bitREALTYの「グレイプス川崎新町・ふじみ野」は投資すべきか

「グレイプス川崎新町・ふじみ野」の内容について

不動産投資型クラウドファンディングサービス『bitREALTY』が情報を公開した、グレイプス川崎新町・ふじみ野について詳しく説明していきます。

本ファンドの特徴

本ファンドは、2つの物件を対象としています。

1つ目は、「グレイプス川崎新町」という、JR南武支線小田栄駅から徒歩2分の場所にあり、2015年3月に出来上がった物件です。

2つ目は、「グレイプスふじみ野」という、東部東上線ふじみ野駅から徒歩約14分の場所にあり、2013年10月に出来上がった物件です。

両方とも高齢者に向けたサービス付きの住宅で、ヘルスケア施設となります。

ヘルスケア施設の不動産担保ローンを投資対象とするファンドは、bitREALTYで初めての取り組みです。

このように、新しいジャンルへ踏み出していることが本ファンドの特徴でしょう。

グレイプス川崎新町・ふじみ野
募集額:251,800,000円
1口の金額:10,000円
最低投資口数:10口
最低投資金額:100,000円
募集期間:2021/05/10 12:00~2021/05/17 18:00
投資実行予定日:2021/05/28
予定運用期間:8カ月
利益配当:6ヶ月毎 (初回は4カ月後)
想定利回り:3.5%(年換算)
元本償還:一括返済
ファンド終了予定日:2022/01/31

分配スケジュール

分配スケジュール(予定)は以下の通りです。

  • 第1回:2021年10月29日
  • 第2回:2022年2月28日

分配スケジュールはあくまで予定であるため、上記に記載された日程より遅れる場合があります。

また、このファンドは利益を保証するものではないため、分配が行われない場合もあります。

不動産投資型クラウドファンディングは、リスクの低い投資ではありますが、もしもの時は自己責任となるので、最悪の場合も考えて出資するようにしましょう。

なぜ川崎市とふじみ野市なのか

本ファンドの物件がある、川崎市とふじみ野市は高齢者が住みやすい環境です。

まず、川崎市は駅に近い物件です。

駅の周囲には生活に便利な施設が多く用意されており、利便機能に優れています。

具体的には、普段の買い物をする大手ショッピングセンターやホームセンター、引っ越してきた時などに便利な家電量販店があります。

他にも沢山の施設が集まり、賑わいがある商業エリアです。

また、困ったときにすぐに相談できる市立病院も近くにあり、体調管理が心配な高齢者から評価が高いエリアです。

今のところ、川崎区の高齢化率は22.2%と平均よりも低いですが、これからこの物件を中心にシニア世帯の需要が見込めます。

次にグレイプスふじみ野は、駅からは少し離れているものの、戸建てばかりの住宅エリアにある物件です。

住宅街であるからこそ、ショッピングセンターや緑の多い公園もあるため、人が住みやすい場所となっています。

また、ふじみ野市も高齢者率が24.9%と、県の平均下回っており高齢者が少ない地域です。

しかし、今まで高齢者が少なかった原因は、高齢者施設がなかったことから、注目が集まらなかったからです。

このような便利な土地に、高齢者がサービス付きで住める物件があれば他の土地からも、高齢者が集まる可能性が高いと本ファンドでは予想されています。

「グレイプス川崎新町・ふじみ野」は投資すべきか

「グレイプス川崎新町・ふじみ野」には、ぜひ投資を行ってください。

bitREALTYでは、現在16件のファンド案件が掲載されていますが、今まで募集した案件の多くが予定募集額を上回り運用が始まっています。

今までに募集額の上限ギリギリまで出資金が集まった案件もあるため、応募すると決めたらできるだけ早くアクションをおこしたほうが良いでしょう。

また、物件の内容としてもヘルスケア施設の不動産担保ローンを投資対象とする、bitREALTY初めての試みではありますが、高齢化の中あまり施設が揃っていなかった地域に注目したのは、素晴らしい着眼点でしょう。

ただし、今回のファンドを含めbitREALITYの案件は、予定利回りが低く設定されています。

更に、出資も最低投資額10万円からと高めの設定となっています。

高利回りのファンド案件を狙っていたり、10万円以下の少額で投資をしたい人は、今回の案件では期待に沿えないため、出資を辞めておいた方が良いです。

以上の情報を踏まえ、自分にこのファンド案件があっているのであれば、是非早めに応募をして下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です