COZUCHIの「新宿区〈曙橋〉事業用地 フェーズ1」に投資すべきか??

COZUCHIの「新宿区〈曙橋〉事業用地 フェーズ1」に投資すべきか??

「新宿区〈曙橋〉事業用地 フェーズ1」の内容について

新しく情報が公開された「新宿区〈曙橋〉事業用地 フェーズ1」について、詳しく説明していきます。

本ファンドの特徴

本ファンドは、新宿区曙橋エリアにある土地の所有権、抵当権、さらに建物の6フロアを投資対象としています。

土地の権利については全て得ている状況ですが、区分建物は全部で8フロアあり、現在6フロア部分のみを得ています。

今回のファンドは、現在取得できている6フロアのみで運用を始めますが、ファンド名にフェーズ1とあるように、フェーズ2も想定されています。

フェーズ2では、現在取得できていない残りの2フロアも交渉を進め取得する予定で、現在残りの所有者とは交渉中です。

8フロアと土地の権利すべてそろった状態で、売却を行うことで利益の最大化につながるため、準備を行っています。

ぜひ、今回のフェーズ1と将来公表されるであろうフェーズ2のファンドにも出資することをオススメします。

COZUCHI 新宿区〈曙橋〉事業用地 フェーズ1
想定利回り(年利):6 %
運用期間:12ヶ月
募集総金額:280,000,000 円
募集期間: 05/30 19:00-06/06 13:00
募集方法:抽選
キャピタルゲイン:5.90%
インカムゲイン:0.10%
最小投資金額:10,000 円
最大投資金額:28,000,000 円
物件名 新宿区〈曙橋〉事業用地 居宅B
所在地:東京都新宿区住吉町
最寄駅:都営新宿線「曙橋」駅 徒歩3分
物件種別:居宅

顧客満足度No.1

優先劣後の割合は??

本ファンドの、優先劣後の割合は優先77.8%:劣後22.2%です。

前回の「代々木公園 事業用地」と同じ割合で、最近の優先劣後割合は、相変わらず高いです。

今回の投資対象である土地や物件は、相場価格よりも約46%低い金額で仕入れをされており、利益の出る期待も多いです。

相場よりも大幅に低い金額で取得できた理由としては、本物件は区分建物でフロアごとに所有者が異なるため、建物一体としての価値が生み出せていません。

また、本来とれる容積率が一部未消化で建築が行われており、この現状からも割安で取得できた理由の1つです。

このように、そもそもの取得額が低く、運用の筋道もたっていることから期待できるファンド案件です。

しかし、リスクがまったくない投資はないということを理解したうえで出資しましょう。

投資には、投資商品に対するリスクだけではなく、自然災害のリスクや金融市場に対するリスクなど様々なリスクが降りかかります。

優先割合が高く期待値の高いファンド案件でも、元本割れの可能性があることは理解しておきしょう。

なぜ新宿区〈曙橋〉なのか

今回の投資対象である土地・建物は、新宿区の東側に位置する曙橋エリアにあります。

また、アクセスも良好で最寄りの曙橋駅から徒歩3分に位置しています。

電車に乗れば、新宿駅まで3分、東京駅まで15分、渋谷駅にも18分の移動時間で到着できます。

このように、曙橋エリアは、東京都内のあらゆる方面へ、気軽にアクセスすることができる土地ですが賃料が格安です。

中心街から少し離れていることが理由ですが、アクセスは電車を使えば良好のため、家族連れというよりも、単身者が通勤のために住むといったイメージが強いです。

そのため、ワンルームマンションが投資対象の物件の近くにも多くあります。

都心へのアクセスが良好ながらも、賃料が抑えられていて住みやすい街です。

このような土地にある投資対象を、相場よりも大幅に安い価格で取得できたのは利益を出すためにも大きな利点です。

「新宿区〈曙橋〉事業用地 フェーズ1」は投資すべきか

今回の「新宿区〈曙橋〉事業用地 フェーズ1」にも、ぜひ出資をすることをオススメします。

今回のファンド案件は、将来のフェーズ2を想定したファンドで、次に続く魅力のある投資対象です。

やはり1番の魅力は、曙橋エリアの相場よりも46%安い価格で取得できたことで、うまく運用できれば利益が最大化されます。

さらに、優先劣後の割合も高くリスクの管理も問題ないでしょう。

ぜひ、COZUCHIの新宿区〈曙橋〉事業用地 フェーズ1で出資を始めてみてください!

顧客満足度No.1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です