広告掲載のご相談はこちらから

初心者でも3ヶ月で習得しやすいアプリ開発に必要な言語とは??

アプリ開発って難しそう…

自分でアプリを作ってみたいけど、なかなか一歩を踏み出せないという方は少なくありません。

でも大丈夫、実はコツさえつかめば誰でもアプリを開発できるのです!

ポイントとなるのは、アプリを開発するための言語選択です。

アプリを作るためにはプログラミングの技術が必要ですが、プログラミング言語にはいろいろなものがあります。

そこで今回は、初心者でも始めやすいアプリ開発の言語について、詳しく解説していきます!

情報商材アフィリエイトで稼ぐには??オススメのASPと始め方について

どんな言語を使うと初心者でもアプリ開発を始めやすい?

アプリを開発するためには、言語の選択が大切です。

プログラミングの世界では、どの言語を選ぶかによって、難易度や出来ることに大きな違いがあるからです。

間違った言語を選んだら時間を無駄にしてしまうかも……

こんな不安を感じている方も多いはず。

そもそも、初心者でも開発しやすい言語とは、どのような言語のことなのでしょうか?

プログラミング初心者の方がアプリを開発するためには、まず挫折せずにプログラミングを習得できることが大切です。

そのため、できるだけ習得しやすい言語を選ぶ必要があります。

さらに、いくら簡単な言語でも機能性が低ければアプリ開発に不便です。

ウェブサイト制作からスマホアプリまで、幅広く使える言語を選ぶ方が将来性があるのは確実です。

JavaScriptやPHPは習得しやすいですが、開発できるのは主にWebアプリに限られています。

C言語やJavaは拡張性が高く幅広い分野で活用できますが、習得するのが難しいため初心者向きではありません。

両者の良いところを合わせたような言語があれば最高だと思いませんか?

でも、そんなプログラミング言語ってあるのでしょうか。

そんなアナタにオススメなのが「Python」です!



Pythonとはどんな言語??

私がプログラミング初心者にぜひともオススメしたいのが、「Python」という言語です。

Pythonは主にC言語やJavaなどから影響を受けた言語ですが、少ない行数でコードをシンプルに書けるという点ではJavaScriptやPHPに近いところがあります。

Pythonは文法を極力単純化してコードの可読性を高めているため、書きやすく読みやすいところが最大の魅力です。

それだけではなく、各種ライブラリが非常に充実しているため、幅広い分野で活用できる言語なのです。

「実はGoogleやFacebookはPythonで作られている」というと、多くの人が驚くはず。

Pythonにはそれだけの実績があるのです。

なんと、ゲームを作ることもできます!

Pythonは習得しやすいのが大きな魅力ですが、だからといって初心者向けの言語というわけではありません。

前述したように、世界的に有名なサービスもPythonで作られています。

つまり、Pythonはプロで活躍しているプログラマーも使用している言語で、幅広いアプリやサービスを開発できるのです。

近年はさらに注目度が高まっており、Pythonひとつだけでもフリーランスのプログラマーになれるほどです。

Pythonは収入の点でもオススメです。

Pythonは「ディープラーニング」と呼ばれる機械学習の分野で、AI開発のために活用されています。

そのため、Pythonを学んでおけばこれから先も職に困ることはないと言えます。

Pythonの特徴

  • 初心者でも習得しやすい
  • 幅広い分野で活躍できる
  • シンプルなコードで読みやすい
  • 有名サイトやアプリの開発言語として使われている

初心者はどこで学ぶのが良い??

プログラミング言語ってどこで学べば良いの?」と疑問に思っている人は多いはず。もちろん、独学で全てを学んでいる人もいます。

しかし、独学でプログラミングを学び始めた人の多くが挫折しているのも事実です。

初心者の方がプログラミングに挫折する理由にはいろいろありますが、いずれの場合も「問題を解決できなくなってしまうこと」が原因です。

ひとりで学習していると、分からないことがあっても解決できないときがあります。

分からないことが続くと次第にイヤになってしまいますよね……。

では、初心者の方はどこでプログラミングを学ぶのが良いのでしょうか?

効率的に習得するためには、プログラミングスクールへ通うのがオススメです。

プログラミングスクールでは、アプリ開発のために必要なスキルを効率的に学ぶことができます。

専門の講師が教えてくれるので、完全な初心者の方でも安心して学習を進めることができます。

いろいろなプログラミングスクールがありますが、その中でも「TECH::CAMP(テックキャンプ)」がオススメです!

数々の実績があり評価も高いスクールで、コストパフォーマンスも高いスクールです。

全国8か所に教室を構えている他に、オンラインでも受講できるので地方の方でも安心。

さらに、受講期間中はいつでも講師に質問できるので、急に分からないことがあってもすぐに解決できます。

TECH::CAMPでは、3ヶ月のカリキュラムが組まれています。

Webアプリやスマホアプリだけではなく、ゲームやAIの開発も学ぶことができるので、TECH::CAMPで学べば幅広い分野で活躍できます!

TECH::CAMP(テックキャンプ)の料金や登録方法についてまとめてみた

毎月800人以上が参加



どれくらいでスキルを習得できる?

「プログラミングできるようになるまで、どれくらい時間が必要なの?」と疑問に思っている人も多いはず。

プログラミングを習得できるまでには、200時間くらいの学習が必要だとされています。

プログラミングの習得には200時間必要ですが、言い換えれば1日2~3時間に学習する場合は100日(約3ヶ月)ほど掛かるということです。

3ヶ月というと、意外と早いように感じられませんか?

プログラミングというのは「言語」の一種です。

でも、ドイツ語やフランス語を習得するには少なくとも数年間の勉強が必要です。

大学で何かの分野を学ぶときも、少なくとも4年間は学習し続けなければなりません。

他の分野の学習と比べると、プログラミングは遙かに習得が早いのです!

こう考えてみると、プログラミングは一見難しそうに見えても、実はかなり身につけやすい技術だと思えるのではないでしょうか。

ただし、3ヶ月というのはあくまで質の高い効率的な学習をした場合の話です。

独学でやろうとすると、どうしても時間のロスが多くなったり挫折しやすくなったりします。

だからこそ、TECH::CAMPのようなスクールで学ぶ方がオススメなのです!

実際にアプリ開発をした感想

私がPythonで開発した最初のアプリは、ごく簡単な2Dシューティングゲームでした。

ゲームを作るのはとても難しいだろうなと思っていましたが、実際にやってみると意外と簡単だったので驚きました。

Pythonでゲームアプリを開発して強く感じたのは、コードを書くのが楽だということです。

短くシンプルなコードで複雑な制御が可能なので、思ったことをすぐ形にすることができます。

Pythonには様々なライブラリがあり、ゲーム開発用のものも用意されています。

しかも、Python自体がマルチプラットフォームな言語なので、環境を選ばないアプリを作れるのも大きな魅力ですね!

アプリを開発していると、少しずつ自分が考えたことが形になっていくので、「何かを作っている」という感覚を味わえてとても楽しかったです!

その後も色々なアプリを作り続けています。

私はC言語やJavaなども使用するのですが、そういった言語と比べるとPythonは生産性が非常に高いと感じました。

特に、煩雑なコーディングが必要なC言語と違って、複雑な処理がたった1行で書けるのは魅力的です。

このことからも、初心者の方はまずPythonを学ぶことで、アプリ開発の基礎を身につけることができると考えられます。

さらに、実際にアプリを作っていく中で、プログラミング言語だけではなくより深いところまで学ぶことができます。

前述したように、Pythonはプロもどんどん使用している言語です。

初心者の方がPythonを習得すると、大きな可能性を切り開くことができます。

皆さんもぜひチャレンジしてみてください!



まとめ

プログラミングは難しそうに思えますが、実は言語によって難易度は大きく異なります。

そのため、初心者がアプリ開発のためにどの言語を選択するかは、とても大切な要素なのです。

難易度や将来性を兼ね備えた言語は「Python」です。

Pythonなら初心者でも習得しやすいだけでなく、Webからスマホアプリ、さらにゲームまで幅広い分野で活用することができます。

プログラミングは継続して学ぶことさえできれば、誰でも習得できます。

楽しく効率的に学ぶためには、どこで学ぶかも大切。

「TECH::CAMP」ならプログラミング初心者でも安心!

アプリ開発の世界に飛び込んで、自分のアプリを作ってみましょう!

毎月800人以上が参加



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です