出資を募ることで多額の資金がいる案件にも事業者は対応することができます。

顧客満足度No.1

COZUCHIは怪しい??当たらない??評判や実際に利用してみた感想についてCOZUCHIは怪しい??当たらない??評判や実際に利用してみた感想についてCOZUCHIはポンジスキームなの??安全である理由や始め方についてCOZUCHIはポンジスキームなの??安全である理由や始め方についてCOZUCHI代表にインタビューしてみた!!元本割れしない理由はなぜ!?COZUCHI代表にインタビューしてみた!!元本割れしない理由はなぜ!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です