COZUCHI 「平塚 一棟マンション」は投資すべきか??

「平塚 一棟マンション」の内容について

新しく情報が公開されたCOZUCHIの「平塚 一棟マンション」について詳しくご紹介していきます。


本ファンドの特徴

本ファンドは、平塚にある一棟マンションを投資対象としています。

この物件は、利回りの改善に成功しており、配当源となる安定的な家賃収入と、売却による利益の確保が期待できます。

当初、本ファンドの物件は全体で260坪相当の敷地面積がありました。

割合は、マンション部分が160坪、残りの100坪は駐車場です。

既に100坪の駐車場は半分に分割し、片一方を既に売却を完了させており、計画的に敷地面積活用を行えています。

この駐車場売却のおかげで、当初7%程度だった利回りを10%にまで引き上げることができています。

更に物件価値を高め、売却ニーズを得るために、退去者が出たタイミングで住居スペースをリフォームさせていく予定となっています。

物件の価値をリフォームによって高め、チャンスがあれば売却によりキャピタルゲインの配当が行えるように計画を進めています。

平塚 一棟マンション
想定利回り(年利):10.00 %
運用期間:6ヶ月
募集金額:105,600,000 円
募集方法:抽選
募集期間:2021/09/27~2021/10/04
利回り内訳
キャピタルゲイン:5.00%
インカムゲイン:5.00%
最小投資金額:10,000 円
最大投資金額:105,600,000 円

アマゾンギフト券もらえる

優先劣後の割合は??

優先劣後出資比率は、優先80%:劣後20%となります。

優先出資率が高く安全性も十分ありますが、100%元本割れをおこさないわけではなく、リスクもあることを理解した上で出資を行うようにしましょう。

今回の物件があるエリアは平塚エリアです。

ファミリー層の住宅地として人気のあるエリアですが、首都部ではないため、利便性を追求する入居者は入りにくいという懸念点があります。

平塚エリアの需要が今後上がっていくかどうかで、より物件の収入が安定してきそうです。

なぜ平塚エリアなのか

本プロジェクトの物件は、JR東海道線「平塚」駅から徒歩7分の場所にあります。

平塚エリアは、周辺にある辻堂や藤澤と比較したところ、土地の価格は格安の傾向にあります。

価値的には、約1.5倍平塚が抑えられています。

価格が安く、近年ファミリー層や大きな1棟住宅を好む人にニーズが構っているエリアです。

ただ、価格が安いからといって環境が整っていないわけではないため、今回平塚のニーズに合わせて戸建て用に駐車場面積を売却したところ、2か月で購入者が決定しています。

このように、平塚エリアは広めの住居用土地として売却することで購入者のニーズが高くなることが分かっているため、COZUCHIでは平塚に合わせた最大のバリューアップ方法を試しています。

そもそも、平塚エリアは近くに相模湾や湘南平などの山があり、周辺と比較しても自然豊かな町として知れ渡っています。

ゆっくりと自然豊かな土地で過ごせるメリットもある他、駅周辺には商業施設が多くあり、アーケード沿いには商店街があります。

また、日産の工場が九州に移転したことで、跡地を活用し国内9位にあたる広さの、ららぽーとが誕生しており利便性もどんどん上がっています。

このように平塚エリアは、首都部に比べると投資需要は劣りますが、十分に高い利回りを求められる場所になっています。

「平塚 一棟マンション」は投資すべきか

「平塚 一棟マンション」には、ぜひ出資をすることをオススメします。

今回のプロジェクトは、家賃収入によるインカムゲインと売却によるキャピタルゲインのパーセンテージがどちらも5%です。

家賃収入でインカムゲインによる利益を守りつつ、いつでもキャピタルゲインによる利益を売却で得られるようにリフォームの準備もできています。

バランスが良い物件とプロジェクト計画になっているため、特に投資初心者の人にはオススメしたいプロジェクトです。

ぜひ、少額からでも出資をしてみてください。

アマゾンギフト券もらえる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です